亀のフランス料理!?@pignou di penyu

2012年09月08日 23:18

今日はクニンガン。でも夜までお仕事でした(ToT)。もちろんクバヤを着て出勤しましたが、ヒンドゥー教の儀式を怠ることなく信仰深いバリ人を見ていると、宗教心のないワタシは非国民なんだかなぁ・・・と肩身が狭いです。お祈りするわけじゃないのに最近は頻繁にクバヤを着用するため、そろそろ新調しようかと検討中。町のクバヤ屋さんの店頭には新しいスタイルのクバヤが並んでいるし、周りの子たちが素敵なのを着ていると欲しくなっちゃいますね。買うときはオトナ買いで3着以上は買っちゃうつもりです。ついでにスカート用のサロンと腰紐も合わせて♪でもクバヤってこっちでは意外に高いお買い物なのでいつ行けることやら(涙)。

さて、先日はありがたいことにお客様からディナーにご招待いただき、向かったのが「亀のフランス料理店」!お店の名前のpignouはフランス語で亀、penyuはバリ語で亀という意味らしい。発音しにくい店名なので勝手に亀のフランス料理と呼んでます^^モザイクがニューヨーク風の高級フレンチなら、こちらは正真正銘、フランスの田舎にありそうな家族経営のフレンチといったところ。

場所は裏グルメ通りのゴータマ通り
P8220680.jpg

いやいや、この通りは最近凄いんですよ!トリップアドバイザーで一番人気のMelting Wokは今や予約なしでは入れないし、Biah Biahも大繁盛!今や向かいのDevilliciousよりも混んでいるし、ディナーは予約しないとムリそうです。欧米人バックパッカーに人気のデワワルンも相変わらずの安さで連日満席。他にもおいしいワルンが連なっていて、今とにかくこの通りが熱い!本当はMelting Wokに行きたかったのだが、予約が取れずに断念(涙)。これで2回失敗・・・11時とか4時とか5時なら予約なしでも入れそうだけど、そんな時間に行くことはないし、いつになったらここで食べられるのか分かりませんが、行った時はもちろんブログで報告したいと思います。

店内はフランス語を話すお客さんがほとんどでした。
P8220684.jpg

隣はフランス人カップル。今、ウブドを訪れるフランス人旅行者は多いんです。これまで大勢のフランス人を見てきましたが、ほぼ全員ペラペラ。フランス人が英語話せないというのは迷信ですね。

バリのおいしいワイン、Two Islands
P8220685.jpg P8220688.jpg

ハッテンワインが製造元なのですが、Two Islandsのほうがワンランク上。ワイン通はこちらを飲むことが多いです。赤ワインのShirazをいただきました!常夏のバリでは赤も白も冷えていたほうがおいしいですね。特に普通のハッテンワインの場合はクオリティが劣るため、冷やして飲んだほうが本来の味よりおいしく感じられます。

3人でこれだけ注文!
P8220694.jpg

Nicoise Salad(ニース風サラダ)
P8220691.jpg

Pignou di Penyu風ナシチャンプル
P8220706.jpg

やっぱり店名のついたメニューに弱いのだ(汗)。前にも食べたことがあるけれど、ついつい頼んでしまいます。Calamar Armoricaneと同じイカ料理が入っていたので、いろいろ食べてみたい人にはナシチャンプルがおすすめです。個人的にはご飯の右にある肉煮込みの味つけが癖があって食べ切れませんでしたが。何の肉だったんだろう?もしかしたらウサギだったかも!?とにかく変わった味なのです。

Beef Carpacio(左)、Calamar Armoricane(右)
P8220695.jpg P8220700.jpg

牛肉のカルパッチョは意外に軽く食べられる味。右のイカ料理はクリーミーな味付けなので一人で食べると飽きちゃうかな。

お料理は独特なメニューと味付けでウブドでは個性的なレストラン。何しろここのメニューは読みづらい!本日のおすすめは別にあるのですが、筆記体の手書きでフランス語なのでちんぷんかんぷん。もちろんメニュー名の下に英語で説明はあるけれど、筆記体というところでまずアウト(涙)。今回は粋なお客様が入念に調べてきていたおかげで何とかスムーズに注文することができましたが、それでも20分くらい迷いました。日本人には分かるメニューが限られると思うので、その中から選ぶのが無難ですね。グラタンもおいしいらしいです。お隣のフランス人がフレンチナシゴレンを食べていましたが、リゾットみたい!クリーミーでおいしそうでした。

ゴータマ通りで長年営業しているならば、もっと流行っていてもいい感じなのだが、流行に流されずオーナーのこだわりが感じられるスタイルが好き。ちなみにオーナーはフランス人のおばさん(おばあさん?)でいつもキッチン付近のテーブルに座っています。後姿が貫禄たっぷり!店内には昔のバリの写真が飾ってあったり、テーブルもきちんとテーブルクロスを使ってワイングラスまでセットアップされていて、意外に本格的。それでいてどこかアットホームな雰囲気が好きです。

メニューにはスタッフの名前がついたデザートもあったり、アットホームなレストラン。今回は楽しい会話に盛り上がり、時間が足りなくなったので残念ながらデザートはパスでしたが、ホームメードのジェラートをぜひ食べてみたいな♪

今回はご好意に甘えてたっぷりご馳走になってしまいました。おいしいお食事と楽しいお時間をどうもありがとうございます!

バリ島ウブドからお届けしています♥
banner_blogranking.gif
↑      ↑      ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事



コメント

  1. mahal

    楽しいひと時をありがとうございました。

    ウブ子さま

    そっかーーー、

    「人気ブロガーがレポートするとこうなるのかーー?>>!」

    って感銘しているT夫妻です。

    これからからUBUDへ訪けるなら、まずウブ子さんの都合がつく時間とMelting Wokの空きを押さえたいです、、、。ホント

    亀フレンチの料理とワインも結構面白かった。
    「フランス人が食べても美味しいのかなァ?」

    まだまだ忙しい日々が続くと思いますが頑張りすぎないようにネ。

    では。。。

  2. イブウブ子

    mahal さんへ

    Mahalさんとは上手いHNですね。先日はありがとうございました!いやいや、お褒めいただき恐縮です。

    亀のフランス料理は美味しいのか、そうじゃないのか、よく分からないお料理もありそうですが、独特のスタイルのレストランなのでそれはそれで魅力的だと思ってます。Melting Wokはいつかリベンジしたい!あれからあっという間ですが、まだ1日しか休めていません(ToT)。気づかれないように力抜いて頑張ってますよ^^

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1485-f7690178
この記事へのトラックバック