優雅な休日ランチ【お食事編】@sayan house

2015年09月19日 12:31

スラマッシア~ン♪こんにちは!

今日のウブドも晴れて清々しい空が広がっています。最近、日が昇るのが早くて、6時半頃には目が覚めるようになりました。気温のほうも朝晩寒く感じることはなく、特に日中はかんかん照り☀なので日差しは強いです。この季節はどうも近所の鶏も早起きになるようで、アラームなしでも自然に起きられます。思えば、鶏の声で起床するって日本じゃ考えられないですよね(^^;)。バリって動物と人間の距離が近いので、それが至って普通のことだったりします。家の中には蟻はもちろんのこと、ヤモリやゲッコーがいるのは当たり前。野良猫は庭に勝手に入り込むし、犬も放し飼いで鎖に繋がれている飼い犬はほとんどいないです。ウブド近辺のほとんどの家庭では鶏を飼っているし、少し郊外へ行けば、豚を飼育している家もいっぱいあります。都会的で清潔な暮らしも快適ですが、バリに住んで早8年半。ワタシにとっての日常生活はこういう気取らない環境がしっくり感じられるようになりました。どんどんシンプルで質素になるワタシの生活ですが、過不足のない暮らしぶりに今は幸せを感じます♡。バリでひとりで生きていくには自分の力だけじゃどうにもならないことも多々あるし、仕事においても私生活においてもいろんな人に支えられ、助けられて生きていることを実感する日々。決して驕らず、常に感謝の気持ちを忘れないようにしたいです。

さて、少し日があいてしまいましたが、今日はSayan Houseでのランチの続きを。久しぶりに昼からビール🍺と思ったんですが、実はワタシこう見えても下戸でして(;´Д`)・・・。昔は頑張って飲み続けてこれでも少しはお酒に強くなったものの、ここ1年ほどはあまり飲むことがなく、めっきり弱くなってしまいました。昼から酔っぱらうのはNGなので、さっぱり目のライムとジンジャエールのドリンクで乾杯!ライムやジンジャーの入ったヘルシードリンクは最近好きになり、ハマっています。ちなみに右の緑のドリンクはSayan Squashというサヤンハウス特製のオリジナルドリンクなんだそう。ジンをベースにキュウリとコリアンダーとジンジャーアレンジしたお酒ですが、ジン抜きでも作ってくれます。コリアンダー(所謂パクチー)は日本人でも苦手な人は多いかも知れませんが、これはキュウリのさっぱりした甘味とジンジャーライムの酸味がバランスよくブレンドされていて、パクチーは控えめ。カクテルとしても、ヘルシードリンクとしても楽しめます。

DSC05434.jpg DSC05439.jpg

ランチのセットメニュー
DSC05437.jpg

気になるお値段ですが・・・
メイン&コーヒー/紅茶⇒Rp.120.000++
前菜&メイン&コーヒー/紅茶 
or メイン&デザート&コーヒー/紅茶⇒Rp.150.000++
前菜&メインコース&デザート&コーヒー/紅茶⇒Rp.200.000++

別途16%の税・サが加算されますが、フルコースで頼んでも2000円弱と、ルピア激安の今はかなりお得です!心地いい風を肌で感じつつ、絶景を眺めながらいただく贅沢なランチはお金で買えない価値がある~(^^♪ どっかで聞いたようなフレーズですが、マスターカードも使えると思います。

お通し(左) 揚げ豆腐とキノア(右)
DSC05467.jpg DSC05475.jpg
バビグリン寿司(左) フォアグラのにぎり(右)
DSC05472.jpg DSC05476.jpg
バリ風ペペロンチーノ(左) 木製のカトラリー置き(右)
DSC05477.jpg DSC05480.jpg
こちらが絶品!サヤネーゼ☆☆☆
DSC05478_20150916003404cd8.jpg
アップルパイ(左) レモングラスパンナコッタ(右)
DSC05482.jpg DSC05483.jpg

ちなみにこれは二人分です。気になるメニューをそれぞれ頼んで食べ比べしてみました。まずは前菜から。フォアグラのにぎりはディナー用のアラカルトからの特別サービス!バリでは3回目のフォアグラですが、基本レバー好きのワタシにはたまりません♡ 昼間からとろけちゃいました(^ω^)。バビグリンのロールも照り焼き風で食べやすかったです。お料理のジャンルとしてはジャパニーズを基本としたアジアンフュージョン系だと思うのですが、バビグリンやフォアグラのお寿司などは海外っぽい斬新な発想で逆に新鮮。そして今回初めて食べたキノア!最近日本で流行っているヘルシーフードだそう。小さくて見えにくいケド、お豆腐の上に乗っかっています。プチプチしていて面白い食感でした。

続いてメイン。バリ風ペペロンチーノもピリ辛で美味しかったですが、パスタが好きなワタシが感動したのが、サヤネーゼ!地名を文字っているネーミングですでにお店の自信っぷりが感じられたものの、一口食べたらもう言葉が出ないほどの絶品で。。。食感はボロネーゼに似ていますが、食材はオールベジタリアンとのこと。何が入っているのか分からないのにこんなに美味しいパスタに出会ったのは初めてかも!トッピングのチーズとの相性も◎で、食が進みます。思わず写真に撮ってしまったココナッツの木で出来たカトラリー置きにもこだわりが感じられます。サイズを合わせて作ってもらった特注品なんだそう!

最後はデザート。甘いものには目がないワタシは、もちろんデザートは別腹です(笑)。バリでアップルパイってありそうでないし、ホームメードのアイス付きということで頼まなきゃ損!ってことでまずはアップルパイ。コーヒーとも合います。続いてのパンナコッタは南国ならではのレモングラス風味。さっぱりしたのが好みの方におススメです。

ディナーと比べるとかなりお値打ちなセットランチは、パスタやサンドイッチなどから選べて、セットの組み合わせも豊富なので、用途に応じて楽しめますね♪個人的にはウブドの喧騒を忘れて、こんな隠れ家カフェでまったりランチっていいなって思いますが、ディナーがメインなのでランチの時間帯はまだ空いていて、まだまだ穴場なのデス。少し中心部からは離れているので、車をチャーターして観光の途中に寄ったり、夕暮れ時に立ち寄って少し早目のディナーとかがいいんじゃないかと思います。ウブドのホテルに宿泊していても、サヤン地区の高級リゾート以外ではこんな絶景は望めなかったのですが、サヤンハウスはホテル併設じゃない貴重な絶景レストランということで、近いうちにモザイクを超える存在になるのでは!?独自のマーケティング戦略で客層や認知度など圧倒的に欧米人に人気のレストランではありますが、実は日本でホテルやレストラン、ウェディング事業を展開するグローバル企業が資本ということで今後にますます期待が高まります!

シルバーウィークに伴い今日からハードスケジュールですが、素敵な休暇をお過ごしください♫ 行ってきま~す👊

The Sayan House
Opening hours ※月曜定休
Lunch: 12:00 - 15:00 (last order)
Dinner: 17:00 - 22:00 (last order)
Cafe&Bar: 12:00 - 23:00 (last order)

T . +62 361 479 25 92 / +62 822 4737 0344
E . reservation@thesayanhouse.com

バリ島ウブドからお届けしています❤
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif
関連記事



コメント

  1. ピサン

    そんなに高くはないんですね~。
    ランチなら行けそう^^
    10月行けるかなぁ。
    日数7泊9日なので・・・行きたい店が
    一杯ありすぎですWW

  2. 良ちゃん

    ネットが!

    僕は埼玉県の南部に住んでいますがネット環境があまり良くありません。2日間ネットが繋がらなくなり困っていましたが今朝何事もなかったように復帰しました。それほどネット依存との自覚はないのですが二日間は手が震えました。

    さてバリ出発が迫りスーツケースのパッキングをそろそろしようと思いますがなかなか進みません!
    今回のウブ子さんのブログにあった「驕らず感謝を忘れずに」は心に刺さりました。
    僕は60ですが若い頃は今想うとイヤなやつでした。
    根拠の無い自信だけで生きていたなと思われます。凄くハズカシイです。ホントの友達が少ないしね。
    結局優しくないと人はダメですよね!

  3. 音葉(otoha)

    ロケーションも、インテリアも、そして独創的なお料理の数々・・・とっても素敵なお店ですね~(*゚▽゚*)! バビグリン寿司とフォアグラのにぎりが、なにやら気になる私です(笑)

  4. イブウブ子

    ピサン 様へ

    頑張って食べまくってください!ところで10月は出張しないので、ウブドにいます。

  5. イブウブ子

    良ちゃん 様へ

    2日間も放置されるとはまさにバリ並み(^^;)です!日本だったら通信会社がしっかりしているので、苦情を言えばすぐに修復してくれそうですが、海外でしかもウブドのような田舎だと泣き寝入り。日本の情報収集や連絡手段などはネットに頼り切りなので、かなり不安になります。

    誰でも昔を思い出すとダメなことだらけですよ。むしろ、過去の栄光に埋もれるより今のほうがいいと思える人生のほうがいいと思います!ワタシから見たら、逆に自信たっぷりの人羨ましいです。厳しさと優しさを持ち合わせるのが一番ですよね。でもそれは経験とか年齢とともに熟してくるものだと思います。バリ滞在、満喫されることを祈っています♪

  6. イブウブ子

    音葉様へ

    まさにオトナの女性にぴったりの素敵ダイニングです!日本人のシェフがトップらしいのですが、外国人好みのお料理をよく知っているんですね。似たようなレストランが多いなか、なかなかセンスのあるお店だと感じました。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1787-9adb2aa3
この記事へのトラックバック