じゃらんじゃらん@シンガポール

2011年06月09日 00:11

何だか最近ぱっとした話題がないため、ちょっぴりトピックを変えてみました。もうだいぶ経ちますが、学生時代のお友達に会いにシンガポールに小旅行に行ったときにレポです^^。

日本にいたときは一番つまらない観光地(ゴメンなさい!)だと思っていて、まさか自分が行くことになるとは考えもしなかったのですが、実はシンガポール大好きになりました。都会でありながらもどこか東南アジアを感じさせるエスニックな雰囲気や東京よりも小さくてわかりやすいところが気に入ったツボかな。もちろん、便利さでいえば東京に敵う街はないのだろうけど、バリから飛行機で2時間半という気楽さもあり、半年に一度は遊びに行きたくなる。もちろん、同様にシンガポール人もバリ島にエスケープしたくなるのかも!

朝のチャイナタウン
P3011768.jpg

朝早く到着しちゃったので、とりあえず一人観光。

仏教のお寺とヒンズー教のお寺
P3011780.jpg P3011781.jpg

仏教のお寺の中は金きら金。中国系の人たちばかりでした。一方、ヒンズー教はインド人ばかり。バリのヒンズー教のお寺は観光客でも入りやすいけれど(服装は気をつけるべし!)、ここは入れる雰囲気じゃなかった(汗)。やっぱり外見の違いも大きくて、さすがに度胸なかったです。

とりあえずはマックで朝コーヒー。それからオーチャード駅に移動してスタバでお友達と合流。
P3011783.jpg P3011791.jpg 
自分撮り(笑)していたら声かけられたのですが、後ろに写っているおじさん、めっちゃ日本語が上手くてびっくりしました。4年くらい関西地域に住んでいたそう。

地下鉄
P3011786.jpg P3011789.jpg

シンガポールの地下鉄は日本の半額以下なのが嬉しい♪ どこに行くのも便利です。そして路線も分かりやすいし。

表参道~青山のような洗練された雰囲気
P3011798.jpg

オーチャード駅は初めて降りました。懐かしい都会の空気・・・シンガポールの中でも裕福な人やお洒落な人が集まっています。東京時代の刺激を思い出してしまいました。大きなデパートがいくつかあるのですが、偶然DAISOを発見!これは嬉しい!!値段は日本の1・5倍くらいかな。でもいろいろ買っちゃった。

100円ショップとは思えないほどクールな陳列
P3011793.jpg

フレッシュジュースも安い
P3011802.jpg

トロピカルな気候なだけあって、日本の半額以下で買えちゃうけど、バリ島と比べると2倍くらいする・・・。

その後は一人でリトルインディア!
P3011820.jpg

やっぱりちょっと空気が違う。治安は心配ないのだけど、周りはすべてインド人たちでちょっぴり心細かったです。

オクラも馬鹿でっかいし・・・
P3011815.jpg

ありがたや~ガネーシャ像~
P3011817.jpg

駅のそばのフードコートでチキンライスを食べようとしたが・・・
P3011813.jpg

チキンライスという名前じゃなかったけど、チキンと書いてあるものをとりあえず注文してみました。やっぱりチャイナタウンじゃないとダメかな。次回はぜひ本物のチキンライスを食べたいです。何だかしょぼい食事になってしまったのが残念。

最後はブギス駅へ。

アイスクリーム、おいしかった!
P3011822.jpg

一番しっくりくるのがブギス付近。オーチャードよりお手頃で気楽に入れるお店がいっぱいあるし、新宿や原宿みたいです。都会生活からは身を引いたつもりだけど、何だかんだ言っても都会は好きですね。所詮、田舎者なんですが(苦笑)。短い間だったけど、ぼんやりしていた頭がシャキッとしました。

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
人気ブログランキングへ d_01.gif 旅行・観光ガイド たびすまいる
関連記事



コメント

  1. 爺ちゃん

    では岸和田のお話し

     ホホー今日はシンガポールですか? 爺ちゃんの時代は年に1度シンガポールにあるグリーンクリニックに
    行き健康診断を受ける決まりでした。東京女子医大の出先で、怖いオバ様先生の診察を受けておりました。
    さて、岸和田市は昔から南蛮交易の歴史があるのでしょう。 岸城(きしき)神社でのバリ舞踊祭りも3年目を迎え、今年の充実ぶりには眼を見張りました。 インドネシア総領事のご挨拶に始まり、ずらりと揃ったガムランの生演奏で舞う踊り子さん達はきっとウブ子さん同様バリドボンの女性達でしょう。  開幕はご存知歓迎の踊り、続いて勝者の踊り、糸を紡ぐ娘、・・・と見事な踊りの連続でした。 岸和田の叔父様叔母様も行かれた事と思います。 本当に上手になっておりました。
    昨年岸和田帰国後にコメントを寄せた女性も参加と思います。 会場ではナシゴレンやミーゴレンの出店もありましたが、灼熱の気候でないと、やはり匂いが強くていけません。 
    大人になって学んだバリ舞踊は、眼の動き、指の反りで負けるようです。 黒目の大きさが違うので、眼の周囲を黒く塗っても本物に負けるようです。それに柳腰を美女とした日本人と、ドンとした腰のバリ女性は安定性が違うのかな?  意地悪爺ちゃんらしく観賞しておりました。  ではバリ舞踊祭の報告まで。

  2. イブウブ子

    爺ちゃん へ

    うちの叔父たちはバリ島に興味がないようで、舞踊祭も知らなかったようです。バリ舞踊はすごく難しそうなので、私は一度も習ったことがありませんが、けっこう日本人の方も踊れるようですね!日本人とバリ人は骨格や姿勢が違うのかしら?確かに大人になってからは大変だと思います。

    日本にはバリ島ファンが健在のようで、安心しました。バリ島の魅力って不思議ですね!



コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1247-bfbf6d81
この記事へのトラックバック