ウブドで鍼灸治療@ウブド・ヒーリング・センター

2010年11月13日 14:33

英語でacupunctureっていうと鍼灸治療のことを意味します。もともとは中国からやってきて日本でも根付いている治療法ですが、英語になるほど欧米でも支持されている東洋医学のひとつ。でも案外バリ島(特にウブド!)では珍しいんです。ウブドで鍼灸治療ができる場所は知っているかぎり2箇所のみ。一つはローカル向けの診療所でアンドン(デルタ・デワタのちょっと北のほう)にあって、もう一つはハノマン通り、Peramaシャトルバス停のすぐ側にあります。ローカル向けのほうも興味があるのですが、イブウブ子がおすすめするのはUbud Healing CentreのAkuh先生。ここで以前もカッピングをやってもらっていましたが、最近新陳代謝が悪く、腰や内臓が痛いのでまたカッピングに通っています。

先日(といっても1ヶ月くらい前ですが!)、マイミクでブログ読者のお友達がウブドに来ていて、肩に石灰がたまって調子が悪く何をやっても治らないと聞き、ちょっぴり思いつきで鍼治療はどう?と提案してみました。実は自分も鍼は勇気がなくてやったことがないのに・・・。彼女も初めてだったそうですが、藁をも掴む思いで挑戦することになりました。

PA080578.jpg

古めかしい看板が気に入ってる!

漢方薬とか、薬草の葉なども購入できます。
PA080582.jpg

ちょっと古いイメージのスタッフ
PA080583.jpg

ここはウブドにある街スパとは違います。まず内装がトラディショナル。Akuh先生はバンドンの学校で伝統的な鍼灸治療を学んだ経験豊かなお方だそう。年に一度、ヨーロッパ遠征に行っているからなのか、お客さん(患者さん?)はヨーロッパの人が多いです。先生は最近、クタにも診療所を新設したらしく、多忙な日々を送っているそうです。だから診てもらうには要予約!

カッピングに行ったときにお友達の症状を説明したら、鍼で治せる!と言うのでさっそく翌日に予約。当日、通訳をかねて彼女と一緒に行きました。まあ、仕事場から近いし、ちょっぴり休憩もかねて。。。

ヨーロッパにも招待されるほどの名医Akuh先生
PA090594.jpg

まずは問診書に記入。症状などを詳しく聞かれます。うーん、やっぱりこの素朴な雰囲気がいいんだなぁ。やっぱりホッとする感じです。彼女は初めてなのでもちろんドキドキもんだと思いますが、覚悟決めていたのですぐに治療へ。

痛そうっ
PA090596.jpg

もちろん使用する針は新品。そして使い捨てタイプです。ちゃんと未開封の入れ物に入っているのを確認してから開けてくれるので安心です。針を刺すときは痛そうで、しばらく身動きできなかったようですが、治療後は肩こりが1週間ほど治ったそうな。ちなみに治療費は案外お高くて35万ルピア。日本と変わらないか、若干高いかも?日本でやったことないので分かりませんが、日本だとお医者さんの紹介があれば保険が適用になるらしいのでお友達も日本で続けるって言ってました。その後どうなったのかな?良くなったらいいね

イブウブ子はカッピングを週に1回くらいで続けてます。これは効くと信じる人とそうじゃない人に分かれるみたいですが、個人的には身体の疲れが取れて解毒作用もあると信じてるので効いていると思います。特に太りそうなときに効果あり!?

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ 旅行・観光ガイド たびすまいる 人気ブログランキングへ d_01.gif

ウブドでカッピング療法ができる場所

2008年05月29日 16:47

最近、カッピングにハマっています。といっても知っている人はあまりいないかな?実は、東京に住んでいたころ、5年ほど前になりますが、某有名エステでスリム何とかという数十万円もするプログラムに参加していたことがありました。(こんなこと言うと、イブウブ子がさぞデブだったのかと思われそうですが、広告とかで書かれている10キロ痩せるプランとかじゃなくて、あくまでも数キロ減量と健康維持のためです)

そのとき初めて経験したのがカッピング療法でした。または吸玉療法とも呼ばれています。中国の漢方医療から伝わったようですが、ガラス玉を背中に何箇所もくっつけて、吸い上げるというものです。刺激を与えることで血行がよくなり、血液がきれいになるようです。他にはマッサージ効果、疲労回復、デトックスなどもあるとのこと。そして何よりも信じているのはダイエット効果!これは、実際にエステでやったときに痩せたので(当然、意識的にダイエットもしていたのでカッピングだけの効果じゃないけど・・・)、かなり思い入れがあるのです。

カッピングについては、中国やベトナムではもっと普及しているようですが、ここバリではあまり知られていないのが現状です。でも、最近偶然にもカッピングができる場所をウブドで見つけちゃいました!!

看板(診療所っぽい!)
healing_centre1.jpg

受付(助手のダユさん)
healing_centre2.jpg

治療室(ベッドは奥に2つ)
healing_centre3.jpg

お気に入りなので秘密にしておきたいけれど、「Ubud Healing Centre」です。ガイドブックにも、ウェブサイトにも載っていないので、まだ知る人ぞ知る穴場なのだ!場所はハノマン通りにあるプラマシャトルの隣(インディアンレストランの正面)にあります。専門は鍼灸・針灸で、アク先生が経営しています。彼はジャワ島・バンドンで学び、針治療において17年以上の経験があります。最近ではヨーロッパでの治療巡業にも出かけたりとグローバルに活躍しているようです。他には指圧、トラディショナルマッサージ、リフレクソロジーなどもやっています。

カッピングは週に1~2回を続けるとより効果的とのこと。カップを火であぶり、背中にくっつけると背中の皮膚や肉が吸い込まれます。この吸引の感触がたまらないのだ!最初のころはちょっと痛く感じるかも知れないので短い時間から始めます。カッピングをとると、肌が赤くなって丸い痕が残ります。これが濃いほど不健康らしいです。何回か続けるとだんだん薄くなっていきます。(その間はビキニとかノースリーブは着られないな・・・)まだ数回ですが、マッサージでは解消できなかった疲労感やコリが少しずつ改善されてきたように思います。印象的だったのは最初にやったとき、終わってから1時間くらいですが、背中からホカホカしてきて血行が良くなったことが実際に感じられたことです。その後すぐにアルコールを摂取してしまい、いつもより酔いが強くなって吐き気さえしたほど・・・。新陳代謝が促進され、健康になりそうです。それと気のせいか、背中の肉が落ちてきたかも!?とにかく3ヶ月ほど続けてみて、結果を報告してみたいと思います。

先生がいる時間を確認するためにも、予約(英語のみ)されることをおすすめします。
不安な人は予約を代行しますので、問い合わせフォームからご連絡ください。
Tel: 7492382, 08123967019
Email: healingcentreubud@yahoo.com
1回のカッピングは15分~30分以内でRp.40000です。