名物キャロットケーキ@Darmada

2017年01月10日 11:41

スラマッマラ~ム♪こんばんは!

早いもので1月も1/3も過ぎてしまいましたが、個人的には今年はお正月感ゼロでした。大晦日から年越しにかけてこそ、ハッピーニューイヤー!と声を掛け合ったものの、新年を迎えた自覚がなかったし、今もただ1月になったという感覚しかありません。やっぱりお正月=日本じゃないと情緒が味わえないです💦 2017年の抱負は一切考えていませんが、何もないからこそ何でも出来そうな予感も!?長い間、変化することを躊躇っていた自分ですが、今年は良い意味で振り切れるかな?もしかしたら、何事もなく終わってしまうかも知れませんが・・・。

扁桃腺のほうはなかなか治らず気管支炎の症状も出てきたので、結局3回も通院してようやく耳鼻科の専門医に診てもらうことができました。11月末から何だかんだで1ヶ月以上も薬漬けの日々だったので、もう何が効くのか分からなくなっていましたが、今回は処方薬が効いたのか体調は回復に向かっています!日本だと抗生物質は良くないイメージですが、不衛生なバリ島ではウィルスが原因のものより細菌感染による症状のほうが多そうな気がするし、こっちのお医者さんがやたらに抗生物質を出したがる理由が分かります。ナチュラル、オーガニックなイメージとは程遠い私のバリ島生活。このままだと免疫力が落ちそうで不安ですが、早く元気になるよう頑張ります💪

さて、伸ばし伸ばしになっていたシデメン特集も今日で最後。記憶を思い出しながら書きます。2日目は前日の大雨が嘘のように晴れて、午後になっても天気が崩れることがありませんでした。ウブドに戻る前に立ち寄ったDarmadaの中にあるレストランでお茶してきました。

シデメンの中心部からDarmadaに向かう道が私の中では一番大好きな道
P_20161222_131819.jpg

この一帯は稲刈りのシーズン
P_20161222_144158_HDR.jpg

日本の秋を連想させるような光景が広がっていました。田園と畑が見渡せる絶景が楽しめます!そしてどこか長野の景色を思い出させる雰囲気がするんですよね。こればかりは感覚なのでうまく説明できませんが、やっぱり山と田んぼに囲まれた風景は田舎育ちの私にはしっくりきます。

落ちてしまった橋がようやく完成!
P_20161222_132459_HDR.jpg

昔あった黄色の橋が落ちてから2年くらい経っていたような気がします。地元の人によると数ヶ月前にようやく完成したんだとか。どんだけ~!(笑) 今度は頑丈そうなアスファルト製になったのでもう落ちなさそう!Darmadaはこの橋の手前にあるので渡りませんでしたが、この先の山道を登るとまた絶景を望むことができます。

敷地内に流れる小川
P_20161222_133232.jpg

今回は泊まりませんでしたが、宿泊もできます。この小川沿いにピンクと水色の山小屋が並んでおり、小屋ごとに2部屋に別れており計4部屋あります。でもWIFIはなく、お部屋の作りも簡素なので自然を愛するナチュラリスト向けの宿かな。

美しいお庭
P_20161222_133255.jpg

仏陀頭とパイナップル畑
P_20161222_133319.jpg

他にもいろんな野菜や植物が栽培されており、この中だけ別世界みたいです。

こちらがレストラン
P_20161222_133347.jpg

可愛いインテリアも健在💗
P_20161222_133647.jpg

このレストランは川辺にあるので川のせせらぎが聞こえて、最高のヒーリング効果があるんです。
P_20161222_133447.jpg

故郷の田舎を思い出させる清流
P_20161222_133509.jpg

バリ島なのにバリっぽくないのが好きなところ。海もいいけど川も落ち着きます。夜になると大量の蛍が対岸沿いに飛んでいた光景を思い出しました。環境汚染が進んでいるバリ島ですが、ここはまだいると信じたい。

お目当てのキャロットケーキ
2016-12-22-13-49-34.jpg

いつもコーヒー派の私ですが、オリジナルブレンドのハーブティもあったので頼んでみました。バリブッダやKAFEでありそうな強力なミックスハーブティで、発汗作用◎。キャロットケーキは一番人気らしく、ホームメード。チョコレートムースケーキもあります。

こんなに素敵な場所なのにお客さんはゼロ。シデメンは田舎だから旅行者も少ないのですが、宿の大半が集まっているタボラ地区からは方向が違って離れているため、ここに来る人はこの場所に来たくて来る人に限定されるのも理由だろうと思いました。こんな場所がウブドにあったら毎日欧米人で賑わっていそうですね。まさしく、知る人ぞ知るシデメンの隠れ家カフェだと思います!ケーキが美味しいってやっぱりポイント高し👆。

それでは良い夢を!明日に備えてオヤスミナサイ(^o^)ノ 💤

バリ島ウブドからお届けしています❤
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif

旅に出たら欠かせない朝散歩@シデメン

2017年01月05日 11:11

スラマッマラ~ム♪こんばんは!

お正月も過ぎ、ひと段落。と思いきや、昨日からまた体調崩してしまいました(>_<)。先月から不調気味だったのですが、回復してきたのにぶり返してしまったようです。原因不明のアレルギー症状に加え、また扁桃腺をやられてしまいました。いつものことです。

バリ島に移住して10年目。バリ島に移って健康になるという人もいれば、不健康になる人もいるような気がします。自慢じゃありませんが、自炊を止めたこの1年間の食生活は最悪だし(-_-;)。良きも悪きも目に見えないものがたくさんあるバリ島。精神的には良いですが、身体的には食べ物をはじめ空気や水などは悪いと思っています。今は薬を飲んだら数時間は良くなりますが、ちょっと休もうかな。

さて、シデメンの続きを。。。私は旅行好きなのですが、根っからの旅人ではないのです。というのも、旅に出ると普段以上にやりたいことがいっぱいで、忙しく動き回ってしまい、いつも旅から戻ると体調を崩してしまうから。それでも旅に出たら朝散歩は欠かせません!バリの日の出は6時前後なので5時半過ぎには起床⏰します。

けっこう似た考えの人、いるみたい( ´艸`)
P_20161222_064725.jpg

ホテルの周辺をじゃらんじゃらん
P_20161222_062111_HDR.jpg

普段は夜型の私なので早起きは大変なことですが、はやり早朝の空気は最高です!!!旅に出るとこの時間を寝て過ごすなどありえないと思ってしまいます。

道を隔てた反対側も美しい
P_20161222_145203_HDR.jpg

ところでバリ島の人ってあまり日の出とか気にしなさそう。私も日常生活ではわざわざ日の出を見ようと思わないので、ウブドで朝日が見られる場所を聞かれても答えられませんが。ちなみに宿の子に聞いたら、山の向こうだから日の出は見えないと言われたので、そのまま散歩していたら突然山の向こうに輝く太陽を見つけたのですぐさま部屋に戻りました。

部屋のバルコニーから撮った朝日🌄
P_20161222_063558_HDR.jpg

感動👏 少し寝坊していてもお部屋からなら見えたのですね。もう少し寝ていたかった💤

反対側にはぬぁんとアグン山!
P_20161222_073541_HDR.jpg

昨日は曇って見えなかったのでこんなにきれいに見えて嬉しいです。バリ島の太陽のパワーは凄まじく、朝7時過ぎには暑く照らし始めます。散歩→朝日→朝市の予定だったので、これからバイクで散歩がてらシデメン朝市へ向かいます!

アグン山のベストショット📷
P_20161222_070453_HDR.jpg

少し離れた棚田の風景
P_20161222_071137.jpg

ちょうどこの一帯は稲刈りの時期だったらしく、日本の秋みたいな雰囲気です。バリの場合、同じエリアでも田植えの時期が異なるので、青々とした田んぼと稲刈りが同時に見られたりします。三期作できるのがスゴイ!バリ人は日本人の3倍ほどお米を食べるので納得デス。

シデメンの市場
P_20161222_071737.jpg

中心部にあるので分かりやすいです。奥に進むと屋根付きのエリアがありますが、規模は小さくウブド市場と比べるとまだまだワイルド!しかも外国人など見かけません。バリ人しかいない場所に入るのは今でもハラハラしちゃいます💦 スマホは珍しくありませんが、写真撮ったり動画を撮ったりする行為は旅行者しかしないので、かなりジロジロ見られました👀

P_20161222_071847.jpg

ジャジョバリって呼ばれるバリのお菓子
P_20161222_072511.jpg

いろんなものをミックスしてココナッツの黒蜜をかけて出来上がり!全部混ぜて2000ルピア也。見知らぬ地でバリ人と同じ値段で買えたことはありがたいことです。ウブド市場だと5000ルピアくらいするかな?前に来たときに買ったピサンゴレンのおばちゃんを探したのですが、見つけられずに残念でした。売り場を移動して気づかなかったのかも知れません。もっといろいろ見てみたかったけれど、前日に大雨が降ったせいで足場がぬかるんで汚かったので諦めてホテルへ戻りました。

東向きのレストランは日差しが眩しい!
P_20161222_074934_HDR.jpg

猫の三兄弟がさっそくねだりに来ました(=^・^=)
P_20161222_075301.jpg

ホテルのブレックファストとバリ菓子
2016-12-22-07-55-18.jpg 2016-12-22-07-52-02.jpg

ホテルのパンが柔らかくて美味しかったです。バリ菓子も最高◎ 朝から満腹になりました!偶然にも同じホテルに滞在されていた日本人のご夫婦がいらっしゃって、いろいろとお話盛り上がりました。久しぶりに日本語を話したのでつい嬉しくて話し過ぎました( ´艸`)。シデメンに泊まる日本人の方はやはり通ですね。もともとウブド好きの方がレベルアップしてシデメンリピータになるような気がします。3年半ぶりのシデメンでしたが、思いのほか観光地化は進んでいなかったみたいで安心しました。ホテルの数も増えていないようだし、新しいレストランがいくつか出来ていましたが前が何もなさすぎたので外食の選択肢が増えたのは良かった🍴 

チェックアウトまでプールで泳いで昨日のリベンジです!

それでは良い夢を!明日に備えてオヤスミナサイ(^o^)ノ 💤

バリ島ウブドからお届けしています❤
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif

やっぱり最高!(^^)!@シデメン

2016年12月31日 13:48

スラマッシア~ン♪こんにちは!

今日は1年最後の日。バリ島に来てから一番自由のない一日ですが、今年はそのストレスから少し解放されたので、こうやってブログを書く余裕もできました。ウブドではホテルやレストランでガラディナーと呼ばれる大晦日のパーティがあったりしますが、スミニャックなどと比べると大人しいものでしょう。昔はパーティ好きだった私ですが、最近は人が集まる場所が苦手になりすっかり無縁です💦 そして日本でいつかお正月を過ごしたいというのがひそかな夢かな。おせち料理が恋しいです💕 日本人旅行者も次々とバリ島入りしているようで、これから数日間は忙しくなりそう。頑張ろう👊 

さて、忘れぬうちにSidemenのレポート📝 シデメン?シドメン?日本語に直すとどっちでしょう?耳から入るとシデメンのほうが近いような感じがします。前回は2013年の誕生日だったので3年半ぶり!どう変わったのかちょっと心配もありました。

シデメンはウブドから1時間ちょっと。今は雨期なので天気の安定している午前中の行動がおすすめです。今回は1泊2日という限られた休みなうえ、ホテルも含めてノープランでしたので、できるだけ早く着きたいと思いウブドは9時半に出発しました。初めて自分のバイクで行ったので、事前にダウンロードしたグーグルマップを予習して臨みましたが、大体、道と方向を暗記していったので、一度も迷わずに到着👏 グーグルマップのオフライン機能は革命ですね。GPSはWIFIがなくても機能するので、バリ島内のどこにいても自分の居場所を確認することができるんです。データ通信しなくてもGPSが稼働するってちょっと怖いけど、便利は便利です!シデメンへの道は途中から景色も素晴らしく、ホントに楽しいドライブを楽しめました。

村の入り口にある宿の看板
P_20161221_104228.jpg

ウブドで例えたら、ちょうどニュークニン村のような感じなのかも。宿も20~30ほどで小さなホテルやホームステイが多く、こじんまりした村です。前回は川の近くにあるDarmadaに泊まりましたが、今回は水より田の気分だったので、宿が多く集まるTabola地区で探すことにしました。事前にネットで情報収集して候補はいくつかに絞って行きましたが、口コミは目安程度に信じるのがいいかも。どんな宿でもそうですが、景色にこだわると大変です。とはいえ、私は景色のある場所であればかなりこだわるほうなので、けっこう面倒くさい客かも(汗)。アグン山の見えるホテル、田んぼビューのホテル、ジャングルの見えるホテルなど同じシデメンでもいろんな景色があるんです。トリップアドバイザーを参考に、数箇所見学したのですが、一目ぼれしたこちらのホテルに決めました。

Teras Bali
P_20161221_113608.jpg P_20161221_113547.jpg 
P_20161222_123048.jpg P_20161222_123056.jpg

Tabola地区の中心部で、人気ホテルのSawah Indahの並びにあります。最初は田園風景をイメージしていたシデメンですが、実際に田んぼを見てもあまりピンと来ず。そして、たまたま空いていた2階のお部屋からのジャングルビューに圧倒されてしまいました。この日の私は田園よりジャングルの気分でした♪

見渡す限りのジャングルと山々
P_20161221_113814_HDR.jpg

やっぱり開放感のあるジャングルビューが好きです!ウブドにもありそうな気もしますが、やっぱりバリ島といえば見渡す限りの緑の森ってイメージ。

プールもついています。
P_20161221_113915_HDR.jpg

この日は曇って見えませんが、この方向にアグン山も見えるんです!

ひょうたんの形が可愛らしい♡
P_20161221_131235_HDR.jpg

お姫様ベッド👸
P_20161221_113937_HDR.jpg

バルコニー付きの明るい角部屋
P_20161221_114042.jpg

広々と開放的なバスルーム
P_20161221_114025.jpg

半屋外なので、虫は入ってきますが、バリのホテルでは良くある構造。一番おすすめのお部屋ということで、見せてもらって値段交渉して即決デス!景色以外の気に入った理由は高速WIFI。今の時代はゲストハウスでも無料のWIFIが付いていますが、実際に試してみないとスピードはわからないし、ロビーから部屋が遠くなるとシグナルが減ってメチャクチャ遅くなるというケースが多いんです。そしてWIFIに問題があっても対応できる人がいないというのが大半なので(無料なのに文句言うな、と思いますが実際はそういうわけにもいかない)、お部屋からも強いWIFIが繋がったことはとても重要でした。いくらで泊まったかは伏せますが、5000円未満でこの内容はかなりコスパが高いと思います!お昼前でしたが、ハイシーズン前だったのでそのままチェックインできました。お部屋はこの建物の4部屋以外にも傾斜に沿ってバンガローがいくつかあり、全部屋に景色があるわけではありませんが、敷地内はジャングルの気配を感じさせる素敵な空間だと思います。

敷地の下のほうには家寺も!
P_20161221_122705.jpg P_20161221_122600_HDR.jpg 

木がいっぱいで見えませんでしたが、下には小さな滝があるようで水の流れる音が響いていました。

最近出来たというこちらのスペース
P_20161221_122952_HDR.jpg

こういうの、好きだわ~💓 ホテルの人に聞いたらここでロマンチックディナーをやるんだそう。雨降ったら大変だね。二人だけで小さな結婚式とかもいいですね!そろそろお昼を食べに行こうと思ったら、雨が降ってきたのでホテル内のレストランに行くことにしました。朝食会場もここだそうで、最初は期待していなかったのですが、この景色を見て圧倒!

緑が広がっています。
P_20161221_123220_HDR.jpg

シデメンには田んぼビューのレストランはありますが、こんなジャングルに囲まれた景色は珍しいのでは?ウブドでも見たことないくらい、素晴らしい景色。明日の朝食も楽しみになりました!ホテルのレストランなので、税サも21%とお値段もちょっとお高めですが、旅行なので気にしない気にしない。今日のスペシャルの看板に出ていたバビグリンを頼んでみました。

いっただきます!
2016-12-21-13-14-25.jpg

辛いし、スパイスたっぷり!お客様用なのであまり期待していませんでしたが、お客様に媚びない本格的なバリ風の味付けに驚きました😲 さすがにワルンの味とは違いますが、人口調味料を使っていないし、美味しかったです。

おまけの猫たち
P_20161221_130953.jpg

ホテル内には兄弟の猫が数匹住んでおり、見ているだけでも癒されました。あまり人には懐いていないようですが、レストランに来ておすそ分けをねだります😸 そしてこの日は実は昼過ぎから夜まで嵐のような大雨に見舞われ、一切外出しませんでした。エリア一帯は停電になるわ、雨は止まないわで、お部屋に引きこもる羽目になったのですが、どういうわけかWIFIだけは繋がっていたのが奇跡!気に入った部屋に泊まれたのでラッキーでしたが、せっかくの半日が無駄になってしまったのは残念でした。

止まない雨はない、明けない夜はない。。。

それでは良い大晦日を!そしてよいお年をお迎えください(^o^)ノ

バリ島ウブドからお届けしています❤
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif

夢の島プチ旅行「観光編②」@レンボンガン島

2016年12月09日 01:43

スラマッマラ~ム♪こんばんは!

今日のウブドは早朝に大雨☔。そして日中は晴れましたが夕方にもまた☔のお天気でした。先日、ブログ繋がりのバリ友さんとお会いする機会があったのですが、雨続きの天気の中、その日に限ってラッキーにも雨も降りませんでした!でもその代わり、雨季の風物詩(?)ともいえるドゥダル(羽虫)が大発生!夜にはモンキーフォレストの猿が道路まで出てきて羽虫を食べまくっていました(汗)。羽虫は雨季に入る前に出ますが、今年は雨が多かったのでちょっと遅いです。

さて、今日はレンボンガン島の2日目リポートを!冬になるにつれて、日が昇るのが早くなったバリでは朝6時前には明るくなります。宿からは朝日が見えるとの口コミを期待して、5時半に起床したもののあいにくの曇り空。

まだ暗いけど、太陽が見える気配なし!
P_20161116_053646_HDR.jpg

蚊と格闘しながら結局6時過ぎまで粘りましたが、朝日を見ることなく気づいたら空が明るくなっていました。夕日も見れず朝日も見れず、と1泊だけだったので残念でしたが、こればかりは天気次第だから仕方ありません。身をもって、旅行中に天気の質問を多く受ける理由がよく分かりました。本当に天気は重要です!気を取り直してせっかく早起きしたので宿の周りを散歩してから部屋に戻りました。

毎朝こんな風に起きれたら幸せ♡ ♥♡ ♥
P_20161116_075006.jpg

お姫様ベッドは最高の寝心地でした。まだ朝7時前だったので、涼しいうちにとバイクで島内散策に出かけることに。まずは偶然通りかかった村の中心部にある青空市場!

バナナと魚だけ👀
P_20161116_064147.jpg

たまたまここだけかも知れませんが、バリの市場との違いにびっくり! 自炊自足のような市場で、バナナは裏庭で採れたもの?魚も家の人が漁で釣ってきたもの?ちらっと見えるジャム―は自家製かな?バリのお菓子とかは売っていません。何も買うものがないので、仕方なくスルー(ごめんなさい)。昨日行かなかった場所を目指し、ひたすら島の北部を走ります。

泳げる海岸ではなく、ちょっと寂しい雰囲気・・・
P_20161116_070304_HDR.jpg

海岸に見えるのは海藻?
P_20161116_070247.jpg

島の南側の風景とはまったく異なり、海は海でも泳げるビーチではありません。島の北東部にはマングローブの森が広がっているので、かなり風景が変わってきます。ひたすら北上したらだんだん道が狭くなり、でこぼこ道になってきたので、マングローブの森は諦めて引き返しました。

途中にあったお寺
P_20161116_064653_HDR.jpg

レンボンガン島はバリ島の一部なので、ヒンドゥー教のお寺がたくさんあります。ヒンドゥー教の寺院って儀式のあるとき以外は施錠されて中に入れないのが残念。柵の間から撮りました📷

宿に戻り、朝食の時間🕗
P_20161116_074533.jpg

ナシゴレン
2016-11-16-07-56-50.jpg

アメリカンブレックファストもありましたが、普段家でパン食なので旅行中は別のものを食べたくなります!インドネシアンブレックファストにしてみました。バナナジュースとフレッシュフルーツ、バリコーヒー付きです。さすがは人気のワルンなだけあって、ナシゴレンが美味しかった◎ コーヒーも普通のバリコーヒーなら粉が沈殿して全部飲むことはできないのですが、濾してあったのか、沈殿していませんでした。素晴らしい👏

食事の後はまたパノラマポイント📍
P_20161116_114042_HDR.jpg

帰る前にもう一度見たかったので、また来ちゃいました。ここからの景色、すごくいいです!そして、どうしても行ってみたかったところがあったのが、The Deck Cafe。グーグルマップだとパノラマポイントから徒歩3分とか出てるんだけど、何回通っても場所がつかめず、バイクを止めて徒歩で探してみました。パノラマポイントの左脇の急な小道を下るとホテルらしき建物が見えてきたので、そこの従業員に下に下りられるか聞いたら、行けるとのこと。

途中の景色はパノラマポイントを超える絶景
P_20161116_114543.jpg

ひたすら客室の脇にある階段を下り続けると見えてきました!こちらのカフェはBatu Karang Resortという島内でおそらく一番高級なリゾートホテル内にあるカフェなんです。後で行き方を確認したら、この木製のデッキを辿ると港から歩いて行けるとのことでした。1日前にも実は探そうとから歩いてみたのですが、5分ほどで挫折。港から左方向へ15分ほど歩き続けると着くはずです。グーグルマップに従い、丘から別のホテル内にある階段を下ってきた私は内心、こんなアクセスが不便な場所、誰が行くんだろう?って思ってしまいました(^^;)。

P_20161116_115117_HDR.jpg

目の前に広がる海
P_20161116_115008.jpg

海の綺麗さに思わず息をのむ絶景!
P_20161116_115236.jpg

屋根のあるスペースもありますが、こちらのテーブル席は絶景なだけにかなりオープンで日中は暑そうです。

島で初めて見つけたジェラート
2016-11-16-12-03-44.jpg 2016-11-16-12-31-19.jpg

バリ島にはいっぱいアイスクリーム屋があるのに、レンボンガン島にはないんです!唯一、見つけたのがこちらのジェラートでした。ビーチリゾートだし、暑いので、アイスクリーム屋を出せば絶対流行るんじゃないかな。コーヒーはエスプレッソの効いた濃いブラック。美味しかったです。夕方以降は島内フリー送迎もあったり、ハッピーアワーもあったり、と賑わいそう。欧米人が好みそうなカフェのメニューが揃っているので、軽くお茶するのに良さそう☕。

宿に戻り軽くプールでひと泳ぎ&ランチ
2016-11-16-14-37-29.jpg

豪快なナイフ刺し!お薦めのチキンBBQバーガーを食べました。こちらのオーナーさんはシェフでもあるので、オーナー自ら作ってくれました!付け合わせのポテトは通常フレンチフライのところ、特別にお願いしてスイートポテトのフライに変えてもらいました。癖になりそうな旨さ。ハンバーガーのチキンもたっぷりでボリューム感あります。お洒落な高級カフェよりもいいけれど、私はやっぱりアットホームで美味しいところが合っているかも。さて、お腹がいっぱいになったところでもう帰りの時間に。。。ボート会社の送迎で港へ向かいました。往復送迎がついているので助かります。サヌールでチケット代を支払う際に送迎の予約と時間を伝えればOK!もっと長くいたかったので、心のどこかでピックアップを忘れられたらそれはそれで良し!って密かに願っていましたが、時間通りに迎えが来ちゃいました。

トラックの荷台がベンチになってドナドナ状態(^^♪
P_20161116_153420.jpg

かなり揺れますが、レンボンガン島には自家用車がないので島内観光はこのトラックになります。

眩しいくらいのお天気(この日なら夕日が見れただろうなぁ)
P_20161116_160329.jpg

なんて悔しい思いを胸にしまいながらお別れです(T_T)/~~~
P_20161116_163309.jpg

サヌールに到着!
P_20161116_171240.jpg

ビーチが汚い😓 出発した場所より少し北だったので、黒砂にビックリしました。レンボンガン島の海が綺麗すぎたので、現実に戻された感覚。1泊じゃ少なすぎる!絶対またレンボンガン島に行きたい!バリから30分で行ける、まさしく夢の島でした🌈

それでは良い夢を!明日に備えてオヤスミナサイ(^o^)ノ 💤

バリ島ウブドからお届けしています❤
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif

夢の島プチ旅行「観光編①」@レンボンガン島

2016年12月05日 23:00

スラマッマラ~ム♪こんばんは!

これから年末にかけて、一番天気が悪いバリ。今日は夜まで☔のウブドです。今年の雨季はホントに本格的で、毎日午後に必ず大雨が降ります。特に土曜日は降水量が半端なく30センチほど溜まり、道は洪水になるわ、通ろうとした車やバイクが故障して大渋滞。熱帯地方ならではの猛烈な降り方で今年一番の大雨でした。寒くはないけど、雨が降った夜は冷えるし、天候によって予定も阻まれるのでやっぱり雨季は憂鬱ですね。

さて、今日はレンボンガン島の観光について書きたいと思います!写真を見ると改めて綺麗なところだったなぁって感動しちゃう。しかもリゾート開発がまだ途中段階ということで、素朴な景色や雰囲気を味わいたい人は行くなら今です!観光地化され過ぎちゃうと、ウブドもそうですが物価も上がるし、田舎の長閑さも半減しそう。バリ島との違いはまずコンビニがないこと。そしてお土産屋がほとんどないこと。サンダルやシャンプーなどの生活必需品は必要な地元の人がやっている古めかしい商店には飲食物と一緒に売られている程度です。バリ島旅行の醍醐味はショッピングという人も少なくないけど、逆にシンプルで質素なレンボンガン島の良さを肌で感じた旅でした。

チェックインしてバイクをレンタルした後は宿のオーナーにもらった島内マップを頼りに観光スポット巡り!地図を読むのは得意ではありませんが、持っていると安心感があります。でもレンボンガン島は小さな島で小一時間もあれば回れちゃうらしいので、心配無用。ところで余談ですが、Google Mapってオフラインでも使えること、お客様から聞いて先日初めて知りました!でもこれ、意外に知られていないのでは?そういえば、ウブドでもバイクで観光している欧米人カップルも必ず後ろに座っている彼女がスマホ出してナビゲーターやっていたり、これまでSIMカードを買って高い値段払ってデータ通信しているのかと思っていましたが、そうじゃないんですね。使い方は簡単!WIFIがある場所でGoogle Mapのアプリを開き、左上にある漢字の三のようなところをクリックして、オフラインエリアをクリックします。そうしたらローカルエリアとカスタムエリアというのが出てきて、すでにバリ島にいたらローカルエリアをクリックして地図をダウンロード。日本からだとカスタムエリアを選び、そこからバリ島を選んでダウンロードしたら準備OK!GPS機能というのはWIFIなしでも使えるため、事前にダウンロードしたGoogle Mapをオフラインで開けた状態でも自分の位置が示されるんです。しかも更新しなければ有効期間は30日と旅行には十分。期間内に延長することも可能なので便利です。万一30日過ぎて自動削除されてもまたダウンロードしたらよいので永久に使えるお役立ち機能。Google Mapはバリ島の道もかなり詳しく表記されるので、販売されているどの地図よりも正確だと思います。バリ島にはカーナビもないですし、旅行者に限らず現地の人にとっても画期的です!私も実際に使ってみるまでオフラインで使えるのか半信半疑でしたが、レンボンガン島で大活躍!これから旅行を予定されている方はぜひお試しください。

最初に行ったのがドリームビーチ
P_20161115_102422.jpg

ブランコがあって、乗れます(笑)。島内ツアーの中国人グループがひっきりなしに訪れるので、このブランコに乗るのはかなりの競争率!合間を狙って私も少しだけ乗りました。今のところ木の枝も太く綱は新しそうなので、落ちることはないかと。。。付近は荒地のような何もない場所で、このまま5分ほど歩くとデビルズティアーにも行けちゃいます。

ドリームビーチ一帯が見渡せるポイント
P_20161115_110409.jpg

素晴らしすぎます!南国らしいブルーで透明感のある白砂のビーチで、ドリームビーチという名にぴったりです。このビーチを独占すべく建っているのがDream Beach Hutsというホテル。

こちらの3棟がビーチビュー!
P_20161115_103518.jpg

ちょうどブランコのあった隣りにはCafe Pandanというレストラン
P_20161115_103512.jpg

観光客向けの若干高めのレストランですが、この景色には代えられません!このときは午前中だったので空いていましたが、プールも有料でカフェ利用のお客様にも開放しており(確か5万ルピアだったような)、お昼過ぎには欧米人が集まる人気カフェみたい。興味本位の団体客を規制するためか、見学はNG。砂のついた汚れた足もNGとけっこう上から目線!?このときはお腹が空いておらずパスしましたが、夕日スポットとしても知られているようなのでこの日の夕方にまた来ちゃいました。

久しぶりの海ってやっぱりいい!
P_20161115_102628.jpg

バリ島の海と違って、マリンブルーでゴミ一つ落ちていない綺麗なビーチに感動しました。遊泳禁止ではありませんが、波が高いのであまり泳がないほうがいいかも。ライフガードもいないので、自己責任で泳いでくださいって注意書きしてありました。波をしばらく楽しんだ後はデビルズティアーへ。徒歩距離ですが、怠け者なので荒地をバイクでビューン!

崖の中にあるトンネル?
P_20161115_104917.jpg

深みのあるブルーが印象的。波が打ち寄せて中に入り、数十秒後にものすごい勢いで水しぶきを吐き出すのですが、そのときに瞬間虹が出るんです!これは何分間見ていても飽きないほど、自然のエネルギーを感じるパワースポットでした。見ただけで2箇所ポイントがありましたが、自撮りして落ちたらもうお終い。近寄りすぎると怖いです。ここは一見の価値あり!ドリームビーチ&デビルズティアーの次はあのイエローブリッジを目指して進みます。

島の反対側へ
P_20161115_113653.jpg

ちょうど宿泊した宿の下あたり。右に見えるのがチュニンガン島です。観光客向けのお店がほとんどなくて、のどかで素朴な風景が広がっています。個人的には島の反対側のエリアが気に入りました❤

湖のような静かな海
P_20161115_113831.jpg

まだかな?と思いながら終点付近にようやく発見🔭
P_20161115_124311.jpg

先日、落下したイエローブリッジです。年末には復旧工事が終了するとのことですが、今のところチュニンガン島への足は舟のみなので、チュニンガン島のホテルや住人はかなり不便を強いられているのでは?早く繋がることを願います。来た道をまた戻り、途中で見つけたWarung Putuでランチをすることに。

小さな海の食堂といった店構え
P_20161115_114114_HDR.jpg

実はココ、レンボンガン島で一番人気のあるワルンなのです!
P_20161115_114137_HDR.jpg

またここにもブランコ!
P_20161115_114202_HDR.jpg

海の上にあるのかな?海に突き出すような感じで建てられています。
P_20161115_115726.jpg

お店はバリ人夫婦が営むアットホームな雰囲気で、お昼前なのにお客さんが入っていました。若いバックパッカー風の青年3人組は連日来ているらしく、打ち解けた様子。お店の主人も気さくでテキパキしていて、感じが良かったです!驚いたのは、ライムジュースをオーダーしたときに甘さ具合を聞いてくれたこと。こっちのドリンクはジュースにしてもアイスティーにしてもシロップが多くて甘ったるいので、助かりました。レストランだと別々に出すところも増えていますが、ワルンでこの気配りはさすがトリップアドバイザーNo.1!最初は休憩のつもりで入ったのですが、次々にお客さんが増えてランチの時間になったのでお食事も注文。海の近くということでシーフードが売りらしい!メニューもインドネシア料理が中心ですが、サンドイッチやバーガーのような軽食もありました。シーフードの気分でもなく、どれにすべきか迷ったので辛くないお店のおすすめのインドネシア料理を頼んでみました。

バビケチャップ🐷
2016-11-15-12-21-14.jpg

イエローライスを使ったナシゴレン風のご飯に甘いソースのかかった豚肉が添えられている一品。甘めでしたが、ライムジュースとの相性もよく、美味しくいただきました!こういう夫婦で営む家庭的で素朴な雰囲気のレストラン、いいな、って思う。お腹を満たした後は島が見渡せるパノラマポイントへ。

港を見渡せる高台の丘からの景色
P_20161116_114042_HDR.jpg

建設中のヴィラが見えるのが残念!バリ島に比べると物価も安く、お手頃な宿が多いのがレンボンガン島の特徴ですが、少しずつリゾート開発の波が押し寄せています。今回は利用しませんでしたが、パノラマポイントの前にはパノラマレストランもあります。

食後のコーヒー飲みたさに宿に戻る途中に立ち寄ったのがTwo Towers Cafe
P_20161115_131235.jpg P_20161115_131247.jpg

こじんまりした軽食中心の可愛らしいカフェ
P_20161115_131307.jpg

あまりの暑さにアイスコーヒーを注文
P_20161115_131437.jpg

朝食っぽいメニューからサンドイッチなどの軽食、そしてホームメードのブラウニーやクッキーなどもあるようです。アイスコーヒー、バリコーヒーをちゃんと濾過して冷やしている感じで、美味しかったです。この後は宿に戻り、プールを独占しながらひと泳ぎ!閑散期の旅行ってやっぱりいいわ(笑)。夕方からは曇り空になってしまいましたが、夕日見たさに再びドリームビーチへ!

Cafe Pandanでまったり
2016-11-15-18-03-04.jpg

ココナッツは丸ごとフレッシュジュース!ヘルシーで天然のポカリスウェットとも呼ばれる飲み物なので、旅行するとつい飲みたくなります。南国感たっぷり!4時から6時まではハッピーアワーもあるらしく、プールもカフェも欧米人で賑わってきました。ロケーションが良すぎるだけに食事はあまり期待していませんでしたが、しばらくすると小腹がすいてメニューに見つけたSushiの文字に惹かれてオーダーしちゃいました。バリ島で食べる寿司と比べてはなりません(汗)。お腹が空いており、日本料理と思わなければ美味しいと思います。

よく見えないけど、犬と一緒に泳ぐ人もいたり・・・
P_20161115_171117.jpg

肝心の夕日ですが、あいにくの天気で見られず(涙)。雨が降りそうなので早めに切り上げ、途中濡れながら家路に着いたのでした。山の夜道は暗くてちょっと心細くなりましたが、無事戻れました!何ちゃってロールだとさすがにお腹が満たされなかったので、宿に戻ったらビールとスイートポテトのフライ(これが今回の旅で一番ヒット◎)をルームサービスで注文。レストランも9時に閉まっちゃうし、夜は何もすることがないので、携帯アラームを5時半に設定して就寝しました。わざわざ山奥にあるこの宿に決めた理由の一つに「朝日を見る」という目的があったから。。。

それでは良い夢を!明日に備えてオヤスミナサイ(^o^)ノ 💤

バリ島ウブドからお届けしています❤
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif