魅惑のコピルワック@bunute

2011年08月03日 11:40

コピルアックってコーヒーマニアの中では幻のコーヒーとも言われているほど、レアなコーヒー。なんとジャコウネコの排泄物から採れたコーヒー豆を使っているんだそう。

ジャコウネコというのは上質のコーヒー豆しか食べないらしく、しかもそれがそれらがほとんど消化されない状態(豆のまま)で排泄されるんだとか!もちろん大量に採れないため、希少価値があるというわけ。ジャコウネコから出てきたコーヒー豆は香り高く、味わい深いので、海外のディーラーに人気で高い値段で取引されているらしいのです。そんな超高級なコピルワックの主な生産地はインドネシアのジャワ島やスマトラ島、スラウェシ島などの島々。日本で買ったら100g何万円になるのかな?

バリ島でもコピルワックを扱っているレストランがいくつかあるらしいけど、ウブドではBUNUTEで飲めるんです!先日、ラッキーなことに試飲会に参加させてもらったのデス。

P7153217.jpg

レストランの名前の由来でもある、大きなバンヤンツリーが目印です↓
P7153219.jpg

コピルワックの素(排泄物の状態)
P7203330.jpg

もちろん洗浄して炒った豆を実際には使います!

立派なコーヒーマシーンを使って一気に抽出
P7203337.jpg

普通のコーヒーよりも小さくてエスプレッソみたいなミニカップで
P7203346.jpg

このコーヒー1杯のお値段はぬあぁんと18万ルピア!しっかり味わって飲みませう。

コピルワックの説明を読みながら・・・
P7203349.jpg

お味は不思議な感じ。エスプレッソのように濃い味だけど、酸味が少なくまろやかな舌触りといった感じかな。コピルワックといっても品質はさまざまで、粉になってインスタントみたいなものや、純粋なものじゃないものもあるらしい。BUNUTEのコピルワックは100%本物で注文を受けてから豆から砕いて作るので新鮮な味がしました。超高級なコピルワックを飲み比べるようなことはないので、味を説明することが難しい(汗)。日本で飲むよりはゼッタイ安いと思うので、興味のある方はぜひご自身でお確かめいただくことをおススメします!その際はブログ特典の10%割引クーポンをお忘れなく~。

※おまけ
P6262959.jpg

これが本物のジャコウネコ。もちろんレストランでは飼ってないですよ!(キンタマーニ農園にて)

いつもクリックしていただきありがとうございます!→こちらも奮闘中!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事



コメント

  1. pig

    タイムリーです!

    ちょうど最近日本のTVでコピルワックを見かけて
    9月の渡バリ時に向けて調べていた所でした!

    酸味が少ないコーヒーが好きなので、もしかしたら好みかも?

    でもこれ程ですと、ついお値段を考えちゃいますね。。

  2. イブウブ子

    pig さんへ

    コピルワック、やっぱり日本で流行っているのかな。先日、Warung Igelancaでも飲めることを知りました。品質は分かりませんが、95000ルピアと半額くらいでしたよ!Igelancaは普通のブラックコーヒーもおいしいので期待度高し。もし行かれたらぜひブログに紹介してくださーい!私はムリっぽいので(苦笑)。

  3. 映画で

    コピ・ルアックって、日本の映画 かもめ食堂 で少しだけ出てきます。この時初めて存在を知りました。
    その他、映画 最高の人生の見つけ方 では、大金持ちのジャック ニコルソン が飲むコーヒーとして登場します。
    まぁ、一度は飲んでみたいものです。

  4. イブウブ子

    Ta Ka Ossu さんへ

    何でもすごく高級みたいです。私は普通のコーヒーでも十分おいしいのですが、やはり人生で一度はMust Tryかも。。。ぜひ次回、バリ島で飲んでみてください!

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1297-2b4637dc
この記事へのトラックバック