腐ったバナナ・・・

2015年01月09日 11:03

新年早々、風邪気味であまりすっきりしませんが、あっという間に2週目も後半に入ってしまいました。お正月シーズンも終わりで、一段落つけそうです。ホテルで働いていると、日本はもちろんのこと、世界中から訪れるお客様との出会いが日々あり、また時には事件あり(!)、退屈することなく毎日が過ぎていくのは良いのですが、みんなが休んでいるときに働かないといけないという密かな悩みもあったりします。たまに「お正月は日本に帰省しないの?」と聞かれることもありますが、一番ホテルが忙しい時期なのでありえない!。あ~ぁ、おせち料理が懐かしいです。

さて、そろそろバリ島生活が9年目に突入します!振り返ればあっという間の8年間。仕事の面ではいろいろと経験を積み、学ぶことが多かったように思いますが、プライベートは相変わらずでして・・・(^_^;)。でもインドネシア語のほうは少しは上達して、市場デビューもしたし、10年ぶりくらいに自炊も再開したし、住み心地のよいホームステイ先も見つけたし、やりがいのある仕事に就けて充実した生活を送れることに感謝しています。アメリカ生活はちょうど8年で終止符を打ったので、バリ生活のほうが長くなりますね。

さて、好きで引っ越してきたバリ島なので、もちろんバリ人も大好きなのですが、「バリの魅力は何?」と聞かれてもすぐには答えられない自分がいます。バリが好きだし居心地がいいから。じゃあどういうところが好きなの?表向きは「人がフレンドリーで優しい」とか「食べ物や気候が合ってる」とか言っていますが、住み続ける理由は一つじゃありません。バリ島に来る前からヒンドゥー教が根付いているバリ島はアジアの中でもエキゾチックで神秘的な印象を持っていましたが、もともと伝統や仕来りに興味はなかったし、バリ舞踊やガムランも習ったことはないし、スピリチュアルなことは苦手だし、正直バリに惹かれたきっかけは日本人女性にありがちな理由だったし(^^;)、独身の私は今でもその部分が大きかったりする。人を好きになるのに理由がないのと同じで、バリを好きになるのにも理由は必要ないのかも。それに世界的に有名な観光地なバリ島で観光業に就いていると、常に日本人に接して日本語を使うので、外国で陥りやすい孤独感をほとんど感じないことも長く住み続けられる理由なのだと思います。もしウブドがただの田舎で観光地じゃなかったら、すぐに退屈してホームシックになってしまったかも知れません。ウブド好きの友人たちも定期的に訪ねてくれるし、ウブドに住むメリットは大きいです。

でも!長く住んでいても未だにバリ人は理解できないことが多いです。これは自分の経験から感じたことですが・・・

①突然仕事に来なくなる!
日本だと1ヶ月前とかに退職届を出して、後任に引継ぎしたり、会社に迷惑がかからぬよう準備を経て退職というのが礼儀だと思うのですが、バリ人はいきなり辞めます!しかも給料日の翌日に来なくなる率高し!!!周りのスタッフにも相談なく突然消えることもあり、そのあとは音信不通・・・。これは経営者がバリ人でも外国人でも同じのようで、給料日の翌日が怖〜い!裏切られて心が折れる経験は数えきれず、バリでビジネスをする上では避けられぬ悩みでもあります。日本人と比べて楽観的で責任感に欠けるバリ人だから、ティダアパアパで済まされる?

②ナルシスト多し!
バリ社会は日本以上に集団社会であるため、自己主張や目立つことは好まれません。自我が強い人間は曲者だと思われがちなのに、その抑えられた自我が屈折して出てくるのか、基本バリ人は自信満々で自分大好き♡なナルシストが多いです。写真もすべて自分撮り。FBでバリ人の友達がいる人は分かるんじゃないかな。一見、控えめで謙虚に見えるバリ人の女の子たちも自分のセルフィ画像を日々アップ!嘘だと思ったらバリ人とFBしてみて。

③上司には逆らえない!
バリ社会は日本以上に縦社会&年功序列なんです。しかもヒンドゥー教のカースト制度も入り込んで、けっこう複雑だったりします。上の立場の人が言うことは絶対服従するのがバリ流。しかも権力のあるボスを見極めており、ボス以外の命令は表向きは従うものの裏ではけっこう舐めてかかります。しかもバリ島では終身雇用が基本なので(といっても、すぐに辞めるが!)、雑用や面倒な仕事はすべて新入りの若者にさせる!いわゆる、パシリですわ(-_-;)。なので、年齢だけ重ねた仕事のできない上司がけっこう多かったりします。残念なことにバリ島で心から尊敬できる上司にはなかなか出会えません。

④腐ったバナナに要注意!
集団社会であるがため、若者でもベテランでも悪影響をもたらす人間(=腐ったバナナ)が一人でも存在すれば、その組織はほぼ全滅します。ずる賢い人間や怠け者がいるとアウト!ひとり一人は決して悪くないのに、簡単に悪いほう&楽なほうへ導かれます。もしそれが間違っていると思っても、大きな権力に逆らったり、個人の意見を主張して周りから浮くことを避けたがるバリ人は、正義より「長い物には巻かれよ」。年配になればなるほど、熟して仕事ができるようになればいいのですが、残念ながらこちらでは熟しすぎて腐ってしまうベテランが多い。

DSC03640.jpg

楽あり苦ありなバリ島生活ですが、今年もまた頑張っていこうと思います。日本は明日から三連休ですね。それではよい週末をお送りください!

バリ島ウブドからお届けしています♥
banner_blogranking.gif
↑      ↑      ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1711-72171ac4
    この記事へのトラックバック