バリの肉まん

2010年07月25日 13:50

バリ島って住めば住むほど面白くなっていく場所。観光客が見ているバリ島は文化、自然、人など素晴らしいものがあるし、ホテルやレストランのサービスやクオリティはむしろ先進国に勝るとも感じます。もちろんこっちに長く住んで働いていると自ずとバリ人と関わることが増えるため、観光で見るバリ島とは違う世界を味わうことになるけれども、それもそれで楽しまねば♪個人的にはあくまでもお客さんとしての立場を守りつつ、バリ人と共存していくのが今の自分にとってはいいのかな、と思っています。文化はそこまで深入りするつもりはないけれど、やっぱりインドネシア語をもっと勉強しないとダメですね(反省)。。。理想はジャカルタのインドネシア語!ペラペラになれたらさぞかっこいいだろうなぁ。よくインドネシア人に間違えられるのだけど、話し出したら相手の顔が???となるのが悔しいのだ~

さて、屋台食中毒事件があったけれど相変わらず懲りずにローカル飯を試しています。この前は初めて肉まんに挑戦!夜のジャラン・ラヤ・ウブド通りを東に進むとそこはローカルの屋台地帯。前からもあったと思うけれど、路肩でいろんな食べ物を売っています。ローカルワルンもいくつかあって最近姿を消したところもあるのですが、その分お店を持たない移動式の屋台が増えたようにも感じます。たまに夜通ると、いつも同じ場所に肉まんらしき白いものをいっぱい乗せたバイクが止まっているのがずっと気になっていたんです。ちょぴり小心者なので勇気を持ってバイクを止めるまで半月くらいかかったかも。

バリに住んでいてもこんなもんだから、おそらく観光客で行く勇気がある人は限られるかと思いますが、一応紹介したいと思います!

これが目印
P7121208.jpg

インドネシア語でバッパオと言うらしいけど、響きはチャイニーズ?おそらく中国語から来たものだと思います。中身は鶏肉、チョコレート、チーズ、緑豆など。ついつい癖で豚肉と言ってしまったのだが、ないらしい。なのでチキンを買いました。2500ルピアなり。でもやっぱり日本人にとっての肉まんは豚肉じゃないかな?イスラムの影響で豚肉は取り扱っていないのかも知れません。

頼んだら中からほっかほかのを取り出してくれました。
P7121209.jpg

中はこんな感じ
P7121210.jpg

おいしかったけど、もう少し大きめで中身が多いほうがいいかな。やっぱり日本のコンビニの肉まんが懐かしくなっちゃいます。ファミリマートやローソンはアジアに進出してきているようだから、ぜひバリ島にも出店して欲しい!まあ、ウブドじゃ無理だろうにゃ。

ところでウブドはコンビニ合戦が凄まじいです。サークルKとデルタが張り合っているのだが、サークルKができるとすぐそばにデルタが出没。デルタができるとサークルKが近くに出来たり、といたちごっこみたいです。個人的にはサークルK派。特にパン類が充実しているのが嬉しいです。オリジナルブランドのクッキーやブラウニー、パウンドケーキがおいしいんです。サークルKに肉まんコーナーなんかあればいいですね。

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
旅行・観光ガイド たびすまいる 人気ブログランキングへ d_01.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事



コメント

  1. セル

    Re: バリの肉まん

    具の少なさすぎに一人爆笑しちゃいました^^

  2. イブウブ子

    セルさんへ

    そうでしたか。。。やっぱり少ない?でもバリに住んでいると肉まんの存在を知っただけで嬉しくてあまり気にしませんでした。その辺、品種改良してたとえ値段が倍になってもボリュームあって満足感が得られるもののほうがいいですよね!常に改善しようとする努力は日本人の生まれ持った才能かなぁ?コンビニ見てるとよ~く分かる!

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1026-dbfe03f1
この記事へのトラックバック