夢の島プチ旅行「観光編①」@レンボンガン島

2016年12月05日 23:00

スラマッマラ~ム♪こんばんは!

これから年末にかけて、一番天気が悪いバリ。今日は夜まで☔のウブドです。今年の雨季はホントに本格的で、毎日午後に必ず大雨が降ります。特に土曜日は降水量が半端なく30センチほど溜まり、道は洪水になるわ、通ろうとした車やバイクが故障して大渋滞。熱帯地方ならではの猛烈な降り方で今年一番の大雨でした。寒くはないけど、雨が降った夜は冷えるし、天候によって予定も阻まれるのでやっぱり雨季は憂鬱ですね。

さて、今日はレンボンガン島の観光について書きたいと思います!写真を見ると改めて綺麗なところだったなぁって感動しちゃう。しかもリゾート開発がまだ途中段階ということで、素朴な景色や雰囲気を味わいたい人は行くなら今です!観光地化され過ぎちゃうと、ウブドもそうですが物価も上がるし、田舎の長閑さも半減しそう。バリ島との違いはまずコンビニがないこと。そしてお土産屋がほとんどないこと。サンダルやシャンプーなどの生活必需品は必要な地元の人がやっている古めかしい商店には飲食物と一緒に売られている程度です。バリ島旅行の醍醐味はショッピングという人も少なくないけど、逆にシンプルで質素なレンボンガン島の良さを肌で感じた旅でした。

チェックインしてバイクをレンタルした後は宿のオーナーにもらった島内マップを頼りに観光スポット巡り!地図を読むのは得意ではありませんが、持っていると安心感があります。でもレンボンガン島は小さな島で小一時間もあれば回れちゃうらしいので、心配無用。ところで余談ですが、Google Mapってオフラインでも使えること、お客様から聞いて先日初めて知りました!でもこれ、意外に知られていないのでは?そういえば、ウブドでもバイクで観光している欧米人カップルも必ず後ろに座っている彼女がスマホ出してナビゲーターやっていたり、これまでSIMカードを買って高い値段払ってデータ通信しているのかと思っていましたが、そうじゃないんですね。使い方は簡単!WIFIがある場所でGoogle Mapのアプリを開き、左上にある漢字の三のようなところをクリックして、オフラインエリアをクリックします。そうしたらローカルエリアとカスタムエリアというのが出てきて、すでにバリ島にいたらローカルエリアをクリックして地図をダウンロード。日本からだとカスタムエリアを選び、そこからバリ島を選んでダウンロードしたら準備OK!GPS機能というのはWIFIなしでも使えるため、事前にダウンロードしたGoogle Mapをオフラインで開けた状態でも自分の位置が示されるんです。しかも更新しなければ有効期間は30日と旅行には十分。期間内に延長することも可能なので便利です。万一30日過ぎて自動削除されてもまたダウンロードしたらよいので永久に使えるお役立ち機能。Google Mapはバリ島の道もかなり詳しく表記されるので、販売されているどの地図よりも正確だと思います。バリ島にはカーナビもないですし、旅行者に限らず現地の人にとっても画期的です!私も実際に使ってみるまでオフラインで使えるのか半信半疑でしたが、レンボンガン島で大活躍!これから旅行を予定されている方はぜひお試しください。

最初に行ったのがドリームビーチ
P_20161115_102422.jpg

ブランコがあって、乗れます(笑)。島内ツアーの中国人グループがひっきりなしに訪れるので、このブランコに乗るのはかなりの競争率!合間を狙って私も少しだけ乗りました。今のところ木の枝も太く綱は新しそうなので、落ちることはないかと。。。付近は荒地のような何もない場所で、このまま5分ほど歩くとデビルズティアーにも行けちゃいます。

ドリームビーチ一帯が見渡せるポイント
P_20161115_110409.jpg

素晴らしすぎます!南国らしいブルーで透明感のある白砂のビーチで、ドリームビーチという名にぴったりです。このビーチを独占すべく建っているのがDream Beach Hutsというホテル。

こちらの3棟がビーチビュー!
P_20161115_103518.jpg

ちょうどブランコのあった隣りにはCafe Pandanというレストラン
P_20161115_103512.jpg

観光客向けの若干高めのレストランですが、この景色には代えられません!このときは午前中だったので空いていましたが、プールも有料でカフェ利用のお客様にも開放しており(確か5万ルピアだったような)、お昼過ぎには欧米人が集まる人気カフェみたい。興味本位の団体客を規制するためか、見学はNG。砂のついた汚れた足もNGとけっこう上から目線!?このときはお腹が空いておらずパスしましたが、夕日スポットとしても知られているようなのでこの日の夕方にまた来ちゃいました。

久しぶりの海ってやっぱりいい!
P_20161115_102628.jpg

バリ島の海と違って、マリンブルーでゴミ一つ落ちていない綺麗なビーチに感動しました。遊泳禁止ではありませんが、波が高いのであまり泳がないほうがいいかも。ライフガードもいないので、自己責任で泳いでくださいって注意書きしてありました。波をしばらく楽しんだ後はデビルズティアーへ。徒歩距離ですが、怠け者なので荒地をバイクでビューン!

崖の中にあるトンネル?
P_20161115_104917.jpg

深みのあるブルーが印象的。波が打ち寄せて中に入り、数十秒後にものすごい勢いで水しぶきを吐き出すのですが、そのときに瞬間虹が出るんです!これは何分間見ていても飽きないほど、自然のエネルギーを感じるパワースポットでした。見ただけで2箇所ポイントがありましたが、自撮りして落ちたらもうお終い。近寄りすぎると怖いです。ここは一見の価値あり!ドリームビーチ&デビルズティアーの次はあのイエローブリッジを目指して進みます。

島の反対側へ
P_20161115_113653.jpg

ちょうど宿泊した宿の下あたり。右に見えるのがチュニンガン島です。観光客向けのお店がほとんどなくて、のどかで素朴な風景が広がっています。個人的には島の反対側のエリアが気に入りました❤

湖のような静かな海
P_20161115_113831.jpg

まだかな?と思いながら終点付近にようやく発見🔭
P_20161115_124311.jpg

先日、落下したイエローブリッジです。年末には復旧工事が終了するとのことですが、今のところチュニンガン島への足は舟のみなので、チュニンガン島のホテルや住人はかなり不便を強いられているのでは?早く繋がることを願います。来た道をまた戻り、途中で見つけたWarung Putuでランチをすることに。

小さな海の食堂といった店構え
P_20161115_114114_HDR.jpg

実はココ、レンボンガン島で一番人気のあるワルンなのです!
P_20161115_114137_HDR.jpg

またここにもブランコ!
P_20161115_114202_HDR.jpg

海の上にあるのかな?海に突き出すような感じで建てられています。
P_20161115_115726.jpg

お店はバリ人夫婦が営むアットホームな雰囲気で、お昼前なのにお客さんが入っていました。若いバックパッカー風の青年3人組は連日来ているらしく、打ち解けた様子。お店の主人も気さくでテキパキしていて、感じが良かったです!驚いたのは、ライムジュースをオーダーしたときに甘さ具合を聞いてくれたこと。こっちのドリンクはジュースにしてもアイスティーにしてもシロップが多くて甘ったるいので、助かりました。レストランだと別々に出すところも増えていますが、ワルンでこの気配りはさすがトリップアドバイザーNo.1!最初は休憩のつもりで入ったのですが、次々にお客さんが増えてランチの時間になったのでお食事も注文。海の近くということでシーフードが売りらしい!メニューもインドネシア料理が中心ですが、サンドイッチやバーガーのような軽食もありました。シーフードの気分でもなく、どれにすべきか迷ったので辛くないお店のおすすめのインドネシア料理を頼んでみました。

バビケチャップ🐷
2016-11-15-12-21-14.jpg

イエローライスを使ったナシゴレン風のご飯に甘いソースのかかった豚肉が添えられている一品。甘めでしたが、ライムジュースとの相性もよく、美味しくいただきました!こういう夫婦で営む家庭的で素朴な雰囲気のレストラン、いいな、って思う。お腹を満たした後は島が見渡せるパノラマポイントへ。

港を見渡せる高台の丘からの景色
P_20161116_114042_HDR.jpg

建設中のヴィラが見えるのが残念!バリ島に比べると物価も安く、お手頃な宿が多いのがレンボンガン島の特徴ですが、少しずつリゾート開発の波が押し寄せています。今回は利用しませんでしたが、パノラマポイントの前にはパノラマレストランもあります。

食後のコーヒー飲みたさに宿に戻る途中に立ち寄ったのがTwo Towers Cafe
P_20161115_131235.jpg P_20161115_131247.jpg

こじんまりした軽食中心の可愛らしいカフェ
P_20161115_131307.jpg

あまりの暑さにアイスコーヒーを注文
P_20161115_131437.jpg

朝食っぽいメニューからサンドイッチなどの軽食、そしてホームメードのブラウニーやクッキーなどもあるようです。アイスコーヒー、バリコーヒーをちゃんと濾過して冷やしている感じで、美味しかったです。この後は宿に戻り、プールを独占しながらひと泳ぎ!閑散期の旅行ってやっぱりいいわ(笑)。夕方からは曇り空になってしまいましたが、夕日見たさに再びドリームビーチへ!

Cafe Pandanでまったり
2016-11-15-18-03-04.jpg

ココナッツは丸ごとフレッシュジュース!ヘルシーで天然のポカリスウェットとも呼ばれる飲み物なので、旅行するとつい飲みたくなります。南国感たっぷり!4時から6時まではハッピーアワーもあるらしく、プールもカフェも欧米人で賑わってきました。ロケーションが良すぎるだけに食事はあまり期待していませんでしたが、しばらくすると小腹がすいてメニューに見つけたSushiの文字に惹かれてオーダーしちゃいました。バリ島で食べる寿司と比べてはなりません(汗)。お腹が空いており、日本料理と思わなければ美味しいと思います。

よく見えないけど、犬と一緒に泳ぐ人もいたり・・・
P_20161115_171117.jpg

肝心の夕日ですが、あいにくの天気で見られず(涙)。雨が降りそうなので早めに切り上げ、途中濡れながら家路に着いたのでした。山の夜道は暗くてちょっと心細くなりましたが、無事戻れました!何ちゃってロールだとさすがにお腹が満たされなかったので、宿に戻ったらビールとスイートポテトのフライ(これが今回の旅で一番ヒット◎)をルームサービスで注文。レストランも9時に閉まっちゃうし、夜は何もすることがないので、携帯アラームを5時半に設定して就寝しました。わざわざ山奥にあるこの宿に決めた理由の一つに「朝日を見る」という目的があったから。。。

それでは良い夢を!明日に備えてオヤスミナサイ(^o^)ノ 💤

バリ島ウブドからお届けしています❤
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif
関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1937-c76b90dc
    この記事へのトラックバック