ウブド初!ホームウェアショップ@bali zen

2014年07月27日 14:38

こんにちは。日曜日の午後ですが、珍しく家でのんびり過ごしています。最近のウブドは雨も減り、日中は風も心地よく、布団や枕の天日干しにも最適のお天気。真夏の日本と比べると驚くほど涼しくて、初めてウブドに来られた方は驚かれると思います。まさしく、避暑地ウブド!しかしながらハイシーズンも真っ盛りなのですが、日本人旅行者少ないですね(^^;)。夏に集中する欧米人客と比べると、日本人はハイシーズンを避けての分散型というか、年間を通して平均的な感じがします。日本人が少ないとメリハリがなく仕事も退屈ですが、まだ病み上がりなのでちょうど良かったのかも。来月はお盆で忙しくなりそうなのでそれまでの充電期間ということで、のんびりしようと思います。

ところで、今年の秋にもまた出張がてら一時帰国できそうです✌でも今回はJATA主催の旅博には参加しないので、インドネシア人の同僚と二人っきりの地味な出張(^_^;)。とはいえ、10日間ほどとかなりの長丁場なので、むしろ日本巡業といったほうが◎。通訳やらガイドやらでいろいろ面倒だけど、日本人旅行者を増やすべく、精力的に外回り営業に励みたいと思います。リピータの方々には日本人客が増えすぎて人気になるのは困る、とのお声もありますが、こちらも重要なお仕事ですので、頑張ってきます!でも、連休続きの日本人旅行者が多い時期に不在になるのは結構不安ですわ(゚Д゚;)・・・。

さてウブドにオープンした可愛いホームウェアのお店の紹介♡
DSC01589.jpg

場所はモンキーフォレストから坂を200メートルほど上りきった右手。ちょうどSang Spa 3号店の手前にあります。何回か夜に通り過ぎて気になってはいたのですが、なかなか止まるタイミングがなくて、先日ようやく中に入ってみました。

東京にもありそうな外観
DSC01587.jpg

店内もオサレ♡
DSC01591.jpg

女の子ならみんな大好きなホームウェアがいっぱい!
DSC01593.jpg

全部可愛い〜♡
DSC01595.jpg DSC01596.jpg
DSC01597.jpg DSC01592.jpg

クオリティも輸出品レベルで◎
DSC01594.jpg

ウブドらしくないお店は賛否両論ですが、個人的にはお洒落で可愛いお店なら大歓迎!これまでありそうでなかった、ホームウェアや雑貨の専門店です。スミニャックにもお店があるそうで、お店のインテリアも商品陳列もすごく洗練されていて、まるで日本にあっても違和感がありません。日本人好みのお店だなぁと感心して見ていたら、偶然にもホテルに滞在中のお客様にばったり遭遇しちゃいました。こっちに家があればワタシもいっぱい買っちゃいたいところですが、物は増やさない主義なので我慢!品質もかなり高いのにお値段は意外にお手頃なものが多く、お土産にも最適だと思いました。他のお店では扱っていないオリジナル商品ばかりですので、注目度◎!

2階部分は近い将来はカフェとしてオープン予定なんだとか。ホント、都会っぽくてウブドらしくない雰囲気ですが、ワタシ的には十分ありかな。エアコン完備で美味しいコーヒーとケーキが楽しめれば最高デス☆

Bali Zen
http://balizenhome.com/

バリ島ウブドからお届けしています♥
banner_blogranking.gif
↑      ↑      ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事

口コミで大人気のバビグリン屋@プリアタン

2014年07月24日 10:42

おはようございます!実は先週末から数日間、風邪でダウンしてしまいました(^^;)。ここしばらく体調崩すことなく、ずっと元気だったので、自分でもびっくり。どうも風邪からくる扁桃腺炎?のようで、今回は珍しく頭痛もひどく熱も続いて大変でした。久しぶりに食欲がなかったな。日本でも一人暮らしをしていると同じだろうと思いますが、本当にツラい時に病院に行けないんですよね。といっても、あまりこっちのお医者さんを信用していないので行かないで治るならそれでも◎。毎回出る薬は解熱剤と抗生物質、咳止めだし・・・。解熱剤と抗生物質の量は日本の処方量の2,3倍はあるので、飲み続けるのに少し勇気が入ります。バリ島に来てから何回もいろんな抗生物質を飲んだので、そのうち効かなくなるんじゃないかと心配(^_^;)。こっちでは頑張り過ぎないスタンスを心がけているので、仕事を休んでゆっくり寝ていました。今も鼻声だし、喉のイガイガもあって痰が詰まりそうですが、始まったばかりの夏休みシーズンはこれから先がまだ長いので体力温存で乗り切りたいデス。

さて、今日は地元プリアタンの人気バビグリン屋の紹介を!
DSC01321.jpg

名前はあるのかも知れませんが、イブオカのような知名度はありません。この写真でどこか分かりますか?中央の建物(LPDー町内会の役所)の右奥あたり、バイクの止まっている正面がそのお店。かなりしょぼくて、一見営業しているのか分かりません(^^;)。でもココ、営業しているのは1週間のうち数日で、しかも朝7時過ぎからお昼前くらいまでの短時間のみ!これまでも何度も通り過ぎましたが、開いていたらラッキーといった感じなんです。

DSC01322.jpg

簡素過ぎるほどの店内
DSC01323.jpg

でも、地元の人が早朝からひっきりなしに訪れる、知る人ぞ知る名店なんです!

DSC01324.jpg

ランチボックスの注文も多いのか、この日は奥にいっぱい箱が積み上げられていました。バビグリン屋ですが、鶏肉のナシチャンプルも名物なんだとか。

バビグリンのお持ち帰り一人前
DSC01330.jpg

イブオカほどゴージャスじゃないけれど、いかにもバリ人が好きそうなお味のバビグリン♡。プリアタンってバビグリンのお店が意外に少ないので、知っているとかなり重宝します。家から徒歩すぐのところにあるので、ぜひまた利用したいです。でも食べたいときに限って閉まっているので運次第!?

バリ島ウブドからお届けしています♥
banner_blogranking.gif
↑      ↑      ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事

最終日の過ごし方@ウブドヴィレッジリゾート

2014年07月17日 09:57

おはようございます!昨日は10日ぶりのお休みでしたが、掃除や買い出しやなど諸々の用事を済ませてマッサージに行った以外、これといって何もしていません(^_^;)。ワタシにとっては休日は休息のためにあるものなので、あえて約束や予定を入れないことが多いかな。遠出も外食もしないし、友達とワイワイ過ごすでもなく、プライベートはネクラ(-_-;)・・・でも、これが好きだったりする♡ そんな平凡な毎日を過ごしているワタシの最近の悩みは睡眠不足!以前は爆睡して朝まで起きることがなかったのに、ここ数日、午前4時前後から始まる近所のけたたましい鶏の鳴き声に目を覚ましてしまうんです。鶏の頭数が増えたのか、これまた興奮しやすい時期なのか、アホみたいな鳴き声の鶏がいて超耳触り(`ε´)。まだ日が明ける数時間も前から気が狂ったように鳴き出すから困ったものです。バリ島というと、癒しのイメージがあるけど、生活感溢れるローカルの住宅街に住んでいると癒しとは程遠いのが現実(-_-;)。良く言えば自然との共存!受け入れるしかありませんが、今後もあまりにもひどいようだったら耳栓して寝ることにします。

ところで今月、アピマガジンのウブド特集の取材があって、ワタシも微力ながら協力させていただいたのですが、ウブドの魅力って可愛いお店やカフェが多く、街歩きも楽しめるコンパクトな街並みと、少し中心部を離れると広がる田園風景、そしてお手頃なスパが多いってことかな。女性のリピータさんを中心にダントツ人気があります。そして欧米人を中心にスピリチュアルやヨガ、ベジタリアンなどヘルシー志向の人が多いのも、ウブドならではの特徴だと思います。他のエリアと比べてもヒンドゥー教の伝統が根強く浸透しているためか、絵画や舞踊、楽器など芸能文化も充実しているので、バリの中でもバリっぽさを体感できるのがウブド。何を楽しむかは人それぞれですが、ワタシもハマった張本人として、ウブドの魅力は一言では語り切れません!

さて、今回は妹ファミリーも宿泊したウブドヴィレッジリゾート特集!自分で認めるのもなんですが、ウブド近辺にはもっと安くて新しいホテルがいっぱいありますが、わが妹はせっかくだからウブドヴィレッジに泊まりたい!と言ってくれて、総勢大人4名+子供2名で予約してくれました。もちろん、姉は頑張りましたよ(^▽^)/。 ちゃっかりオーナーに頼みこんで、2ベッドルームタイプのファミリースイートヴィラにアップグレード!でも、うっかり写真を撮るのを忘れてしまいました(゚Д゚;)。妹の旦那さん曰く、家で過ごしているような快適なステイだったそうな♪ ワタシも1泊だけこっそり泊っちゃいましたが、リビングルームのある快適さって、いいですね。2家族で泊まったので、毎日寝る時間以外は皆リビングで集って、おしゃべりしたり、子どもたちと遊んだり、最高の時間を過ごすことができました。

ウブドヴィレッジリゾートの売りはコスパが良いということ!安くはありませんが、他リゾートと比べてもお手頃価格でプライベートプール付きのヴィラに滞在できると思うので、若いカップルにも人気があります。しかも大型ホテル並みに敷地が広く、自然が肌で感じられるのも魅力かな。最近の傾向として、ウブドでもビルディングタイプのホテルが増えているので、ヴィラの価値は今後ますます高まるのではないでしょうか。完璧バリアフリーではないものの、比較的フラットで階段が少ないのも特長です。超高級というほどではないけれど、設備もサービスもそこそこバランスが取れており、ファミリーにもフレンドリーなリゾート。田園に囲まれているのに一歩出ればコンビニは徒歩2分。徒歩圏内にはレストランも多く、便利なロケーションなのも◎。お部屋からもWIFIが使えるし、ウブド市内へのシャトルバスも夜10時まで運行しています。旅行代理店によってはお得な特典も扱っており、今回妹ファミリーが利用したのは2時間スパとディナーがついている3泊4日パッケージだったのですが、男衆がスパはいらんと譲ったため、妹は毎日スパ三昧!日頃の疲れも癒されて、大満足だったようです。

早朝のメインプール
DSC01537.jpg

敷地内の田んぼ
DSC01539.jpg

水が多ければホテルも見られるんですよ☆彡 まさしく「村」がテーマとなっているだけあって、五箇山の集落みたいに日本の田舎を連想しますね。リゾート内には動物もいっぱい!

ネコ(=^・^=)もお散歩チュウ
DSC01583.jpg

ネコはかなり増えて、レストランの近くに住んでいるみたいです。中にはテーブル下に座っておねだりするちゃっかり者も!ココナッツの木にはリス、田んぼにはアヒル、蓮池にはアル―と呼ばれるオオトカゲ、ヴィラの庭にはカエルやトッケーなど、いろんな動物が住んでいます。虫はそこまで多くはありませんが、昆虫や爬虫類が苦手な方には正直ヴィラ滞在はおすすめしません。姪っ子は部屋の中にいたヤモリや大バッタに泣きべそかいていましたが、妹と義両親は気にしないほうだったので良かったデス。

子供用のプールがお気に入り✌
DSC01542.jpg

せっかくだから、ワタシも入ってみました。これまでヴィラやレストランなどほとんど試したのですが、プールだけは未体験。実際に利用してみて初めて分かることは多かったりします。まず、水温。ヴィラのプールより温かい!子供用のスペースは浅いが大人でも楽しめる!奥にある竹の滝つぼ?は座って使える!浮き輪やボートなどは日本から持参すると◎。ヴィラのプールは140センチと深いので、特に小さなお子様連れのファミリーは遊具をお忘れなく。あるのとないのでは、プールの満喫度がかなり違います!

ウブドには小さな子どもを連れていける場所があまりないので、ホテルのプールは大活躍だったようです。モンキーフォレストも最近のサルは悪戯が激しく危険だし、街でのお買い物も交通量が多く歩道も悪くて歩きにくいし、バリ舞踊鑑賞も怖がって泣きじゃくりそうだし、やっぱりプールが一番おススメ◎。朝食後にプール、そしてお昼寝というのが日課でした。あっという間に3日間が経ち、最終日はホテルにお籠り。プールの後はオーナーのご招待でレストランにてランチをご馳走になりました。

ナシゴレン
DSC01553.jpg

エビのペンネカルボナーラ
DSC01551.jpg

普通はスパゲティですが、子どもが食べやすいようにペンネに代えてもらいました。意外に写真がないのは、ワタシと妹が同じペンネカルボナーラを、そしておチビたちはなぜかシリアルで落ち着いてしまったから。

ちょうど同じ年齢の孫が二人いるオーナー夫妻に可愛がってもらいました!甥っ子はキレイな女の人が好きらしく、レストランスタッフの女性に付きまとうし、姪っ子もみんなから遊んでもらって嬉しかったみたい。バリ人ってみんな子ども好きだし、扱いも慣れているから、日本みたいに周りに迷惑がかかるかも、とか思わないで大丈夫!逆に子ども連れだからバリ島に行こう、くらいの心構えでもいいと思う。

ハートのフラワーバスに喜ぶ姪っ子と両耳に花で上機嫌の甥っ子
DSC01559.jpg DSC01554.jpg

そして、夜は特典で付いているディナーをみんなでいただきました。ガイドさんのお迎えが夜8時半だったので、それまでの時間、ゆっくりお食事を楽しめました♫ 日本からのお客様はフライトが深夜のため、最終日の過ごし方に悩むところですが、夕方からスパをしてシャワーを浴びてすっきりしたところでディナーというのがおススメのプラン。

チキンサラダ
DSC01575.jpg

実はコレ、頼んだセットメニューに入っておらず、手違いで出てきたもの(^^;)。でも、これが美味しくてヒット!サンバルマタが乗っていて、アジア風の仕上がりになっています。ホント、美味しかったので、間違えてラッキーだったかも☆

インドネシア風ビーフステーキ
DSC01576.jpg
こちらも初めて。お客様には何回も説明しているのですが、さすがにレストランメニューすべては試したことないので、やっぱり食べてみないと分かりませんね。前はソースが甘かったようですが、ワタシのときはあまり甘くなかったです。

そして二つ目のマイヒットがこちらのキャラメルバナナ♡
DSC01582.jpg

ピサンゴレンよりも断然おススメ!バニラアイスも付いてきて美味しいです。ちなみにこのセットディナーは3番目のメニュー。前菜は正しくはソトアヤムのスープで、これはまだ食べたことがないので(お客様情報によると美味しいらしい!)、いつか機会があれば食べてみようと思います。

あれから早1か月。まるでウブドで一緒に過ごした数日が夢みたいですが、楽しい思い出になりました。おチビちゃんたちも覚えていてくれるかな?妹の旦那さんのご両親も観光をはじめ、ヴィラ滞在を満喫していただけたようで一安心。お土産もいただき、美味しいものをたくさんご馳走になり、本当にお世話になりました!ありがとうございます。妹ファミリーは秋にはドバイに引っ越し予定なのでもっと離れてしまいますが、今度はみんなでドバイに遊びに行けるといいな♫

最近めっきり涼しく過ごしやすくなったウブドですが、今日は朝から青空が広がり、気持ちよい1日になりそうです。では午後出勤のため、これから準備してお仕事頑張ってきます!

★おまけ★
ヴィラでのバリニーズロマンスディナー♡ 実は去年ブログの読者の方がお泊りくださった際のセッティングをディナーが始まる前に写真に収めたものデス。欧米人のカップルやハネムーナーには人気ですが、日本人のお客様はワタシが担当してからは初めて!

ハートがプールに浮かんでいてロマンチック♡
DSC00622.jpg

彼女や奥様へのサプライズや、スペシャルな記念などにどうでしょうか?ちなみにバリ産ワイン1本付きでお二人140ドル++(別途21%税・サ)です。一日一部屋限定なので、ご予約はお早めに!

バリ島ウブドからお届けしています♥
banner_blogranking.gif
↑      ↑      ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事

新生☆影武者でのディナー@ニュークニン

2014年07月15日 00:33

こんばんわ。昨晩から今朝にかけて、また大雨が降ったウブドですが、昼過ぎから天気も回復し、これでしばらくはお天気が続くことを願います!それにしてもハイシーズンに入り、出勤時間が遅くなっているというのもあるけれど、連日帰宅時間が夜9時過ぎになりヘトヘト(;´Д`)・・・。夜はそのままバタンキューですが、その分午前中の時間を有意義に使えるのはありがたいです。掃除や市場でのお買い物、ブログの下書き等、ひとりの時間を楽しんでいます♪

さて、日付は変わっちゃいましたが、今日は可愛い甥っ子の2歳のお誕生日♡ これまで2回しか会ったことがないけれど、やっぱり家族っていいものですね。子は宝というけれど、妹の子供でこんなにメロメロになるくらいなら自分の子だったらどうなっちゃうんだろ!?まあ、予定も当てもないのですケド(^^;)。

本題に戻って、影武者の話題デス。実は7月に以前あったプンゴセカンのお店がニュークニンに引っ越しました!旅行者にとっても、ワタシにとっても、前の場所は便利だったのですが、地価高騰の影響でさらに郊外に移転する運びとなったようです。前のように歩いて行ける距離ではなくなったので、旅行者には不便になっちゃたのが残念・・・でも、お手頃な値段と女将の美味しい手料理が人気の影武者は、在住者の常連さんが多いため、ウブド中心部から離れても相変わらずの人気ぶり!

ニュークニンは、ウブドヴィレッジリゾートのある道を東にずっと道なりに進み、ニュークニンからモンキーフォレストに通じる最初の道との角を少し超えた左手にあります。このブログでもいっぱい紹介した、あの「d' waroeng」のすぐ裏手にひっそりと営業しており、知る人ぞ知る!穴場レストランになりそうな予感がします。

ワタシは毎日インドネシア料理を食べているので、外食するときは日本食かイタリアンなのですが、今回ラッキーにも妹家族から影武者に行きたいと誘ってくれたので、実に数か月ぶりに日本食にありつけました!小さな子供がいる妹は、影武者の女将の食材へのこだわりを絶賛しており、やっぱり安全なものを子供に食べさせたいと思っているようでした。

竹で作ったシンプルな店内
DSC01509.jpg

竹と木のテーブルがマッチして、どことなく落ち着く雰囲気。
DSC01510.jpg

凝ったデザインじゃないのに存在感がある、心地よいお店です。敷地も若干広くなり、以前よりも開放感が増したような気がします。

本日のスペシャルメニューも健在!
DSC01513.jpg

ここには載っていませんが、裏メニュー?のイカのサンバルマタを注文したら、妹たちがすごく気に入り、即追加注文するほど好評でした。

相変わらず大食い家族デス(^^ゞ
DSC01526.jpg

子供の頃から食べるのが大好きな家族だったので、外食するとこの通り、いっぱい食べてデザートまで頼んでしまうのがおうち流。雑炊とうどんはおチビちゃんたちのために注文し、ワタシたちは毎回外せない天むすおにぎりと味噌カツ、冷奴、バンクアンのおひたしなど、毎回お馴染みのメニューです。

デザートも忘れずに!
DSC01530.jpg

ちなみにあずき&寒天に抹茶アイスを追加してもらいました!これはワタシが毎回お願いする裏ワザ☆彡 普通のデザートじゃ満足できないほど甘党なんです。今までインドネシア料理は不評だったおチビちゃんたちですが、影武者に来て初めてちゃんと食事をしてくれました。やっぱり食べ慣れている日本食が海外でも重宝しますね。海外に来てまで日本食?と思われている方もいるかも知れませんが、影武者の日本食は日本にあっても美味しいと思えるのがスゴイところなんです。だから20年以上もウブドで営業を続けられて、旅行者、在住者、国籍問わず、人気のお店なのも納得です。おチビちゃんたちも妹夫婦も大満足でした!町のレストランではあまり見ない地酒のアラックやブレムもおススメです。

で、気になる帰り道・・・(-_-;)。来るときはウブドの町中から白タクを捕まえて来れたのですが、帰りは足がないためホテルまで徒歩で帰りました。ワタシはドライバーの名刺を貰ったのでまた呼ぼうと思ったのですが、ホテルから大した距離じゃないし、食べ過ぎたので運動がてら歩いて行こうということになりました。が、ウブドと反対方面の夜道は真っ暗で人影もなく、野良犬もいるし、小さな子供連れて歩くにはちょいしんどかった。距離的には15分弱でけっして歩けない距離ではないのですが、妹の旦那さん曰く「これは絶対お客さんに歩きを勧めないほうがいい!」そうです(゚Д゚;)。若いカップルならまだいいけれど最近の日本男子は頼りがいなさそうだし、女性同士とかはNG。どうしても歩くなら昼間をおススメします。看板は出ているものの、レストラン自体が表から見えないため、知らない人には分かりにくいと思うので、夜に行くときは連れて来てくれたドライバーさんの名刺を貰い、帰りもピックアップしてもらうのが一番いいかも。

甚平姿が似合う甥っ子デス✌
DSC01519.jpg

追記:影武者の昼間の様子はito-sanのブログが詳しいのでご参照ください。

バリ島ウブドからお届けしています♥
banner_blogranking.gif
↑      ↑      ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事

お決まりのクリスピーダック@bebek bengil

2014年07月13日 10:36

おはようございます!今朝もウブドは朝から小雨が降っています。乾季のはずなのに今年はなぜか雨が多いです。ワタシの故郷である富山では先日最高気温37.1度を記録したようですが、ウブドは24度前後と確実にバリ島のほうが涼しくて過ごしやすい。バリ人は皆、寒いと口をそろえて言いますが、日本でいう寒いとはレベルが違いますので、ご安心を(^^ゞ クーラーなしでも過ごせるというくらいの涼しさだと思ってもらえば想像がつくかな?

さて、今日は旅行者に人気のクリスピーダックついて紹介したいと思います。クリスピーダックと言えば、歴代のインドネシア大統領も通うBebek Bengilが一番有名!ウブドのハノマン通り、ちょうどCOCOスーパーと漁師レストランの中間にあります。インドネシア料理メインのレストランですが、目玉商品はアヒルを丸ごと揚げたクリスピーダック。初めてウブドに来たら、まずはIbu OkaのバビグリンとNaughty Nuri'sのスペアリブ、そしてBebek Bengilのクリスピーダックというのがお決まりのようで、国籍問わず旅行者に人気のレストランでもあります。最近の傾向はどちらかというと、中国、台湾、そしてジャカルタのお客さんかな。日本人はアヒルが苦手な人が多いのか、有名になりすぎてガイドブックでもあまり取り上げられなくなったせいか、以前ほど人気はないようです。しかし今回は妹の旦那さんのご両親が初バリで、ぜひ地元のアヒル料理を食べたいとのご希望だったので、ホテルからのシャトルバス範囲内で途中下車できるベベブンギルに家族揃って訪れました。

ベベブンギルはこれまで数回行ったことはありますが、正直、今では自腹で行けない高級レストラン・・・(^^;)。グルメ通の友人によると、クリスピーダックはプリアタンのTepi Sawah ホテル内のレストランのほうが美味しいらしいのですが、ウブドの郊外にあり交通の便がよくないため、車をチャーターしないと不便なのが旅行者には難点。しかし、ベベブンギルは事前に電話予約してお願いしたら、往復の無料送迎がついているんです!ウブドで無料送迎がついているレストランは数少なく、知っている限りではニュークニンのラカレケ(あのカフェワヤン系レストランで、曜日によってはバリ舞踊のディナーショーも見れるのでかなりおススメ!)、ウブドのサッカー場近くにあるラマックレストラン(けっこう昔から営業している高級レストランで、ホテルのレストラン並みのクオリティが期待できる!)、ベベブンギルの3つだけです。最近のウブドはタクシー代も馬鹿にならないし、これは知っていると案外便利かも!?

総勢7名でいっぱい注文!
DSC01500.jpg

Bebek Bengil(メニュー記載の料理名にもなってました^^)
DSC01499.jpg

アヒルは名前どおり、カリカリ状態。肝心のアヒルは肉付きがあまり良くなく、見た目の割ほどボリュームはありません。私はお腹があまり空いていなかったのですが、気がついたら丸ごと一皿平らげていました(汗)。妹夫婦によると、付け合わせのサンバマタが激ウマだったらしい。日本人はサンバマタが好きな人、多いですよね。バリの赤くて小さな玉ねぎ(バワンメラ)に赤トウガラシ、ライムをエビペーストとココナッツオイルで混ぜて作るバリ島独特のスパイスですが、お酒との相性も◎なので、酒飲みの人は特に気に入るかと思います(;^ω^)。

姪っ子には無難なナシゴレン
DSC01503.jpg

両手でハート♡マークを作っていますが、反対側から写真で撮ると逆じゃん!と突っ込まれて困ってました(;´∀`)。辛くないように伝えたからなのかも知れませんが、ここのナシゴレンは優しい味でこれまでのレストランで食べた中で一番好きかも!でもおチビちゃんたちはやっぱりインドネシア料理、苦手みたい。辛くなくても微妙な調味料やスパイスにも敏感なようで、ご飯ものはあまり食べられないようです。その代わり、フレッシュジュースやスナック菓子ばかり与えてしまい、ちょっと栄養が心配(^_^;)。フレッシュジュースはサラダ同様、意外にバリ腹の原因になったりするのですが、普通の健康な状態なら心配ないようです。今回も家族はもちろん、おチビちゃんたちも誰一人体調を崩すことなく、元気に過ごせました。

余談ですが、ベベブンギルのキッチンで働いているスタッフ夫婦は、スグリワ通りのチャンティックスパ前にある名もない小さなワルン(不定期で夜7時から10時頃までしか開いていない!)でナシゴレンを作っており、地元の人にもベベブンギルのナシゴレンが安く食べられるということで密かに人気があるんです。もちろんローカル向けに味付けは違いますが、おばさんの作るナシゴレンは本当に美味しいのだ!

クリームキャラメルという名の、卵プリン(^_^;)
DSC01504.jpg

ここまで卵の味がするプリンは初めてでした。。。ここのココナッツクリームパイが美味しいと一時日本人旅行者に流行りましたが、やっぱりケーキはカフェワヤンのほうが上かな。クリスピーダックは食べてしまえばお味もあっけなく、まあこんなものかと思うのがオチですが、庭も広く、明るい時間帯だと景観も良いので、ランチでのご利用もオススメしたいです。お値段は高級ですが、雰囲気はカジュアルなので、子供連れのファミリーでも入りやすいかと思います。

ところでBebek Bengilって英語名でDirty Duckとも呼ばれていますが、同じレストランのことです。というのも、Bebek Bengilというのは地元の言葉で「汚れたアヒル」という意味だから。ヌサドゥアにも2号店がありますので、南部リゾート地区にご滞在の方はこちらもぜひどうぞ。

べべブンギル
http://bebekbengil.com/
営業時間:10時〜23時
電話:(0361) 975489 | 977675

バリ島ウブドからお届けしています♥
banner_blogranking.gif
↑      ↑      ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事