お隣りのエクレア@chantique

2010年06月24日 19:21

チャイナムーンのお隣にあるのがローカルのパン&ケーキ屋「チャンティーク」。独特の古めかしさが好きなので、お仕事の合間におやつを買いに行ったりするんです。ケーキはカキアンに負けるけど、ここはイブウブ子が知っている限り、ウブドで唯一エクレアを売っているので最近はエクレアをリピートしている。。。お味は素朴で手作りっぽい感じがまたいいんです。

いつも一番大きいのをねだってしまう
P6150927.jpg

これとコーヒーがあれば幸せだ~!

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる 人気ブログランキングへ d_01.gif

ブラックフォレストケーキ@chantique

2010年06月01日 23:09

ウブドのおいしいケーキ屋といえば、まずカキアン。ここは5年前に観光で来て以来気に入って、住んでいる今でも週に1回のペースで通っているお気に入りのカフェでもあります。夜遅くまでやっているのが夜行派のライフスタイルに合っているのと(特にウブドでは11時までやっているだけでありがたい!)、お手ごろな料金で飲めるおいしいコーヒーと何よりもおいしいケーキたちが好きなのです。

デルタ・デワタの近くにできたホワイトボックスも在住者には人気ですが、日が暮れるころには閉店しちゃうのと日曜定休なのがライフスタイルに合わないため、なかなか行くことができない。。。ケーキや焼き菓子もおいしいけれど、ここは噂によるとデリ(サンドイッチやグラタンなどの軽食)のほうがイケるらしい!これもいつか食べてみたいところです。

カフェ・ワヤンやカサルナ、カフェモカなども観光客に人気がありますが、高いし、あまり好みの味じゃないので最近はほとんど行ってません。

カキアンとホワイトボックス以外のケーキ屋といえば、ハノマン通りとモンキーフォレスト通りの三叉路にある老舗「チャンティーク」。かなり昔からあるようです。

アンティークな雰囲気
P4275006.jpg

ここはローカルの味を観光客向けに販売しているお店といったらいいのかなぁ。パンはめちゃくちゃローカルの種類って感じですが、何となくそれが温かみがあって好きです。5000ルピアでまあまあおいしいローカルパンが食べられるんです。そしてパン以外にもチョコレートクッキーやエクレア、ブラウニー、昨日の記事にも紹介したラムボール(Rumball、といってもラムの味はほとんどしない)、ティラミスやチョコレートケーキなどが揃っています。

学校の食堂を思い出す?
P4275007.jpg

お洒落なところも嫌いじゃないけど、本当は地味で質素なところが好きなので、こういうの結構好きです!

ケーキのショーウィンド
P4275003.jpg

昼間だったので逆光でほとんど見えません(涙)。ホールケーキやスクエアケーキも販売していてバースデー用にアレンジすることも可能です。

店内は喫茶店にもなっていて、コーヒーも飲めます。
P4300001.jpg

コーヒーはいろんな種類が揃っていて、以前に観光で来ている知人においしいって聞いたことがありました。このお店のインテリアは何となくジョグジャカルタ風?なんて勝手に想像しています。洗練されているとは言いがたいのですが、このアンティークな雰囲気がまたいいのだ~。

ブラックフォレストケーキとトラジャコーヒー
P4300003.jpg

コーヒー好きのイブウブ子は一日1回は飲まないと調子が出ません。トラジャコーヒーは酸味があるのでどちらかと言うと苦手だったのですが、この大きなマグカップにたっぷり入れてくれたのは嬉しかった!それでいて薄まっていないのも◎。コーヒーを安くがぶがぶ飲みたい人には最高☆

さて、日本ではあまり知られていないブラックフォレストケーキですが、ドイツ生まれでヨーロッパやアメリカでは人気なんです。日本で言うショートケーキみたいな感じかな。ポイントは上に乗っかってるシロップ付けの甘いチェリー。スポンジ部分はチョコレート入りで茶色、サイドはチョコレートの削ったもの、そして上にクリームが乗っているのが定番のようです。知っている限り、ウブドでブラックフォレストケーキを売っているのはここだけのようです。お店の子に「何でいつもホールケーキも売っているの?」と聞いたら「人気があるから」との回答。ふーん、欧米人に人気みたいです。

でもね、ここのケーキ、辛口のようだけど感激するほどおいしいと思ったことはないんです。カキアンのケーキの味を知ったら他のケーキをあまりおいしいと思わなくなるというのもあるけれども(以前にバリ人の家に遊びに行くときにカキアンのケーキを買おうとしたら、ドライバー=バリ人がもったいない!そんなことしたら子供たちが甘やかされて他のケーキを食べなくなる!と注意されたくらい)

その理由が今回ようやく判明。それは生クリームを使ってないから!

よく見たら、クリームがすごく白いでしょ?これはバターに砂糖を加えて作ったバタークリーム。いつも変わった味の生クリームだと思っていたのですが、先日友達が教えてくれてようやく分かりました。日本でも昔は生クリームが手に入りにくかったのでバタークリームが主流だったそう。そして生クリームはもたないけれど、バタークリームは日持ちするとのこと。だからホールケーキも作り置きできるんですね。やっぱりバタークリームは重い・・・。

ところでバリの乳製品はほとんどが輸入品だという理由もあり、こっちの物価に合わず高いです。ブランドによっては日本よりも高いかも知れません。生クリームはバターよりも高いのでローカルのケーキ屋さんはバタークリームを使っています。前はもっと安かったからお得感があったのですが、今はカキアンと大して値段が変わりません。なのでやっぱりおいしいケーキを食べたいときはカキアンに行ってしまう。でもたま~にローカルチックなバタークリーム味のケーキが恋しくなったら食べてしまう。エクレアなんかもウブドでは珍しいし、そこまでまずくはないと思うのですが、やっぱり日本人の友達にお土産にするのはちょっと自信がないのでもっぱら自分用に買っています。ラムボールとクッキーは素朴ながらにまあまだと思うので、友達にあげたらおいしいって言ってくれました。

ちょっぴり酷評しちゃいましたが、ここのスタッフや雰囲気は気に入っているので週1~2回利用しています。わがまま言うなら、もっと新しい種類のパンに挑戦して欲しいのと、ケーキも生クリームを使って欲しい!常連になったので少しずつリクエストしていこうかしら。

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる 人気ブログランキングへ d_01.gif