ジョグジャカルタ3日目~いよいよボロブドゥール遺跡へ~

2008年11月30日 10:01

お待たせしました。昨日、バイクを借りたときにLuppaさんと翌日朝5時半に約束して、ジョグジャ滞在3日目にしてやっとボロブドゥールへ行ってきました!これが今回の旅行のメインです。

でもね、ここでイブウブ子、ドジしちゃった。携帯を時計代わりに使っていたのですが、なぜか調整しなくても自動的に時間がジョグジャ時間になっていたので、そのまま目覚ましを5時にセッティング。翌朝5時に起きて、約束に間に合うように薄暗い中待っていたのですが、15分過ぎても20分過ぎてもLuppaさんが現れる気配はありません。セキュリティのおじさんに誰か来たら教えてね、と伝言してレセプションの時計を見るとなんとまだ5時前!!すかさず携帯の時間を確認すると、こっちも5時前。え~昨日まで携帯の時間が合っていたのに、なんで夜のうちに狂っちゃったんだろう・・・。本当にこのときだけ時間がおかしくて、その後はきちんとジョグジャ時間に戻っていました。とりあえず部屋に戻り一眠りしました。寝不足になりそう・・・Luppaさんは5時20分に来てくれました。バイクでレッツゴー!

北上すること約1時間。だんだん郊外になってきて遠くに山が見えてきます。結構遠いです。バイクだと姿勢を保つのに一苦労。肩がこるし、顔が排気ガスで黒くなるし、日焼けで肌が荒れるし、一人旅じゃなければ車をおすすめします。6時半頃に到着しました。ボロブドゥール遺跡は6時から開いているようですが、お店も開いていないし、お客さんもインドネシア人ばかりでした。

入り口でチケットを購入し、後ろからついていきました。
jogjaday3_1.jpg

ところでこのチケット、外国人料金だと10ドル以上するらしいのですが、イブウブ子は在住許可証を持っているので、ローカル価格(何と9000ルピア=約90円)で入場できちゃいました。写真撮影料金を支払っても合計100円ぽっきり。インドネシアにいる間にボロブドゥールに来て得な気分です。ガイドも半ば強制的につけないといけないのかな?と思っていましたが、早朝だったせいか誰も近くに来ませんでした。

そうそう、ジョグジャはバリより1時間早いせいか、朝6時には明るくなっています。だから6時に到着したとしても朝日は望めません。6時前に入りたい場合はボロブドゥール公園内にあるマノハラホテルに宿泊することをおすすめします。6時前の入場には追加料金がかかりますが、通常の開園時間の入場料は宿泊料金に含まれているので外国人にはお得です。

早く着きたいの一心でひたすら歩くこと約5分。目の前に突然見えてきた遺跡に圧倒されました。
jogjaday3_2.jpg

ますます歩くスピードが速まります。

もうちょっと近くで・・・写真で見たのと同じだぁ!
jogjaday3_3.jpg

いよいよ登るぞ!
jogjaday3_4.jpg

途中の階段
jogjaday3_23.jpg

頂上から見た景色
jogjaday3_5.jpg

こちらは騒がしいインドネシア人たち
jogjaday3_6.jpg

遺跡に登ったり、中を覗いたり、記念撮影したりと大忙しです。外国人だと遺跡の写真や景色の写真を撮る人が多いのですが、インドネシア人たちは遺跡を背後に自分たちの写真を撮るのが好きみたいです。ポーズを決めて、あちらこちらで写真を撮っていました。

陽は昇っているとはいえ、早朝ならではの筋雲が見えます。
jogjaday3_7.jpg

こちらはフォトジェニックなお釈迦様
jogjaday3_8.jpg

よく見るアングルですが、この方のストゥーパだけがないようです。でもあえて修理しないでいるのかも知れません。

お釈迦様が見ている風景は?
jogjaday3_9.jpg

ストゥーパの形が好き
jogjaday3_10.jpg

強烈な太陽
jogjaday3_11.jpg

余談ですが、太陽はインドネシア語でマタハリと言います。マタ=「目」、ハリ=「日」という意味なのですが、直訳すると「一日の目」。ちょっと素敵でしょ?

そうしているうちに、陽はますます照り、いつの間にか筋雲も姿を消してしまいました。やっぱりボロブドゥールは朝が一番です。バリから朝一の飛行機で来て、直行で行っても8時過ぎになるし、ちょっと遅いかも知れません。日程に余裕があれば1泊がおすすめです。

頂上を極めたら、次は一段ずつ下に下りて、レリーフと呼ばれる浮き彫りの石壁を回ることにしました。
jogjaday3_12.jpg

これも面白い発見なのですが、あれだけいっぱいいたインドネシア人たちは頂上での写真撮影の後、そのまま帰っちゃったようで、途中の層にあるレリーフには誰一人いませんでした。イブウブ子も歴史にあまり興味ないので人のことは言えませんが、彼らはこの偉大な遺跡を歴史や芸術という観点では見ていないようです。各層のレリーフにはそれぞれ別の意味があるようですが、個人的には下のほうのレリーフの内容のほうが面白かったです。

右下に船が見える
jogjaday3_13.jpg

他にも象がいるものもありました。

愛嬌たっぷりのシンハー?狛犬?
jogjaday3_14.jpg

各方角の一番下のところにいます。

付近にムンドゥット寺院とパウォン寺院という小さな独立した遺跡があり、多分ほとんどのツアーで含まれているのですが、こちらはおまけ的な感じで偉大なボロブドゥールを見た後ではちょっと物足りないかも知れません。今回は素通りして写真だけ証拠がてら撮ってみました。

ムンドゥット寺院
jogjaday3_15.jpg

カンボジアのアンコールワットも素晴らしかったですが、ボロブドゥールも来てよかったと思いました。3年前ほどのカンボジアはまだ貧しくて、物乞いする子供や内戦で足を失った人をいっぱい見ました。道路も空港からの1本だけが舗装されていて、残りは砂埃の道。アンコールワットも広大でしかも修復が追いついていない状態だったので、すごいところに来ちゃったと思ったものですが、アンコールワットと比べるとこっちはきれいに整備されていて観光地化されています。何よりもカンボジアと違うのは、ローカルの観光客がいっぱいいたこと。ボロブドゥールの曼荼羅状のデザインも個人的には気に入っていて、何層にも及ぶレリーフを回ったりするのも楽しかったです(歴史的な観点では見ていませんでしたが・・・)。ストゥーパの中にブッダが隠れているのも面白い!

ボロブドゥールは仏教の最古の遺跡と言われているだけあり、時間に余裕がある人はぜひバリから足を運んでみて欲しいです。

ポチっとお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログへ 
↑は初参加。今日は何票入ったかな?
関連記事

ジョグジャカルタ2日目~ディナー@Banana Cafe~

2008年11月29日 18:26

2日目のディナーは宿から徒歩でも5分以内のBanana Cafeで食べました。特にここを目指していたわけじゃないのですが、プラウィロタマン通りを西に進むとJl. Parangtritisというちょっと大きな通りに出て、そこに3軒ほどカフェ風のレストランが並んでいたのです。どれも似たような感じでしたが、バナナという名前につられて入っちゃいました。

トロピカルな雰囲気
banana_cafe1.jpg

ここも無料のWIFIホットスポット!
banana_cafe2.jpg

メニューはこれといった特徴がない平凡なものばかりだったので、インドネシアでナシゴレンを食べるなんてグルメじゃないなと思いつつも定番のナシゴレンを注文しました。

お味いたって普通
banana_cafe3.jpg

ホットスポットと知っていたらパソコン持ってきていたのになぁ。この通りのカフェは夜1時までやっているようです。でも変なカフェ(女の子がホステスみたいにいるような)じゃないのでご安心を。

ちなみに一番右側のカフェはMade Cafeといってバリ人がオーナーだそう。

ポチっとお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログへ 
↑は初参加。今日は何票入ったかな?
関連記事

ジョグジャカルタ2日目~マリオボロ通り~

2008年11月29日 11:15

さて、地図もバイクも用意したことだし、さっそく市内に出てみることにしてみました。こういうときバイクを運転できるようになって本当に良かったと実感します。とりあえず、中心部のマリオボロ通りまで行ってみようと思って走り出したらどっかから見覚えのあるおっちゃんが横についてくるじゃないの!どうも宿のセキュリティの人らしく、ついでにマリオボロ通りまで案内してもらっちゃいました。バリでもウブドでしか運転したことないのに、旅先だとなぜか度胸が出る。交通量の多い街をバイクで走っている自分にちょっと驚きです。もちろん安全運転ですよ。

バリもそうだけど、日本人の女の子が一人旅していると何かと周りの人が世話を焼きたがれます。どっかで必ず見られていて、どこに行くにしても声をかけられたりするのです。まあ、余計なおせっかいともいえますが、旅先では警戒しすぎず、でも他人に頼りすぎず、程よい距離感が大切です。

「マリオボロはあっちだよ!」って途中ではぐれたのに、マリオボロ近くになったらなぜかスタンバイしているのにはちょっとびっくりしました。まさか、後をつけられていた!?そしてなぜか同じ場所にバイクを停めて何だか案内した気な様子。「友達と会う約束あるから」と適当に断ると、「どこの友達?インドネシア人?出身は?」といろいろ聞いてきたので、ちょうど前にあったホテルを指差して「友達がここのホテルに泊まっているから」って言ったら立ち去ってくれました。

この通り、ジョグジャの繁華街なのですが、お店がとっても多い!インドネシア人にとってはジョグジャに来たらここに来ないと意味がないくらいに思われていますが、バリに住んでいるイブウブ子にしてみたら、お店もバリにあるのと同じものを売っているだけだし、全然珍しいものはありません。ローカル向けの洋服屋やバティック、クバヤのお店が次から次へと並んでいます。バリよりも若干安いとはいえ、買い物に興味はありませんが、観光地として一度は見てみたかったので、通りを歩いてみることにしました。

両側にお店とホテルとショッピングモールなどが並んでいます。
jogjaday2_12.jpg

馬車も走っています。
jogjaday2_13.jpg

商店街の前には露天商もいっぱい!
jogjaday2_14.jpg

あるお店ではそのままローカルプライスだったし、あるお店では10倍以上もふっかけられました。観光客を馬鹿にするんじゃないっつーの!やっぱりインドネシア語で話すといいみたい☆しかも堂々と。でも、物価がバリよりも安いせいなのか、観光客もバリよりも少ないせいなのか、全体的な印象としてはバリよりもぼったくりが少ないような気がしました。露天で売っている物は安物っぽい日常品またはお土産ばかりで、どの店もほぼ同じ内容です。露天ならタイのほうが夜店とかもいっぱいあって、もっと面白いと思いました。

ホテルはシティホテルみたいな感じの建物で、ホテルが悪いわけじゃないのですが、とにかく大通り沿いで交通量が多いのと、あまり興味のない商店街に近いだけで正直ここのエリアに泊まらなくてよかったと思いました。道行く人はすべてローカル。観光シーズンじゃないということもあるのかも知れませんが、外国人は一人も見かけませんでした。マリオボロ通りの路地を入ったところにも安宿街があるのですが、道は汚いし、バックパッカーや若者ならともかく三十路の日本人女子にはちょっときつい・・・そして、一番気になったのはやはりここはイスラムの国であるということ。バリだと観光客はノースリーブ&短パンで平気ですが、ここはジャワ島なので観光客でも慎まなければなりません。イブウブ子はタンクトップに上着を羽織っていたのですが、胸のところが広く開いていて、男性の目が胸元に集中キラ目!特に道端のベチャのおじさんとか反応が分かりやすくて、本当に困りました(自意識過剰とかじゃなく!)。バリだとバリ人は観光客慣れしているから、ここまで反応しないのに(まあ、心の中では考えているのでしょうけど・・・)、女性に対してより保守的なイスラム社会ならではの現実を目の当たりにしました。

イスラム教といえば、インドネシアの人口の9割を占めますが、ここジョグジャカルタでもイスラム教徒が大半を占めます。でも中東よりも緩い感じなので、女性のスカーフは顔を覆うものではなく髪の毛を覆うもので、どちらかと言うとスカーフ付の帽子みたいな感じです。スカーフは必ず着けないといけないわけでもないらしいですが、体や肌は露出を控えないといけないようです。でもインドネシアらしいなと思ったのは、スカーフの色やデザインもカラフルなところ!ピンクとかビーズの刺繍入りなどもあって、お洒落も楽しめるようになっています。でもちょっと閉口しちゃうのは、ロンボク島に行ったときもそうでしたが、朝は4時過ぎから町中のモスクでお祈りがスピーカー放送されること。眠りが浅いときやモスクの近くにあるホテル(おそらく日本のコンビニみたいにそこらじゅうにあるので、どこでも一緒)にいたら目が覚めてしまいます。イブウブ子も毎朝必ずお祈りが始まると起きてしまう・・・世界中、どこのモスクでもこんな感じで大音量でスピーカー放送しているのかな?バリもそうだけど、インドネシア人は大音量でスピーカー使って儀式するのが恒例みたいです。

ポチっとお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログへ 
↑は初参加。今日は何票入ったかな?
関連記事

ジョグジャカルタ2日目~周辺散策&バイクレンタル~

2008年11月28日 18:22

2日目は午前中はホテルのカフェでブログのアップに夢中になり、午後から周辺散策に出かけました。プラウィロタマン地区には安宿のほかに、アンティークショップがたくさんあります。セレクションも豊富で、オランダ統治時代のものと思われるものが多いようです。そしてちょっと先の通りに行けばバティックショップがいくつか並んでいます。実はアンティークもバティックもあまり興味がないのですが、ここの近所は落ち着いていてなかなか良い雰囲気kao03。プラウィロタマン通りは1と2があって、裏通りはこんなに素朴で1よりも安いロスメンがいっぱいありました。やっぱり徒歩だから気づくことって案外多くて貴重です。

通り2の様子
jogjaday2_3.jpg

表通り(通り1)の入り口はこんなに派手!
jogjaday2_7.jpg

通り沿いにある宿やレストランが記されています。

骨董品のお店
jogjaday2_1.jpg

懐かしいような、物珍しいような、興味がそそられます!
jogjaday2_2.jpg

あれ?見覚えのある屋根!
jogjaday1_28_20081128205820.jpg

マヤウブドの屋根は実はジョグジャの伝統的な屋根の形とバリの伝統的な茅葺きを融合したものなのです。ジョグジャでは屋根にはオレンジ色の瓦を使います。

昨日は見つけられなかったジョグジャの地図もゲット!
jogjaday2_10.jpg

通り1からは(Via Viaの隣りにある)こんな裏道を通れば通り2への近道!
jogjaday2_8.jpg

通り2にある小さな市場を発見☆
jogjaday2_4.jpg

中を覗いてみた・・・
jogjaday2_5.jpg

これはココナッツを細かくする機械
jogjaday2_6.jpg

裏通り(通り2)を散歩していたら、偶然オートバイのレンタルショップを見つけました。旗がいっぱい立っているので目立っていたのです。
jogjaday2_9.jpg

実は右の旗、阪神タイガースなんです!通り1の旅行代理店みたいなところでもオートバイのレンタルをやっていましたが、3日間の値段を交渉したらこっちのほうがちょっと安かったので、借りることに決めました。機種はもちろん乗り慣れているヤマハのMIO。でも新種でちょっと大きいです。(この赤いバイクを借りました)

他の決め手は、男の人が3人くらい働いているのですが、そのうちの一人がとっても日本語が上手だったこと。大阪の梅田に3年間暮らしていたことがあるそうで、最初は冗談かと思ったけど(よくある、夢の中でっていうやつ!)、写真もあったしどうやら本当みたい・・・阪神タイガースの旗も納得できます。バリだと嫌気がするほど日本語で話しかけられるのですが、ここジョグジャではほとんど話せないので(知っている言葉は、ホンダ、ヤマハ、味の素のみ)、何となく嬉しくなっちゃった笑い。。最初はバリに多いナンパな兄ちゃんかと思ったのですが、話してみるとなかなかマジメな好青年だったので、ついでにボロブドゥールとプランバナンのツアーも頼んじゃうことにしました。バイクは1日5万ルピアのところ、3日間で12万ルピアまでディスカウント。ボロブドゥールとプランバナンは借りたバイクを運転してもらうことにして、通常20万ルピアが半額の10万ルピアになり、計22万ルピアにしてもらいました。さらに3日目は2時半返却を6時まで無料延長のおまけ付き。ラッキー☆これで一安心。

宿に戻って食べた今月のおすすめケーキ(レモン&グレープ)
jogjaday2_11.jpg

パウンドケーキみたいな感じですが、しっとりとした舌触りでとってもおいしかったです。

ポチっとお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログへ 
↑は初参加。今日は何票入ったかな?
関連記事

ジョグジャカルタ1日目~ディナ@Via Via~

2008年11月28日 14:11

昨日は宿のインターネットサーバーに故障があったようで、一日アップロード出来ませんでした。最近、インドネシアで広がっている無料WIFIですが問題が多いのも事実。ホテルとかでもつながったり、つながらなかったりは頻繁なのでこれも仕方ないかな・・・と。でもライブアップデートを目指していたのでちょっと残念。大幅なスローダウンです。

さて気を取り直して1日目の続きです。

初日の夕飯はミニストリーから徒歩一分くらいにあるVia Viaというレストランで食べました。プラウィロタマン通りを歩いていたとき偶然見つけた、お洒落なレストランです。そう言えば、予習していたときに名前を知っていたような気がします。ローシーズンのこの時期、唯一お客さんがいっぱいでした。

金曜日の夜にジャズナイトだって♪(メモメモ・・・)
viavia1.jpg

世界中にあるらしく、各店舗の時間が分かるようになっています。
viavia2.jpg

日本になかったなぁ・・・東京とか横浜辺りにあっても良い感じです。レストランのほかに、ツーリストインフォーメーションもやっているらしく、オリジナルツアーの案内が掲示してあります。

viavia3.jpg

定番のボロブドゥール以外にもラフティングやトレッキングなどのアクティビティがありました。面白いのはバイクで行くお得なパッケージがあること。一人だったらなるほどそっちのほうがいいかも。イブウブ子はバイクに乗るのが好きで、カンボジアやベトナムに行ったときも全部バイクチャーターで回りました。あまり遠距離はムリだけど、1時間くらいなら気持ちいいんです。他にもお料理教室、インドネシア語講座、シルバーやバティックの体験コースなどもありました。

インドネシア料理の日替わりメニューが3つあるんだけども、今回食べたのはアヤム・リチャリチャ(Ayam Rica Rica)

viavia4.jpg

レストランによってはレッグじゃなくて胸肉とかミックスだったりしますが、チキンレッグが好きなので嬉しかったです。ソースもスパイスが効いていておいしかったです。ストームビールはバリ島の地ビールなんだけど、ジョグジャにも進出しているようでちょっと意外でした。多分、ここだけかも知れませんが・・・。ビンタンに飲み飽きたらストームがおすすめです。ビンタンよりも若干濃厚な味わいが楽しめます。

このレストランもホットスポットといって無料でWIFIが使えます。イブウブ子もパソコンを持参して試してみました。店内には手作りのハンドバッグや化粧ポーチなどが飾ってあって、購入も可能とのことです。

とってもかわいい!
viavia5.jpg

プラウィロタマン通りに泊まるなら、Via Viaにぜひ行ってみてください!

ポチっとお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログへ 
↑は初参加。今日は何票入ったかな?
関連記事