夜の徘徊コース@Pepito

2017年01月20日 12:02

スラマッマラ~ム♪こんばんは!

今週のウブド、曇りのち晴れ、雨みたいな天気が続いていますが、雨が降ったら夜はけっこう涼しいです。一時期と比べると雨の量はかなり減り、雨季のピークは過ぎ去ったみたい。雨は降りますが、豪雨はありません。体の調子も元に戻り、やっぱり健康第一ですね。健康になると心も明るくなるような気がします!私の好きな言葉に「JOY」ってあるのですが、名詞だとJOY(喜び)という意味で動詞になるとENJOY(楽しむ)という意味になる、素敵な言葉。何事にもJOYを感じ、ENJOYしたいです!普通にしていても楽しめる人はいるけれど、そうじゃないときは小さなことにも意識して喜びを見つけ、楽しむことが大事だな、って思います。

さて、そんな私の最近の楽しみは夜な夜なPepito通い。サヌールからウブドへの途中、高級リゾートの並ぶサヤン地区につながる通りに先月オープンしました。エリアでいうとトゥボンカンという場所で、ウブドからだとニュークニンを通り過ぎ、ずっと進んだら四つ角にあるガソリンスタンドを左折して1分ほど南下したところにあります。

広々とした駐車スペースに注目👀
P_20170112_203306.jpg

Pepitoはクタを中心に数店舗展開しているスーパーマーケットなのですが、何がスゴイかというと、とにかく安い!イメージは外国人向けの高級スーパーなのですが、価格はデルタと比べても安く、ビンタンやCOCOとは比較にならないほどお得なのです。物によりますが、外国人向けのちょっと高級な商品などは10%ほど割安なのです。建物の感じや大きさはCOCOに似ていますね。

まず中に入った印象はオープンな内装
P_20170112_203411.jpg

右手にフルーツや野菜などが美しく陳列されています。
P_20170112_203437.jpg

アメリカとか外国のスーパーみたいです。
P_20170112_203603.jpg

開放的すぎて落ち着かない!?でもバリっぽくないのが気に入りました💗 フルーツや野菜は在住外国人向けのセレクションで、品質が良いものが揃っているため、デルタより若干お高め。でも外国人が好きな乳製品は他のスーパーより安いです。輸入品なども格安。最近は自炊していないのでよく分かりませんが、肉や魚の値段も良心的で、何よりも品質が高いと思います。オリジナルのパン屋もあり、どちらかというとヨーロッパ的なベーカリーといった感じです。欧米人のボスらしきお方を見かけました。

パン好きには嬉しいかぎり🍩
P_20170112_203617.jpg

どれにしようかな・・・
P_20170112_203623.jpg

クリームチーズパンとピザパンを買って食べたら、めちゃくちゃ美味しかったです😋 食パンやドーナッツもありました。

観光客向けのお土産コーナーもあり
P_20170112_204641.jpg

いかにも、といったチョイスですが、一応ニーズはあるのでしょう。店内の左半分はお菓子や調味料、日用品などのコーナーになっていますが、長期滞在の外国人向けといった品ぞろえです。欧米人が好みそうな輸入品が安いのが特徴です。ローカルの商品は売れ筋商品が厳選されており、お薬も置いてありますが、薬局よりも安いのには驚き😲 ビールも格安🍺 スタッフも多いのに大丈夫なのか、ちょっと心配になっちゃいます。オープン記念の価格設定じゃないといいのですが。。。

日本の商品もこの通り↓
P_20170112_205128.jpg

キューピーマヨネーズがある!これは日本から毎回持ってくるので、バリ島で買うことはないと思いますが、日本の食品も他店より安く買えると思います。

ラー油など、日本じゃ100均で買える💰
P_20170112_205138.jpg

これも日本から持参しているので必要ありませんが😜。

バリ島の美味しい塩シリーズ
P_20170115_214154.jpg

ウブドのヘルシーカフェでも売っているかも知れませんが、どの店に置いてあるか忘れたので、とりあえず欲しくなったらPepitoへ👣 レジの近くにはデリショップやケーキコーナー、飲食スペースなどもあり、デリには作り置きのサンドイッチやサラダなどが並んでいます。スタバの半額ほどのお値段で、在住者にはありがたい料金設定に感謝!こういうの、ずっと待っていました。ここがウブドとは信じられません。しかも営業時間は夜11時までとのこと。ウブドも都会になったものです。

美味しそうなケーキたち
P_20170115_215727_HDR.jpg

虹色ケーキやチーズケーキ、いつか食べてみたいす!
P_20170115_215735_HDR.jpg

中華風の肉まんやあんまん
P_20170115_215802_HDR.jpg

インドネシアではバッパオと呼ばれています。インドネシアのお国柄らしく、豚まんではなく鶏まんです。あんまんは小豆ではなく緑豆。チョコまんもありました。ふっくらもちもちの生地で、まるで日本のコンビニみたいです。ちなみに在住者情報によると、肉まんもふっかふかでかなり美味しいらしい!

それでは良い夢を!明日に備えておやすみます(^o^)ノ 💤

バリ島ウブドからお届けしています❤
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif

朝市の光景@プリアタン

2016年09月27日 12:33

スラマッシア~ン♪こんにちは!

最近のウブド、毎日昼過ぎから大雨が降るようになりました。天気予報を毎日聞かれるので、新しいお天気アプリをダウンロードしていくつかをチェックするのが日課に(^^;)。でも、南国ならではの空模様。曇りのち時折雨☂とか、雷雨とか、降水確率50%など、とりあえず毎日曇りのち一時雨といった感じです。1時間ごとの予報も目安にはなるものの、更新したら変わっていたり、豪雨でも更新が反映されていなかったり、とあまり当てになりません。とりあえず午前中は快晴なので、これからの時期は早起きしてやりたいことは早めに済ませるのがおススメです。

さて、今日はプリアタンの市場の紹介を!ウブドやギャニアールの市場は朝5時くらいから営業しているとのことですが、プリアタン市場は他の大きな市場で仕入れて売っているみたいで少し遅めです。2階は朝6時から徐々に賑わうようですが、1階部分に関しては朝6時半~7時頃にオープンするお店がほとんどです。今の生活は朝から忙しく、自炊もしなくり、めったに市場に行かなくなったので数か月前の様子です。まだまだローカル物価が安いバリ島では、一人分ならワルンで持ち帰りしたほうが安上がるし、味も美味しいということに気づいたので、無理するのはやめました(汗)。健康のためというのもあったのですが、スーパーでサラダパックも安く買えることを知り、たまに野菜が食べたくなったら自炊サラダを作ったりしています。

ピンぼけですが、プリアタン市場
P_20160715_063238_HDR.jpg

ジャム―おじさん👍
P_20160715_063229_HDR.jpg

自炊をしなくなったワタシが市場に行く理由はこれ一つ!6時半過ぎにならないと来ないので、早く行き過ぎても買えません(涙)。ジャム―は健康に良いと信じているので、あれこれ2年半くらい飲み続けています(目覚めの一杯!)。朝買えない時は午後1時過ぎから夕方くらいまで、プリアタン広場でも出店しているので、そちらで買うこともあり。ジャワ系のジャムーよりも濃いのでリピートしています。ウコン入りのKunit Asamという種類らしいのですが、購入時にハチミツを追加してもらっているのでほどよく甘く、ジュース感覚で美味しく飲めます。

向かって右手の階段を上がると、まずは果物屋
P_20160706_071638.jpg

バリのお菓子やミルクパンなども売っています。ちなみに果物屋は市場内にいくつかありますが、ここの果物が一番キレイで品質が良いと思います。他のお店よりも若干高めですが、スーパーの商品のように見やすく陳列されており、選びやすい。

その斜め向かいにはお惣菜屋
P_20160706_071800.jpg

反対側の階段の奥にも人気のお惣菜屋がありますが、こちらも人気!
P_20160706_071730_1.jpg

写真を撮っていたらどんどん人が集まってきた!バリの人は朝から濃い味付けのご飯をがっつり食べるんですね。バリのお菓子はあくまでもおやつ=間食なようです。プリアタンの村役場の隣にも人気のバビグリン屋があるのですが、朝7時からバビグリンを買い求める人が多いです。

真ん中の階段を上がったところ
P_20160706_071326.jpg

豆腐やおかず、作り置きのナシチャンプル(朝食用)を売っています。ちなみに水のペットボトルに入っている黄色の液体はココナッツオイル。バリ料理には欠かせないウコン入りのココナッツオイルです。ワタシは白い普通のココナッツオイルのほうが甘い香りがして好きですが、家庭で手作りしているオイルなのですぐに変色してあまり長持ちしません。

バリ人の日常に欠かせないお供え物(チャナン)
P_20160706_071252.jpg

基本、各家庭で手作りしていますが、仕事していて作る時間がない人や商売向け(お店やレストランなど)には買うらしいです。25個入りとかで売っており、手間がかかるわりには安いですが、これが毎日x31日分かかると思うと結構な出費になります。

お供え用のお花
P_20160706_071213.jpg

一般家庭では花びらだけ買って、自分で作るのが主流です。スパやホテルなどでも使うので、キロ単位でも売ってくれます。市場で大量買いしたら、ホテルでもマイフラワーバスができちゃいますね💖 でもそのまま使うと汚れていたり、虫が混じっていることもあるので一度軽く濯いだほうがいいかも知れません。

にしても、通い慣れていたはずの市場なのに、久しぶりの訪問&写真撮影してると地元の人たちの目線が気になって落ち着かなかったなぁ👀。こう見えても小心者でドキドキしながら手早く撮った写真ばかりなので、あまりクオリティ良くないですね。ガイジン=お客さん=ぼったくられるかも?という心理の表れ!?( ´艸`) ウブド市場は手ごわいですが、プリアタン市場は規模も小さく、地元の人だけでアットホームな雰囲気なので、観光客でもぼったくられることはないと思います!

それでは今日もご機嫌で!良い一日をお過ごしください✋

バリ島ウブドからお届けしています❤
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif

お供え物@ガルンガン

2016年09月07日 21:44

スラマットマラ~ム♪こんばんは!

今日はバリ島はガルンガンの祝日でした。ガルンガンは210日に1回巡ってくるバリの重要な祝日で、バリ人にとっては迎え盆のような大きな行事。私は正装した以外は至って普段どおりの生活でしたが、みんなは朝からお供え物を持ってお寺に行ったり、親戚の家を訪ねたり、とにかく忙しい日のようです。最近は働いている人も多いので、家族の誰かが役目を果たせば全員が参加しなくてもいいのだそうですが、やっぱり仕事は二の次な人が大半。ウブドの中心部は普段とあまり変わりませんが、ローカル向けのお店に関しては営業しているのはジャワ人のお店だけでした。

さて、地元の人たちはガルンガンに備えて数日前には竹製のペンジョールと呼ばれる七夕のような飾りを家の前に立てて、先祖の霊を迎え入れる準備を整えます。ガルンガンの前日の早朝にはラワールという豚肉と刻んだココナッツ、野菜、唐辛子、各種スパイスなどをココナッツオイルと豚の血液(!)で和えた郷土料理を食べるのが習慣なので、私も同僚におすそ分けしてもらって食べました!白いご飯との相性◎でけっこう好きなんです。この味はおふくろの味ならぬ「親父の味」らしく、一家の主が作るのがバリ流。家によって味付けやレシピが微妙に違うらしく、いろいろ聞いたところ「●●さんちのオヤジは不潔だから貰っても食べない」とか「●●さんちのは味が塩辛すぎるからダメ」とか、けっこう皆さん自分の家のラワール以外は言いたい放題だったりします(汗)。信用できない人から貰ったラワールは食べないのがバリ人流なのね(^^;)。

家の前のお飾り
P_20160905_172921.jpg

竹製のペンジョール
P_20160905_172836_HDR.jpg

家の周りはどこも同じようなペンジョールですが、地域によってはお金をかけて豪華なペンジョールを立てるところもあるらしいです。特にウブド近郊のバリ人は裕福なので見栄もあるのか、儀式にはとにかくお金をかけるんだとか!?とにかく地元のバリ人たちにはお金のかかる行事のひとつなので、会社からは特別にボーナスが支給されるんです。私も大家さんには感謝の気持ちとして微々たる額ですが心付けを渡したりするので、そのお礼として今朝はバイクにもお供え物が置かれていました。安全祈願じゃないけどお祓いをしてもらって今朝は気分よく出かけることができました。心優しい大家さんで良かったヽ(´∀`)ノ。バリ島に長く住めることに感謝しながら、これからも頑張ろうと思います。

安全運転ですぞ~!
P_20160907_081349.jpg

ちなみに10日後の17日はクニンガンと呼ばれる送り盆のような儀式があって、一連の行事の締めとなります。でもペンジョールが立ち並ぶ風景はあと1ヶ月ほど続くので、この時期はバリらしい風情ある景色が楽しめると思います📷。

それでは明日に備えてオヤスミナサイ(^o^)ノ 💤🌠

バリ島ウブドからお届けしています❤
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif

「鉄の日」のお供え物@Tumpek Landep

2016年07月11日 18:26

スラマッマラ~ム♪こんばんは!

夏休みシーズンだというのに、全然日本人旅行者を見かけません(;´Д`)。日本の夏休みは短いし、お盆が中心なので7月はまだまだですね。で、暇かと思いきやそんなことはありません!実はいろいろありまして、夜型人間&低血圧のワタシが急遽、朝型生活への切り替えを強いられることに・・・。6時起床の10時就寝の生活実行中!これまでのように夜9時過ぎにご飯を食べたり、午前1時~2時までネットしながら夜更かしすることはできなくなりましたが、時間配分を変えてアレンジしていこうと思います。肉体的にもハードな内容でいつまで体力が持つか分かりませんが、頑張ろう(^-^)/ 

さて、ちょっと遅くなりましたが、先日は尖った物や鉄製のものに感謝を捧げるバリの祝日でした。昔は台所の包丁などが中心だったようですが、モダンな今は車やバイクなどの乗り物が中心にお供え物が備えられているようです。バリ人は普段から毎日お供え物をして、このような特別な日には必ず儀式を行いますが、ヒンドゥー教徒じゃないワタシのバイクは無縁。でも今回は頼んでいないのにラッキーにも仲間に入れてもらえたようです!ちょっと嬉しい(^∇^)ノ

しかもお供え物が立派◎
P_20160709_075358.jpg

家の前にもこのとおり↓
P_20160709_080333.jpg

スマホで写真を撮っていたら、大家さんの孫も真似っ子
P_20160709_080400.jpg P_20160709_080401.jpg

バリ人の赤ちゃんや子供ってどうしてこんなに可愛いんだろ?子供の笑顔はホントに癒されます!

それでは良い夢を!明日に備えてオヤスミナサイ(^o^)ノ 💤🌠

バリ島ウブドからお届けしています❤
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif

家の近所の屋台村@プリアタン広場

2016年05月09日 14:34

スラマッシア~ン♪こんにちは!

長かったゴールデンウィークもようやく終わり、ほっと一息。ぬぁんとワタクシ、今年は11連勤だったんです(ノД`)。その間に友達が何人か遊びに来ていたり、今年のGWはとにかく忙しかった!で、今週末から日本へ出張という、これまたハードスケジュール。出張は週末を合わせると9泊なのですが、6日間で20社のアポを取り、大阪~名古屋~東京と巡業いたします。連日朝から夜まで予定が埋まっているので、体力勝負👊。環境が変われば気分も変わるし、気分はすっかり観光客なので、思いっきり満喫してこようと思いますヽ(´∀`)ノ 今年になってから妙にバリ島から抜け出したい衝動に襲われていたので、ナイスタイミング♪人生の半分ほどを海外で過ごしている自分にとって、一時帰国というのは単なる里帰りじゃ言い表せないほど特別なことだったりします。帰れる場所があるって素晴らしいこと、感謝❤

さて、今日はバリらしいローカル話題ということで地元はプリアタンの情報を紹介をしたいと思います。ウブドはすっかり観光地化しているけど、そのお隣、プリアタンはローカル色豊かな地域。市場や王宮もあるし、日本人に有名なティルタサリなどバリ舞踊の会場もあったり、バリ人と結婚している日本人も多かったり、馴染みやすいエリアなんだけどイマイチ知られていない穴場。ローカルらしさを体感するなら、プリアタンがおススメ☝ちなみにワタシもプリアタンに住んでいます。

プリアタン王宮の正面の空き地で毎日開催中の屋台村
P_163102.jpg

ウブドからも徒歩圏内なので、たまに好奇心旺盛な欧米人も見かけます👀
P_163056.jpg

大きな声でおススメはできないけど、やっぱりウブド滞在はスクーターが便利です。ワタシはバイクの運転が怖くてできなかったから、ウブドに移住するのを躊躇していたほどの臆病者ですが、いざ住み始めたら誰も頼る人もいないし、バイクの運転を余儀なくさせられることに。。。専用の運転手が雇える身ならともかく、自由に行きたいところに行きたいときに行けるから、バリ島生活においてバイクは必須です。この時期、夏休みシーズンに向けて危なっかしい運転の観光客が急増中なので、心配ではありますが、ウブドを自由に観光するにはバイクを運転できるか否やがポイント!でも、旅行中にバイクで事故っても保険は効かず自己負担らしいので、あくまでも自己責任でお願いします<(_ _)>。

話は戻り、この広場では午後1時過ぎくらいから屋台が開きはじめ、夕方6時頃までいろんな食べ物を買うことができるんです。私のお気に入りはこのダルマンという葉っぱのゼリーが入った飲み物。

左の緑のスライムっぽいものがソレです⤵
P_163031.jpg

ウブドのレストランは観光客向け過ぎて、ちょっと物足りないと思う方、胃腸に自信のある方はこういうところをぜひ発掘してみてください!ワタシもローカルデビューはバリに住んで5年以上経ってからの挑戦で、ちょっと奥手でした。プリアタンはウブドに比べて観光地化されていないので、外国人がいるとジロジロ見られるし、日本人ですら「ガイジンいるよ!」みたいな声が聞こえてきます。ガイジン扱いをむしろ楽しめる心の余裕が大事!観光地となって半世紀以上経つバリ島ですが、地元住民と観光客というのは見えない壁で隔たれているのは身をもって感じますね。お互い受け入れるけど同化しない、というのがバリ島を楽しむ秘訣なのかも知れません。

地元の人にも大人気◎
P_163414.jpg

ここで食べることもできますが、持ち帰るときはビニール袋に入れてくれます。バリの食ってまさしく持ち帰り文化。あまり外食をしないバリ人はバクソのスープやチャプチャイなどの汁物はもちろん、ジュースなどの飲み物もビニール袋に入れるんです。そのビニールを家で器に入れ替えていただきます!

ついでにバリのクレープも
P_165017.jpg

これでお値段も40円ほどと、ローカル価格です。日本以上に格差社会になりつつバリ島かな?

こちらはワタシが飲み続けているジャム―
P_162843.jpg

朝は市場で売っているのですが不定期なので、見つけたら即買いです!クニットアッサムという種類のウコンとタマリンドを混ぜた飲みやすいお味で、ハチミツ風シロップ(バリには本物のハチミツはない!)を入れてくれます。ワタシは毎朝起きたら100ml飲む習慣を2年間続けていて、効果のほどはイマイチ分かりませんが、いたって健康!

何でもある屋台
P_163121.jpg

半分インドネシア語と英語混ざりですが、張り紙付きで分かりやすい!

こちらは初めて見つけた、バビグリン屋さん
P_163311.jpg

フードコート風な屋台村なので、ココに来たらとりあえず何か食べられます。欲を言えば、ナイトマーケットに発展してくれると嬉しいのですが、プリアタンの人はあまり儲けることにこだわらないのかな?この広場から大通りを渡った斜め先にはローカルのパン屋さんのRoti Nakalやヤギのサテ屋さんもあるので、プリアタンの踊りの前などに時間があればぜひお立ち寄りください。衛生面が不安なので食べるかどうかは別として、ローカルの生活が少し垣間見られて面白いと思います!

それでは今日もご機嫌で!良い一日をお過ごしください✋

バリ島ウブドからお届けしています❤
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif