夕日が見えた!@タナロット寺院

2014年07月09日 10:14

おはようございます!最近めっきり涼しくなり、今朝も曇り空のウブドです。在住者のワタシには嬉しい環境ではありますが、太陽を求める旅行者にはちょっと期待外れの天気が続いています。たぶん日本のほうが暑いです。ところで今日はインドネシア大統領選挙の日。5年に一度のビッグイベントなので、今日は休日なんだとか。投票は朝7時から午後1時までなので、今頃、みんな投票に行っているのだろうと思います。誰が大統領になって欲しいとか、ワタシなりに思うことはありますが、インドネシアはもはや発展途上国ではなく新興国になりつつあるので、今後の成長と変化に期待したいところです。そして、長かったワールドカップも終わって、村の青年たちも夜更かしせずに静かになってくれることを願います。バリ人はけっこうサッカー好きが多く、先月タナロットへ行った途中に通りかかった小さな村々でも参加国の国旗を立てて応援ムードたっぷり!私の地域の町内でも各家の前にペンジョール並みに各国の国旗が立ち並んでいます。ちなみにワタシのホストファミリー家の旗はブラジル!でも昨日は大差でぼろ負けしてしまい残念(;´Д`)。

さて、バリ島一日観光も最終記事!ジャティルウィの景色を満喫し、念願のバビグリンを堪能した後は、いよいよ最終スポット、タナロット寺院へ。途中でドライバー君が道に迷ったこともあり(-_-;)、ちょっと時間のロスがありましたが、ジャティルウィからタナロット寺院まで1時間はかかったように感じます。バリ島って地図で見るより案外広いんですね。普段、お客様に所要時間などを聞かれても、大体の感覚で40分ほどとか、1時間とか、1時間半って答えていましたが、道路状況やドライバーの運転によりけり。例えば、ワタシのドライバー君はバリ人らしくない安全運転(!)で、時速50キロで追い抜きもしないため、時速80キロでびゅんびゅん飛ばし、対向車線を無視してガンガン追い抜きをかけていくドライバーと比べるとかなりのんびりペース。※バリ人はハンドルを握らせると人柄が変わったように攻撃的になる人多し(^_^;) 観光スポットも写真などいっぱい撮って、お土産見たり買ったり、トイレ行ったりしているとけっこう時間かかるし、個人的には車のチャーターは半日で最低6時間、一日ならば10時間は想定しておいたほうが無難かと思いました。

タナロット寺院は夕日が美しい場所として、旅行者に知られています。ここは寺院ですが、チャンディクニン公園のように駐車スペースも広く、また入場ゲートから少し歩くので、時間に余裕を持って訪れることをおススメします。乾季の今の時期、日の入りは18時半頃ですが、日が暮れる2時間前、遅くても17時までに到着したほうが良さそうです。夕暮れ時は引き潮になっているので、ラッキーなら寺院の入口まで歩いて行くことができるんです。

入口からずらっと続く商店街
DSC01482.jpg

ウブドの市場並みにお店が多いのにはびっくり!お土産屋はもちろん、スーパーもありました。滞在中お買い物に行く時間がないという方は、ここでついでにお土産を買っちゃってもいいかも。ウィンドウショッピングが好きなワタシはついつい道草したくなっちゃいました。買わないのに・・・(-_-;)。

少し濡れていますが、寺院までたどり着けます!
DSC01484.jpg

寺院のある大きな岩の入口まで来れました!
DSC01485.jpg

これは聖水の出る洞窟でお坊さんに清めてもらいたい人の行列
DSC01488.jpg

実はワタシがたどり着いたときはこんなに列じゃなくて、何があるのかな?と思って待っていたら何も分からぬ間に奥にいたお坊さんに聖水をかけてもらい、耳には花を、額にはお米を付けてもらうことができました!もちろん寄付を求められます。旅行者に人気のようで、額にお米をくっつけた日本人観光客をけっこう見かけました。で、自分の番が終わって列を振り返ればこの通り。タナロットで清めてもらったのは初めてだったので、良い経験になりました(´∀`)。

まだガルンガンとクニンガンの直後だったので、竹のペンジョールが立っています!
DSC01490.jpg

17時頃だったと思いますが、海の向こうには美しい夕日が◎
DSC01493.jpg

ディナーの約束があって19時前にはウブドに戻らなければならなかったので、最後まで夕日が沈むところは見られませんでしたが、最初は天気が悪くて夕日が見られないかも、と心配されていた妹の旦那さんご両親も「やっぱり来てよかった♡」と喜んでくれました。ワタシも5年ぶり以上のタナロット寺院でしたが、本当に来てよかったと思いました。

ところでドライバー君情報によると、ここは管理が厳しく白タクのドライバーはお客様と同伴で入れない寺院なのだそう。旅行会社のガイドさんはOKです。バリ島のほとんどの寺院や遺跡はドライバーや地元の人は無料で入場できますが、ブサキ寺院とタナロット寺院はムリなんですね。でもタナロット寺院には悪徳ガイドはいないので、ご安心ください!ちなみにブサキ寺院は正規のライセンスを所持する旅行会社専属のガイドのみ同伴可能。白タクはもちろん、フリーランスのガイドやホテルからの車を使ってもドライバーは入れないため、嫌な思いをしないためにもブサキ寺院に行く方は旅行代理店を通してのガイド付きツアーをおススメします。ワタシは旅行者時代、一人でブサキ寺院に行こうとチャーターしたドライバーさんに頼んだのですが、あまり気が進まないと言われ、どうしても行きたいのなら連れていくけど覚悟してね、と警告され(゚д゚)!、以来勇気がなくて行けてません。お客様情報によると、入場料金や寄付金以外に要求されるガイド代は一人10万ルピアとも20万ルピアにもなるんだとか!?たとえ大金を払ったとしても、お寺はとても素晴らしかったと言われますが、その実態はいまだ掴めておりません。

話が逸れてしまいましたが、タナロットは一度は行く価値ありの観光スポットなので、ぜひ行ってみてください!ウブドからは少し遠いけれど、スミニャックからはもっと近くて行きやすいと思います。ウブドからは午後出発でタマンアユン寺院経由でタナロットで夕日&ディナーというツアーも人気ですよ。

バリ島ウブドからお届けしています♥
banner_blogranking.gif
↑      ↑      ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1665-94af7f6b
    この記事へのトラックバック