ホテルの評価と値段@ホテルのお仕事

2012年01月21日 11:10

昨日の記事でいただいたコメントをヒントにまたトピックを思いつきました。「ホテルの格が上がれば上がるほど評価もアップする」と書いたのですが、ここで誤解のないように説明したいと思います。

安いホテルで働いているスタッフの相対評価は低いのか?

ズバリ、そういうことはないです。安いホテルでも素晴らしいスタッフはいるだろうし、逆を言えば高級ホテルで働いていても名ばかりで大したスキルがない人もいるだろうかと思います。こればかりは個人差が大きい。ただし、ホテルの値段は何で決まるか?について考えてみる必要はあるかと思います。

まずはロケーション

オーシャンビューか、渓谷ビューか、田園ビューか、街中にあるか、そして部屋からの景色はあるか、バリ島のようなリゾートではロケーションは価格にかなり影響を与えると思います。一般的に景観は価値の高いものなので、同じホテル内でも景色のあるお部屋カテゴリーは高く販売される傾向があります。街中というのは便利は便利なのですが、景色がないホテルが多いため、価値や評価はあまり高くありません。ウブド近辺では個人の別荘が増えすぎて昔ながらの景観を保つのが難しくなってきているし、交通量の増加や大型バスによる渋滞の悪化もあったり、今後はさらに分散傾向で田舎に行けは行くほど高級化が進むと思います。

次に設備や施設の充実度

いくら日本より物価が安いバリ島といえども、ヴィラやホテルを建設するには莫大な費用がかかってます。敷地が広ければ広いほど、初期投資とメンテナンス費用が大きいです。一般的にリゾート呼ばれる施設にはある程度の部屋数の確保、全室エアコン・ケーブルTV付き、無料WIFI、充実した朝食、無料アフターヌーンティ、24時間のフロントサービス、最低3個のレストラン・カフェおよびバー、最低2個の公共プール、ジム、スパ、ビジネスセンター、ライブラリー、ヨガやウォーキングなどの無料アクティビティ、プロの庭師による手入れの行き届いたガーデン、一日数回の無料シャトル、24時間利用可能なトランスポート、24時間利用可能なルームサービス、クリニックなどが揃っていると思います。それらを維持するのはそれなりのコストがかかりますし、たとえ部屋に付いている小さなプールでも毎日点検して水質を保つだけでけっこうお金がかかったりするんです。だからちょっと大げさかも知れませんが、30ドル程度の安い宿で公共のプールがあった場合はお部屋代の約2、3割がプールのメンテナンス(建設費も含め)に費やされるとか言われてます。プール付きとプール無しのホテルの宿泊料が違うのはそういう理由からだし、エアコン付きだとさらに2割増しの料金になったりします。またお部屋のタイプもビルディングタイプなのか、独立したヴィラなのか、プライベートプール付きなのか、専属バトラー付きなのか、庭やバルコニーはあるか、アメニティの品揃えと品質、ベッドの寝心地、家具の品質、タオルやリネンの品質、面積の大きさ、などさまざまな要素が含まれます。日本人のお客様の多くはせっかく高級ホテルに滞在しても朝は朝食を慌しく取って9時には外出し、アフタヌーンティも取らず、夜は外食して部屋に戻るのが9時過ぎというのはもったいなさ過ぎる!元を取れとは言わないけれど、せっかく高級なホテルに泊まるならその設備を満喫したらどうでしょう?

そしてサービス

サービスは無料というのは大きな誤解です。サービスには当然スタッフの質というのも関係してくるわけで、選りすぐりの優れたスタッフが集まっているところでのサービスというのはそれなりに素晴らしいものがあると思います。もちろん先に書いたように決して安いホテルのスタッフが悪いとか、サービスが良くないと言っているわけじゃありません。高級ホテルのほうがより高い教育を受けて厳選された人が集まる傾向が高いため、質の高いサービスを受けられる可能性も必然的に高くなるわけです。あくまでも確率の違いですが・・・。そしてトレーニングも充実しているのでより洗練されたサービスが期待できるかと思います。ゼロとは言いませんが、よくありがちなインドネシアならではの対応というのは確実に減っていくかと思います。直接サービスを受けることはないですが、高級ホテルにはトレーニング中の学生も多いのです。今はヨチヨチな彼らも将来は優秀なホテリアになってくれることを期待したいものです。ここでいう高級リゾートとか、5つ星ホテルというのは国際基準での評価ではなく、インドネシア国内での独自評価ですので悪しからず!期待ハズレだったということもたまに聞きます(汗)。一般的にヨーロッパの旅行者は満足していただきやすいかな。日本ではお客様は神様なので、あらゆる場面でも真摯な対応が求められますが、ヨーロッパでは不親切な対応が多いので、そういうのも影響あるのだと思います。またお客様がリピーターになる主な理由の一つにスタッフとの出会いというのがあるかと思います。親切なサービスを心がけているホテルのリピート率が高いのは納得ですね。

外国人スタッフと総支配人

高級ホテルになればなるほど、外国人スタッフを雇っているところも少なくありません。特に英語が苦手な日本人のために日本人スタッフ(GRO)は必要不可欠なポジションだったりします。外国に旅行に来て、日本人に日本語で挨拶されたらがっかりされないかなぁ?というのはイブウブ子だけの心配だったらしく、大抵のお客様にはすごく喜ばれました!若いカップルから高齢の方々まで、やはり海外で英語のみというのは心細いのは同じなのだと思います。また高級ホテルになればなるほどレストランの評価が重要になるため、欧米人のFBマネージャやシェフが常駐しているところも多いです。これらも最終的にはサービスの充実に繋がるのだと思いますが、一番の決め手はGM(総支配人)もしくはオーナーが外国人かどうか!外国人スタッフがいるからホテルが高級なのか、高級なホテルだから外国人がいるのか、どちらが先か不明ですけど。。。高級ホテルやヴィラでは外国人GMは珍しくないですが、最近ではインドネシア人のGMを増やす規律?みたいのができたらしいので徐々に外国人支配人は減っていくのかも知れませんね。

最後に忘れてはならないのがセキュリティ(警備)

日本人は平和ボケしてるとか言われてましたが、安全が無料というのも誤解かも知れません。バリ島のホテルはオープンで開放的な造りなところが多いので、徹底したセキュリティシステムというのは非常に重要かと思います。大きなホテルになると宿泊客以外の人の出入りもけっこうありますし、ゲートで厳重なチェックを受けることになります。警備犬がいるところもあれば、ドライバーのID確認、グローブボックス、トランクもチェックが入ったり、お客様のカバンの中身なども例外なくチェックされたりします。広大な自然に面しているならば、入り口ゲート以外にも万全の警備体制が敷かれているはず。途上国のバリでは貧富の差が激しいため、悲しいかな、外国人が狙われるケースが珍しくありません。もちろん治安は良いほうですので必要以上に心配することはないのですが、高級リゾートやヴィラに滞在するお客様ほどお金を持っていると思われてしまうため、常に注意は必要です。高級ホテルではプロの警備員を警備会社に委託するケースも珍しくなく、あらゆるところにCCTV(防犯カメラ)が取り付けてあります。まさかこんなところに!?というところにもあったりする!そして警備員が24時間体勢でビデオモニターの監視と敷地内のパトロールを行っています。逆に安いホテルだと狙うものもないから大丈夫だろうと思われるかも知れないですが、安くなればなるほど警備などあってないようなものですので(夜番は寝てたりする・・・)油断は禁物!現金は多く持っていないとしても、外国人なら今やiPhoneなどのスマートフォン、最新のデジカメ、macやpcの所持は普通ですよね。それらはインドネシア人にとっても魅力的なアイテムであることを忘れないでください。インドネシアでは中古品の価値があまり下がらないんです。あっ、でもバリ島ではパスポートはほぼ100%狙われないのでご安心を!(顔が違いすぎるので偽造も不可能らしい)

最後にひとつだけ!日本では安くても品質に影響しないというのが常識ですが、バリ島はまだまだ安かろう、悪かろうが多いです。たとえ高級リゾートで不満が残るようであれば、ましてやランクの低いホテルに泊まろうものならもっと悪い結果になったであろうと推測してみると少しは気が楽になるかも知れません。これはバリ島で5年間過ごしていますが、物に関しては安いものを買って高いものより良かったということは記憶にないからです(涙)。まあ、逆に高いから必ず満足するということもないのですが、高くて不満足だったことは安くて満足したことよりも少ないです。同じ価格帯の別のリゾートに泊まっていれば・・・と後悔するのもあまりおすすめしません。ホテル選びは重要で旅の思い出を左右するといっても過言ではなく、失敗は許されないでしょうが、泊まった以上は自分が選んだホテルを気に入る努力をしてみてください^^。悪いところを気にしたらせっかくの旅行が台無しですし、どんなホテルでもすべてが最悪ということはないと思います。「ここはバリだから・・・」と少しでも思える方はバリ島を愛し、旅行も楽しめる人だと信じています。う~ん、それでも高いお金払って来てるから譲れない!?おっしゃるとおりです、はい(汗)。

ってなことで思いつくこと5つを挙げてみましたが、少しでもホテル選びの参考になれば・・・幸いです。ホテルにとって口コミこそが最高の宣伝方法なので、やはり今後はTripAdvisorなども目が離せないかと思います。

追記①:安いホテルに泊まって、高級ホテルで食事やスパを利用するというのも新しい楽しみ方かも!
追記②:フォーシーズンズやアマングループ、シャングリラ、ブルガリ、セントレジスはもはやブランドの領域ですね。求められるものもかなりのレベルかと!

おいしいシナモンロール@Tutmak
P1010288.jpg

ウブドではここだけじゃないかな?オリジナルのバリコーヒーも量り売りしてるのでおススメ!

br_decobanner_20120107053224.gif
↑      ↑      ↑ 
いつもクリックしていただきありがとうございます!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事



コメント

  1. アヤパン

    初コメです★

    はじめまして(^_^)とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ますね♪

  2. shu

    続きをお願いします。

    イブウブ子さんらしい記事でとても面白かったです。是非、続編もお願いします。

  3. イブウブ子

    アヤパン さんへ

    コメントありがとうございます!ぜひまた覗きに来てください♪

  4. イブウブ子

    shu さんへ

    ありがとうございます。今のうちに言いたいことを書き留めておこうと思っています(笑)。内容が濃すぎて時間がかかりそうですので、のんびりお付き合いくださいませ。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1380-38903c04
この記事へのトラックバック