亀のフランス料理!?@pignou di penyu

2012年09月08日 23:18

今日はクニンガン。でも夜までお仕事でした(ToT)。もちろんクバヤを着て出勤しましたが、ヒンドゥー教の儀式を怠ることなく信仰深いバリ人を見ていると、宗教心のないワタシは非国民なんだかなぁ・・・と肩身が狭いです。お祈りするわけじゃないのに最近は頻繁にクバヤを着用するため、そろそろ新調しようかと検討中。町のクバヤ屋さんの店頭には新しいスタイルのクバヤが並んでいるし、周りの子たちが素敵なのを着ていると欲しくなっちゃいますね。買うときはオトナ買いで3着以上は買っちゃうつもりです。ついでにスカート用のサロンと腰紐も合わせて♪でもクバヤってこっちでは意外に高いお買い物なのでいつ行けることやら(涙)。

さて、先日はありがたいことにお客様からディナーにご招待いただき、向かったのが「亀のフランス料理店」!お店の名前のpignouはフランス語で亀、penyuはバリ語で亀という意味らしい。発音しにくい店名なので勝手に亀のフランス料理と呼んでます^^モザイクがニューヨーク風の高級フレンチなら、こちらは正真正銘、フランスの田舎にありそうな家族経営のフレンチといったところ。

場所は裏グルメ通りのゴータマ通り
P8220680.jpg

いやいや、この通りは最近凄いんですよ!トリップアドバイザーで一番人気のMelting Wokは今や予約なしでは入れないし、Biah Biahも大繁盛!今や向かいのDevilliciousよりも混んでいるし、ディナーは予約しないとムリそうです。欧米人バックパッカーに人気のデワワルンも相変わらずの安さで連日満席。他にもおいしいワルンが連なっていて、今とにかくこの通りが熱い!本当はMelting Wokに行きたかったのだが、予約が取れずに断念(涙)。これで2回失敗・・・11時とか4時とか5時なら予約なしでも入れそうだけど、そんな時間に行くことはないし、いつになったらここで食べられるのか分かりませんが、行った時はもちろんブログで報告したいと思います。

店内はフランス語を話すお客さんがほとんどでした。
P8220684.jpg

隣はフランス人カップル。今、ウブドを訪れるフランス人旅行者は多いんです。これまで大勢のフランス人を見てきましたが、ほぼ全員ペラペラ。フランス人が英語話せないというのは迷信ですね。

バリのおいしいワイン、Two Islands
P8220685.jpg P8220688.jpg

ハッテンワインが製造元なのですが、Two Islandsのほうがワンランク上。ワイン通はこちらを飲むことが多いです。赤ワインのShirazをいただきました!常夏のバリでは赤も白も冷えていたほうがおいしいですね。特に普通のハッテンワインの場合はクオリティが劣るため、冷やして飲んだほうが本来の味よりおいしく感じられます。

3人でこれだけ注文!
P8220694.jpg

Nicoise Salad(ニース風サラダ)
P8220691.jpg

Pignou di Penyu風ナシチャンプル
P8220706.jpg

やっぱり店名のついたメニューに弱いのだ(汗)。前にも食べたことがあるけれど、ついつい頼んでしまいます。Calamar Armoricaneと同じイカ料理が入っていたので、いろいろ食べてみたい人にはナシチャンプルがおすすめです。個人的にはご飯の右にある肉煮込みの味つけが癖があって食べ切れませんでしたが。何の肉だったんだろう?もしかしたらウサギだったかも!?とにかく変わった味なのです。

Beef Carpacio(左)、Calamar Armoricane(右)
P8220695.jpg P8220700.jpg

牛肉のカルパッチョは意外に軽く食べられる味。右のイカ料理はクリーミーな味付けなので一人で食べると飽きちゃうかな。

お料理は独特なメニューと味付けでウブドでは個性的なレストラン。何しろここのメニューは読みづらい!本日のおすすめは別にあるのですが、筆記体の手書きでフランス語なのでちんぷんかんぷん。もちろんメニュー名の下に英語で説明はあるけれど、筆記体というところでまずアウト(涙)。今回は粋なお客様が入念に調べてきていたおかげで何とかスムーズに注文することができましたが、それでも20分くらい迷いました。日本人には分かるメニューが限られると思うので、その中から選ぶのが無難ですね。グラタンもおいしいらしいです。お隣のフランス人がフレンチナシゴレンを食べていましたが、リゾットみたい!クリーミーでおいしそうでした。

ゴータマ通りで長年営業しているならば、もっと流行っていてもいい感じなのだが、流行に流されずオーナーのこだわりが感じられるスタイルが好き。ちなみにオーナーはフランス人のおばさん(おばあさん?)でいつもキッチン付近のテーブルに座っています。後姿が貫禄たっぷり!店内には昔のバリの写真が飾ってあったり、テーブルもきちんとテーブルクロスを使ってワイングラスまでセットアップされていて、意外に本格的。それでいてどこかアットホームな雰囲気が好きです。

メニューにはスタッフの名前がついたデザートもあったり、アットホームなレストラン。今回は楽しい会話に盛り上がり、時間が足りなくなったので残念ながらデザートはパスでしたが、ホームメードのジェラートをぜひ食べてみたいな♪

今回はご好意に甘えてたっぷりご馳走になってしまいました。おいしいお食事と楽しいお時間をどうもありがとうございます!

バリ島ウブドからお届けしています♥
banner_blogranking.gif
↑      ↑      ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

ロマンチックディナー♪@Pignou di Penyu

2010年03月06日 17:31

いくらローカル食に慣れているとはいえ、さすがに毎晩ワルンのお持ち帰りというわけにもいきません。味覚を鍛えるべくたまにはレストランで食べないと!ウブドのレストランはかなり知っているつもりだけど、いざ行こうとなると案外迷います。というのも、モンキーフォレスト通り沿いにあるようなオープンで観光客がいっぱいのレストランは、価格の割りにはせいぜい味も期待に見合うものでもなく(あっ、思わず本音)、あえて人ごみの中で食べようとも今さら思わないもの。観光客なら楽しいだろうし、もちろんおいしいことはおいしんだけれど、もっと穴場的なこじんまりした静かなレストランがイブウブ子は好きです。

前にも行ったことがありますが、久しぶりに突然ゴータマ通りにある「Pignou di Penyu」に行きたくなりました。フランス語とバリ語で亀という意味らしいです。亀で亀?みたいな意味かしらん?

ゴータマ通りは好き。裏道っぽさがウブドの喧騒(?)を忘れさせてくれます。ちなみにオーナーは貫禄のある初老のフランス人女性。フランスは行ったこともないし、フランス料理にもフランス人にも特に興味はないけれど、このレストランは雰囲気が良いのでおすすめです。

テーブルもきれいにセッティングされています。
P2233457.jpg

メニューはインドネシア料理とフランス料理が一緒になったような感じで、本日のおすすめメニューも見せてくれます。でも、このメニューが曲者・・・だって筆記体の手書きなんだもの。英語は一応話せるイブウブ子ですが、ひとつだけ弱みがあります。それは筆記体!読めないんです。そして当然のこと書けない。中学生のとき、同級生が英語のノートを筆記体で書いているのを見て、自分も大人になれば自然と読み書きができるものだと納得していたけれども結局今に至るまでできません。だから、とりあえず分かる内容のものしか注文できませんでした(苦笑)。

じゃ~ん!
P2233454.jpg

サラダが大きい!
P2233451.jpg

何のサラダか忘れちゃったけど写真で見るとツナっぽい?日ごろ、不足がちな野菜がいっぱいでおいしかったです。

これは本日のお勧めメニューから選んだエビの何とか
P2233450.jpg

読めないんだから仕方ない。英語でShrimp、インドネシア語でUdangというのだけ分かったので頼みました。これがなかなか美味!あまりグルメじゃないので味の表現は出来かねますが(笑)、とにかくおいしくて完食しました。こういう味付けがインドネシア料理とはちょっと違って、フレンチが少し混ざっているんだろうな。フレンチともインドネシアンとも言いがたいけれど、そこがここのいいところ。ナシチャンプルにしてもフレンチ風のアレンジがきいています。

こちらはちょっと残念賞
P2233449.jpg

魚料理を頼もうと思って、魚と何とかムース?みたいのを頼んだのですが、これが不思議な味で・・・。すり身みたいのを固めていて(←それがムースの意味!)、一口で十分でした(苦笑)。これはお相手も同感だったようです。

お口直しにアイスクリーム♪
P2233456.jpg

普通のアイスでも良かったんだけど、何かいろんな名前が付いたアイスクリームのデザートから選んでみました。おいしかったけど、まぁ普通のアイスにチョコレートソースがかかっている?みたいな感じです。熱いのかな?と思ったけど冷たかったです。

お値段はモンキーフォレスト通り沿いのレストランと比べても同じくらいだと思いますが、雰囲気が素敵なので、特にカップルにはおすすめのレストランです。家庭的なフランス料理を食べてみたい人はぜひ行ってみてください。

Pignou di Penyu
Jl. Goutama No.5, Ubud
Tel : 972577 ※日曜定休

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif

おすすめ家庭フレンチ@Pignou di Penyu

2009年07月03日 09:40

しばらくブログ、怠けてました・・・。そのせいでランキングも落ちまくりあんぐり。忙しいと書きましたが、本当にそうで、おとといなんか、生まれて初めて徹夜しちゃいました!翌日も一睡もせず夕方までぶっ通し、さすがに昨日はダウン。あともうしばらくのお楽しみです♪

さてさて、もう数週間も前になると思うのですが、ブログの読者の方に偶然SANg Spaでお会いしたのをきっかけにディナーのお誘いを受けました。どこにしようか迷ったあげく、以前ブログでおいしかったと書いたことのあるPignou di Penyuに行くことに・・・。最近はローカル食暮らしが続いていたので、レストランに行くなんて本当に久しぶり。嬉しいな♪

こじんまりして落ち着いているけど、何気におしゃれ
P6060420.jpg

そんなに人は入っていなかったけど、みんなあんまり知らないんだろうな。ゴータマ通りって、ウブドの中心部にあるのにもかかわらず、発展しないんです。でもいつまで経っても裏路地のほのぼのさを保って欲しいと願っているので、発展しないほうが嬉しい。

まずはI夫妻が食べたものからご紹介します。

ガスパッチョ
P6060417.jpg

ラム肉の何とか
P6060422.jpg

バリニーズ何とかスープ?
P6060423.jpg

イブウブ子のラザニア
P6060421.jpg

え、全然フレンチじゃない?メニューはフレンチっぽい名前のが多かったんだけど、フレンチ以外にもインドネシア料理やイタリアン系もあるんです。庶民であるイブウブ子はこれまでもめったにフランス料理は食べたことがないので、ついつい知っているメニューを頼んでしまいます。

ガスパッチョは一口いただきましたが、野菜の味がしておいしかった!ヨーロッパなど各地を旅して舌も肥えているI夫妻もスペインで食べたのと同じくらいおいしいと絶賛していました。イブウブ子のラザニアもおいしかった。ラザニアって、グラタンのような容器に入ってド~ンと来るのかと思いきや、案外上品な盛り付けでした。やっぱりそこがフレンチ流?

外のテーブルはインドネシア風の簡素なものですが、奥のテーブルはきちんと白のテーブルクロスでまとめられて、雰囲気も◎。お値段も貧乏暮らしのものが言うのと何ですが、そこそこリーズナブルです。入ってびっくりするような値段じゃなく、ビールなども良心的な価格なので、モンキーフォレスト通りの喧騒に飽きたらぜひ行ってみてください。大人の静かなダイニングを楽しめると思います。

Pignou di Penyu
Jl. Goutama No.5, Ubud
Tel : 972577

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif

ナシチャンプル@pignou di penyu

2008年10月24日 16:54

実は昨日ちょっとフライングしちゃいました・・・。もう読んじゃった人もいるかな?

ウブドの中心部にありながらも、古き良き路地裏を感じさせてくれるGoutama通りですが、こじんまりしたレストランも数多く並んでいて、ひそかにおすすめなスポットなんです。スペースコロニーしか行ったことがないので、これから制覇すべき通りでもあります!

今回入ったのは、前から気になっていたフレンチ風のレストラン
penyu1.jpg

亀がロゴのお店です。
penyu5.jpg

Penyuはインドネシア語で亀という意味です。Pignouはフランス語で亀なのかなぁ・・・。

お店は入って左と右に分かれていて、右奥のほうがフレンチスタイルっぽいです。左側と右前は普通のシンプルなテーブル&チェアになっています。店内にはアンティークな白黒写真が飾られていて、なかなか素敵☆です。こういう隠れ家的なレストランが好きです。


penyu3.jpg

右奥
penyu4.jpg

メニューは同じ(フレンチとインドネシアの両方)なので、好きな場所に座れます。面白いのは、インドネシア料理でも、フレンチ風にアレンジされていたり、デザートにバリ人の名前がついていたりすること。フランス料理には疎いので、メニューをみてもさっぱり分からなかったけど、フレンチの家庭料理みたいな感じなのかな。ウブドでフレンチを食べたいけど、カジュアルなフレンチがいい!っていう人にはおすすめです。

迷ったときのナシチャンプル(Penyu風、Rp.35000+10%)
penyu6.jpg

普通のもありましたが、やっぱりPenyu風のじゃないと、ね。でも最初の印象はご飯少なっ!そしてなぜかパンが一切れついてきます。

正直あまりご飯でお腹いっぱいになるのは好きじゃないので、これくらいがちょうどいいと思いました。サテが2本付いてくるのも嬉しいかも。写真じゃ分かりにくいかも知れないけど、左上の茶色オレンジのソースがかかっているやつ、変わった味がしたけど、何気にフレンチな感じがしてなかなかおいしかったです。全体的に初めて食べる味付けで、面白かったです。こんなナシチャンプルはここでしか食べられません。料金的にもお手ごろで雰囲気も味も気に入ったので、ぜひまた行くでしょう。

ポチっとお願いします!

今日は何票入ったかな?