立山黒部アルペンルートの旅(後編)

2011年09月14日 21:57

黒部ダムでマイナスイオンをたっぷり味わった後は行きの手段をそのまま戻って、立山は室堂でランチタイム。標高2500メートル弱と日本で最高所の駅なんです!普通の状態だとあまり感じませんが、お菓子の袋がパンパンに膨れていたので、気圧が低いのが分かります。まずは駅の中にあるレストランでアルプスカレーとなるカレーライスを食し、散策開始と行きませう!

寒そうに見えるけど、実は暑いんです・・・(汗)
P8290518.jpg

湧き水をペットボトルに詰めて出発!
P8290520.jpg P8290521.jpg

自然を守るため、ロープの内側は立ち入り禁止です。
P8290523.jpg

立山登山や付近のハイキングに出かける人で賑わっています。
P8290525.jpg

大日連峰だったけな?
P8290524.jpg

こちらはみくりが池
P8290528.jpg

まだ雪が残っていました。

このあと目指す先は地獄谷!
P8290522.jpg

今も硫黄ガスが噴出しているんです。
P8290532.jpg

長~い階段を下った底が地獄谷の入り口
P8290535.jpg

硫黄臭で頭がくらくらしそうだわ・・・
P8290538.jpg P8290541.jpg

ホントに地獄ってこんなのか?と思うほど、異様な光景です。ちなみにこの日は作業員の方が調査に訪れていました。ただでさえ真夏日で暑いのに、硫黄の近くでさらに暑い中、本当にお疲れ様です。

P8290548.jpg

地獄谷は子供のときに行った記憶がかすかにあって、そのときの硫黄はもっと長くて大きかったように思います。あちらこちらに熱湯の池があって、グツグツと泡が吹き出していました。これが温泉の元になるのでしょうか。そしてそのすぐ脇には湧き水の川が流れていました。立山の湧き水は全国的にも有名でおいしいんですよ。これは立山連邦を貫くトンネルを掘っている途中に破砕帯にぶつかってしまい、以来大量の地下水が噴出し続けているというわけのようです。これもよく考えたら自然破壊の結果なので、良いのか悪いのか分かりませんが・・・。

帰り道は長い上り・・・
P8290549.jpg

普段歩いていないので、これはきつかった。でも、途中で休みながら何とか頑張りました!ひぃひぃ階段上っているとみんなが集まっているところがあって何かと思いきや・・・

雷鳥さん
P8290557.jpg

分かるでしょうか?これを発見した人、正直すごいかも!写真中央左あたりに少し体が見えるのです。さすが保護色なだけあって、同化してますけど。

その他にも高山植物を楽しんだり♪
P8290558.jpg

途中の温泉小屋でソフトクリームを買い食いしたり、雷鳥のぬいぐるみと記念撮影したり!
P8290560.jpg P8290562.jpg

室堂散策は今回の旅で一番体力を使ったけれど、立山黒部アルペンルートに行ったことは良い思い出になりました。一人だったけどけっこう楽しい時間を過ごしましたよ~♪

立山ケーブルに乗って終点立山駅に無事到着
P8290567.jpg

今度は立山登山をやってみたい!とは思わないけど、富山でこんなステキな観光ができることを誇りに思いました。県では中国からの観光客に力を入れているようで、宇奈月に続き立山でも中国人観光客の姿がちらほら見受けられました。日本と言えば東京や京都などいっぱい観光名所があるにもかかわらず、わざわざ田舎の富山、しかもアルペンルートまで足を運んでもらえるとはありがたいこっちゃね。

これを見て、少し立山に行ってみようかなと思ったら、これからは紅葉が美しい季節なのでおススメですよ!

追記:本日はこのブログの一番のファンでもある、おばあちゃんの誕生日なんです。83歳になるのに一緒にカナダに旅行に行っちゃうくらい、すごく元気なおばあちゃん。ハッピーバースデー

br_decobanner_20110822010626.gif
↑      ↑      ↑ 
いつもクリックしていただきありがとうございます!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1318-275a0c36
    この記事へのトラックバック