夢の島プチ旅行「滞在編」@レンボンガン島

2016年11月29日 11:51

スラマッシア~ン♪こんにちは!

もうバリ島、完全に雨季入りですね☔ 昼は猛暑ですが、ほぼ毎日夕方に大雨が降ります。天気に応じてプランを変えるのが雨季流の賢い過ごし方。晴れ間を有意義に使いたいと思います。実は私、先日から体調がイマイチでしたが、この天気のせいなのか、心理的ストレスのせいなのか、とうとう3日間ダウンしちゃいました😓 久しぶりにノックアウトです👊 相変わらず、体力&メンタルの弱い私ですが、昨日から少しずつ回復してきたのでムリせずに頑張ろうと思います。

さて、今日は前回の続きでレンボンガン島のレポート📝を。私は旅行するとき、宿選びに一番こだわります。一人旅だし、観光メインなので部屋は寝れればよし!と思ってはいますが、年齢を重ねるにつれて不潔なところはNGになってきました。低価格より快適性を求めるアラフォー世代でございます。で、宿を選ぶときはネットが中心。トリップアドバイザーを中心にオンライン予約サイトのコメントもとことん調べます。もちろん口コミは全て信じるつもりではありませんが、評判の良いところを選ぶに越したことはありません!宿泊者の写真もチェック📷。そして旅のスタイルに合わせてロケーション選びも大事!辺鄙な場所ほど付近にレストランがなくなるので、食事も重要になってきます。いくつかピックアップしたのですが、予算を考慮しつつ、レスポンスの速さなども踏まえて最後は感ですね👆 自分で何でもする私は基本的にサービスを求めないので、ホテルより個人経営のホームステイ派。というのは、ホテルのポリシーやらルールやらが苦手なんです。オーナーの管理が行き届いている小さな宿のほうが融通がきいて快適だということはよくあります。今回予約したお宿はもともとはワルンからスタートしたらしく、お食事も美味しくて、部屋も新しくて正解でした💯。

お庭を囲むように並ぶバンガロータイプのお部屋
P_20161115_100306_HDR.jpg

お部屋は5つのみ!まだ木や花は小さいですが庭も手入れが行き届いており、綺麗です。そしてレンボンガン島の反対側に位置する丘からはチュニガン島が望めます。あいにく、朝は曇り空でしたがやっぱり丘から眺める景色は最高♡ 

P_20161116_061202_HDR.jpg

蚊帳付き“お姫様”ベッド✨
P_20161115_094438.jpg

ハネムーン仕様?プールタオルの鶴が素敵なり💝 しかもお花のデコレーションも!朝10時前でしたが、この日は宿泊客は私だけだったのでオーナーさんの粋な計らいで早くお部屋を用意していただき、即チェックインできました。もちろんエアコンもしっかり効いています!ここだけの話、バリのホテルってエアコン付きって書いてあっても、エアコンの許容量が部屋の大きさに合わなかったり、熱帯気候のせいでエアコンがすぐに壊れたり、エアコンがあるからといって安心はできませぬ(>_<)。

ベッド脇のテーブルの上にあったランプ
P_20161115_095218.jpg

この3つのお花、生花なんです!しかも2つのお花を組み合わせて出来ています。すごい凝りよう。

バスルームはこんな感じ。お花だらけでテンションあがります🌷🌼
P_20161115_094529_HDR.jpg P_20161115_094546_HDR.jpg

石で出来た洗面台やタイルなど、素敵すぎる!しかもバスタオルの合間にも凝ったお花のデコレーション。ホテルだったらショーイングルームか写真撮影用のデコレーションですが、こちらの宿ではお庭の花を使っているのでこれが普通なんだそう。1泊4000円ほどの宿でここまでしてくれる宿はないのでは!?素晴らしいの一言👏 

P_20161115_094609_HDR.jpg

インフィニティプールからの眺めも絶景!
P_20161116_060839_HDR.jpg

中央右に少し見える黄色の物体、実は先月落ちたイエローブリッジなんです。現在も切断された状態で、オーナーさんによると年末までには補修される予定なんだとか。この事故で島の人が8名亡くなられたそうなので、残念でたまりません。

面白いおじさん!脇に抱えている壺から水噴射⛲
P_20161115_142316.jpg

海が見える高台からの眺め
P_20161116_141316_HDR.jpg

オーナーもすっごく良い人で、ファミリー経営の宿。ちょっとまだ内緒にしておきたいくらい最高でした。トリップアドバイザーの口コミはこちらから。予約サイトでも販売しています。細かいことを上げれば、シャワーヘッドの不具合やお湯の量の問題、プールのタイルが鋭くて指を切ったり、道を挟んで建設中の工事があったり、とありましたが、ここに限ったことじゃないですし、この予算で旅慣れている人にとっては想定の範囲内。唯一の難点はバイクに乗れないとアクセスが不便なこと。だからあえてこの宿を選んだのですが、港の反対側で山道を上りきった終点辺りにあるので港の喧騒から離れて静かに過ごせると思います。

それでは今日もご機嫌で!良い一日をお過ごしください✋

バリ島ウブドからお届けしています❤
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif
関連記事

夢の島プチ旅行「上陸編」@レンボンガン島

2016年11月24日 17:49

スラマッソレ~♪こんにちは!

東京は11月なのに初雪だったそうですね⛄ 今年は寒くなるのかな?ウブドではここ数日、午後になると大雨が降り、いよいよ雨季も本格的になってきました。雨季といえば湿気との闘い💪 毎日85%以上なので日本の夏以上にカビが発生しやすく、体の調子もイマイチ。実はレンボンガン島から帰った後、しばらく体調を崩してしまいました。一見元気なのですが、薬でしのいでいます。本調子じゃないのにいろんな精神的ストレスが重なり、この雨☔と気分が滅入ってしまいそう。バイクに乗っていてびしょ濡れになったり、ますます気分落ち込み⤵・・・とにかく雨季は苦手。これから春先までは憂鬱な季節が続きます😢

さて、今日は先週のレンボンガン島プチ旅行について書いてみます。無性にどっかに行きたい衝動に駆られて、急遽計画した今回のプチ旅行。何か、突然海が見たくなったんです!

近年、欧米人に人気急上昇中なのがギリ島(ギリトラワンガン=通称ギリT)。別名パーティアイランドと呼ばれるほど、若者たちの弾ける島として知られています。海も綺麗なのでダイビングやシュノーケルができるし、白い砂浜が美しいのですが、1泊2日で行くにはちょっと忙しい。3泊あれば行きたいけど、ギリ島はバリではなく、お隣のロンボク島に属する島。どうせなら大好きなバリ島をもっと楽しみたいということで、調べた結果ヒットしたのがレンボンガン島だったわけです。

ギリ島はウブドの場合、パダンバイ(車で90分)からのボート(90分)ですが、レンボンガン島はサヌール(車で40分)からたくさん出ているのでアクセスが◎。しかもサヌールからボートで30分ちょっとで着いちゃうんです!近いし早い。バリ島にもこんな素敵な島があるのに意外に知られていないのがもったいないくらいなのですが、実際に行ってみると秘密しておきたいくらい素敵なところだったので、できればギリ島のように観光地化して欲しくない気持ちもあったり。実は以前にバリ倶楽部が主催するレンボンガン日帰りツアーに参加させていただいたことがあったのですが、あれからも数年。そのときに見た青い海が忘れられず、今回は海以外も楽しみたいと思って1泊しました。

正直、バリ島ではここ最近ボート関連の事故が多発しており、ボートに乗ることが怖かったのですが、たったの30分ということで無事を信じることにしました。パブリックボートも含め数多くのボート会社がありますが、自分なりに調べた結果、候補は3つ。パブリックボートは割安ですが、自分でチケット売り場に来ないといけないし、ボート料金のみで送迎はなさそうだし、保険も含め安全面で不安なのでパスしました。

①Scoot(http://www.scootcruise.com
②Rocky(https://rockyfastcruise.com
③Glory(http://www.gloryfastboats.com

どの会社も往復で50ドルほどで2名以上の予約ではドアツードアの無料送迎が含まれており、よく考えるとかなりお得!ちなみにウブドからの場合、1名参加で無料なのはScootのみです。Scootはレンボンガン経由でギリ島やロンボク島まで行けるというのも初めて知りました👀 Rockyは南部エリアの場合は一人からも送迎無料ですが、ウブドは片道25万ルピアと割高。Gloryはプラマシャトルとも提携しているボート会社で、ウブドへの送迎も片道5万ルピアと良心的。どの会社ともレンボンガン島のホテルへも送迎は一人でも無料で手配してくれます。帰りもボート会社のトラックがピックアップに来てくれるというサービスはありがたいです。いろいろ比べた結果、今回は朝の出発が一番早かったGloryを利用することに。

ウブドへのピックアップは朝7時⏱。途中でサヌール地区のホテルに寄って他のお客さんをピックアップしながらサヌールのオフィスへ向かいます。サヌールのマクドナルド付近にはボート会社のオフィスが並んでいます。まずはそちらでチケット購入。レンボンガン島での滞在先も伝えて、往復送迎を手配してもらいます。シールをもらって、シャツにペタリ📛。そして車で港近くの駐車場まで移動し、ドライバーさんの案内でビーチの乗り場まで来ます。

ボートの待合所
P_20161115_081750.jpg

隣りには他社の待合所が同じように並んでいます。シンプルなワルンもあり、朝ごはんを食べるバリ人も。観光客向けの洒落たお店は付近にはないので、食事は済ませてきたほうが良さそうです。

出発を待ちわびる各社のスピードボートたち🚤
P_20161115_081945.jpg

一番左がGlory社のものです。着いた時間にもよりますが、20分ほどで乗船時間になり、水の中を歩きながらボートに乗りました。長ズボン厳禁です!そして足はビーチサンダルが必須。浜辺でサンダルをボックスに入れて裸足で乗り込み、レンボンガン島に上陸後にまた浜辺で自分のサンダルを探すシステムなので、安いビーチサンダルで行ったほうが安心です。船酔いしないほうですが、大きいほうが揺れは小さいのかな?前にピュンピュン進む感じで、乱気流の機内に似た上下の揺れが続きます。ギリ島の場合、これが90分なので考えると気疲れしそうですがレンボンガンは35分くらいで着いたので全然苦にならなかったです。

ボートの中の様子
P_20161115_083618.jpg

エアアジアのようなシートですが快適です。が、乗客の大半は中国人!これは着いた後に気づいたことですが、島の観光客の8割以上は中国人という驚きの事実。知らぬ間にブームが起きていたとは!?荷物がないので日帰りツアーのようです。レンボンガン島に行くときはスーツケースはNG。持っていく人はいますが、重いし、運ぶのも大変なので、荷物は少なめが◎。日帰りでも行けますが、バリ島のホテルをスリープアウト(ルームをキープして外泊)して行くのもありかも!

レンボンガン島に近づくと海の色が変わっていました。
P_20161115_091207_HDR.jpg

無事到着👏
P_20161115_092008.jpg

最近はボート事故が相次いでいたので(ギリ島行きですが)、けっこうドキドキのボート体験。途中でガリっと音がしたリ、揺れが大きくなったり、ガソリンの匂いがしたり、と不安になりましたが、何ごともなくてホッとしました。上記のスピードボートはすべて島の中心部にあるJungut Batuというメインの港に着きますが、周囲はあまりお洒落な雰囲気ではなく、安宿が多い感じ。マングローブの森にも近いので、日帰りツアーなどもこちらの港を利用するらしいです。

こちらは帰国組
P_20161115_162059.jpg

水の中を歩くので、短パンでも濡れちゃいます。それにしてもバリのビーチとは違って美しい白い砂浜と透明度のある海に思わずテンション上がりまくり⤴ 綺麗です✨ 

もう一つの港はMushroom Bay
P_20161115_112252.jpg

こじんまりしたビーチですが、港に通じる道が一本しかなく、ボートの発着時刻の前には送迎のトラックで混雑しまくり。周囲には欧米人が好みそうなバンガローが点在しています。レンボンガン島は小さいので、ボート会社の無料送迎があるので、どちらの港でも困らないと思います。

さて、レンボンガン島といえばビーチですが、海にあまり興味がなく、アクセスよりも景色重視の私は丘の上の宿を予約。宿のオーナーがバイクで迎えに来てくれたので、親切心に甘えて連れて行ってもらいました。

こんな林の道を通り抜けて、どんどん山奥へ!
P_20161115_160732.jpg

こちらの宿にチェックイン📍
P_20161115_133349.jpg

立派なガネーシャ様が出迎えてくれました。ここがまた誰にも教えたくなくなるほど素敵過ぎるお宿だったのです!

それでは今日もご機嫌で!良い一日をお過ごしください✋

バリ島ウブドからお届けしています❤
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif
関連記事

ウブドに新たにオープンした寿司レストラン!@cumuda Sushi

2016年11月21日 20:25

スラマッマラ~ム♪こんばんは!

何だか気づけばずっとブログお休みしていました(´・_・`)。気楽に更新できるインスタグラムやツイッターは続けていますが、朝型のライフスタイルになったら、すぐに夜は眠くなってしまう始末。そして先日は急に思い立ってレンボンガン島へプチ旅行🚤と、なかなか落ち着いてパソコンに向かい合う時間が取れずにいました。以前に日帰りツアーで訪れたことはあったのですが、もう今回は帰りたくなくなるほど素晴らしいところでした。もちろん、ブログでも紹介します!

では話題が古くならないうちに今日は最近オープンした日本食レストラン🍣の話題を。以前も絶賛していたCumudaカフェに併設されたお寿司屋さんなのですが、名前にCumudaがついているので同経営のようです。お食事はCumudaカフェと両方から注文できました!

向かって左が従来からのカフェ
P_20161101_192612_LL.jpg

テラス席もあります!
P_20161101_192512_LL.jpg

こちらが日本食コーナー
P_20161101_194312.jpg

通りに面したカウンターテーブルも!正面はピザバグースです。エアコンはありませんが、ウブドらしいオープンエアの店内でストリートウォッチングも楽しめます。どちらのスペースもテイストは若干違うものの家具のセンスが良く、落ち着くインテリアのお店。内陸のウブドでは美味しいお寿司を食べられるレストランが数少ないので、ありがたいニュースです!もちろん、寿司だけではなく、普通の日本食もあり。

手前はお通し、奥はロール寿司(名前忘れた・・・)
2016-11-01-19-30-48.jpg

煮魚のお通し、お肉がほろほろでメチャクチャ美味しかったです!シェフはバリ人ですが、噂によると某人気日本食レストランで長年働いていたらしい。普通の握りもありますが、海外ではロールのほうが人気です!日本人には怒られそうですが、私もどちらかといえば、ロール派。逆に日本であまり食べられないので、海外ではほとんどロール系を頼んでしまいます。本格的な握りは日本の寿司屋で食べればいいと思うので・・・。

バージンモヒートとケサディア
2016-11-01-20-11-42.jpg 2016-11-01-20-33-35.jpg

バージンなだけあってモヒートはノンアルコール。ケサディアはお隣のCumuda Cafeのメニューから。お隣のメニューはインドネシア料理が中心ですが、メキシカンやサンドイッチ、バーガーなどの軽食メニューも充実しているので、何が食べたいか分からないときや、友達と食べ物の好みが違うときでも助かります。ここならインドネシア料理と西洋料理、そして寿司までバラエティが豊富!他にも前菜としてインドネシア風コロッケをいただきました。個人的な感想としてはCumuda Cafeはインドネシア料理がおすすめ。牛肉を使ったスープをはじめ、ローカルワルンじゃ味わえないインドネシア料理が味わえます。

最後は名物コーヒーで!
2016-11-01-20-58-47.jpg

このお盆、好き♥ ここのコーヒーはかなりレベル高いので、コーヒー好きの方は要チェックです!Senimanコーヒーは人気で高級になってしまったので、ここは穴場。家からも近いし、プンゴセカン地区でコーヒーの美味しいカフェはまだ知らないので、口コミでいろんな人に勧めています!ついてくるバリ菓子はかぼちゃのスンピンという家庭的な蒸し菓子だそうですが、10年もバリ島に住んでいる私も初めて食べたお味。市場で売っているバナナ入りのスンピンは知っていますが、かぼちゃのは実をすりおろしたものを蒸してあるのでかぼちゃの味が全体に行き渡っていてメチャクチャ美味しいんです!甘すぎず、カロテン&植物繊維入りでヘルシー。観光客向けのレストランでお目にかかることはまずない、バリ人にとっては当たり前すぎるお菓子ですが、コーヒーとの相性も◎で満腹感もあって◎。カフェとしての利用もお勧めですが、定番のインドネシア料理に飽きた人や日本食を気軽に食べたい人はお食事もぜひ。

それでは良い夢を!明日に備えてオヤスミナサイ(^o^)ノ 💤

バリ島ウブドからお届けしています❤
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif
関連記事

このナシゴレンにハマっています!@近所のワルン

2016年11月09日 23:00

スラマッマラ~ム♪こんばんは!

今日は偶然にもアメリカ大統領選挙の日でしたが、休みも重なり家でのんびり・・・と思いきや、ネットをやり始めると面白くてついついアメリカのニュースにのめり込んでしまいました。アメリカの政治のことは分かりませんが、これぞまさしくブラックボックス!箱を開けるまではメディアもヒラリー優勢の報道でしたが、開票が始まるとこんなに隠れトランプが多かったとは驚きです(゚д゚)!日本はオバマ寄りだったので、やっぱりヒラリー人気が強かったようですが、今回の結果でアメリカの複雑さを思い知らされたような気がします。私も8年間カリフォルニア州に住んでいましたが、アメリカ人に言わせると「カリフォルニアはアメリカじゃない!」らしい。バリ島や日本に来ているアメリカ人はリベラルな民主党が多いですが、保守派の多い南西部や南部ではそうとも限らないんですね。カリフォルニアやニューヨークはアメリカの顔ですが、外国から見るアメリカと内側から見るアメリカは違います。ところで余談ですが、アメリカ大統領選挙と同時に大麻合法化の投票もいくつかの州で行われており、カリフォルニア州とマサチューセッツ州は医療用のみならず嗜好品としても合法化が決まったそうです。これで西海岸のすべての州で合法に!カリフォルニアは人口も多いし、観光地でもあるので日本への影響も何かしらありそうですし、マサチューセッツといえばハーバード大学やMITなどの優秀な大学が多く、学生の多い州。ちなみにアメリカの首都、ワシントンDCでも合法って意外に知られていないのでは?別に大麻を推奨しているわけじゃありませんが、いろんな意味で日本とアメリカの感覚は全く違うということを感じました。近くて遠い国、アメリカ☆ 日米同盟などこれからの関係に注目したいです。トランプさんのホテルがバリ島にオープンすることをすっかり忘れていました👅

さて、今日は最近かなりリピートしている近所のワルンの紹介です。ローカル過ぎてブログに書く意味もないような気がしますが、ウブドから徒歩でプリアタンの王宮や市場へ行く際の通り道ですので、案外行けるかも!?場所はGoogleマップ(-8.517578, 115.267481)で検索してみてください。

Warung Lalapan Solo
P_204220.jpg

隣りはゲームセンター、右にはバリ人に人気のWarung Madeがあります。Warung Madeはトゥブサヨにあるのとは別のワルンですが、ナシゴレンもナシチャンプルも美味しくてサテも人気のお店。これまでずっとワルンマデでナシゴレンを買っていましたが、突如冒険してみたくなり、初めて試してみました!ずっとバクソ屋さん(あまり好物じゃない)だと思っていたから、これまで一度も行ったことがなかったんです。

ソロなのでジャワ系ワルン
P_203520_HDR.jpg

お寺帰りに友達とお食事中🍴
P_214813_HDR.jpg

てっきりジャワ人ばかりかと思いきや、バリ人の若者にも人気があるようで驚きました!私は日本人なので自由に食べ物を選ぶことができますが、案外複雑なバリ島宗教事情😓。ウブドの人って偏見があるのか、年配な人ほどジャワ人のワルンに行かない傾向があったりします。逆にイスラム教徒のジャワ人はハラールの食事じゃないとダメなので、豚肉を使うことの多いバリ人のワルンには行きません。

ところでこのワルン、ララパンと書いてあるので、アヤムゴレン(素揚げ鶏肉)のお店のようですが、実際にはバクソ(肉団子と春雨のスープ)が一番人気のよう。ただ以前聞いたここのナシゴレンが美味しいとういう口コミを思い出し、試しでナシゴレンをお持ち帰りしてみたら、もうこれが美味しくて!何でこれまで一度も行かなかったのか、と悔やまれます(・_・;)。

見かけも◎
2016-10-17-21-58-35.jpg

卵焼きも上品で綺麗なのには感動しました!でもサンバルが激辛。美味しいのですが、辛い👅。週1くらいのペースでリピートするほど、今一番ハマっているナシゴレンです。ちなみに昨日はサンバル抜きで(ついてくるサンバルをつけないで、というつもりだったのですが)、と頼んだら調理の段階からサンバル抜きで作ってくれたらしく、オムライスに入っているご飯のような、お子様ランチのケチャップご飯のような、何とも間の抜けた味になってしまいました。日本のレストランで食べるようなナシゴレンのお味!?最初はしくじった、と思ったものの、味付けもシンプル&マイルド。ローカルワルンは味付けが濃く、辛さに埋もれて塩分も高い傾向があるので、これもありかも。塩分控えめのヘルシーな味付けでこれはこれで美味しかったですが、今度は最後に追加されるサンバルだけ抜いてもらおうと思います👆

それでは良い夢を!明日に備えてオヤスミナサイ(^o^)ノ 💤

バリ島ウブドからお届けしています❤
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif
関連記事

ウブド🈠!猫好きさん必見@Cat Cafe

2016年11月07日 23:59

スラマッマラ~ム♪こんばんは!

実は1年ほど前にこっちで仕事用に安いサンダルを買って毎日履いていましたが、底が固くクッションもなかったので数ヶ月も経つと痛みで赤くなったのに履き続けていたら、足裏が鍛えられ皮膚が固くなってしまいました。自然現象だと思い、特に気にせずに過ごしていましたが、日本への出張では追い打ちをかけるように履きなれないローファーで長時間歩き続けた結果さらに悪化。足の裏全体に大きなタコができてしまいました。あまりの痛みに耐え切れず、ダイソーでシリコン製のソールを購入したところ症状はかなり改善され、バリ島に戻った半年後にはあんなに固かった足の裏もウソのように元に戻りました!が、タコは治ったものの、タコに埋もれて出来ていた魚の目が悪化。。。タコは全体的な痛みですが、魚の目はとげが刺さったような局部的な痛みが酷く、これまでに経験したことのない痛さがここ数日続いていました。日本みたいに魚の目コロリはないので、仕方なく自宅で角質削りのツールで少し削ってみたら痛みは取れたので病院へは行かず、薬局でイボコロリのような薬があったのでしばらく使って様子を見ようと思います。手にもバイクの豆が出来ているので、薬を塗って効果を試し中。

さて、今日は猫好きさん必見!ウブドで初の猫カフェデビューです😺。
P_120259_HDR.jpg P_120244.jpg
 
猫も写真で紹介されています。
P_120238.jpg

場所はプンゴセカンのSカーブ沿い
P_120249.jpg

目印はピザが人気のMamma Mia。斜め前にはTaco Casaやフレンチのクレープ屋さんがある人気エリアです。ウブド中心部からは少し遠いですが、COCOスーパーやカキアンバンガローからは徒歩圏内。この階段を上った2階にあります!

P_120312_HDR.jpg

まずは玄関で靴を脱ぎ、指定のビーチサンダルに履き替えて手洗い
P_120553.jpg

中に入る前にスタッフの子に英語で簡単な注意事項を受けます。といっても、猫の尻尾には触らないとか、最低でもドリンク1杯は頼むとか、普通の内容なのでご安心を。日本みたいに時間制じゃないようです。

Wow! 一歩踏み入れるとそこは猫のワンダーランド😻
P_121113_HDR.jpg

もちろんエアコン完備。壁に描いてある猫の絵が遊び心あっていい!ついでに一緒に入ってきたロシア美女たちも(笑)。日本人オーナーのイメージだったので、口コミで日本人が多いのかと思いきや店内にはインドネシア人のカップルもいたり、意外に知られているみたいです。猫の写真と撮るとか、猫と戯れるという目的があるので、私のようにお一人様でも入りやすい。共通の興味がある人間同士、猫を通じて他のお客さんとコミュニケーションがあったり、けっこうほのぼのした雰囲気がいいですね。

窓からの景色
P_121622.jpg

部屋の一部は猫が入らない構造になっていて、この景色を眺めながらお食事を楽しめます。

日向ぼっこ
P_121632.jpg

顔ぶれは長毛がほとんどですが、バリ猫っぽい子も!
P_132215.jpg P_121454.jpg
P_125514.jpg P_125519.jpg

私はこれまで猫を2匹飼ったことがあるのですが、いずれも短毛種。今回初めて長毛の猫ちゃんと触れ合う機会があったわけですが、こんなにも性格が違うんだとびっくりしました!短毛の猫はアクティブで短気なのに比べ、長毛の猫はマイペースでのんびり。気性も穏やかなんですね。そして毛がふわっふわで柔らかい!

餌をあげるとみんな集合!
P_122803.jpg

じーっと見つめる可愛い子ちゃん😻
P_122929.jpg

下からのショットに萌え💕
P_122914.jpg

いや~ん(/ω\)
P_123050.jpg

本当はこのイケメンキジトラを狙って来たのですが、あいにく一人上で休憩中。毛色や太り具合など、実家で飼っていたタロウにそっくりなので、ぜひ次回はリベンジしたいと思います。

仲良くお食事時間🍴
P_125504.jpg

小柄で痩せ体型のバリ猫と比べるとデッカイです!

さて、まずは緑茶のアイスティを🍵
P_121720.jpg

何気なく使っていた携帯ケース、猫でした( ´艸`)。毛が入らないようにカバーを付けてくれるのも日本的な気遣いですね。猫がメインなので食事メニューはシンプルですが、ナシゴレンやサンドイッチなどの軽食がありました。デザートにはグリーンティを使ったジャパニーズスイーツがいくつかあり、抹茶アイスにつられて白玉小豆抹茶!抹茶ブームなので外国人にも人気ありそうです!

2016-10-18-13-05-33.jpg

食べ終わる頃に近寄ってきた子
P_131734.jpg P_131929.jpg

テーブルの上に上がってお茶碗の中の食べ残りをペロペロしてました(^ω^)

ニャンか用?
P_132308.jpg

この子は妊娠中?お腹が少し大きかったです。子どもが生まれたら子猫を見に行きたい🐈。店内はエアコン付きでWIFIも繋がるので長居する人が多そうな気がするけれど、皆さま1時間弱ほどみたい。一人でも気軽に立ち寄れるのが◎ですが、友達と行ったらおしゃべりも弾んでついつい長居しちゃいそうです。帰り際に次回使えるフレンチフライの無料券をもらったので、また近いうちに遊びに行きたいな。

それでは良い夢を!明日に備えてオヤスミナサイ(^o^)ノ 💤

バリ島ウブドからお届けしています❤
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif
関連記事