口コミに一喜一憂!?@トリップアドバイザー

2015年03月09日 15:51

スラマッソレ~♪こんにちは。

最近雨がよく降って曇りがちなウブド。けっこう涼しくて、夜は肌寒くさえ感じます。といっても、ウブドの体感温度での話なので、日本の感覚だと全然寒くはないですけど・・・。実は来月に誕生日を迎えるワタシ。誕生日は自分と向き合う日と決めているので(ネクラ?)、一人でプチ旅行したりして地味にお祝いしているのですが、今年はどういうわけかどこにも行く気になりません。これまでギリ島やロンボク島をはじめ、ジャワ島はジョグジャカルタに行ったり、バリ島ではチャンディダサ、シデメン、パダンバイにも足を運びましたが、そろそろインドネシアに飽きた!?まだ行ったことのないアメッドに興味はあるけど、1泊じゃ足りないし、一人旅も何かと寂しいお年頃(笑)。今年は旅行の代わりにレストランで美味しいものを食べたりして、贅沢してみるのもいいかな、なんて考えています。妄想好きのワタシは考えごとが好きなので、1ヶ月間のんびり計画を立てようと思います。

さて、今日のタイトルにもあるように、トリップアドバイザーって侮れません。ランキング表示はいろいろ裏ワザで操れるとの噂もありますが、個人的には10位以内にランキングされるところはホテルにしてもレストランにしてもハズレはないんじゃないかと思っています。欧米人にはすごくメジャーな口コミサイトなので、トリップアドバイザーを見て宿泊を決めたというお客様も少なくないですし、エージェントさんも結構目を通しているらしい!日本人は個人情報に敏感なので、投稿する人は少ないようですが、チェックする人は多いのでは?良いことなら大歓迎ですが、営業妨害にもなりそうな悪いことも平気で書かれるし、この狭いバリ島のことなので、名指しで叩かれたりなんかしたら絶対に立ち直れそうにありません(;´Д`)。このように感じているのはワタシだけではなく、むしろバリ人のほうが気にし過ぎる傾向が。。。マネジメント幹部もチェックしており、その内容に一喜一憂する日々。日本でも同様だと思いますが、以前はクレームがあっても当事者間で解決できたのに、今ではネットで広まるリスクもあるし、脅しに使われることもあるとかないとか!口コミのために媚を売るわけじゃないけれど、良いサービス、良い設備、良いスタッフが揃えば自ずと評判がついてくると信じています。とはいえ、内部評価のシステムが乏しいバリ島のホテル事情では、口コミが上司に認めてもらうための唯一の手段なのも事実。これだけ影響力のあるサイトなので、みんなが気にするのは分かるけど、レストランでもフロントでも会う人会う人に「トリップアドバイザーにコメントを書いて!」と繰り返し言われたら、良かれと思ってもウンザリしちゃうのが人の心情だと思うので、ワタシからお願いするのは1回だけにします_(._.)_。

今日は最新情報ではないのですが、口コミに肖って勤務先のホテルの写真をちょっとアップしますね。乾季の頃に撮った写真なのですが、これを見るとやっぱりバリ島は乾季がいいなと思う。雨季のほうが緑が青々としたイメージがありますが、実際はそうでもないような気がします。曇り空のせいで写真写りもイマイチだし、悪天候が続くと植物や芝生のコンディションが悪くなり、色合いもぱっとしません。

奥に見えるのがレストラン
DSC02017.jpg

実はモザイクで長年修行を積み、某有名ヴィラで腕を磨いたヘッドシェフが新しく就任しました!他のホテルだと外国人シェフを雇うところも多いのですが、うちはオーナーの方針なのかオープン当初からバリ人シェフのみ。キッチンという独特の場所では、コミュニケーションやチームワーク、リーダーシップという点から見ると、外国人シェフが必ずしも実力を発揮できる環境とも限らないので、ワタシもローカルのほうがいいんじゃないかと思っています。このシェフ、かなりのやり手でして、メニューにはないインド料理やベジタリアンの創作料理なども即効でアレンジしたり、メニューにあるお料理でもデコレーションをアレンジしたり、となかなかプロフェッショナルなお方なのです。日本のエージェントさんとも取引が多く、団体さんや外部のお客様もいらっしゃるので、これからが楽しみデス♪

レストランからの眺め
DSC02038.jpg

モンキーフォレストまで広がる田園風景
DSC02033.jpg

植え替えの時期には合鴨がいっぱい!
DSC02041.jpg

ちなみにこの辺は一年に3回田植えするので、三期作です。ちなみに今の田んぼは水張り状態。今月下旬におそらく田植えされるのでしょう。毎年、ゴールデンウィークの時期は毎年新芽が植えられて、青々としています。田んぼといえば、レストランに行く途中の田んぼに蛍がいるんです☆ 夜8時から9時くらいまでが一番良く見えて、先日雨が降ったあとには6、7頭も見ることができてお客様と一緒に興奮してしまいました。バリ人には「日本人って何でそんなに蛍が好きなの?」と聞かれるのですが、日本ではあまり見ることがないから、でしょうか。そういえば、昔、バリ人男子が日本人女子を夜連れ出す手として、「蛍(クナンクナン)を見に行かない?」というのが流行ったそうですが、今もその手は使えるのかな?(笑)そんなにロマンチックなほうじゃないけれど、蛍が舞う姿には癒されますよね。

メインプール
DSC02020.jpg

扇形のメインプールはいつ見てもフォトジェニック!
DSC02028.jpg

妹ファミリーが泊まった際に一度だけワタシも中に入って泳ぎましたが、なかなか気持ちよかったです。ただし、水泳遊具は置いていないので、小さなお子様がいらっしゃる方は持参されたほうが楽しめると思います♪

次回はスパの紹介へ続く・・・。

バリ島ウブドからお届けしています♥
banner_blogranking.gif
↑      ↑      ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↓      ↓      ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
関連記事



コメント

  1. トリップアドバイザー私もけっこうチェックしてから旅行先へ行く事が多いので、10位以内はハズレはないと聞いて安心しました〜。そろそろ今年もウブドに行きたいな〜と計画を立て始めてます!ウブドの田園にいる合鴨や夜出会える蛍にやっぱり癒されるのです!8月後半にウブドへ行きたいのですが時期的にはOKでしょうか?蛍はその時期いますか?

  2. イブウブ子

    クルンちゃんへ

    こんばんは。実はバリ島の田んぼは地域によって田植えの時期がまちまちなので、分からないのです。合鴨は田植えの直後あたりと稲刈りの後に見られるかと思います。蛍はすべての田んぼで見られるとは限らないので、何とも言えないですね。個人的な経験では合鴨がいる時期は蛍がいないようにも感じます。蛍は稲がある程度育っている田んぼのほうがよく見えるのと、稲以外に田んぼの中にバナナの木などがあると生息することが多いように感じます。タイミングよく合鴨や蛍が見られるといいですね。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1731-e0dd9bef
この記事へのトラックバック