チョコレート工場@pod

2014年12月07日 08:51

おはようございます!最近は午前中に少し晴れ間がありますが(といっても曇り空)、昼過ぎから夕方にかけて大雨が降り、夜には一旦止んだり小雨になり、深夜にまた大雨という天気が続いています。部屋は屋根がかび臭く、紙も湿気でめくれるくらい、嫌なジメジメ天気(-_-;)。例年に比べて涼しく日照時間も少ないので、今回の雨季で色白になれそうな予感がします♪10月と11月が猛暑だったからその分涼しくなってるのかな。ところでバリでは色白は最大の褒め言葉(*´∇`*)。女性に対しては、綺麗というより喜んでもらえます♪

そういえば、実家のある富山では雪が降ったみたいです。あの寒さと雪かきの苦労を思うと、バリの雨季など大したことありません。バリではどんなに大雨が降っても凍えるほどの寒さにはならないし、年間を通して気温が25度〜28度という気候に住んでいると、ついついのんびりムードになっちゃいます。雪国の人間と南国の人間の根本が違うのはやはり気候が大きく関係しているだろうな。

そして実家の猫が危篤だったと後になって知り、ショックを受けています(゚Д゚;)。腎臓が悪くなっていたらしく、オシッコも出なくて体温も下がり、歩くこともできなかったとのこと。今は病院で点滴を受けて良くなっており、明日には退院できるらしいですが、来年で15歳だし本当に心配です。今までも実家で飼っていたペットたちはすべて母親が面倒みてきてくれたので、また苦労をかけてしまい申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。ペットとはいえ、家族の一員だし、ミミのことを思い出して、切なくなってしまいました。人間もそうですが、いつまでも元気なわけじゃないのは頭では分かっているつもりでも受け入れることは難しいもの。海外に住んでいることで両親に迷惑をかけることも多くなるだろうし、自分の将来も見つめ直さないといけないのかも知れません。今はとにかくタロウの回復を願うのみ!頑張れ、タロウ!

さて前置きが長くなりましたが、今日はチョコレート工場の紹介です。チョコレート工場といっても、実はBali True Experience というアドベンチャー会社が運営するアクティビティの1つで、エレファントキャンプの敷地内にあるんです。ウブド近郊には象に乗れる場所が4か所ありますが、ここは初めて!今回はウブドのホテルで働く日本人スタッフの仲間と視察に訪れました。お誘いを受けた当初はランチ会という予定だったのですが、マネージャの方の計らいでチョコレート作り体験象乗りの2つのアクティビティを体験させていただくことができました。実はワタシ、ピンクの象のコレクションを趣味にしているほど、大の象好きなんです♡ インドネシアではスマトラ島産のスマトラ象が有名なので、バリ島ではスマトラ象を見ることができます。アフリカ象より小型で可愛らしいので、象に乗ることもできるんですよ!チョコレート作り~ランチ~象乗りというスケジュールだったので、まずはチョコレート工場の紹介から。

場所はCarangsariといって、ウブドから車で北に40分ほどのロケーションにあります。ここまで走ると周囲は田んぼと椰子の木の絶景が広がっていて、バリ島の自然の豊かさを実感できます。日本もそうですが、やっぱり田舎って美しいです。

どこまでも田んぼビュー
DSC03442.jpg

ミニ棚田
DSC03446.jpg

わざわざ世界遺産の田んぼを見に行かなくても、田舎を走れば田んぼはいっぱいあります!バリ島は三期作できるので、米は1年中作れます。南国の特権です!景色を楽しんでいたらあっという間に到着しました。チョコレート工場の名前はpod、日本語で実という意味だそう。ロゴもセンスがあって、高級感がありますね。

DSC03314.jpg

奥に見えるのがチョコレート工場とカフェ
DSC03340.jpg

カカオの実(pod)がコレ↓
DSC03319.jpg

カカオの処理に欠かせない設備器具
DSC03320.jpg

店内では当工場で作ったチョコレートが販売されています。
DSC03324.jpg

もちろん試食もOK!
DSC03329.jpg DSC03330.jpg

カカオの含まれる割合によって、ブラック、ミルク、ホワイトといろんな種類が楽しめます。ちなみにホワイトはカカオバターとミルク、砂糖で出来ているので、カカオは含まれていないんだそう。カカオ率の高いブラックチョコはほんのり苦味も。健康に良さそうですが、やっぱりミルクが食べやすいかな。それでも日本のミルクチョコレートよりカカオが多いようで、そこまで甘くないです。

ミニ板チョコもあります。
DSC03332.jpg

フレーバー付きの高級そうなチョコレートもありました。
DSC03326.jpg

楽しそう♪
DSC03361.jpg

工場の製作工程も観察できますよ!
DSC03359.jpg

奥の巨大チョコブロックをズームで・・・
DSC03360.jpg

鼻血が出そ~!チョコレート好きにはたまりませぬ。ではチョコレートスタッフが園内を案内してくれます。カカオって木になっているところを見たことがなかったのですが、こんな風になるんですね。木の枝から生えてくるのにはビックリ!1本の木に赤紫のカカオと黄色っぽいカカオの両方が採れるそうですが、味は同じなんだって。

DSC03347.jpg

カカオポッドを割ってデモンストレーションもしてくれます!
DSC03337.jpg

味見した生カカオの実は噛んだら渋いそうですが、マンゴスチンの実みたいにプルンプルンでジューシー。そしてその渋い実がカカオとしてチョコレートに加工されます。まずは外の甘いパルプを1週間ほどかけて自然発酵させて、その後洗って数日天日干しします。発酵中のカカオには小さな虫、蟻?がいっぱいたかっていて(パルプを食べてくれるんだって)、ちょっと臭かった(・_・;)。乾燥させたカカオは黒っぽく、かすかにチョコレートの香りがしました。

DSC03345.jpg DSC03338.jpg
DSC03350.jpg DSC03355.jpg

チョコレート作り開始★
DSC03333.jpg DSC03365.jpg

ウェルカムドリンクのチョコレートが絶品◎。チョコを飲むのは甘そうですが、意外にさっぱりしており、一気に飲み干せてしまいます。チョコはダークかミルクから選ぶことができますが、ショップでの味見の感想からミルクチョコレートが食べやすかったので、迷わずミルクに!象の型で作ります。トッピングは3種類から選ぶことができ、ワタシはココナッツ、ヘーゼルナッツ、カラフルなポップシード?を選びました。組み合わせは自由ですが、やっぱりオーソドックスなトッピングなしのミルクチョコレートも欲しかったので、半分だけトッピング入りにしました。

ジャッジャジャ~ン♪
DSC03368.jpg

型に流し込んだら、冷蔵庫で15分間冷蔵して完成です!
DSC03441.jpg

双子の象さん
DSC03457.jpg

バリ島のスーパーで売っている安いチョコはあまり溶けないのですが、これは少しでも常温に当たるとすぐに溶けだしてしまう本物のチョコでした。最近、バリ島では天然のカカオを使ったオーガニックチョコレートが注目されていますが、チョコレート作りの体験ができるところはなかったので、podチョコレートは新しい試みですね!自分で作ったチョコレートは美味しいし、子どもから大人まで作りながら楽しめる画期的な企画だと思いました。お子様二人のファミリー向けパッケージや、ラフティングや象乗りのプログラムに追加できるお得なパッケージも用意しているので、春休みや夏休みにもおススメ!ウブドに滞在していなくても送迎があるので、南部に泊まっている方も1日ツアーのように気楽に参加できるのが◎。ウブドからだと近いのでさらに便利です。ちなみにTrue Bali Experienceではあのジャティルウィでのサイクリングを唯一取り扱っており、今後は日本人旅行者にも人気が出そうですね!

次回は象乗りに続く・・・♫

バリ島ウブドからお届けしています♥
banner_blogranking.gif
↑      ↑      ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1699-683a72a4
    この記事へのトラックバック