動物のお医者さんとボランティア団体@B.A.R.C

2012年02月01日 23:29

今日はガルンガン。バリ・ヒンドゥーのお盆に当たる重要な祝日で、バリ人は朝早くからお供え物を用意してお寺に出向きお祈りする日です。そして町のほとんどのお店が閉店しているなか、働いている人のほとんどがクバヤを着用しているので何となく普段と違った空気が流れていました。イブウブ子も朝早くから自前のクバヤで近所のお寺へお参りに・・・(!) なんちゃっていうのは冗談ですが、今日はクバヤを着てみました。ちょっと慣れないことをして、かなり疲れた一日でした(汗)。改めて自分の体力のなさ(衰え?)を実感。体は丈夫なほうですが、体力は続かないのですぐに疲れちゃうのが悩みです。バリ人ってやっぱりすごいゎ。

さて最近、犬を飼い始めたイブウブ子ですが、バリの犬って日本や欧米のようにペットとして可愛がられていないケースが多くて、野良犬のような放し飼いの飼い犬がウヨウヨいるんです。道端にいる犬のほとんどが一応飼い犬らしいのですが、小さい頃からスキンシップに慣れていないことが多いため、人懐っこい犬はほとんどいない。番犬としては立派ですが・・・。ここ数年は狂犬病が流行していて今は少し落ち着いたみたいですが、やっぱり犬には触らないほうが安心です。

狂犬病の予防接種はボランティア団体などの献身的な活動のおかげで、ウブド近辺の放し飼いの犬たちも注射済みのことが多いようです。ウブドには外国人が率いる動物愛護団体が2つあり(BAWAとBARC)、予防接種や里親探し、野犬捕獲などをやっています。

両方とも行ってみたのですが、BAWAのときは写真を撮り忘れたので今回はBARCの紹介を。

P1130369.jpg

場所はウブドの南、ロットゥンドゥの手前くらいにあります。ちょうど坂を下ったところ。
P1130371.jpg

実はかなり前から気になってはいたのだが、中に入るのは初めてです。オーストラリア人の学生ボランティアの子が案内してくれました。駐車場のエリアには里親探し中の子犬や飼い犬に手放された犬たちがいました。けっこうこっちに住んでいる外国人が犬を飼っているのですが、帰国の際に手放すケースが多いみたいです。こういうのを聞くとホントに無責任だな、と思うのですが、自分も犬を飼ってしまったので(というか、勝手に住み着いたのだが、汗)、他人事じゃないです。

P1130373.jpg P1130375.jpg

中は意外に広くて、屋内のエリアには人間に慣れている感じのバリ犬たちが、屋外の柵の中には野犬っぽいバリ犬たちが放し飼いにされていました。でも警戒心が高いバリ犬なので、すごい剣幕で吠えまくり!屋内の犬たちもけっこう怖かった・・・(涙)。この時点で正直、帰りたかったのだけども案内してくれてる人が親切だったので、怖気づきながらも奥までついていきました。

正直な感想はせっかくこのような施設があるけれど、保護されている犬たちは人間に慣れていないし、これからも飼い主が見つかって引き取られるケースは稀だということ。子犬はすぐに引き取られるけれども大きくなったバリ犬は可哀想。恵まれない犬たちをこれ以上増やさないことが大事だな、と感じました。ちなみにBARCはプンゴセカンに動物クリニックとチャリティショップも経営していて、そちらの売り上げが運営費用として寄付されるそうです。これだけの規模の施設で、これだけの犬たちの世話をするのは決して容易いことじゃないと思います。

Good Karmaクリニック
P1200479.jpg

外国人の獣医さん?がいるのかな。

P1200480.jpg

入り口付近には里親探し中の子猫ちゃんたちが!
P1200484.jpg

みんなそっくりだったので兄弟だと思う。
P1200486.jpg

すごく可愛かった~。

店内にはペットフードや各種アイテムが販売されています。
P1200488.jpg

便利そうなバッグ
P1200491.jpg

捕獲された犬たちはここで治療と注射を受けて、施設に預けられるんだそうです。保健所じゃないので保護された犬はずっと保護していかないといけないし、資金を集めるのは大変だと思います。ウェブサイトから寄付することも可能ですし、不要な洋服などをチャリティショップで引き取ってもらうことも寄付になるので、もしバリの犬たちを救いたいと思う方はこのような団体が活動しているということを知っていただければ・・・。

もう一つの動物愛護団体であるBAWAはモンキーフォレストのジェラティックのそばにオフィスがあって、寄付をすることができるみたいです。BAWAも動物クリニックを持っていて似たような活動をしています。里親探し中の犬?も何匹かいて、スタッフが夕方になると付近を散歩しているのをよく見かけます。こちらの団体はバリの村々の犬たちに去勢や避妊手術や狂犬病予防接種などを施していると聞きました。こちらのクリニックは寄付で診て貰えるので地元の人もよく利用しているみたいです。

最初にバリに来たときに、何でこんなに犬が多いんだろう?と思いましたが、今は気のせいか少し少なくなったような気もします。バリの犬って妙に自立していて偉そうなのが印象ですが、実際にバリ犬を多く見てみるとそれぞれに性格があることに気づきました。家には大家さんの犬も含めて3匹飼っていますが、全然違う!それにバリの犬って可愛げがないと思っていたけど、実際に可愛がられて飼われている犬って案外愛嬌があったり、犬も生まれより育ちだな、とつくづく実感しますね。

br_decobanner_20120107053224.gif
↑      ↑      ↑ 
いつもクリックしていただきありがとうございます!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1388-ea5ff836
    この記事へのトラックバック