明太子スパゲティセット@Angkasa

2009年08月31日 15:32

日本だとたいていランチセットとか、セットメニューでいろいろついていることが多いのですが、バリのレストランではほとんどが単品オーダー。メインディッシュとドリンク、そしてデザートと頼んでしまうと結局は1000円弱することも多いんです。(まあ、最近は日本円が強いのでお得感はありますが・・・)日本では消費税が5%追加されますが、バリではサービス料と合わせてプラス15%追加されることがほとんどなので、一見安そうに見えてもお会計時には予想よりも高かったっていうことがよくあります。

お得にがっつり食べたい!っていう気分のときは毎度アンカサにお世話になっています。ここのおすすめはパスタセット。おいしいパスタがサラダ、ドリンク、デザート付きで食べられるのです。

口コミでは明太子カルボナーラが人気らしいけれど、カルボナーラはちょっと苦手なので明太子パスタに挑戦してみました!

まずは前菜のサラダ
P8140123.jpg

そうそう、パンにバターがついてくるってバリでは当たり前じゃないんです。場所によってはわざわざお願いしたり・・・ってこともあります。

バリで明太子が食べられるなんてうるうる
P8140124.jpg

海苔もいっぱいで嬉しい♪久しぶりに明太子を味わいました。

もちろんデザート&カプチーノも
P8140126.jpg

ここのチーズケーキ、けっこう好きなんです。カプチーノももちろんおいしくいただきました。

これだけ食べてRp.70.000(アンカサカード10%割引後)でした。そうそう、新しく気づいたのですが、ここはお水がグラスでサービスされます。日本では当たり前のサービスもバリでは珍しく感じますが、これはかなりありがたいです。そして店員さんも定期的にお水を足しに来てくれる!海外で日本風のサービスが受けられるって嬉しい♪これで気兼ねなくカプチーノも楽しめました。

メニューを見ていたら、コーヒー以外にもアラックとかアルコール系も充実していました。今は夜11時までやっているようなので、今度はディナーに来てもいいかも。

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif
関連記事

好きなドラマ@Sex and the City

2009年08月29日 19:46

最近、DVDを見たい気分になりお店に行ったら「Sex and the City」の映画版がありました。実は去年からDVDで販売されているのは知っていたのですが、ドラマの舞台が大都市NYCなだけあって、バリに来てからは別世界のような生活をしていたため、すっかりその刺激からご無沙汰していたのです。ドラマの中のストーリーはバリではありえないしね!

でも、日本にいるときはすっごくはまったドラマでした。ニューヨークに住む女性の仲良し4人組の番組なんだけど、ちょうどその頃の自分の状況に照らし合わせたりして親近感があったので、近所のDVDレンタル屋で全シリーズを借りてみたことがあります。日本のドラマとは違って何シリーズも続くので、毎週末SATCを見て過ごしたり・・・。

Sarah Jessica Parker演じるキャリーが主人公でナレーターでもあるのですが、よく自分は4人の中で誰タイプか?とか想像したりしていました。正直、キャリアに生きるタイプじゃないのでミランダの要素はゼロ。シャーロットのように良い子ぶっているわけじゃないけど、女の幸せは家庭にあると考えたりすることもあるし(でも結婚願望はあまりない・・・)、キャリーのように天真爛漫でいつも恋にときめいて振り回される?ところもある(でも彼女ほど靴にこだわりはないし、ブランド志向じゃない・・・)。そして案外隠された本性はサマンサだったり!?たぶん、三人を足して割ったようなタイプかなえへ

で、今回の映画版を見て考えさせられたことは・・・

1)結婚と優柔不断な男性
→マリッジブルーって女性だけじゃないのかも?世の中には結婚したい女性のほうが結婚したい男性よりも多いのかも知れない。でも、結婚って女性が考える以上に男性にとっても繊細なことで、世の男性たちはそう簡単に「妻」となるべき女性を選ばない!?

2)夫婦とセックス
→確か先進国の中で日本が一番セックスレス率が高いと言われていますが、ストレスの多い都市に住む人たちに多そう。東南アジア、特にバリ!なんかありえなそう。体の関係だけの不倫は一度きりなら許されるべきか?長年夫婦でもラブラブな関係を保つ秘訣は?

3)お金じゃ買えないもの、お金で満たされるもの
→年齢を重ねるにつれてイブウブ子は物欲が減りましたが、やっぱり都会に住んでバリバリ働いているとそれなりに良いものを身に着けて、良いものを揃えて、良いところに住んでみたいと思うのが当たり前なのかな?どんなに豊かな生活をしていても素の姿は変わらない。お金である程度の幸せは買えるけれど自分に嘘はつけない!?

4)いつまでも変わらない女同士の友情
→結婚や引越しで離れ離れになっても、友情は永遠!女性って、結婚して子供ができると必然的に友人関係も変化するもの。ついつい似たもの同士のほうが意気投合しやすいけれど、昔からずっと知っている古い友人たちはかけがいのない財産なのです。イブウブ子の友達は東京、富山、アメリカ、香港、台湾、そしてバリに住んでいてほとんどが結婚して子供もいますが、女性同士の友情を大切にしないと!

そしてどこに住んでいても人生を楽しく生きるのは自分次第!すべてが思うとおりには行かないのは承知しているけれど、自分で舵を切って進みたい。一度きりの人生だから・・・。

http://dvd.paramount.jp/satc/index.php
http://www.wowow.co.jp/drama/satc/index2.html



読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif
関連記事

またまたステーキディナー@Cafe des Artistes

2009年08月27日 20:09

2ヶ月前に妹が来たときにも行ったCafe Des Artistes♪ 今月はちょっとロマンチックなキャンドルディナーを楽しんできましたheart

ウブドにはいっぱいレストランがあって、それぞれいいのだけども、やっぱりステーキを食べたいときはここに限ります。観光客に人気の高級ディナーといえば、やっぱりモザイク!でも、ここはバリといえどもお安いとはいえない価格です。そしてかなりハイソな感じ・・・雰囲気はいいのですが、どちらかというとお金持ちの年配夫婦やカップルが特別な記念日を祝うために行くようなレストランです。なので、イブウブ子は当然行ったことはありません。(お料理クラスとバーなら行ったことありますが)

アーティストカフェはこじんまりとしたビスマ通り沿いで、アットホームな感じが気に入っています。雰囲気は高級なのに、お値段はまあまあお手頃です。(とはいえ、在住者の普段の生活と比べるとかなり高級!)家族でも友人同士でも、恋人同士でも楽しめるオープンなレストランです。

今回持込んだのはフランスのワイングラスワイン[赤]
P8190166.jpg

ヨーロッパ帰りのお友達のお土産です。レストランでもホテルでも自分のドリンクを持込む際はCork Feeを払います。ここはワインは5万ルピア、シャンパンは10万ルピアでした。ここのワインもなかなかセレクションが多いので、ワインリストから選ぶのも十分ありです。

さすがプロ!手さばきがすごくスムースでした。
P8190161.jpg

こっちのバリワインって安いのでついついレストランでもグラスワインで頼んでしまいますが、久しぶりに本物の味を味わった感じでした。思い起こせば10年くらい前が一番ワインに浸った生活を送っていました。毎週末、カリフォルニアワインやチリワインを堪能していたあの頃が懐かしい・・・。冷蔵庫の上はワインの空ボトルでいっぱいの時期がありました。最近はもっぱらビンタンかアラック。やっぱりワインはロマンチックで大人の飲み物ですね。

友達のペッパーソース
P8190168.jpg

イブウブ子のトマトソース
P8190169.jpg

茹で野菜
P8190170.jpg

名前はもちろん、もっとお洒落な響きでしたが、要約するとこんな感じです。サイドディッシュにポテトやライス、野菜から2つ選ぶことができます。いつもはサラダばっかりだったのですが、今回は茹で野菜をチョイス。これがなかなか◎。サラダは体を冷やすって言われているので、こっちのほうが体に良さそうです。ボリュームもけっこうあって、何よりも良かったのが、ソースに絡めて食べると合うっていうこと!かなりいけました。これからは茹で野菜に決まり頑張るぞ。おーっ。

さて、ここのもう一つのメインといえば、デザート!前にブログ読者の方からチョコレートケーキがおいしいと聞いていたので、迷わずチョコレートケーキを食べてみました。

カプチーノとバニラアイスもついでに・・・
P8190171.jpg

もう一度、アップで
P8190174.jpg

甘すぎず、ちょうどいい感じ。上にかかっているチョコレートもいっぱいでボリュームもあります。一人で食べるには大きいから、やっぱり分けたほうがいいかも。ここはオーナーの管理もきちんと行き届いていて、行く度に必ずオーナーを見かけます。大きくて強面ですが、常連への挨拶はもちろんのこと、各テーブルを回って挨拶もしたり、とその気遣いには感心します。

普段は足を運ばないけれど、ひそかにおすすめのレストランです。要予約!

Cafe Des Aristes
JALAN BISMA 9X,
80571 UBUD-GIANYAR
BALI-INDONESIA
Tel/Fax: 0361/972706

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif
関連記事

ある日のディナー@Tutu Dedex

2009年08月26日 19:11

もうすでに何回も紹介しているTutu Dedexですが、本当においしいです!ここのスタッフ(家族だと思うが)もまじめだし、オーナーの兄貴もかっこいい。この前行ったら、珍しく満席。しかも外国人グループがいました。ここで外国人見たのは正直初めてかも・・・普段は日本人すら見かけないですから。

大盛況
P8160136.jpg

でもキッチンは大変なことに!
P8160133.jpg

兄貴がてきぱき指示を出していたから何とかなっているものの、修羅場と化していました(汗)。

Cap Cay Ayam (Rp.6000)とご飯(Rp.2500)
IMG00124-20090810-0518.jpg

Fuyung Hay (Rp.6000)
IMG00128-20090810-0523.jpg

Nasi Goreng Tutu Dedex (Rp.10.000)
P6100041.jpg

う~ん、何食べても安いしおいしっ!ちなみにここのEs Jeruk(インドネシア風オレンジジュース)はこれまでのどのワルンよりもおいしいです。英語だと両方ともオレンジジュースになりますが、ここの場合Orange JuiceとEs Jerukは若干違います。イブウブ子は水で薄めたEs Jerukが好きなのでやっぱりいつもEs Jerukを頼んでしまいます。

Tutu Dedex
Jl. Jatayu No.XXX, Padang Tegal
Tel: 0361-8097013, 081-74785624
Perteninスパの近く

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif
関連記事

新しく見つけたワルン@Warung Indah

2009年08月25日 19:22

ローカルワルンに詳しくなりつつあるイブウブ子ですが、この前ブログの読者の方から新しいワルンを教えてもらいました!

Warung Indah
P8130120.jpg

場所はJl. Sugriwaからちょっと入った小道沿い。一応、看板が出ています。ハノマン通りからだと、ChiliChili BangunのTシャツ屋の隣の脇道を入ったところになります。

シンプルな店内
P8130119.jpg

ミーゴレン(卵焼きは追加注文でつけてもらいました!)
P8130122.jpg

これも量がけっこう多いけど、前にナシゴレンを頼んだときもかなりボリュームがありました。ワルンって量が多いところと並みのところに分かれますね!

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる banner_22.gif d_01.gif
関連記事