ライブレポート@Adi Cottages

2008年10月02日 11:29

スラマッパギ~、おはようございます!

昨晩はモンキーフォレスト通りのPertiwi前にある、Adi Cottages に外泊し、現在部屋の中からアップしてます。無料WIFIがあるのですが、アンテナは隣のBabyFaceというレストランの裏にあるらしく、たまたま部屋からも電波がキャッチできたのです。やっぱり部屋からできるのは便利。ホテルによっては有料のところもありますが、今どき無料じゃないとダメだよね。

チェックインしたのは夕方6時半くらいだったのですが、フロント(といっても小さい)でチェックインしたいって言ったら、スタッフが忙しかったのか、「ちょっと待って」と言われてしばらく待っていました。ウェルカムドリンクはなくて(安宿だから当然か)、コーヒー、紅茶、水が飲み放題とのこと。もちろんセルフサービスです。

さて、けっこう待ってもずっとフロントは無人状態だったので、ちょっと通りかかったお兄ちゃんに「さっきから待ってんだけど、早くチェックインして部屋に行きたいの」と告げると、「予約の入っているエアコン付の部屋はまだお客さんが入っている」って言うじゃない!正直、やられたかも・・・って心配になっちゃいました。安宿でよくあるケースで、予約を入れていたのにもかかわらず、スタッフ全員が予約状況を把握していないがために、ウォークイン(予約なしで直接来るケース)のゲストが来たときに空いている部屋を渡してしまうことがたまにあるのです。「まさか満室じゃないよね?」と聞くと「エアコンなしの部屋ならある」との答え。予約を入れていた部屋はエアコン付でもツインだったのですが、エアコンなしの部屋はダブルとのことだったので、「じゃ、エアコンなしでもいいから、用意できている部屋でいい」と伝えました。

ここで、本当のフロント担当が登場!彼が言うには「エアコンなしの部屋はもう予約が入っているから、予定通りエアコン付の部屋しか空いていない。お客さんはもうチェックアウト済みで部屋の用意ももうできている」とのこと。バリだから仕方ありませんが、スタッフによって言うことが180度違うことはよくあります。ホテルでも日常茶飯事のことなので、あまり驚きませんでした。まあ、予約の時点でエアコン付のツインしか空いていないとのことだったので、やっぱりそうかという感じでしたが・・・。もし、イブウブ子がエアコンなしの部屋にしていたら、後で来たエアコンなしの人が思わぬアップグレードでエアコン付の部屋になっていたはず。そうなるとホテルも損だし、結果的には予約していた部屋にそのまま入れたのでよかったです。

敷地の中に入ると、「あ~やっぱりね」ととばかりに、インドネシア人の家族連れ観光客がいっぱいプールで騒いでいました。この時期、バリはどこに行ってもジャカルタやスラバヤからの家族連れインドネシア人(全員中国系の顔している)ばかり。だからどこに行ってもホテルが満室なのです。このAdi Cottageも明日は満室らしいです。部屋が見つかっただけラッキー☆です。

インドネシア人の観光客って、必ず子連れ大家族(ベビーシッターも一緒)で旅行するので、一部屋に5人、6人っていうのが当たり前みたい。チェックインのときの人数が10人超えることも珍しくありません。なので、ホテル側としては結構面倒くさいのが本音です。外国人だときちんとパスポートと宿泊者名が記名されたバウチャーを持参して、レジストレーションの記入も行い、お行儀良くチェックインしますが、インドネシア人の場合はドタバタ状態。レジストレーションは署名しかしないし、身分証明書だって2名分渡してもらえればいいほうで、結局は誰がどの部屋に入っているのか分からないままになっちゃいます。これはセキュリティ上、あまりよくないので、毎回全員の身分証明書と部屋割りをお願いしていますが、何しろドタバタなので達成できることはまれです(苦笑)。バリ人でさえ手に負えない状態です。

この時期に旅行された方は分かるかと思いますが、リゾートのムードがぶち壊しになる可能性もあるので、予め覚悟するか、レバランの時期を毎年確認してから予定を立てられることをおすすめします。

さて、話は戻って、アディ・コテージのレポートを続けます。

お部屋(ちょっと旅の友も置いてみた・・・見えるかな?)
adicottage2.jpg

クローズアップ
poopee.jpg

ピンクの像のコレクションが趣味なのですが、イブウブ子の一番大好きなピンクの像のぬいぐるみです。胸と足の裏のハートがとってもかわいい!Care Bearsのキャラクターで従兄弟らしいです。性格は強くて頑張り屋さんみたいです。本来の名前は"Lotsa Heart Elephant"ですが、イブウブ子はプーピー(Poopee)と名前をつけました。何でプーピーかと言うと、何となくそんな雰囲気だったから。意味が分かる人がいるかも知れませんが、この名前実はちょっとお下品・・・(日本語で言うと、「うんちっこ」ちゃんみたいなイメージ!)小さな子供が好みそうな名前です苦笑い。失礼しました。

バスルーム
adicottage3.jpg

ちょっと古いけど、シャワーはお湯も出たのでOKとしよう!

ベランダ
adicottage4.jpg

プール
adicottage5.jpg

下から
adicottage7.jpg

大きく見えるけどそんなに大きくありません。泳ごうと思って水着も持ってきましたが、やめました。

同じタイプのコテージ(2階建て)
adicottage6.jpg

イブウブ子は2階の204の部屋です。

でも隣のコテージが工事中で、朝からとてもうるさいのです。
adicottage10.jpg

電気のジェネレーターの騒音が半端じゃない!

奥に進むと
adicottage8.jpg

たぶん、一番高いお部屋があります。
adicottage9.jpg

さて、ついつい部屋でのネットに夢中になって朝食時間が過ぎそう(8時~11時)になったので、朝食に行きました。
adicottage11.jpg

オムレツがちょっとしょっぱかったけど、まあ宿泊料金からしてみるとこんなもんでしょう。ちなみにエアコン付の部屋でRp.360.000でした。このレベルの宿だったら、数年前ならRp.200.000~Rp.250.000で泊まれたと思います。今どき、ウブドで1000円以下の宿なんかあるのかな?2年前ならハノマン通り沿いでRp.50.000~Rp.100.000がありました。モンキーフォレスト通りの宿は基本的に値段が高めです。

スタッフは素朴な感じで、みんな親切。普通って感じが好きです。バリは安宿に泊まってもホスピタリティが高いので、施設の高級感を求めない人ならば安宿のほうが生活感が味わえて楽しいかも知れません。でも、個人的には安宿は20代の時期に十分経験したので、今はあまり泊まる気にはなりません。(だんだん贅沢になってきてる!)

アディ・コテージは値段そうそうの宿ですが、立地条件が◎なので、買い物したい人やタクシー代を節約したい人にはおすすめです。そして何よりの魅力は部屋での無料WIFI(部屋の場所によってはできない場合もある)。ネット人間には最適です。

ポチっとお願いします!

今日は何票入ったかな?