月曜のナイトライブ@Laughing Buddha Bar

2010年08月16日 19:34

一時期、ナイトライブにはまって毎週いろんなレストランに通っていましたが、月曜日のナイトライブはLaughing Buddha Bar。以前はWaroengという名前で同じ場所で営業していたのですが、1年半くらい前?から名前が変わりました。オーナーは同じのようで、Jazz Barと同系列です。Jazz Barは入場料がかかりますが、モンキーフォレスト通りにあるラフィング・ブッダバーは無料です。隣りにはCintaグリルがあります。

ここはWaroeng時代からたまに行っていたのですが、今回は1年ぶりくらいに行ってきました。ハイシーズンのウブド、毎晩薄着の欧米人たちで賑わっているのに影響され、何だか観光客気分♪を味わいたくなったから。プスピタのサマードレスを着て出かけました!

月曜のライブは8時から。いつもはポップでアメリカンな音楽なのですが、今回はバンドメンバーの都合で別のメンバーが参加していたため、ロカビリー系でした。

初めての2階席
P8020002.jpg

1階は満席。月曜に席を確保するならライブ前に入らないと難しいそうです。店内はイブウブ子たち以外に韓国人のかわいい女の子二人だけがアジア系で、ほとんどが欧米人。やっぱり白人は賑やかな場所が好きみたい!子連れの方もいました。とりあえずビールを片手に前菜をいくつか注文しました。

トマトソースのソーセージ
P8020008.jpg

ソーセージが最近よく食べたくなる。。。やっぱりポークがおいしいです!ホテルのビュッフェ朝食なんかだとソーセージやらハムやらいっぱい並びますが、イスラム教のインドネシアではスーパーでもあまりソーセージがないんじゃないかな。普段料理しないのでよく分かりませんが、おいしいハムやソーセージは輸入品が多いので高いです。

何かの天ぷら・・・
P8020013.jpg

ビールとも相性ばっちり!

ベトナム風春巻き
P8020015.jpg

パッタイ
P8020016.jpg

カレーやラクサがおいしいと聞いていたのですが、今回はベトナムとタイでまとめてみました。パッタイはなかなかおいしかったけど、辛いっ!

2階席はあまり広くないのですが、ウェイターの子が常に数人待機していたので注文もスムーズにできました。でも途中から全員韓国人の女の子に猛アタックの様子。ナンパしていたのかよく分かりませんが、他のお客さんそっちのけで会話に夢中になってました。まあそれはどうでもいいのですが、さて音楽も盛り上がり、お客さんも増えて2階も満席になろうとした頃、白人のおじさんが泥酔状態で入店。しかもコンビニで買ったマイドリンク持参!席がないので2階に上がってきたのですが、ソファで眠り込んでしまいました。イブウブ子は別に怖くはなかったけど、酔っ払いはどこの国でも迷惑ですね。特に欧米人の場合はお酒が入ると殴り合いの喧嘩になっちゃうことも少なくないので、お店の人たちもすごく気を使っていました。しばらくして彼が起きたら、とにかく話しかけてご機嫌取り。他のお客さんも迷惑だったのか、数人が席を立ってしまいました。2階の場合は出口が一つだけなので何かあったら困りますが、さすがはバー店員。ここの用心棒とウェイターは慣れている様子でうまくあしらっていました。

お食事は可もなく不可もなくといったバー風のお料理ですが、バンドや雰囲気はなかなかいいので街中で楽しみたい気分のときにはおすすめです!ここはMOJITOが有名だそうですが、アラックの種類にあった「アラック・オバマ」もおいしかったです。クランベリージュース入りでちょっと甘いですが、バラックを文字ってアラックって笑える!

モンキーフォレスト通りのカフェ・ワヤンから上下100メートルの一帯はレストラン天国。どこに行くか迷ったらとりあえずは周辺を歩いてみて各レストランのメニューや雰囲気を見てから決めたほうがいいかも。

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ 旅行・観光ガイド たびすまいる 人気ブログランキングへ d_01.gif



コメント

  1. 9月に…

    ウブ子さま
    お久しぶりです。毎回楽しく拝見しています
    2度目のウブド一人旅を9月に決めました。タイのチェンマイ、ラオスのルアンパバーンを経て振り出しに戻ってきました
    なんだか今年の9月はバリが凄い人気らしいですよ日本人が多すぎるのはあまり好きではないのですがまぁそんなことは気にせず1人でブラブラお散歩しますけどあと1ヶ月が待ち遠しいです

  2. サミ

    ソーセージすごく美味しそう!この手の料理は東京のオシャレストランでは100,000Rpくらいしちゃいますから(笑)
    あたしもプスピタのワンピ着ますよ~但し、地元埼玉よりも田舎に行くとき限定で…
    日本にも、ちょっと足を伸ばして行けるウブドみたいな街があればいいのになぁ~

  3. まいこ

    Re: 月曜のナイトライブ@Laughing Buddha Bar

    はじめまして。
    度々お邪魔しております。
    明後日そちらに行くことになってます。
    ウブ子さんのブログ、とても楽しくて、益々楽しみになってきました。

    以前、ジャズカフェに行かれた日記を書かれていましたね。
    水曜日はラティングルーブと聞いて、
    サルサ好きな私は行きたい!と思ったのですが、
    一人で行くには危ないでしょうか?

    子連れで行っている人はいないですよね??

  4. 爺ちゃん

    Re: 月曜のナイトライブ@Laughing Buddha Bar

    ウブ子様
     今年の日本の夏は異常な暑さで参ります。富山も35℃を越えているでしょう。 何故か金沢の温度は出ても
    富山を飛び越え新潟になりますな。
    さて、今夏の熱中症の死亡者の数は驚くばかり。  その年齢が余りに爺ちゃんに近いので寂しいですな。
    用心して全てを中止し、静かに過ごしています。
    夏のバリに避暑旅行に出掛ける状態になるかも知れません。さて、先日の「おもてなし」は台湾の話しです。
    日本の海外旅行者は台湾を飛び越えて行くので、観光客激減に台湾の旅行業界が知恵を出しているのです。
    どれも欧米式ホテルサービスでは良くないと、女性従業員の幹部を日本式温泉旅館に研修に出したのです。
    「おもてなしの心」は茶道に有りと、和敬静寂の実習ですな。 どうも北陸の温泉のようでした。
    着物を着せられ両手を着いて「いらっしゃいませ」とやっておりました。
    台湾の有名温泉地「北投温泉」で戦前から続く一流純日本旅館「松の屋」だったかな?に行くと、お歳は召しているが綺麗な日本語で接客する仲居さんに感激した記憶があります。
    戦前の高等女学校卒業でしょう。 その旅館には戦前の偉い日本人が宿泊していたのでしょう。
    アレだ!!と誰かが思い出し、実行しているのでしょう。 本当に厳しく教育されている様子がテレビに出て
    おりました。
    あの感じは山中温泉かな? ウブ子さんもバリで指導に当って下さい。 マヤのレストランに綺麗な日本語を話す女性がおりましたよ。 「今日の夕食はおでんバイキングです。」と案内してくれました。 
    但し辛子がサンバルでしたので、 爺ちゃんは次の機会には和辛子チューブを持って行き、その人に上げましたが知らなかったなー・・・。
    ではお元気に!


  5. イブウブ子

    りっこ さんへ

    やっぱりウブド!私も同じ経由でウブドにたどり着いたんです。上海、チェンマイ、シュムリアップ、ホーチミンを経てやっぱりウブドが好きでした。というか、最初に来たときから「ここだ!」と感じていたのにまだ満足できずいろいろ回って戻ってきたという感じかも知れません。

    9月は日本人がいっぱいです!日本人が多いといっても今は欧米人観光客の割合のほうが高いですし、気になさることはないのでは?現地で働く立場としては日本人が多いのが逆に好きになりましたけど。。。

    それではウブド楽しんでください♪

  6. イブウブ子

    サミ さんへ

    おいしかったですよ。でもソーセージとかはやっぱり日本のほうがおいしいし、種類も充実しているかも。。。こっちだと高級ホテルやレストランに行かないとなかなか食べられません。確かデリ・キャットはソーセージで有名なのを思い出しました。今度行ってみよう!

    確かにウブドみたいな街、日本にあまりないですね。というか、ウブドが今は熱いです!ジュリア・ロバーツの映画の影響もあり、今は欧米人で真っ盛り。田舎でコンパクトなのにインターナショナルなウブドはアメリカの旅行雑誌でもアジアで一番の街に選ばれたそうです。ウブドの魅力にはまった人は絶対リピータになるはず!でもそのせいか、バリは以前と比べてあまり安く感じなくなりました。

  7. イブウブ子

    まいこ さんへ

    ジャズカフェ、全然一人でも安全ですよ!Dewi Sita通りにもCafe Havanaというラテンレストランが出来て、そこでも定期的にサルサをやっているようです。そこは確か無料レッスンがあったと思います。子連れも大丈夫だと思います。それではウブド楽しんでください!

  8. イブウブ子

    爺ちゃんへ

    お久しぶりです。日本は猛暑で大変そうですね。

    最近はバリ行きにチャイナエアラインの格安チケットがあるらしいのですが、やっぱりトランジットオンリーのようです。台湾はまだ行ったことがないのですが、何を食べてもおいしそう!おもてなしの心はやはり日本人が一番だと思います。旅館のサービス精神は見習うものがありますよね。

    一応自分の中での理想のおもてなしの心は持っているつもりですが、相手に伝わるようにするのは大変なこと。普通にやることをこなしていても感じてもらえないです。

    これからの課題はバリ人スタッフをどれだけ育てられるか、ですね。特にウブド周辺の子たちは甘やかされて楽な暮らしに慣れているので容易ではありません。バリ島でも南部リゾートに行くとバリじゃないみたいでびっくりしました。ウブドの人たちを知っているとどうしてもソンボンな印象を持ってしまいますが、私は逆にウブドの素朴なスタッフが好きです。不器用でもいい、でも思いやりと一生懸命さが伝わる人とサービスを目指します!

    和辛子、こっちの日本食スーパーにも売っていないとかで、確かに重宝するらしいです。

    では残暑がまだ厳しいかと思いますが、お体ご自愛ください。

  9. 爺ちゃん

    Re: 月曜のナイトライブ@Laughing Buddha Bar

    ウブ子 様
     日本の政治、経済状況は揺れ動くばかりで、右肩上がりしか知らない現代の日本人に不安が漂っております。
    全てを引き締め、耐え忍ばねばならぬのに、論調は不安を唱えるばかり。 不安と刺激が少ないバリの暮らしは心が休まるのかな?  一生懸命働くウブ子さんも$貯金の目減りに涙ぐんでいませんか? 
    さて、今日の本論は爺様のナイトライフについてです。 これはコメントを寄せらている岸和田在住のm-franginaniさんへのプレゼント情報でもあります。 又、ウブ子さんの叔父様・叔母様もお好きでしたらどうぞ。
    岸和田から南海本線各停ナンバ行きで10分、高石に到着です。進行方向右手に10階建てだったかな? ビルがあり、1・2階はスーパー「このみ屋」、3階に高石市文化センター「アプラホール」があります。 
    この上はマンションす。
    ここでは毎月1回土曜日にビッグバンド編成のジャズ公演があります。 現役時代は大阪の有名バンドで演奏していたプロ2名が若いメンバーを指導しています。  バンドはなかなかの名演奏です。
    メンバーは学生時代のビッグ・バンドの味を忘れられぬ立派な社会人と某医大の学生です。 
    今月はグレンミラーの夕べで、オープニングはお決まりのムーンライト・セレナードでした。 あのハーモニーには痺れますな。
    指導先生のテナーサックス・ソロがバツグンでこれにも痺れます。スターダスト、セントルイスブルース、煙が目にしみる、の類いですな。バンドマスターのMCも軽妙洒脱、その話しは爺様・婆様にしか分かるまいと爺様・婆様はニタリとしております。 
    では岸和田にお住まいのm-franginaniさん、ジャズがお好きでしたら072ー267-0200アプラホールにお問い合わせ下さい。 2時間の公演で気分がすっきりします。
    インターネットでswing guys orchestra でも検索出来ます。
    入場料は¥1、000 会員になると¥900で電話予約が出来ます。
    では又。 お元気いに!
     


  10. イブウブ子

    爺ちゃんへ

    いつもいろんなお知らせありがとうざいます!

    日本は大卒でも就職難が続いているようですね。バリはバブル絶頂期!の勢いで、観光客もどんどん増えているようです(日本人以外!)

    ウブドのナイトライフもあまりありませんが、ライブ演奏があるレストランが多いので日本の田舎よりは楽しいですよ。ジャズ、いいですね!久しくライブを聞いていないのでジャズカフェにでも行ってみようかな?

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1040-b21c8217
この記事へのトラックバック