リニューアルしてゴージャスに!@カマンダル

2015年02月21日 13:42

スラマッシア~ン♪こんにちは。

雨季の真っ最中のバリ島ですが、昨日は大雨の影響でデンパサールやサヌールが大洪水になったらしいです!そのため空港に行く道も渋滞がひどく、普段の倍近く時間がかかったんだとか。ウブドはそうでもなかったけれど、同じバリ島でもエリアによって降水量や天気は違うのでビックリでした。雨の日に空港へ行かれる方は、時間に余裕をもっていかれることをおススメします。ガイドブックやパンフレットにはウブドのホテルから空港までの所要時間は約60分と書かれていますが、実際は75分ほどかかります(^^;) そして2時から5時にかけてのピーク時は90分は見ておいたほうが安全デス。

ところで今の時期、「春節」の休暇期間中のためバリ島は中国、台湾、香港の旅行者で賑わっています。バリ島に来るまで旧正月がこんなに多くの人たちに祝福される行事だと知りませんでした。東南アジアでも華僑の多いマレーシアやシンガポールでは祝日になっており、この時期を挟んで1週間ほどは普段よりアジア系の旅行者が多いのが特徴。インドネシアでもImlekと呼ばれる祝日のため、銀行や役所は閉まります。日本でも旧正月は中国からの観光客が増えているんじゃないかな?日本人は中国人に対してうるさいとか、マナーが悪いとの偏見を持つ人が多いようですが、バリ人も中国人に対してマイナスのイメージは強いようですね。個人的にはむしろ日本人であることが友好的に受け入れられるメリットすら実感しているので、中国語(北京語)を勉強しておけばよかった・・・と今さらながら少し後悔。どんどん増える中国人客に対し、中国語ガイドが足りないんだそうです。これからは英語と中国語が話せると怖いものなしです(^^ゞ ヌサドゥアなどの大型リゾートでは中国語スタッフが常駐しているはずですが、ウブドのホテルで中国語ができる人はほとんどいないだろうから今後の需要はかなりあると見た!

さて、今日はホテル視察の続き!ライバルでもあるカマンダルリゾーにお邪魔してきました!最近ロビーがリニューアルされたとは聞いていましたが、前回は工事中だったので今回初めて見ることができました。

ロビー前のエントランス
DSC03693.jpg

まるでヌサドゥアの高級リゾートを連想させるモダンなデザイン!
DSC03690.jpg

ロビーもすごく広いです。
DSC03698.jpg

レセプションとゲストリレーションの専用デスク
DSC03699.jpg

フロントスタッフがいっぱいいて羨ましい!日本人スタッフの方はいないそうですが、日本語が話せるスタッフがいるそうです。最近は日本語を学ぶバリ人が減っているような気がするので、もっと日本や日本語に興味をもってもらいたいなって思うけど、最近は韓国ドラマや音楽の影響で韓国語ブーム到来なんだとか!?でもバリ島の観光業でこれから求められるのは断然中国語だと思いますが、先にも書いた理由からか中国語を勉強したいバリ人は少なそうです(汗)。

天井のランプ
DSC03697.jpg

なかなかゴージャスで見栄えします!大型ホテルっぽい廊下とその両脇にはソファなどがあるラウンジ、ブティックショップなどがあり、ロビーの奥にはレストランがありました。高級感が感じられる雰囲気でテンションが上がります!

DSC03738.jpg

ブティックの品揃えも素敵☆
DSC03734.jpg

思わず中に入って見入ってしまいました。アンティーク調の小物やバティックも売っていましたよ。

廊下で見つけた可愛いオブジェ
DSC03706.jpg

すべて身近に手に入る素材を使って手作りでアレンジされているのですが、ミニチュアツリーのようでナイスアイディア◎。

敷地内にはライステラスも!
DSC03701.jpg

ウブドのホテルの中でもけっこう部屋数が多い大型ホテルですが、バンガロータイプのエコノミーなお部屋から、ガーデンヴィラ、プールヴィラ、新しく出来たデラックスプールヴィラ、2ベッドヴィラ、3ベッドヴィラまで幅広いカテゴリーが揃っているので、旅のスタイルによって使い分けができそうです。敷地内には田んぼやつり橋もあり、あらゆる植物や果物の木がなっていて、散歩するだけでも楽しめます♪

今回見学したのは2ベッドヴィラ
DSC03715.jpg

絶景を望めるプライベートプールに圧倒されて言葉がありません!

ベッドは伝統的なスタイル
DSC03710.jpg

ベッドの後ろに飾ってある絵はカマサンスタイル。ヒンドゥー教の物語をテーマにした古典絵画なのですが、最近私が好きなスタイルです。

アメニティなど
DSC03728.jpg

広々としたバスルーム
DSC03724.jpg

リビングルームもあります!
DSC03712.jpg

よく1ベッドルームヴィラで誤解されがちなのは、バリでよくある1ベッドルームヴィラというのは一つの部屋にベッドとテレビ、ソファベッドが配置されているケースが多いのですが、欧米人はリビングルーム付きのヴィラを想定してしまうようです。スミニャックなどのプライベートヴィラでは屋内または屋外にリビングスペースがキッチンと一緒についていることが多いですが、ウブドでは少ないと思うので、リビングやパントリー(簡易キッチン)があるかどうかは各ホテルに問い合わせるのが確実だと思います。

最後にスパ!
DSC03732.jpg

驚いたのはこちらのChaya SpaではあのSensatiaのプロダクトを使っているってこと。バリ人にはほとんど知られていませんが、Sensatiaは米国食品医薬品局の認可もあるアメリカに本社を置くワールドワイドな会社。世界中に輸出されているSensatia製品の品質はお墨付きデス!以前はバリ島東部の工場でしか購入できませんでしたが、ウブドのモンキーフォレスト通りにも支店があります。Sensatiaを使っているスパはあまり知らなかったのですが、ウブドならカマンダルリゾートのスパで受けられるんですね。メモメモ。。。

スパからの景色
DSC03733.jpg

清潔で管理がしっかりされている印象を受けたので、スパの内容にも期待できそう!ちなみにスパのお部屋は2部屋のみとかなりこじんまりしているので、外部のお客さんは日本から予約していったほうが確実だと思います。宿泊客の場合は、お部屋での出張サービスができるんだそう。ヴィラでマッサージしてもらったほうが、安心感もあって落ち着きますね。

カマンダルリゾートは昔は鄙びたイメージがあったのですが、ロビーがリニューアルされてイメージが一新されました。バリらしさも保ちつつも、新しいヴィラも増えてモダンで綺麗なホテルに生まれ変わり、よりゴージャスな滞在が楽しめそうです。所狭しとお部屋が並んでいる敷地ですが、植物や果物の木が多くあり、お庭の手入れも行き届いている印象を受けました。ロビーも広々としており、部屋数も多いのでグループでの宿泊にも便利そうです。バリの建築物は老朽化するのが早くて、常にメンテナンスとのイタチゴッコ・・・。バリ島を訪れる旅行者は年々順調に増加していますが、それ以上にホテルが増えているため、各ホテルでは稼働率が低下しているんです。ウブドでも新しいホテルの建設ラッシュで競争が激しいので、ライバルとしても老舗リゾートは特長を出して努力していかないと大変デス。正直負けてるかも?

それでは皆様、よい週末をお過ごしください!

バリ島ウブドからお届けしています♥
banner_blogranking.gif
↑      ↑      ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

訳ありインスペクション【後編】@kamandalu

2012年08月15日 21:57

さて昨日の話題に続き、カマンダルリゾートのお部屋の紹介です!実はこの記事、書いている時に自動保存が聞いていたはずなのですが、数時間後にログインしてみたらなんと最初の状態(写真だけ!)に戻っていたので、ちょっと書く気が幻滅しちゃいました(涙)。半分以上書いた後だったからかなりショック・・・( ̄Д ̄;)

気を取り直して、思い出しながら書くことにします。確か、お部屋の数は50くらいだったと聞いたのですが、ウブドでは珍しい3ベッドルームヴィラも増築中だとか。

最初に見せてもらったお部屋は一番下のカテゴリーのウブドシャーレット。2階建てのヴィラで以前はデュプレックスとして使っていたそうですが、改築後は1階と2階を切り分けて、入口も別々になっています。1階の部屋には小さなテラスがついていますが、2階のお部屋にはバルコニーがありません。お部屋は広すぎず簡素な印象を受けました。

蚊帳付きのお姫様ベッド
P7310425.jpg

やっぱりバリに来たらこれよね~♪クラシックなスタイルがバリらしくて◎。

バスルームのアメニティ
P7310426.jpg P7310429.jpg

大きなバスタブ
P7310431.jpg

屋外シャワーもついてる!
P7310433.jpg

Don't Disturbのお面も可愛い^^。敷地内のマップが張ってるのも助かりますね。きちんと各ヴィラに消化器も常備されていたのも◎。日本もそうですけど、ヨーロッパの大手エージェントの場合はヨーロッパの基準に合わないと契約してもらえないこともありますし、定期的に本国からの査察もあったりするのできちんとしていないといけません。当然なたら、キッチンの衛生状態もチェックされます。

P7310449.jpg

敷地内には蓮の池やハーブ園もあり、唐辛子も新鮮!
P7310444.jpg

ガーデンヴィラも覗いてみました。

ベッドは同じ感じですね。
P7310450.jpg

バスタブも似ています。
P7310453.jpg

バリらしいウェルカムフルーツ!
P7310455.jpg

素朴な疑問ですが、何でバリのホテルってアップルとかオレンジとかブドウとか輸入果物を使うんでしょう?もちろんそれらの果物はバリ島では高い!ホテルが高級になればなるほどその傾向は強くなりますけど、お客さんからするとトロピカルフルーツのほうが嬉しいんじゃないかな?このようにキンタマーニ産のミカン、スネークスキンフルーツ、モンキーバナナ、パッションフルーツとかのほうがバリらしくてよっぽどいいと思うのだが。食べやすいしね。

ミニバー
P7310460.jpg P7310462.jpg

ガーデンヴィラなだけあって素敵なお庭(ガゼボ付き)です!
P7310456.jpg

お部屋からの眺め
P7310458.jpg

ちなみにプールヴィラはさらに渓谷側にあるらしく、景色も◎だそう。田園ビューもいいけれど、ウブドに泊まるならやっぱり渓谷ビューがいいかな♪個人的にはオーシャンビューがいいけれど・・・あっウブドにないですね(笑)。

今回の見学の理由はタイトル通りのため割愛しますが、カマンダルでは日本人の営業アシスタントを急募しているそうです。興味のある人はぜひ直接問い合せてみてくださいね!

br_decobanner_20120107053224.gif
↑      ↑      ↑ 
いつもクリックしていただきありがとうございます!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

訳ありインスペクション【前編】@kamandalu

2012年08月14日 22:53

そろそろラマダン明けを迎えるインドネシア。バリ島はヒンドゥー教の島なのでラマダン中はあまり影響はありませんが、ラマダン明けが大変!ジャカルタなどの都市に住むインドネシアの富裕層が家族連れ(時にはメイドやベビーシッターも同伴!)で大勢バリ島に押しかけてくるのです。なぜ彼らがすごいかというと、ホテルはエキストラベッドを追加しても大人3人、子供2人が一部屋の上限だったりするのですが、一部屋しか予約がないのにもかかわらず大家族で泊まろうとするから大変!ラマダン明けのお休みは毎年時期が若干違うのですが、数年前は10月中旬、そして去年は9月、今年はなんと8月中旬、とハイシーズンと重なっているからすごいことになるでしょう。週末と合わせて1週間、長くて10日くらい続きます。ウブドはそうでもないですけど、クタや空港付近はローカル客ばかりになって、車も大混雑。ただでさえ渋滞がひどいのに!あっ、ウブドでもべべブンギルは別!毎年すごいことになってますけど、今年もおそらく・・・

ところで先日、ウブドヴィレッジのライバルホテルの一つであるカマンダルーリゾートを視察してきました。創業20年というウブドの老舗ホテル。建築スタイルが古風な感じだと思っていたけれど、現在ロビーとレストランを改築中でした。

P7310466.jpg

びっくりしたのは建設中の様子が見えないように竹で囲ってあったこと!バンブーハウスもあるくらいだし、これだけでも十分建造物として価値がありそうなくらい、インパクトがありました。そしてびっくりしたのがこの竹だけで600万円くらいかかっているんですって!ヴィラも全棟改築済みで、さらに3ベッドルームヴィラも追加したらしく、かなり莫大なコストをかけての改築ですね。20年も経っているから仕方ないか。今は臨時にスパの受付をロビー代わりに使っているそうです。それにしてもバリ島は建築ラッシュが続いていますね。どこ行っても工事ばっかり。モンキーフォレスト通りだって、工事中のホテルの多いこと!道路だって工事続きだし、今のバリで騒音がない場所など存在しないのでは?

さっそく敷地内を案内してもらいました。敷地内にはヴィラがいっぱいあって迷路みたい!

P7310405.jpg

メインプール
P7310409.jpg P7310411.jpg

学校のプールのような青いタイルはちょっと時代を感じさせますが、ビーチチェアのあるスペースも浅いプールになっていて気持ちよさそう^^

P7310417.jpg

昔の中国の宮廷のようなイメージがする不思議な空間です(←私の勝手な空想!)

吊り橋も・・・
P7310418.jpg

開放的な感じはありませんが、敷地スペースを最大限に利用しているのでアミューズメントパークのようで楽しいかも♪

P7310419.jpg

ヴィラに続く・・・

br_decobanner_20120107053224.gif
↑      ↑      ↑ 
いつもクリックしていただきありがとうございます!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ