宇奈月温泉の楽しみ方@トロッコ電車

2011年09月13日 23:22

宇奈月温泉パート2です!

すでに2週間以上前の出来事なので、写真を見ながら思い出しながら書こうと思います(汗)。

さて、宇奈月といえば温泉!そして春から秋ならトロッコ電車での観光がおっすすめ。トロッコ電車は子供の頃に乗った記憶がわずかにあるのですけど、富山に帰ったらまた乗ってみたい!と思っていたのですが過去の帰国はすべて秋から冬のシーズンだったため、今回の帰国でようやく夢がかないました。

朝10時半過ぎの電車でレッツゴー!
P8280428.jpg

駅を出てからすぐに見える宇奈月の赤い橋
P8280432.jpg

ホントか分からないけど、宇奈月の景色はモーツァルトの生まれ故郷に似ているんだとか。

また見えてきた別の赤い橋
P8280438.jpg

このお城みたいなのは・・・
P8280440.jpg

水力発電所らしいです。ヨーロッパを意識してるのかな?黒部峡谷と言えば黒部ダムが有名ですが、湧き水もおいしくて、水量も豊富なんですね。黒部川は水のきれいな川としても知られているようです。

幻想的!
P8280443.jpg

いくつか停車駅があり、日帰り露天温泉などもありましたが、、今回は終点の欅平まで行きました。

鐘釣駅を過ぎたあたりの水の色がすごくきれい!
P8280452.jpg

他の場所は普通の川の色なのに、この辺りだけいきなりブルーに変わるんです!

P8280453.jpg

少し先はミルキーなエメラルドグリーン
P8280476.jpg

素晴らしい!自然がなせる業ですね。宇奈月のキレイな景色に感激が高まります!

元気なイブウブ子は駅から川沿いを15分ほど歩いた猿飛峡へ!
P8280460.jpg

水音が聞こえそうな清流
P8280462.jpg

川の中に入っていないので、どうやってこの写真を撮ったのか覚えていないのですが。

途中にある「木のふくろう」
P8280464.jpg

木の模様がふくろうに見えるからだそう。分かりますか?

「猿飛峡」に到着!
P8280467.jpg

ここが黒部川で一番川幅の狭い地点だそうな。

奥鐘橋を見上げる・・・
P8280474.jpg

真夏だったのでこれだけ歩くとかなり汗だくになりました。途中で足湯などもあったので少し浸かり、その後は駅でランチ。といってもうどんとコーヒー、アイスクリームみたいなのしか売ってなかった(でもこんな山奥なのに良心的価格!)。

トロッコ電車は冬の間は閉鎖されて、運転手が電車の点検をするらしいです。線路の脇にコンクリートで覆われたトンネルが続いているのですが、これは冬の間雪が積もるので発電所に勤める人たちが1時間弱かけて徒歩で通勤するんだとか!寒いし、狭いし、遠いし、想像するだけで大変そう。

今では観光用のトロッコ電車ですが、戦前は主に電力開発のための物質を運んだり、作業員の輸送に使われていたため、切符に「命の保証はなし」とはっきりと記載されているほど危険だったみたいです。うちのおばあちゃんが乗ったことがあって、確かにそう書かれていたと言っていました。今は安全で誰でも楽しめるので、富山の観光スポットですね。

こうやって故郷を観光してみると改めて日本の美しさに気づかされます。今回の富山滞在中にもう一つ、ぜひ訪れてみたい場所があったので、次回はそちらを紹介しようと思います!

br_decobanner_20110822010626.gif
↑      ↑      ↑ 
いつもクリックしていただきありがとうございます!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1316-31b00f7b
    この記事へのトラックバック