健康サンダルをゲット~!

2011年06月27日 22:59

ウブド、ここ2,3日は雨ばかりで寒い!といっても気温は20度以上はありますよ。部屋の中に入ると温かいのですが、外をバイクで走ると肌寒いので要ジャケットですね。これからの時期、夏も含めてウブドにいらっしゃる方は薄手のジャケットか、ショールを持参されることをおすすめします。クーラー対策のために室内で羽織っているような感じのものでも十分です。そして南半球に位置するバリ島では今が一番日が短い時期。日本は夏至が一番日が長いけれど、バリでは反対で6時半にはすっかり日が暮れてしまいます。朝遅いから日の出時間は確かじゃないですが、6時半~7時くらいだったような・・・。ついでに最近発見したことは南半球にあるからなのか、バリでは太陽が東から昇り、北側を通って西に沈むこと。

さて、最近立ち寄ったサンダル屋で掘り出し物をゲット↓
P6122881.jpg

たまにジャワの商人が歩きながら売っているのを見て、いつか欲しいな~と思っていたところ(でもどこにも売っていなかった)だったから見つけたときは感激!大きさはぴったり、でも幅が少し広かったのですが、おじさんが勝手に釘で穴を開けて縮めてくれました。あっ、買うって言ってないけど、何となく買う感じになっちゃってる(笑)。

ぴったり!
P6122879.jpg

値段も安かったし、まあいいか。履き心地は痛~い!歩くときはちと拷問ですが、健康な感じが気にっているのです。

おまけ
P6122883.jpg

もうかなり前になりますが、テラス用のチェアとテーブルを竹家具で揃えました。こんなにコンパクトでかわいい!ぴったりサイズです。ちなみにセットで3500円ほどで激安でした。最近外出を控えているので、もっとお友達が遊びに来てくれるといいな~♪

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
人気ブログランキングへ d_01.gif 旅行・観光ガイド たびすまいる
関連記事



コメント

  1. TOMATO

    こんばんは~
    可愛いけど、何か痛そうなサンダルですね~。不摂生な私が履いたら激痛に見舞われそぉ、、、。

    ちなみにバリ島で北側に太陽が昇るのは乾季だけですよ~
    今の時期は太陽は北回帰線上に見えるのでバリ島から見ると北側ですね。
    12月(日本の冬至頃)になると南回帰線上になるのでバリ島でも南側に太陽が見えるはずです。

  2. イブウブ子

    TOMATO さんへ

    こんにちは!

    そうなんですか!!冬になったらまた観察してみます。そう思うと四季がないと思われているバリ島も案外興味深いですね。

  3. 爺ちゃん

    懐かしい旧仮名使い。

    ウブ子様
     毎回楽しく読んでいます。 何時だったかな~? 旧仮名使いの文章だったので、爺ちゃんは「ホホー・ 文学少女の時代があったのかな~??」と考えておりました。   今の時代の若者の文章とは違う味があり、いつも感心しています。   さて、爺ちゃんにはもはや無理なTwitterにJava Spicyさんが再び現れましたな。引っ越しの様子がよく分かります。 新しい住居にはコキ・チュチの2人お手伝いさんと運転手。住宅によっては門番も要り、ニョニャの気遣いは大変だ。  日本大使館への滞在届け、ジャパンクラブの入会、子供さんの入学となると日本人学校の世話役や、スクールバスの登下校時の当番等々濃縮された日本人社会があるのです。
    それには厳然たる序列があり、海外で暮らす気ままさは余りありませんな。  チョットした噂話が走り回り、大変ですよ。  スーパーでの食料品は不自由無く何でも揃いますが、 何か変な具合なものを感じるのです。
    スマランから移るとジャカルタは大都会だー!! はその通り。ウブ子さんも一度は訪問し、もう結構を実感したらどうでしょうか?  バリはジャカルタ苦労の息抜きの場でもあったのです。 三ヶ月も経つと頭がおかしくなり、バリへ逃げておりました。  ではお元気に!

  4. イブウブ子

    爺ちゃんへ

    こんにちは!「思ふ」だったと思います。お察しのとおり、子供の頃は「本の虫」で休み時間は図書館で本を読んだりしてましたよ。国語も大好きでした。でもこのブログはそこまで熟考して書いてないので、スペルミスとか変な表現がいっぱいで・・・(汗)。

    ウブドは好きなのですが、やはりジャカルタやスラバヤの都会と比べると何か刺激が足りないな、と思い始めているんです。それはまだ自分が成長過程にあって、これからもっとすごい人たちの影響を受けてみたい!という欲もあるのかも。田舎暮らしも性に合っているけれど、ここにずっといては成長はできないのかな、と不安もあります。

    インドネシアで頑張っている日本の駐在員の生活は優雅で羨ましい限りですが、爺ちゃんが言うような苦労もつきものなのですね。私の将来はどうなることやら・・・(笑)!

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1261-d3312773
この記事へのトラックバック