夢の島プチ旅行「上陸編」@レンボンガン島

2016年11月24日 17:49

スラマッソレ~♪こんにちは!

東京は11月なのに初雪だったそうですね⛄ 今年は寒くなるのかな?ウブドではここ数日、午後になると大雨が降り、いよいよ雨季も本格的になってきました。雨季といえば湿気との闘い💪 毎日85%以上なので日本の夏以上にカビが発生しやすく、体の調子もイマイチ。実はレンボンガン島から帰った後、しばらく体調を崩してしまいました。一見元気なのですが、薬でしのいでいます。本調子じゃないのにいろんな精神的ストレスが重なり、この雨☔と気分が滅入ってしまいそう。バイクに乗っていてびしょ濡れになったり、ますます気分落ち込み⤵・・・とにかく雨季は苦手。これから春先までは憂鬱な季節が続きます😢

さて、今日は先週のレンボンガン島プチ旅行について書いてみます。無性にどっかに行きたい衝動に駆られて、急遽計画した今回のプチ旅行。何か、突然海が見たくなったんです!

近年、欧米人に人気急上昇中なのがギリ島(ギリトラワンガン=通称ギリT)。別名パーティアイランドと呼ばれるほど、若者たちの弾ける島として知られています。海も綺麗なのでダイビングやシュノーケルができるし、白い砂浜が美しいのですが、1泊2日で行くにはちょっと忙しい。3泊あれば行きたいけど、ギリ島はバリではなく、お隣のロンボク島に属する島。どうせなら大好きなバリ島をもっと楽しみたいということで、調べた結果ヒットしたのがレンボンガン島だったわけです。

ギリ島はウブドの場合、パダンバイ(車で90分)からのボート(90分)ですが、レンボンガン島はサヌール(車で40分)からたくさん出ているのでアクセスが◎。しかもサヌールからボートで30分ちょっとで着いちゃうんです!近いし早い。バリ島にもこんな素敵な島があるのに意外に知られていないのがもったいないくらいなのですが、実際に行ってみると秘密しておきたいくらい素敵なところだったので、できればギリ島のように観光地化して欲しくない気持ちもあったり。実は以前にバリ倶楽部が主催するレンボンガン日帰りツアーに参加させていただいたことがあったのですが、あれからも数年。そのときに見た青い海が忘れられず、今回は海以外も楽しみたいと思って1泊しました。

正直、バリ島ではここ最近ボート関連の事故が多発しており、ボートに乗ることが怖かったのですが、たったの30分ということで無事を信じることにしました。パブリックボートも含め数多くのボート会社がありますが、自分なりに調べた結果、候補は3つ。パブリックボートは割安ですが、自分でチケット売り場に来ないといけないし、ボート料金のみで送迎はなさそうだし、保険も含め安全面で不安なのでパスしました。

①Scoot(http://www.scootcruise.com
②Rocky(https://rockyfastcruise.com
③Glory(http://www.gloryfastboats.com

どの会社も往復で50ドルほどで2名以上の予約ではドアツードアの無料送迎が含まれており、よく考えるとかなりお得!ちなみにウブドからの場合、1名参加で無料なのはScootのみです。Scootはレンボンガン経由でギリ島やロンボク島まで行けるというのも初めて知りました👀 Rockyは南部エリアの場合は一人からも送迎無料ですが、ウブドは片道25万ルピアと割高。Gloryはプラマシャトルとも提携しているボート会社で、ウブドへの送迎も片道5万ルピアと良心的。どの会社ともレンボンガン島のホテルへも送迎は一人でも無料で手配してくれます。帰りもボート会社のトラックがピックアップに来てくれるというサービスはありがたいです。いろいろ比べた結果、今回は朝の出発が一番早かったGloryを利用することに。

ウブドへのピックアップは朝7時⏱。途中でサヌール地区のホテルに寄って他のお客さんをピックアップしながらサヌールのオフィスへ向かいます。サヌールのマクドナルド付近にはボート会社のオフィスが並んでいます。まずはそちらでチケット購入。レンボンガン島での滞在先も伝えて、往復送迎を手配してもらいます。シールをもらって、シャツにペタリ📛。そして車で港近くの駐車場まで移動し、ドライバーさんの案内でビーチの乗り場まで来ます。

ボートの待合所
P_20161115_081750.jpg

隣りには他社の待合所が同じように並んでいます。シンプルなワルンもあり、朝ごはんを食べるバリ人も。観光客向けの洒落たお店は付近にはないので、食事は済ませてきたほうが良さそうです。

出発を待ちわびる各社のスピードボートたち🚤
P_20161115_081945.jpg

一番左がGlory社のものです。着いた時間にもよりますが、20分ほどで乗船時間になり、水の中を歩きながらボートに乗りました。長ズボン厳禁です!そして足はビーチサンダルが必須。浜辺でサンダルをボックスに入れて裸足で乗り込み、レンボンガン島に上陸後にまた浜辺で自分のサンダルを探すシステムなので、安いビーチサンダルで行ったほうが安心です。船酔いしないほうですが、大きいほうが揺れは小さいのかな?前にピュンピュン進む感じで、乱気流の機内に似た上下の揺れが続きます。ギリ島の場合、これが90分なので考えると気疲れしそうですがレンボンガンは35分くらいで着いたので全然苦にならなかったです。

ボートの中の様子
P_20161115_083618.jpg

エアアジアのようなシートですが快適です。が、乗客の大半は中国人!これは着いた後に気づいたことですが、島の観光客の8割以上は中国人という驚きの事実。知らぬ間にブームが起きていたとは!?荷物がないので日帰りツアーのようです。レンボンガン島に行くときはスーツケースはNG。持っていく人はいますが、重いし、運ぶのも大変なので、荷物は少なめが◎。日帰りでも行けますが、バリ島のホテルをスリープアウト(ルームをキープして外泊)して行くのもありかも!

レンボンガン島に近づくと海の色が変わっていました。
P_20161115_091207_HDR.jpg

無事到着👏
P_20161115_092008.jpg

最近はボート事故が相次いでいたので(ギリ島行きですが)、けっこうドキドキのボート体験。途中でガリっと音がしたリ、揺れが大きくなったり、ガソリンの匂いがしたり、と不安になりましたが、何ごともなくてホッとしました。上記のスピードボートはすべて島の中心部にあるJungut Batuというメインの港に着きますが、周囲はあまりお洒落な雰囲気ではなく、安宿が多い感じ。マングローブの森にも近いので、日帰りツアーなどもこちらの港を利用するらしいです。

こちらは帰国組
P_20161115_162059.jpg

水の中を歩くので、短パンでも濡れちゃいます。それにしてもバリのビーチとは違って美しい白い砂浜と透明度のある海に思わずテンション上がりまくり⤴ 綺麗です✨ 

もう一つの港はMushroom Bay
P_20161115_112252.jpg

こじんまりしたビーチですが、港に通じる道が一本しかなく、ボートの発着時刻の前には送迎のトラックで混雑しまくり。周囲には欧米人が好みそうなバンガローが点在しています。レンボンガン島は小さいので、ボート会社の無料送迎があるので、どちらの港でも困らないと思います。

さて、レンボンガン島といえばビーチですが、海にあまり興味がなく、アクセスよりも景色重視の私は丘の上の宿を予約。宿のオーナーがバイクで迎えに来てくれたので、親切心に甘えて連れて行ってもらいました。

こんな林の道を通り抜けて、どんどん山奥へ!
P_20161115_160732.jpg

こちらの宿にチェックイン📍
P_20161115_133349.jpg

立派なガネーシャ様が出迎えてくれました。ここがまた誰にも教えたくなくなるほど素敵過ぎるお宿だったのです!

それでは今日もご機嫌で!良い一日をお過ごしください✋

バリ島ウブドからお届けしています❤
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif
関連記事



コメント

  1. ピサン

    レンボンガン島35分なんて近い!
    でも私も船、ちょっとこわい・・・
    最近事故多いし。

    宿も素敵そう~。
    早くみたーい。

  2. イブウブ子

    ピサン 様へ

    ピサンさん、クタとかにも泊まる予定があればぜひ一泊して行ってみてください!バイクも運転できるし、自由自在に楽しめると思います♪ウブドよりハマるかも!?

  3. くじら

    12月に・・

    12月 レンボガンに2泊予定です。素敵な宿教えていただいてもいいですか?

  4. イブウブ子

    くじら 様へ

    初めまして。本日のブログで詳細をリンクしましたので、ぜひご拝見ください!バイクで移動が可能であれば、おススメのお宿です。

  5. くじら

    ありがとうございます

     教えていただきありがとうございます。年末なので、1泊しかとれませんでしたが、エクスペディアでセール中で、お得な値段でとれました。朝食付きにしたのですが、夕飯も食べることできますでしょうか?

  6. イブウブ子

    くじら 様へ

    予約取れたようでよかったです!夕飯はもちろんレストランが併設されているので、有料でいただけます。ちなみにこちらのレストラン、けっこう美味しいのでぜひ一度はお試しを。甘い芋を使った(セラだったかな?)手作りのフライドポテトが最高でビールとの相性も◎でした!

  7. くじら

    楽しみです

     素敵な宿楽しんできます。紹介していただき、本当にありがとうございます。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1935-4b135831
この記事へのトラックバック