憧れのホワイトタイガー@Bali Safari & Marine Park

2010年09月21日 11:04

久しぶりに観光案内の情報です!

ウブドから30分ほどの東海岸(何かカリフォルニアっぽくて響きが良い♪)に2年ほど前にオープンしたバリサファリ&マリンパーク。今回が2回目の訪問です!実はプライベートで訪れたことは一度もなく2回とも仕事絡みですが、ある意味ラッキー☆入場料はバリとはいえ決してお安くはない。ちょっと調べてみたら富士サファリパークよりも入場料は高かった。いろいろオプションも含まれるので単純比較はできませんが、個人で行く場合は事前に代理店を通して申し込むか、無料のシャトルバスを使ったほうがお得です。ウブドからは毎日ウブドツーリストインフォメーションを11時15分に出発しています。帰りは何本か出ているので好きな時間に戻ることができます。でも座席に限りがあるので前日予約が必要だったはず。

以前行ったときの印象はとにかく暑い!の一言。正直、「こんな暑い場所に昼間からはるばる遠出して誰が来るのか?」と思ったくらいですが、今回は乾季だったので少し涼しくて良かったです。

今回の目的は新しく完成したアグンシアターとそこで公開されるバリ・アグン物語のプレビュー。もともと演劇やショーを見るのは好きだったので、招待を受けたときからずっとワクワク♪スケールも大きいし、何しろ今回はシアター完成の記念&最初の舞台のお披露目らしいのですごく楽しみでした。

入り口でチケットを購入
P8270944.jpg

料金はドル表示ですが、支払いはルピアでも可能です。バリ島の通貨はもちろんルピアなのですが、なぜか高級ホテルやスパ、ツアー会社など観光客向けの施設ではドル表示が一般的。これはそれぞれのシステムによりけりですが、ドル表示の場合はドル支払いが一番無駄がありません。入国税も同様。ルピアに換算する場合、独自のレートを使うため街の両替屋よりも不利になることが多いのです。←これはバリ島内のホテル30くらいに電話して確認したので実証済み!各国に展開しているような高級チェーンホテルは比較的良心的ですが、小さなホテルやヴィラ、スパなどは少し上乗せしたレートで計算されるのでドルを用意したほうがおすすめです。円で支払うとさらに損する可能性あります。一方、街の買い物はルピアのみ。日本からは必要な分だけドルで持参し、残りは円を現地で両替する方法がいいかと思います。日本でルピアに両替してくる必要はありません。バリ島の空港の両替率も良くないと言われていますが、街の両替屋と比べても小額の場合は大差がないので当日は3000円~5000円くらい空港で両替されることをおすすめします。日本からの到着便は夜が多いですし、その時間だと街の両替屋も閉店しているのでせめてタクシー代と当日のディナー分くらいはルピアを用意すると安心です。

暑いので霧のミストがあったり
P8270844.jpg

さて、ショーまで時間がちょっとあったので、トラムに乗って周回してみました。
P8270839.jpg

ガイドさんの説明もあります。
P8270871.jpg

象さん
P8270856.jpg

バリ牛
P8270857.jpg

まあ、サファリじゃなくても見られますが。。。

物思いにふけるオランウータン
P8270859.jpg

オランウータンってオラン(人)+ウータン(森)の意味なんです。だから田舎のバリ人にオランウータンって言うと笑われます。

夏バテ気味?のトラ
P8270862.jpg

大きな猫みたいでかわいいです。

お母さん鹿と小鹿ちゃん?
P8270864.jpg

チーターの標的か!?
P8270866.jpg

っていうのは冗談。もちろん同じ場所で撮ったわけじゃあ~りません。前に動物占いの話を書いたけれど、ちょっと思い出しちゃった(笑)。

これも鹿の一種かな?
P8270867.jpg

大人になると長くて尖った角が生えてきます。

ダチョウ
P8270870.jpg

確か足早いと思うんだけど、ずんぐりむっくりだ!

百獣の王、ライオン様
P8270872.jpg

こちらもバテ気味ですなぁ。

らくだのご一行様
P8270878.jpg

後ろに見える大きな建物がアグンシアター、手前のコテージが園内のホテル「Mara River Resort」
P8270887.jpg

またライオンだ!
P8270894.jpg

ライオンとトラだったらやっぱりトラ派だな。ライオンはアフリカ生まれだけどトラはアジア生まれ。似てるようで種類はまったく別らしいです。確か世界のどこかの動物園でライオンとトラを掛け合わせたらしい。。。

ここからは徒歩です。コモドドラゴンの看板を見っけ!
P8270900.jpg

なーんだ、コモド諸島に行かなくても見られるんだね。
P8270905.jpg

もう一匹も
P8270907.jpg

でかいです。コモドでしか見られないと思っていたので意外な収穫でした♪

さて時間ぎりぎりになったので、シアターへ!
P8270910.jpg

巨大ガネーシャが目印です。ガネーシャ大好きなので、この巨大モニュメントを目の前に思わず興奮しちゃいました!中に入るとさっそく持ち物検査があり、カメラは没収。。。逆に荷物なくなるかも、と不安だったので(信頼してないわけじゃないけど)そのまま中に入りました。でも撮影は厳禁だったので舞台の写真はありません。

ストーリーは12世紀後半のバリ北部、キンタマーニ付近にいた王様が中国からお嫁さんをもらった話。王様は市民からの信頼も厚く広く慕われていたが二人の間には子供ができず、村人は悲しんだ。そこで王様は子供が授かるように近くの寺院を訪れる旅に出る。ところが航海中に遭難し、そこで湖の女王に恋して息子をもうける。中国人の奥さんは王様が3年も戻らないことを悲しみ、とうとう探しに出る。そこで王様と女王、息子を見つけるが、女王の怒りを買い王様と奥さんは石像に姿を変えられる。今でも二人はガルンガン&クニンガンの象徴として崇められている。。。みたいな感じだったと思います。

イブウブ子はバリの文化や歴史について詳しくないので知りませんでしたが、この話はかなり有名とのこと。でも一緒に行ったバリ人も知らなかったし、案外外国人在住者のほうがバリの歴史には詳しいような気がします。本当に中国から船でやって来たのか?は不明ですが、過去に中国人と結婚した王様はいるらしいので、元の話をよりドラマチックにアレンジしたのかも知れません。インドネシア、特にジャワ島には中華系の華僑と呼ばれる人たちが多くいるし、バリ島も少なからずも華僑や仏教の影響を受けていると思います。この話とは関係ないかも知れませんが、キンタマーニ付近のバリ人って顔もちょっと東洋的だし、色白美人が多いのも華僑の影響かな?

ショーはかなり良かったです!久しぶりに感動しました。サファリパークならではの動物の演出もあったし、何しろ舞台装置が素晴らしい。ストーリーも面白くて一度も退屈せず、時間もあっという間に過ぎてしまいました。確か1時間半くらいだったかな。日本でもあの規模の舞台はあまりないのでは?照明も凝っています。あれだけの広い舞台とハイテク装置があれば将来もっと素晴らしい舞台が期待できそう!小林幸子もどきの衣装や演出もあり、楽しませてくれました♪欲を言えばもっと歌あり踊りありのブロードウェー級舞台が見てみたいものですが、初めての舞台にしては素晴らしいと思いました。スケジュールは毎日あるわけじゃないので、見たい方は事前にバリシアターのサイトでチェックされることをおすすめします。

さて最後はホワイトタイガーの館へ
P8270915.jpg

いました!
P8270918.jpg

立って歩き出すホワイトタイガー様
P8270921.jpg

よいしょっと。。。
P8270923.jpg

ふーん
P8270924.jpg

えへっ
P8270925.jpg

舌まで出しちゃってお茶目!

最後はクールに決めたぜ!
P8270926.jpg

ホワイトタイガー、けっこういっぱいいます。トラが好きだけど、その中でもさらに別格。素敵過ぎます^^。惚れちゃいますね。ちなみにホワイトタイガーの館ではチケットによっては赤ちゃんトラと写真撮影もできるみたいです。この時間帯は終了していましたが、前回見た限りでは赤ちゃんのサイズを遥かに上回った子トラがいました。日本じゃ考えられな~い!まあ、これもバリサファリならではですね。ちなみにバリサファリではまだ従業員、お客様ともに人身事故はないようです。日本の動物園やサファリパークでも過去にいろいろ事故は起きているので心配ですが、こっちの人、けっこうなんでも大丈夫って感じで済ませちゃうからなぁ。。。

最後に入り口付近のお土産ショップ
P8270939.jpg

子供が好きそうなぬいぐるみがいっぱい売っています!

バリサファリは高いけど、小さな子供がいる方にはかなりおすすめしたいです。まあ日本でも動物園やサファリパークがあるから珍しいことはないけれど、ホワイトタイガーやコモドドラゴンが見られるし、家族で楽しめると思います。でもあの暑さが・・・。やっぱり動物たちも昼間はバテているので、はやくナイトサファリをやってくれることを願っています。

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ 旅行・観光ガイド たびすまいる 人気ブログランキングへ d_01.gif
関連記事



コメント

  1. さみ

    タイガー!!

    わたしもホワイトタイガー大好きです!近所の動物園にいるので、年2回くらい見に行くんだけど、ほとんど睡眠中…バリのホワイトタイガーは素晴らしい!

    しかも、わたしの好きそうなぬいぐるみがたくさんっ☆
    やっぱり良いですね、バリ…

  2. ayunda

    Re: 憧れのホワイトタイガー@Bali Safari & Marine Park

    チーターの下の写真の動物は
    鹿ではないと思います。
    ガゼルではないでしょうか?
    私も詳しくはないので微妙ですが。
    もしそうだとしたら鹿の一種ではなく、ウシです。
    (ちなみにカモシカもウシ目ウシ科だったような?)

    それとカリフォルニアは東海岸ではなく、
    西海岸ではないでしょうか?

    生意気なコメントですみません。
    気になったもので・・。

  3. イブウブ子

    さみさんへ

    ホワイトタイガー、本当に凛々しくてハンサムですよね(笑)!バリのホワイトタイガーは時間が4時過ぎだったこともあって偶然起きていたのだと思います。朝からお昼過ぎまでは暑すぎてバテているような気がします。

    サファリパークは動物好きな人や旅の日程に余裕がある人、小さなお子様連れにはぴったりだと思いましたよ。ぜひ次回行ってみてくださーい。

  4. イブウブ子

    ayunda さんへ

    そうなんですね。シカっぽいけどちょっと違うような気もしました。バリの牛は何となくシカに似ていますね。

    カリフォルニアは西海岸-ご指摘のとおり!失礼いたしました(汗)。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1056-6459fa64
この記事へのトラックバック