豪華シャンデリアの異国空間@sarong

2013年02月08日 19:52

むしろウブドは雨季なのに最近雨が降らずに、じりじりと太陽が照りつく暑い日々が続いています。そして1月中旬から2月にかけては閑散期のピーク!日中でも町を歩いている旅行者はほとんどいない状態らしく、夜バイクで走っていてもレストランはどこもガラガラといった感じでした。とはいえ、今週末からは1週間ほどだけですが、中国の旧正月の休暇の影響で中国人旅行者が急増中!日本人は建国記念日の休日と重なりますが、この時期の旅行者の数はまだまだ少ないです。3月は卒業旅行の季節ですが、安いクタやビーチリゾートのパック旅行が大半なので、去年同様あまりウブドには影響ないようが気がするし、やっぱり日本人旅行者がウブドに増えるのはゴールデンウィーク以降だろうなと思う。

さてさて、クロボカンのディナー第二弾は「Sarong」。現段階でトリップアドバイザーのクロボカンのレストランで第1位になっている人気レストランです。

駐車場完備のエントランス
P1190134.jpg

スミニャック~クロボカン間のJL. Petitenget沿いにあります。バリ風建築で意外に地味!?このレストランはメールだと予約が取りにくいので、電話予約をおすすめします。でも当日だと夜9時以降しか取れないので、予約はお早めに!

一見外観からは地味に見えたのですが、中に入るとヨーロピアンなインテリアでギャップにびっくり!シャンデリアや大きなダイニングテーブルなど、まるでバリにいることを忘れさせる空間です。

P1170065.jpg

さすが人気のレストランなだけあって満席でした^^
P1170077.jpg

客層はスパイシーなアジアン料理が好きそうな欧米人ということもあって、メニューはタイ料理などをアレンジしたアジアンフュージョンが中心。日本にいたときはエスニック系のお料理やスパイシーなのが好きだったけど、バリに住んでから好みが変わったような気がします。以前ほどタイ料理やインド料理を食べなくなったかな。

Homemade perkedel with wagyu beef potato celery chili(手前)、Soft shell crabs with green mango mint shallots crushed(奥)
P1170063.jpg

Northern Indian curry of king prawns with cheese naan
P1170075.jpg

量はけっこう多いので、二人なら前菜2つ、メイン1皿でも十分のボリューム。カレーにはご飯やナンがつかないので追加で注文しました。ご飯のほうは写真には写っていないけれど、ザルに入ってきて軽く3-4人分はありました!ちなみにお料理のほうはローカルワルン並みにかなり辛い(涙)。欧米人って辛いの苦手じゃなかったけ?でもウブドのMelting Wokだってかなり辛いけど欧米人に人気だし、知り合いの欧米人はみんな辛口派なので一概には言えないのかも。ウェイターも「辛いけど大丈夫?」と聞いてくれたので、たまたま選んだメニューが辛かっただけかも知れません。辛口の白ワインと一緒にひぃひぃ言いながらいただきました。

とってもお洒落で素敵なレストランなので、家族や恋人など特別な機会におすすめしたいです。クロボカン地区には素敵なレストランがいっぱいあるので、フレンチ&西洋料理ならMetis、アジアンフージョンならSarongといったようにお料理の好みに合わせて選ぶといいですね。まだ行ったことがなくて気になってるのはChandiとSardineとDahana。また次回のお楽しみに・・・♪

Sarong Restaurant Bali
Jl. Petitenget No, 19 x
Kerobokan, Bali 80361
T. +62 361 4737 809
F. +62 361 4737 810
E. info@sarongbali.com
W: www.sarongbali.com

バリ島ウブドからお届けしています♥
banner_blogranking.gif
↑      ↑      ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事



コメント

  1. りぃ

    仕事が忙しくて暫く見ない間に、ラブリー仕様になってたのね~♪♪♪
    スッゴイ可愛いね~o(^o^)o
    女子ブログって感じで好きかも~(//∇//)

  2. イブウブ子

    りぃ さんへ

    携帯用のテンプレートを変更したんです♡ 今年は女子力アップ目指します(^O^)!

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1542-8373a246
この記事へのトラックバック