お城マニア必見!?@ザ・大阪城

2014年10月29日 22:39

こんばんわ。10月も残り2日。荷物の整理も仕事もようやく一段落して、のんびりできそうです。来月から2月末ほどまで、バリ島はシーズンオフ。天気も蒸し暑く、一年で一番苦手な季節に突入です。仕事は少しラクになるので助かりますが、年末年始がまた大きな山かな。日本にいてもそうですが、バリでも仕事をしていると時間が経つのがあっという間で、先のことを考える余裕もなく、今日明日のことで精一杯。未来は今日の積み重ね、なので、一つ一つ片付けていこうと思います。将来の計画?未来像?新卒の面接で必ず聞かれそうな質問ですが、今のワタシの答えは上記のとおりです、はい。

さてさて、まだまだ日本での観光ネタが続きます!今回帰国して思ったのは、やっぱり日本ってイイ国だなってこと。日本に住んでいたらストレスに埋もれてありがたみを感じなかったりしますが、外から見る日本ってやっぱり素晴らしいと思います。まず、道にゴミが落ちておらず、排気ガスも少なく空気もキレイ!トイレもキレイ!人は礼儀正しく親切。そして物が安い!物が安いというのは値段だけの比較ではなく、インドネシアの同レベルの商品の品質と比べてのことですが、最近のバリはインフレが進んで物価が高くなっているので、日本よりちょっと安いといった感じで、物価は10年前の2倍に跳ね上がりました。どんどん物価の差が縮まってきていて、この先が怖いです。

話は戻り、一日本人としてこんな素敵な日本にもっと多くの外国人が来て欲しいと願いますが、はっきりと言えるのは日本は観光フレンドリーじゃないということ。日本人が国内旅行するには何でも充実していますが、外国人に対してはかなりハードルが高いです。もし日本語が分からければ、地図も読めないし、電車の乗り換えもさっぱり分からない。バリ島のように現地ガイドとドライバー付ですべて案内してもらうスタイルではなく、日本では外国人旅行者も各自公共の交通手段を使い、目的地へ行くというパターンがほとんど。日本人ですら、地方から出て来たら苦労するので、外国からの旅行者にとってはかなり大変だろうと推測します。もちろん日本人は親切だから、分からなければ駅員さんでも通りすがりの人にでも聞けば教えてくれますが、あくまでも英語が通じたらのこと。京都や首都圏では英語の案内も併記されており、旅行者に向けてのアピールも感じられますが、大阪は住んでいる友人も認めるほど分かりにくかった(汗)。不便さゆえに異国情緒を味わえるというメリットもあるのかも知れないケド(^^;)、これから東京オリンピックもあることだし、観光対策は国全体での課題ですね。

大阪では道頓堀や通天閣には行ったことがあるけれど、実はまだ行ったことがなかった大阪城。寺院や神社もいいけれど、お城って何か歴史のロマンスを感じられるから、惹かれます♡。日本の三大名城の一つにもなっている大阪城に行くしかないっしょ!

ザ・大阪城
DSC02638.jpg

でかいです。というか、大阪城のある公園も皇居以上に広いんじゃないかと思うほど、すごく大きくてスケールの大きさに驚きました。城の中もビルディングといっていいほど8階建てになっており、エレベータも完備。エレベータの列は長い行列だったので、階段で展望台まで登ることにしました。最初は意気込んで頑張ったものの、久しぶりの階段に膝がガクガク。途中で息切れ多発。途中で休みながらも諦めずにたどり着いたらこの絶景が待っていました。

登って良かったぁ・・・
DSC02640.jpg

マスコットのゆめまる君とも記念撮影♪
DSC02636.jpg DSC02631.jpg

お城の中は博物館になっており、大阪城の歴史を学ぶことができました。戦国時代の日本って、まさに外国人が好きなサムライ真っ盛り!サムライ、ニンジャ好きの外国人を連れてきたら、喜ぶこと間違いないでしょう。スーツケースを転がして大阪城に観光に来るアジア人観光客が多かったのは謎ですが・・・。一緒に行ったインドネシア人の同僚は、「大阪城の上はホテルになっているのか?」と聞いてくるほど、不思議な光景。城内にスーツーケースを預ける場所もロッカーもないと思うので、大変そうでした。

侍のミニチュア模型
DSC02644.jpg

大阪に行ったら一度は行くべし!大阪城、なかなか見どころ満載でした~。

バリ島ウブドからお届けしています♥
banner_blogranking.gif
↑      ↑      ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1686-70496acd
    この記事へのトラックバック