ウブド近郊の美味しいワルン@ warung HANA

2013年05月14日 10:10

おはようございます!昨日はこの時期にしては珍しくスコールが降りました。こんな大雨、数ヶ月ぶり!おかげで空気はキレイになって、昨晩は星がよく見えました☆ 大雨が降った理由、バリ人に聞くとおそらく「明日、ウブドでお葬式があるから・・・」と答えるに違いない!ちなみに今日はウブドの王宮でお葬式が執り行われます。お葬式と雨の関係、日本人には不思議なところですが、お葬式の日に雨が降らないように偉いお坊さんがお祈りしているのです。おかげで今朝は雲一つない青空が広がってます。何も予定がなければ見学に行きたいところですが、あいにく朝から予定がびっしりなので行けなさそう。11時とか正午スタートと言われていますが、実際はどうなんでしょう?

さて、今日はワルンの紹介です。と言っても、小汚いローカルワルンじゃございません。

Warung HANA。
P4181156.jpg

場所はプリアタンからゴアガジャに向かう公道沿い、YAMAHAの直営店の隣にあります。オーナーはDianレストランと同じなので、ワルンなのにお食事はレストラン並みのレベル!天ぷらとか、ちょっと日本っぽいメニューもあるので、日本人在住者にも人気のワルンなのです。道を挟んで向かいには同じく人気のライバル店、Warung Janggar Ulam。インドネシア料理のみですが、裏にガゼボ席もあったりして、ちょっとバリっぽいムードが楽しめます♪

ワルンハナのお料理はインドネシア料理なんだけど、バリ風じゃなくて若干日本人テイストが効いているのが◎。例えば、このお魚のセット、お魚にも甘いタレをかけて焼いているので、すごく食べやすいのだ。しかもこっちのワルンでありがちなカリッカリ状態ではなくて、身も柔らかい。こっちのお料理っていつも揚げ過ぎ、焼き過ぎって思っちゃうことが多く、正直インドネシア料理はあまり好きではないワタシですが、ワルンハナのお料理は同じインドネシア料理と思えないくらいすごく美味しくいただけます。日本人の舌に合うお味デス。

P4181155.jpg

そしてここのご飯も美味しくて感激!こちらのお米は、正直白いご飯そのものの味を楽しめるとは言えないのですが、ワルンハナの白飯はそのままの味が美味しかったの。日本のご飯を思い出すというか、いいお米使ってるんだろうな。思わずおかわりしたくなったほどでした。今回はお腹いっぱいになったのでデザートはお預けでしたが、ここのピサンゴレンの味は忘れられない!コーヒーセットにすると6個付いてくるのでお得デス。今度また食べに行こう!こういうお店がウブドにももっとあればいいのに、と願うけれど、旅行者向けの高いお店ばかりになってしまったので、これからは難しいかなと思う。最近はめったに外食もしなくなったし、特にしたいとも思わない。

ところでワルンハナの正面にオススメの歯医者さんを発見しました!
P4181160.jpg P4181158.jpg

以前からよく欧米人が出入りしているな、と気になってはいたものの、こちらのローカル歯科医は信用していない。でも、お見送りに出てきたマダムが超ステキなお方で、ついつい惹きつけられるように見学させてもらいました。あなたが歯科医?って思わず聞いてしまうほど、とても魅力的な女性だったのです。そして英語がペラペラ。ジャカルタ出身のインドネシア人だそうですが、若い頃にオーストラリアに移住したらしく、オーストラリアで教育を受け、20年間歯科医として勤務経験があるそう。その後、ジャカルタの大学で講師を10年ほどされて、リタイアされた旦那様と一緒に去年バリ島に引っ越してきたとのこと。彼女曰く、もう私もリタイアしたいくらいだけど、好きだから歯医者は続けていきたいのだとか。一人だけでやっている小さなクリニックですが、彼女の腕と知識は信頼できそうです。歯のクリーニングやホワイトニング、虫歯の治療など一般治療は何でも出来るそうなので、今度クリーニングしてもらおうと思っています。これまでデンパサールまで行っていたけど、ウブドで素敵な歯科医を見つけたことは嬉しい限り。設備も新しくてピッカピカ☆ 清潔でお値段もローカル価格なので安心です。

バリ島ウブドからお届けしています♥
banner_blogranking.gif
↑      ↑      ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1572-18a4bd1f
    この記事へのトラックバック