ワルンの持ち帰りディナー

2010年07月08日 21:12

先日、屋台で散々な目にあったイブウブ子ですが、バリでの食事はやっぱり油断大敵ですね。いくら慣れていてもこればかりはいつ来るか分からない!食中毒になる可能性は避けられません。でもいつなるか分からないものを心配するのは嫌い。まだ来ない未来を心配するよりも今を思い切り楽しく過ごすのがモットーです。そんなことを言うと、「そんなこと言わずに将来のことをきちんと考えなさい!」と親に説教されるのは目に見えていますが、もちろん将来のことをまったく考えていないわけじゃなく、先のことは今から心配はしないということ。。。

さて話題は食事に戻り、プンゴセカンのアルマの反対側にあるワルンがなかなかおいしいことを知りました。我ながらちっとも懲りていません。

これまでキッチン付きの部屋にこだわっていましたが、どう考えても普段は料理する時間がないのが見えています。加えてそんなに料理が好きでも得意でもない!日本にいたときもほとんどコンビニ弁当か、スーパーのセールになっているお惣菜を買って食べていたし、台所はいらないかも、って考えが変わりつつあります。最近、なべ用コンロも入手したことだし、これが何とトーストも玉子焼きもできちゃう優れもの。台所がなくてもこれで十分かな。本当はお友達を招待してハウスパーティするのが密かな夢なんだけども、これじゃ実現できそうにありません。もっぱら招待されるのほうが専門になりつつあります(笑)。

ってなことで、一人のときはワルンの持ち帰りが多いけれど、そのまま茶色の包み紙で食べるのは味気ない!お皿に入れ替えるとかなりおいしく食べられるんです。

P6180941.jpg

この日のディナーはナシゴレンとチャプチャイと茹で野菜のサンバル付き。これだけ見るとちょっとしたレストランに見えなくもない!?かなり辛かったけど、おいしかったです。ワルンってたいてい一人しか料理する人がいないから待ち時間が長かったけど、味には満足◎。ちなみにワイングラスにはビンタンビールを入れて飲むのがイブウブ子流!?ただビール用のマグカップがないだけです、はい。

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる 人気ブログランキングへ d_01.gif
関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1015-e2c2eb21
    この記事へのトラックバック