ミーアヤムと肉まん@Hongalia

2017年03月06日 21:51

スラマッマラ~ム🎵 こんばんは!

最近のウブド、雨があまり降らず、とにかく暑いです!朝9時から午後3時は日差しも強く、できる限り外出は控えたい時間帯。夜になっても、熱がこもって寝られないので、窓を開けて寝る日が続いています。日本の熱帯夜を連想する蒸し暑さです。これから乾季に向けてじわじわと日差しも強く暑くなっていくバリ島。乾季に入れば風も気持ちよく、乾燥した空気で涼しく感じるのですが、バリ人の知人によるとそれまでが猛暑で確か4月が一番暑くなるらしい💦 ちょっと早い夏のはじまりですね。

さて、ようやくギリ島の話題は終わり、ここらでいったんウブドの話題といきましょう👆

昨年の夏くらいに家の近くにインドネシア中華のお店が出来たと聞いて、知り合いの情報などもチェックしていましたが、なかなか行く機会がないままでした。ウブドではあらゆる料理が食べられるのですが、唯一ないのが中華なのです。インドネシア料理はメニューや見た目は中華料理の影響を受けているものの、不思議とお味は似ても似つかず。。。といった感じで、やっぱり中華料理の美味しさにはかないません。ちなみに私、インドネシア料理は苦手(-_-;)。そろそろローカル食に拒否反応が出てきたので、先日とうとうこちらにお邪魔しました。

Hongalia
P_20170203_204614_LL.jpg

場所はウブドのBebek Bengilの駐車場のある通りをそのまま進み、Sugriwa通りを曲がらずSukma通りに向けて東へ進んだ橋の近くです。一般の旅行者にはあまり馴染みのない場所で偶然通りかかるということはないと思いますが、このエリアには新しいゲストハウスが急増しているので、ひとり旅の旅行者たちが多く集まる地域でもあります。最近はウブド中心部のレストランは観光地化しすぎて、雰囲気もお値段も高級になってきたのでなかなか行く気が起こりません。

華僑のインドネシア人夫婦が経営しています。
P_20170203_204652.jpg

黒板にはメニューと料金表
P_20170203_204715.jpg

ローカルワルンよりは高く、観光客向けの値段ではありますが、在住外国人や長期滞在者、バックパッカー向けのお手頃の値段設定となっています。気取らない雰囲気の素朴でお手頃なレストランがウブドにはあまりないので、ここは貴重ですね。

客層もお一人様率高し!
P_20170203_204548_LL.jpg

カウンター席も多く、一人でも気楽に入れます。
P_20170203_204513_LL.jpg

正面には謎の仏像頭が!?
P_20170203_204527_LL.jpg P_20170203_204518_LL.jpg

自家製豚肉まん(左)とパッタイ風の麺
2017-02-03-20-49-44.jpg 2017-02-03-20-56-09.jpg

ワンタン入りミーアヤム
2017-02-03-20-55-46.jpg

麺が細くて初めて見るタイプの麺でした。細くて量もたっぷりで、見た目以上にボリュームがあって大満足。お味は薄目でしたが、ついてきたスープを丸ごと入れて混ぜて食べたら、ちょうどいい味加減になりました。ローカルワルンの麺料理より上品な中華風味付けで、これは癖になるかも!シンガポールやマレーシアに多い、福建料理のお食事が食べられるので、中華が食べたくなったら、間違いなくここに来ます。この料金で長く続けてもらえるよう、ぜひ多くの人に行ってもらいたいな。

それでは良い夢を!明日に備えておやすみます(^o^)ノ 💤

バリ島ウブドからお届けしています❤
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif
関連記事



コメント

  1. kenken

    スラマットマラーン!

    初めまして?こんばんは(^^♪
    9日から渡バリしてウブド滞在(約10年ぶり?)なのですが、お宿はAC付きじゃないと暑くて厳しいでしょうか?
    ジャティーとクナンクナンの間くらいにある「アンガーホームステイ」ってロスメンにしようと思っております!ACとファンのではたった2万ルピアしか差がないです(^^ゞ

  2. イブウブ子

    kenken 様へ

    初めまして!返信が遅くなり申し訳ございません。

    ACはあったほうが絶対いいと思います!2万ルピアの違いなら、迷わずAC付をおススメいたします。ウブド滞在を満喫されましたことを願っています。。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1955-cbd22246
この記事へのトラックバック