ナイトライフ&ゲイバー!@Seminyak

2012年04月20日 14:29

最近はスミニャック人気の傾向が否めないバリ。特に今の季節だとウブドなら観光客はどこにいるの?というくらい、夜のレストランもガラガラなことが多いです(涙)。時間がある人はスミニャック&ウブドの組み合わせなどもおすすめですが、3泊とか4泊くらいしか取れない日本人にはなかなか厳しいです。ウブドは若者の観光客も増えてきたと思ったけれども、やっぱりヨガ、瞑想、ベジタリアンなどヘルシー志向の旅行者が多いかな。

久しぶりに行ったスミニャックはまるでカリフォルニアみたいで、思わずバリにいるということを忘れちゃいそうでした。ウブドもここ数年で変わった、と言われていますが、根本的なところはさほど変わっていないし、ラグジュアリーでお洒落なお店も少ないし、景気も比べるとまだまだ。もちろん、それが良いと思う人がウブドに集まるのですが。

観光客もだんだん変わってきて、オージーが大半を占める今では昔のようにバリ島の文化や芸術を求めてくる人が減ったように感じます。彼らがバリ島に求めるものは快適さ、清潔さ、グルメ、ショッピング、ナイトライフを含む極上な滞在。多少高くてもプライベートヴィラ人気は相変わらずだし、母国と比べて不便さがほとんどないスミニャックやヌサドゥアに旅行者が集まるのもムリがないですね。

以前はウブド一筋だったイブウブ子ですが、今回のスミニャック滞在でちょっと価値観が変わりつつあります。バリに移住してきたときはウブドのエネルギーと波長が合って、それが好きだったのに、最近はそのエネルギーを感じ取るパワーが自分に不足しているように感じるんです。最先端を行くスミニャックはそれだけ人を引き付ける何かがあるわけで、エネルギーの種類が違います。それなりに物価も高いけれど、やっぱりこれからのバリ島はスミニャックがリードしていくと言っても過言じゃないのかも。日本に住んでいた頃はのんびりと癒しを求めてウブドに来たくなったものですが、ウブドに住んでいたら逆にスミニャックが新鮮にすら思える今日この頃・・・。

スミニャックといえば、大人のナイトライフの場としても知られていますね。街中でお洒落ダイニングを楽しんだり、、ビーチ沿いのバーやラウンジで素敵なカクテルやディナーを嗜んだり、高級リゾート内での豪華ディナーなど、予算さえあればとことん楽しめちゃうのがスミニャック。夜遅くまで営業しているレストランやナイトスポットも数多い!そしてゲイが多く集まることでも有名。

前回の滞在では日本食、ビーチクラブ、ゲイバーの散策に行ってきました。。。

まずディナーは日本食。普段あまり日本食を食べないのですが、誕生日ということもあって少し贅沢にKuni'sへ。

P4071278.jpg

人気レストランが連なるカユ・アヤ通りなだけあって、夜は予約が必須みたい。ウブドだと予約しないと入れないレストランは数えるくらいしか思いつかないけど、人気のレストランが多いスミニャックではディナーは予約しないと席が取れないらしいです。周囲はほとんど欧米人カップル!いや~、バリ島なのに日本食人気がここまで定着していることに驚きました。以前ならバリ島まできて何故に日本食?と思ったりもしたものですが、ナシゴレン、ミーゴレンが大好きなのは日本人観光客だけかも。Kuni'sはそこまで大きなレストランではないので、ゆっくりとお食事が楽しめました。

モダンな感じのアレンジ
P4071284.jpg

バリ島らしいを取り入れたお皿もお洒落で、お味も◎。日本人在住者の間でもここはおいしいと人気なのだそうです。久しぶりのお寿司もおいしくいただきました。

ディナーの後は新しくオープンした話題のPotato Head Beach Clubへ。

何か奥まった海岸沿いにあるのですが、建物がユニーク!
P4071286.jpg

ディズニーランドのアトラクション乗り場みたいな感じです。そこを抜けると中庭とラウンジが見えてきて、このように大きなプールもありました。

中庭はキャンドルライトでロマンチック♪
P4071289.jpg

たくさんデイベッドが並んでいますが、ここの席を取るには最低でも55万?ルピアの飲食が必要だとか。道理で4人とか6人とか多くの人がシェアしているわけだ・・・。グループで来たほうがいいのかも!?でもデイベッドが保養施設みたいにすら感じるのは微妙・・・1階部分のレストランは食堂みたいでした。ちなみに2階にフランス料理のレストランがあるそうですが、ここの日本人シェフがおいしいとすごく有名なんだとか。超高級でモザイクよりも高そうだけどいつかぜひ行ってみたい~!

P4071293.jpg

女二人ではちょっと満喫しきれず、結局ここは見学のみで早めにゲイバーに移動することにしました。ハイソな場所ですので、メータータクシーでたどり着くことは可能ですが、帰りはビーチクラブ専属のタクシーで高級ホテル並みのトランスポートのお値段になります。

クラブが集まっているディアナ・プラ通りにゲイバーが5つほど連なっているのですが、周囲はゲイ男のみ!とてもゲイバー初体験の女子二人が気軽に中に入れる雰囲気じゃなく、一番空いていて入りやすそうだったBottoms Upというゴーゴーバーに入ってみました。他のお店はドラッグクイーンショーみたいなのが中心で、それはそれでまた面白かったけど、このゴーゴーバーは何となくタイっぽいイメージ。ダンサーも若くて素人っぽい感じが受けるのかしらん?

P4081301.jpg

ちょっぴりチープな舞台ですが、ドラッグクイーンによるカラオケショーも見物♪
P4081302.jpg P4081304.jpg

この一帯は午前12時頃から本格的に盛り上がるようで、帰るころにはどのバーも満員御礼!中に入りきれない人が歩道にも溢れてるし、主にローカルを中心とした大勢のギャラリーが通りの向かい側から見物している状態です。道もすごく混んでいて、これがスミニャックのナイトライフなんだな、とつくづく実感。ウブドじゃまず考えられません。ウブドの夜は早く、11時にはほとんどのレストランは閉店するので道行く人もまばら。ハイシーズンになれば少しは混むのだろうけれども、この時期は夜遅くまでやっているバーもガラガラだったりするので、ウブドでは早寝が鉄則!ウブド滞在のおすすめはアウトドアアクティビティですね。サイクリングやラフティングなどは近いので移動距離も少なく、ウブド近郊の豊かな自然を楽しめると思います♪

ちょっぴり遅めのスミニャックデビューですが、友人曰く、ゲイバーはBali Joeが一押しなんだそう!お好きな方はぜひどうぞ。たまには休日をウブドから離れてスミニャックで過ごしてみるのも悪くないものですね。

br_decobanner_20120107053224.gif
↑      ↑      ↑ 
いつもクリックしていただきありがとうございます!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事



コメント

  1. これはバンコクですね

    ウブド滞在のあと、この辺りで1、2泊すると日本に帰るリハビリ?になっていいです。

  2. イブウブ子

    ねこまま さんへ

    ウブドに初めて泊まったお客さんはみんなウブドで良かったと言ってくれるので、ないもの強請りなのかも。私はウブドに慣れ過ぎているので、逆にスミニャックが刺激的で良かったです^^

  3. 爺ちゃん

    エアーアジアで一飛び、体験しますか?

    ハハッハ、このショーはもの悲しいな。 何事も研究
    する事が大切。 ご贔屓エアーアジアでBKKに一飛び、
    本式ニューハーフ・ショーをご覧下さい。 
    高架鉄道BTSでラチャラウイ駅下車。連絡橋を渡ると
    アジア・ホテルに入る。 エレベーターで地下に降り
    るとそこはキャバレー・カリプソ。(calypso)
    定員制なので市内の旅行社で予め入場券を購入の事。
    案内のボーイに5ドルばかり掴ませ、カメラを見せると
    撮影しやすい椅子に案内してくれますよ。 
    飲み物1杯付き。 ショーは豪華絢爛、演出は欧州人が
    やっておりました。 踊り、歌、笑い、と時間を忘れる
    楽しさです。 ダンサーをよく見ると、全員跡形も無く
    大切な物をポトンしておりますな。 命がけだよ。 
    ハイ!!デジカメを構えて撮影です。 you tube で予習
    をしておきましょう。
    日本にもカルーセル・マキなるニューハーフがおりました。
    BKKで性転換手術を受け、日劇5階のミュージック・ホール
    に出演しておりました。 
    ウブ子さんが生まれる前のお話です。  お粗末!
    コメントの横字数はどこまでOKですかな?

  4. イブウブ子

    爺ちゃん へ

    バリのゲイバーも庶民的で楽しかったですけど、やっぱり本場はバンコクなんですね。そんな本格的なショーがあるのなら、ぜひ一度見てみたいもの。でもバンコク、近くて意外に遠いです(涙)。バリのゲイバーはドラッグクイーン専門のようですね。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1420-23dfa5c3
この記事へのトラックバック