チョコレートココナッツパイ@ワルンソパ

2011年01月07日 12:49

ウブドにありそうでなかったヘルシーカフェ、「Warung Sopa」はウブドの裏通り、Jl.Sugriwa沿いにあります。正面は知る人ぞ知る!フレッシュジュースやエステレールで有名なローカルワルン、Tiga Lima。

PC150511.jpg

オリジナルのおかずを使ったナシチャンプルやスープが人気ですが、実はヘルシーデザートもおすすめ!
PC150513.jpg

キャロットケーキを食べたことがありますが、今回はチョコレートココナッツパイをチョバしてみました。バリブッダとか、あまりヘルシー系のデザートっておいしかった試しがないから味はどうだろ?と思ったけれど、こりゃ美味いの。特にチョコレートがおいしくって。チョコレートムースとか今度あったら食べてみたいな。午後のひとときにドリンクとデザートで軽いアフタヌーンティにぴったり!まだ新しいカフェなのでガイドブックにも載っていないけれど、ネットの口コミで広がってるのかな?お客さんの大半は欧米人ですが、日本人の観光客カップルもちらほら見かけるようになりました。でも、ウブドに泊まる日本人って本当に少なく感じます。町でもほとんど見かけないし、ウブドに来るのはヘビーリピーターの人たちばっかりのような気がする。でもそんな風に一握りの人たちを虜にしちゃうウブドの魅力はすごい!

このカフェ、ひとりで行っても落ち着く居心地のよい空間なんです。ちょっとスピードは落ちるけれど、最近は無料でWIFIが繋がるようになりました。店内には雑誌や本があるし、夜でもホント明るいので読書にもおすすめ(ウブドのレストランはどこも薄暗くて夜にカフェで読書など不可能!)。スタッフもフレンドリーで感じがいいですよ。

ソパの話題のついでに新しく出来た「SISI」バッグの新しいお店も紹介しちゃいましょう!ハノマン通りに2店あったうちの大きいほうの店舗が閉店して、こちらに再オープン。場所はウブドからちょっと離れるのですが、プンゴセカンからニュークニンへ向かう途中にあります。ウブドからの行くならば、ウブドヴィレッジリゾートの手前の右手になります。以前にワルン・ニュークニンがあった場所・・・あっ、でもそんなこと言われても分からない!?最近角にアルファマートのコンビニが出来たので、それを目印に進み、コンビニを右に曲がるとギャラリーがあって、その次の建物です。

PC250723.jpg

広々とした店内
PC250724.jpg

ディスプレイも日本っぽくてオサレ♪
PC250725.jpg

どれもこれも欲しくなっちゃいそうなコレクション
PC250727.jpg

ちなみにこの中にあるバッグのうち、3つ所有しております!そしてレギュラーサイズを1つ、計4個ものSISIバッグ愛用者でもあるのだ~。ホント、SISIバッグは丈夫だし、使いやすいし、かわいいし、軽いし、かさばらないし、気に入っています♪特に熱帯のバリ島、しかもバイク移動がほとんどで大きなかばんを持ち歩かない生活なので、すっごく便利。ウブドに住んでいる日本人のお友達で持っていない人はいないのでは?

これ、新居に引っ越したらぜひ欲しいっ↓
PC250728.jpg

もちろんピンクね。お庭において使えそう。

多目的なテーブル
PC250730.jpg

店内きょろきょろして挙動不審?だったのですが、奥には台所やお手洗い、そして託児室みたいのもあって、ちょっとした保育園みたいな感じがしました。温もりが感じられる空間は、さすがワルンソパと共通しています!ウブドへの移動の途中や帰りにドライバーさんに寄ってもらえば足は不便じゃないかな。

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ 旅行・観光ガイド たびすまいる 人気ブログランキングへ d_01.gif
関連記事



コメント

  1. なつかしい(^^)

    ウブ子さま
    あけましておめでとうこざぃます(^^)
    sopa 9月の旅行の時に行きました。
    sisiに寄ったらNewなので行ってみてくださいって教えてくださったので
    いってみました。
    ローカルの人達のお家の通りだったので、
    キョロキョロしながら1人で楽しく
    歩いてたのを思い出しました。
    暑かったのですが、お勧めのスープがおいしかったです。
    二度目のウブドになるとあんなローカルな 通りがとても楽しかったり、うれしかったりですね。

  2. にぽぽ

    Re: チョコレートココナッツパイ@ワルンソパ

    この前、寄りましたよ~。
    ナシチャンのおかずを自分で選べるし、ご飯も小があるし、
    確かにヘルシーナシチャンでした。居心地いいのがGOODでした。

    一緒に行った人と同じ感想を持ったのですが、
    旅行者の私たちには、ちょっとローカル色がなく、違うかな~でした。
    デザートはいただいてないので、次回試してみますね。

    それにしても、ウブドはリピーターでもってる場所という感じはよくわかります。
    そういう私もドップリ浸かってる一人ですが・・・。

    ウタマスパイスへ行く途中で、新sisi見かけました!

  3. イブウブ子

    りっこさんへ

    明けましておめでとうございます!

    スグリワ通りはウブドにすごく近いのにローカルの住宅街になっていて、生活感が感じられる通りですよね。わたしもああいうの、大好きです♪バリにはまるとローカル度が増す!って納得できますね。もっともっといろんなところを歩いて、どっぷりウブドに浸かってくだすぁい(笑)。

  4. イブウブ子

    にぽぽさんへ

    ソパはローカルワルンじゃないので、ローカルどっぷりの雰囲気じゃないかもですねぇ。観光で来た人はもっとバリっぽいのを望んでいるかもしれないけれど、私みたいに住んでいる人には新鮮ですよ(笑)。日本っぽい?日本もヘルシー系のカフェが増えていますしね。きれいで居心地がよくて、落ち着く場所はウブドにありそうで案外ないものです。こっちに住むとローカルと同じことをやっていては成功できないので、わたしも日々頭を悩ませています(汗)。

  5. サミ

    sisi バッグ

    ウブ子さん、お久しぶりです!
    ブログはほぼ毎日チェックしてますが…
    sisi バッグは私も愛用してます!ランチに行くときの小かばんで。似てるバッグもいろいろありますが、やっぱりsisi が一番☆
    この前会社で、sisi バッグ持ってる人見かけて嬉しくなっちゃいました!あのタグがsisi の証拠。

  6. 爺ちゃん

    Re: チョコレートココナッツパイ@ワルンソパ

    ウブ子 様
     新年明けましてお目出度うございます。 年末年始のお客様と今度の3連休でご多忙が続くと思います。
    日本の旅行会社はこれから先の閑散期のお客獲得に必死ですよ。 金太郎温泉も3連泊の宣伝文句で、お客を呼んでおります。 さて、この状況下の「サービス」の意味です。
     1. ランチサービス・・・ランチは無料でどうぞお召し上がり下さい。
     2. サービスランチ・・・メニューの品数は限られていますが、お安く昼食を提供します。
    この辺の業界習慣の言葉を使い分けぬと、日本人客との理解が違ってサービスは何でもタダと思う事になるのでしょう。
    さて、一昨日のTV番組はウブ子さんのお仕事の参考になったかと思います。 ハイ!!北陸の名門芦原温泉の
    加賀屋さんが「待っていてもお客は増えぬ!」と海外進出をしたのです。 場所は台北郊外の新北投(ペイトウ)温泉です。  建物建設の進捗に合わせ、新採用の台湾お嬢さん達に「おもてなしの心」を2年間にわたり教育するのです。 外大日本語学科の卒業生達でしょう、しかし「おもてなし」は勉強しておりません。 
    和服を着て、三つ指ついて、「いらっしゃいませ」を習得するには2年は掛かると教育担当の女将代行は語っておりました。 10分も座っていると足が痺れて後ろにひっくり返るのです。これが開業時には立派に出来ているので感服しました。
    ホレ!!「ティダ・アパアパ」とか「キラキラ・ボレ」ではいけませんぞ。  ではこの辺でおしまい。
    お元気に!

  7. イブウブ子

    サミ さんへ

    お久しぶりです!毎日チェックしていただきありがとうございます^^

    SISIバッグは根強い人気ですよね!ウブドに住んでいる人もほぼ持っているかも。SISIバッグつながりとか、何か良いかも。日本で見ると嬉しくなるの、分かります。

  8. イブウブ子

    爺ちゃんへ

    明けましておめでとうございます。一応、ひと段落していますが、また今月末から旧正月ブームで満室続きでございます。ありがたい悲鳴!?

    サービスがタダという認識は日本独自の感覚なのかも、ですね。良くしてもらうと感謝の意を示すということは昔からあった習慣のはずですが、最近は便利になりすぎて現代人はあまり気にしなくなったのかも?

    台湾人・・・すべてを知っているわけではないですが、日本人と比べると比較的楽天的でサービスやおもてなしに関しても大らかなイメージがあります。外国人をスタッフをして日本のホテルで雇うケースのほうがもっと難しそうですね。

    ティダアパアパの精神、うーん手厳しいご意見。こっちに住んでいると思い通りに行くことが稀で、ひとつのことを片付けるだけで時間と労力を費やしてしまいます。長い間いるとバリ人と同化せざるを得ないわけで・・・(反省)。まあ、バリ人同士の場合はそれで物事がうまく済んでいるのですけど、対外国人となるとそうなるわけにはいきませんね。まじめに厳しくやりすぎても通用しないのがこの国。本当に人をマネージする大変さが分かりました。「不良の子供の責任はすべて親にあるか?」というのと似ています(苦笑)。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1130-9f075a1e
この記事へのトラックバック