最近ハマってる薬@Panadol

2017年10月31日 10:45

スラマッパギ~♪ おはようございます!

バリ島はガルンガンを明日に迎えて祝日モードです。今年は竹で出来たペンジョールも日曜にはほとんど立っていて、準備万端!数年前はもっと時間がかかっていたのか、前日ギリギリに完成していたような記憶がありますが、最近は飾り類は出来たものを買って竹にくっ付けるだけなので、簡単に作れるようになってきたのかも知れません。お店で売っている飾り類はけっこう豪華なので、見かけは立派!同じペンジョールといっても、地域によって微妙に異なるようで、お金のかけ具合が見て取れます。この時期はバリ人はボーナスが出るので(といっても、ガルンガンの費用に消えるけど・・・)、みんなけっこうお金使うようです。若い子なんかは洋服や靴など自分のものを買っているみたいですが。。。

今日はバリ島でオススメのドラッグ。ドラッグといっても怪しい薬でははございません。パナドールという商品名で、青、緑、赤の3種類売っていますが、こっちでは風邪薬、痛み止め、解熱剤と幅広く効果のある万能薬として知られています。成分はパラセタモール、日本では風邪薬の主成分であるアセトアミノフェンのこと。薬局でなくても、普通にコンビニやスーパーで買える家庭薬です。日本の風邪薬も常備していますが、正直これを飲むともう必要ないかも、と思ってしまうほど、バリ島の薬は強力でよく効くんです。それもそのはず!日本だと1回分に含まれるアセトアミノフェンは300mg程度ですが、こっちの薬は最低500mg入っています。緑のパナドールはFLU向けで、風邪薬の成分も追加してあるので、鼻かぜや軽い咳など風邪の症状にも効くみたい。青と赤の違いはカフェイン(65mg)が追加されているかなのですが、このカフェイン入りの赤がスゴイんです!

100円弱と安い
P_20171019_101138.jpg

耐えられないほどの頭痛持ちではないのですが、たまに頭が何となく痛くてぼぉーっとしたり、締め付けられるように感じたり、肩や首の疲れで体全体がしんどく熱っぽいときに飲んでみたら、カフェインが効くのか、頭がシャキッとするし、体も気のせいか軽くなるんです。癖になるとよくないので、最近はあまり飲んでいませんが、頭痛持ちの方や風邪の引き始めに常備しておくと役立つお薬です。

おまけは偶然見つけたウーロン茶
P_20171025_195919.jpg

残念ながら微糖!甘いウーロン茶など想像つかない。ポッカさん、頼むよ。。。マレーシアやシンガポールでは無糖のウーロン茶や緑茶が普通に販売されているので、少し遅れているインドネシアはまだまだ道のりは遠いです。おにぎりも気づかぬうちに店頭から消えているし、同じ東南アジアでも日本の商品の浸透ぶりが違うのは経済発展と比例しているのかな。インドネシアでもジャカルタなら情況は違うのかも知れませんが、バリ島の未来に期待します!

それでは今日もご機嫌で!良い一日をお過ごしください✋

バリ島ウブドからお届けしています💗
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif

歯の神経が・・・!@バリ島の歯医者さん事情

2017年09月13日 21:43

スラマッマラ~ム🎵 こんばんは!

最近のウブドは気持ちいい天気が続いていて、バカンスにはもってこい!旅行で遊びに来たら、この景色と雰囲気に囲まれて、さぞかし癒されるだろうなぁ。。。私はずっと住んでいるので、ウブドのパワーを感じなくなってしまったのが悲しい(涙)。ウブドもパワースポットだけど、人って旅しているときって非日常で普段と感覚が違うし、すべてが新鮮に感じるし、ひょんなことで恋にも落ちやすくなるし、やっぱり特別なんだと思う。自分の精神状態によって、癒しにも、リチャージにも、リフレッシュにもなるし、新たな気づきにもなる。ところで旅といえば、明日からシンガポールにF1グランプリ観戦🏁に行ってきます✋今回はママと現地集合で念願の母娘シンガポール旅行なので、とっても楽しみです😊

さて、今日の話題はバリ島歯医者事情。3か月前の帰国時に歯医者で診てもらって、ちゃんと虫歯も治療したのですが、先月のマレーシア旅行中に突然上の奥歯が痛くなっちゃったんです(>_<)。旅行中に冷たい物ばかり食べていたからかな?とか、虫歯ができたかな?と思ったのですが、ホットコーヒーが飲めないほど沁みて痛くなるというのはちょっとびっくり。食事の後は痛みはなかったのですが、気のせいかしばらくは違和感をあったり、歯ブラシの反対側の先で軽くと叩くと鈍痛がすることに気づき、心配になってしまいました。もともとかなり深く掘って被せてあった歯なのですが、最後に治療したのはいつだったかも思い出せないほどだし、もしかしたら以前から叩いたら痛かったのかも?でも歯の中で何かが起きていることは間違いない!

内科はまだしも、歯医者だけはローカルの歯医者では見てもらいたくないのが本音です。というのも、バリ人は歯がない人が多い!友達でも奥歯がない人とかいるし、聞いたら歯医者で抜歯するからなんだって。確かにバリの歯医者に行ったら、日本なら治る虫歯でも抜かれるって噂を聞いたことがあります😲 そもそも治療のやり方が日本と違いすぎだし、技術面や衛生面でも信頼できないのがバリの歯医者です。でも同じバリでもデンパサールに行けば、良い病院、良い治療が受けられるのがバリ島。6年ほど前に友達からの口コミで教えてもらったのですが、私はRudi先生の歯医者さんにお世話になっています。インドネシアの名門大卒で日本の大学院にも留学経験があり、日本や先進国の歯科医と同じレベルの治療が受けられる貴重な歯医者さん。しかも日本語が通じるので安心です。

一階はApotek Hijau(緑の薬局)
P_20170830_110949.jpg

デンパサールのアートセンターの近くです。ウブドからだと私のノロノロ運転で45分ほどですが、6年前に行ったときよりずっと簡単に感じました。ちなみに過去の記事はこちら

やっぱり歯医者は苦手だわぁ😿
P_20170830_095127.jpg

あれ、勇気をもって入ったら誰もいない!?
P_20170830_095142.jpg

先生たちの医師免許証がずらり!
P_20170830_095149.jpg

合計で7名いるみたいですが、トップのRudi先生は指名率も一番高いそうです。ちなみに時間帯は午前中と夜6時以降なので、要予約📞 月曜と金曜の夜は根管治療専門の先生が入るとのこと。

待合室
P_20170830_095835.jpg

部屋はすべて個室
P_20170830_100942.jpg

器具も個別に密封されて殺菌済みのものを使います。
P_20170830_100933.jpg

日本の歯医者なら当然ですが、バリ島では素晴らしい👏 衛生面でも安心です!

設備も日本の歯医者と変わりません。
P_20170830_101946.jpg

診てもらったけどやはり虫歯じゃないとのこと。温かいものが沁みるのは神経の問題だそうです。神経って怖い!先生曰く、神経はレントゲンでは分からないそうですが、実はウブドの別の歯医者に行ったときにレントゲンで見ないと何とも言えないと治療を断られたので、念のためレントゲンを撮ってもらいました。ちなみにレントゲンは、歯の全体のイメージを撮れる大きなマシーンと、部分的に当てる小さなタイプのと2つありました。

赤いマル中の歯です💦
IMG-20170830-WA0000 (1)

私が見てもよく分かりませんが、やっぱり神経にばい菌が浸入してやられているそう。遅かれ早かれ、根の治療が必要でしょうとのことでした。来年は日本に帰国するかまだ分からないし、帰れるとしても5月か6月だろうし、まだ先になるので困ったのですが、提案された治療法は・・・

①そのまま放置(といっても次回の帰国時までに悪化する可能性あり)
②中を開けて、一時的にばい菌の炎症を抑える薬を塗って閉じる
③根の治療の専門医のアポを取る(週1x3回ほどの通院で計200万ルピア也)

あの感じたことのない痛さがまた襲ってきたらどうしようと不安だった私は、せっかくデンパサールまで来て何もしないで帰るのも何だかなぁと思い、とりあえずの緊急措置として、②をチョイス。3ヶ月ほどは効果があるらしいです。中を見てもらったら、神経が半分死んでいると言われました(涙)。膿とかはないので、もうしばらく様子を見ようと思います。日本で根管治療するにしても最低1ヶ月はかかるだろうし、時間が取れないかも。。。薬の効果が消えても痛みがなければこのまま放置でいいのかな?今後痛みが増して炎症がおきたら、腫れて大変なことになる可能性もあるらしいけど、誰か経験者の方がいらっしゃればご教示ください!

ちなみに治療費はローカル価格で、40万ルピア(内レントゲン費15万ルピア)でした。もちろん外国人もローカルも同じ価格です。バリ島には外国人向けクリニックで最高級の治療が受けられるところもありますが、値段も最高級💲 みんな帰国時に治療するのか、バリ島の歯医者さんの情報ってあまりないので、やっぱり口コミが一番頼りになります。参考までに。。。

Rudi Wigianto
Apotek Hijau
Jl. Hayam Wuruk 96, Denpasar
Tel: (0361) 234-918
Open: 09:00-21:00

それでは良い夢を!明日は4時起きなので早めにおやすみます(^o^)ノ 💤

バリ島ウブドからお届けしています💗
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif

お気に入りのスパ@Twin Spa

2017年07月22日 21:46

スラマッマラ~ム🎵 こんばんは!

しばらくブログが空いてしまいました。日本が楽しすぎた分、バリ島に戻ってカルチャーショック気味。バリの現実と向かい合うのは正直キツイです。日本人の感覚とバリ人のやり方、どうやってうまく調和させていくか。。。もう10年も住んでいるからそろそろ潮時かな?なんて思ったり、でも、もう少し頑張ってみたかったり、これまでお気楽人生を送ってきたのでその付けが回ってきたのかも。

ところで日本、ヒアリが大問題のようですが、たぶん!?昨日今日に始まったことではないような気がします。数年前のデング熱騒ぎと似ている!?まあ、どちらもバリ島ではあるんだろうけど日本のような騒ぎにはならないので、自分の身は自分で守ろうと思います。日本の子供はますます外で遊べなくなりそうですね。アリといえば、以前、日本の友達がアリに肘のあたりを咬まれたのが化膿して3倍くらいに腫れあがり、病院で切って膿を取り出したことを思い出しました。その当時は単純にバリ島には恐ろしいアリがいるんだ、と驚きましたが、あれはもしかしたらヒアリだったのかな?バリ島の生物は生命力や攻撃力が高いので、私も虫には気をつけています。デング熱も怖いので、毎日VAPEと蚊取り線香で蚊よけしています。アリや蚊は刺されなければいいわけで、目に見えるからまだいいのかも。バリ人から見たら、私は潔癖症だし神経質なんだろうな(笑)。

さて、今日はチャンティックスパに続くお気に入りスパの紹介です!でも、秘密にしておきたいので、あまり書きたくないのが本音(汗)。

Twin Spa
P_20170309_152012.jpg

場所はバリブッダや郵便局のあるJalan Jembawan沿いでちょうど真ん中辺り。サンスパの近くです。ツインスパの名前の由来は、オーナーの子供が双子だから。ツインマッサージを想像してしまいましたが、普通のシングルセラピストでの施術です。

オーナーのAriさん
P_20170309_151835.jpg

ここに最初に来たきっかけは、いつも行くチャンティックスパが満員でたまたま近くで新しい看板を見つけたから。私は知らない人にマッサージされるのがあまり好きじゃないので、チャンティックスパが出来てからは新しいスパの発掘は数年間していませんでした。チャンティックスパのTutnikさんもゴッドハンドと称され日本人のリピータさんがたくさんいますが、Ariさんのマッサージはこれまで受けたことのない独特なスタイル。触られた瞬間にプロだなと分かりました。聞いたら以前、ボディーワークスで勤めていたそう。チャンティックスパがストロークを組み合わせた癒し系のオイルマッサージならば、ツインスパはオイルをあまり使わない強めの指圧系マッサージ。不思議なことに、強くても揉み返しは一度もありません。スタイルがまったく違うので好みが分かれそうですが、私は両方好きです。

出来たばかりなので綺麗
P_20170309_151937.jpg

基本的にひとりなので要予約!二人の場合は男性セラピストになるそうです。ウブドには数多くの町スパがありますが、個人的には地元の人が自らセラピストとして経営しているところがお気に入り。町スパだとスタッフの当たり外れもあるし、お客さんが多くて落ち着きませんが、経験のあるセラピストがやっている個人スパはこじんまりしており、技術も確実で安心感があります。チャンティックスパのTutnikさんもセラピストの友人と共同経営で頑張っているし、ツインスパのAriさんも独立して頑張っているし、地元の人がやっているお店は応援していきたいです!

Twin Spa
Jl. Jembawan No.16 Ubud
Tel: 081 338 408 935
Open 09:00-21:00

それでは良い夢を!明日に備えておやすみます(^o^)ノ 💤

バリ島ウブドからお届けしています💗
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif

自己流の健康法@手作りヨーグルト

2017年07月10日 21:32

スラマッマラ~ム🎵 こんばんは!

ここ5日間ほど雨続きのウブドですが、今日は晴れ間も少し出てくるようになったと思いきや夕方から夜までまた大雨☔。乾季なのにこんなに雨が降るのは珍しいです。というか、今年は乾季ないのかも?もしかしたら、雨季には雨が降らなかったりするのかな?雨ばかりだったので、この機会に雨合羽を新調しました。天気が悪いと気分も落ちるので、ちょっとした気分転換になるといいです!

さて、今日は自己流で続けているヨーグルト作りの紹介を。もちろんネットでいろいろ調べてはいますが、あくまでも自己流ですので、衛生面や健康面での判断は読者の方にお任せいたします。私は3年ほど続けており、これまで健康上の問題はありませんが、人へのおすそ分けはNG。何しろ「菌」の繁殖だけに慎重に扱わなければなりません。日本だとヨーグルトメーカーがあったり、カスピ海ヨーグルトの種菌が販売されているので、もっときちんと作れると思いますが、バリなのでとにかく自己流です。

用意するものはこれだけ
2017-07-05-09-00-28.jpg

①牛乳 ②ヨーグルト(種として) ③電子レンジ対応のプラスチック容器(耐熱140℃以上)

ミルクはロングライフタイプではなく、フレッシュミルク(500ml)。Greenfieldsの500mlパックがおすすめ。ヨーグルトはバリ島で製造しているCheeseworksのプレーン100mlです。Cheeseworksは完成時にダマっぽくなるのですが、ヨーグルト独特の酸味が再現できるので最近はCheeseworksを使っています。もう一つ、Biokulというブランドがあるのですが、これはとても滑らかに完成しますが、マイルドすぎて味に酸味がなく、ミルクをそのままヨーグルトにしたような感じで物足りません。容器は700ml以上の容量でたまたまバリ島でぴったりのサイズのものを見つけたのでずっと使っています。

2017-07-05-09-00-38.jpg

Cheeseworksはウブドの近くにあるローカルメーカーですが、今年からパッケージが密封タイプに変わったので、かなり衛生面と品質が改善されました!

まずは殺菌!(これが一番重要)
2017-07-05-09-01-39.jpg

お湯を沸騰させ、かき混ぜるスプーンも入れた容器と蓋に溢れるくらい注ぎます。この状態で5分ほど待ちます。そして中のお湯を小鍋に戻し、容器を振って水気を払います(お湯を小鍋に移したのは、後で温めるため。)。※雑菌がつくので容器のタオルやティッシュで水滴をふき取ってはいけません。水気は完璧には取れませんが、ある程度振り落としたらヨーグルトとミルクをスプーンで混ぜながら入れます。日本なら電子レンジで1分ほどチンするだけで殺菌できるみたいなので、ずっと簡単ですね。あと、牛乳パックをそのまま使って作る方法が一番楽です!牛乳パックはすでに殺菌されているので、ヨーグルトを入れるときに使うスプーンだけの殺菌で済みます。

こんな感じ
2017-07-05-09-10-33.jpg

蓋をしっかり閉じて、小鍋の中に入れて蓋を閉じます。これは湯煎みたいなもので、常温でもできるのかも知れませんが、お湯に入れておいたほうが少し温まるという理由で自己流。ただ、調べたら、ヨーグルトは完成の3時間前に固まり始まるそうなのであまり意味がないかも知れません。25度以上あるバリ島なら時期にもよりますが、12時間ほどで固まります。固まりが悪いときは15時間ほど待ってから、冷蔵庫で保存します。気温が高いほうが早く完成するので、私はできるだけ朝作るようにしています。

翌朝、少しダマっぽいですが完成👏
2017-07-06-07-36-16.jpg

表面はボコボコしていますが、中は滑らかな仕上がり。ホエー(余分な水分)が多ければ捨てて水切りします。毎朝、バナナと食べて6日間で食べきります。一度作り始めるとなかなかやめられないのがヨーグルト作り。毎朝のヨーグルトが欠かせません。ちなみにヨーグルトの種は使い回しせずに、毎回新しいものを買って作っています。

それでは良い夢を!明日に備えておやすみます(^o^)ノ 💤

バリ島ウブドからお届けしています💗
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif

ジッパータイプのスーツケースに要注意!@デンパサール空港

2017年07月08日 11:14

スラマッパギ~🎵 おはようございます!

私が日本に戻っていた先月もずっと雨だったらしいですが、戻ってからも雨ばかりのウブド。昨日は丸一日雨が降り続いて、今朝も小雨だったり強くなったりの繰り返し。気温はこれでも25度弱なので決して寒くはないのですが、薄着になりがちなバリ島生活では同じ気温でも寒く感じてしまいます。雪国富山出身の私が寒いなど言うのは情けない💦もっと温かい服装にしたらいいだけの話です!ヨーロピアン曰く、こんなのは温かい雨だそう☔私も弱音を吐いてはいけません。が、車を持っていないので移動はバイク。どうしても外出がおっくうになるのは仕方ありません。バリ島の生活って天気との共存!?予定なんて立てないで、天気によってその日の行動を決めるのが一番👍 こっちの雨は汚れていて、濡れると必ずと言っていいほど体調崩すので雨のときは外出したくないんです。はぁ、雨だから夜会う約束をキャンセルとか、許してもらえますか(笑)。

さて、今日は半年くらい前の話ですが、ブログの読者の方がバリ島に来た際の実話を紹介します!悪名高きポーターはもう姿を消したバリ島の国際空港ですが、見えない部分ではまだまだ汚いようです。賄賂とか、目に見える不正はできなくなったので(お酒とかはX線で見つかるので許容範囲内にとどめるべき!お金渡して良いようにはなりません。その場で没収!)、その代わりと言っていいのか、裏でヤバいことが起きているらしいです。

安いスーツケースしか持たない私はラッキーなことに被害に遭ったことはないのですが、皆さん、バリ島の空港って預け荷物が出てくるの異常に遅いと思いませんか?普通の空港なら着陸してから遅くても15分以内にはベルトの上を回っているべきスーツケースがバリ島だとなかなか出てこないというのは、リピータさんの間ではよく知られている話です。確かにデンパサール空港は規模の割には混雑しすぎというのはあるし、バリの仕事ぶりだからノロノロしているのは推定できるのですが、それ以外にもあるかも知れません。

なぜならスーツケースを物色しているから!?
ングラライ到着後スーツケースその1

私が知っている限り、今回は二人目の被害者です。早く荷物が出てくるビジネスクラスが狙われやすいそう。そしてビジネスクラスのお客様は比較的良いスーツケースを持っている確率が高く、前回の被害者はTUMI。今回はRimowaでした。最近のトレンドなのか、ジッパータイプが開けられやすいことは間違いありません。YouTubeでもペン一つで開けるやり方が公開されていますが、さすがはバリ島。ペンチで鍵がこじ開けられた跡が見られます。

二人目の被害者と言いましたが、前回の被害者は現金を入れていたので、丸ごと盗まれて、コインが散乱していたとのことですが、今回の被害者は取られたものはないもののスーツケースの中身は荒らされていたそうです。そして気づいたのはともにホテルにチェックインしてから。空港で長い間荷物が出てくるのを待って、まさか鍵が壊されているとは思わないので普通は確認しないですよね。でも、確認したほうがいいです!もし、何かあれば言葉が分からないとかで泣き寝入りしてはいけません。空港職員に伝えて被害届を出し、証拠写真を撮ってください。海外旅行保険に入っていたらクレーム出来るかも知れないし、航空会社によっては被害を補償してくれる可能性もあるからです。(あ、エアアジアは論外!)

日本人を狙っているのかは分かりませんが、オーストラリア人とかの荷物だと英語話せるし、その場で大問題になりそうだから、あえてアジアからの旅行者を狙っている可能性も無きにしも非ず。このことは被害レポートを出されていないのか、被害者の周り以外では知られていない問題だと思います。ホテルにチェックインしてから気づいたケースでは、ホテルのポーターが疑われたりとそっちも心配です。せっかくの旅行なのに到着早々、こんな目に遭うなんて許せない!しかも被害は1回では済みませんでした。シンガポール航空でシンガポール乗り継ぎの便だったのですが、ぬぁんと帰りの便でも狙われたという。。。

予備で持ってきた南京錠がこの通り💢
羽田到着後やられたスーツケース

ペンチで壊されたジッパー。酷すぎます。羽田空港に到着次第、すぐに報告したところ、さすがはシンガポール航空ですね。航空会社が補償してくれることになったそうです。やっぱりきちんとした航空会社を使うと万一の時の対応が違います👏 私はLCC(格安航空会社)のお世話になりそうですが、このことは情報としてぜひブログで報告したく、シェアさせていただきました。

これから夏休みを迎えるハイシーズン期間ですが、デンパサール空港では荷物を受け取った際に鍵が壊されていないか要チェックです。そして病気のためだけではなく、海外保険に入られることをおすすめします。海外保険はよく、入っているだけで安心していると思いますが、現地の連絡先や保険のカバー内容も把握しておくと◎。日本人スタッフがいるホテルなら対応してくれますが、そうじゃないと現地で自分で手続きしないとダメだから、病気や盗難でパニックっているときは自分で思うより過酷です😭

それでは今日もご機嫌で!良い一日をお過ごしください✋

バリ島ウブドからお届けしています💗
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif