プンゴセカンの新しいローカルワルン@Warung Manik

2010年05月26日 18:40

ローカルワルンをカテゴリー内に追加するか、しないかについてはけっこう悩みます。一度しか行かないような場所だとローカルフードとしてひとまとめにして終わっちゃいますが、リピートしたり、観光客は行かないかも知れないけれどもブログのヘビー読者の方や興味のある人にはおすすめしたい!というところなら新しくカテゴリーを作ったりします。

今回紹介するワルン・マニックは今年できたばかりの新しいワルンです。アルマ美術館の入り口から数百メートルほどプリアタンの方向に進んだ左手。小さくてシンプルなワルンなのですが、地元の人にも人気らしく、夜もお客さんがちらほら入っています。

明るい店内
P5050091.jpg

シンプルだけど清潔
P5050092.jpg

ナシチャンプルがおすすめ
P5050094.jpg

料金は8000ルピアなり。
P5050099.jpg

ここのナシチャンプルは夜にはほとんどなくなってしまうので、ランチに行ったほうがいいかも知れません。これもおかずが微妙に少ない。オーナーのおばさんはフレンドリーですごくいい人。料金も店内メニューに記載されているのでローカル価格で外国人も食べられます。ウブドのような田舎ではたまに地元(といってもウブド人のみ)のお客さんと外国人は価格が違ったりすることがあるのですが(といっても、最近はあまり聞かない)、ここなら安心です。

先日はナシチャンプルがハビス(売り切れ)だったため、ナシゴレン・スペシャルにしました。
P5200261.jpg

普通の鶏肉入りは8000ルピア、スペシャルは鶏肉とバクソ入りで10000ルピアです。エビが見えるけど、これは多分おばさんのサービスかも。。。かなりおいしかったです。

ナシチャンプルもお店によって味やおかずの違いがありますが、ナシゴレンもかなりお店によって違います。ワルンでも同じで使っているソースによって差が出るようです。不思議なもので、気分によって食べたいナシゴレンの味が違うので、どこに行くか使い分けています。ここも候補に加わったので、ますます日々のブンクス(持ち帰り)ディナーに迷っちゃうな~。

Warung Manik
Tel:(0361)802-6681
不定休?夜は9時過ぎまで開いているようです。

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif