ジッパータイプのスーツケースに要注意!@デンパサール空港

2017年07月08日 11:14

スラマッパギ~🎵 おはようございます!

私が日本に戻っていた先月もずっと雨だったらしいですが、戻ってからも雨ばかりのウブド。昨日は丸一日雨が降り続いて、今朝も小雨だったり強くなったりの繰り返し。気温はこれでも25度弱なので決して寒くはないのですが、薄着になりがちなバリ島生活では同じ気温でも寒く感じてしまいます。雪国富山出身の私が寒いなど言うのは情けない💦もっと温かい服装にしたらいいだけの話です!ヨーロピアン曰く、こんなのは温かい雨だそう☔私も弱音を吐いてはいけません。が、車を持っていないので移動はバイク。どうしても外出がおっくうになるのは仕方ありません。バリ島の生活って天気との共存!?予定なんて立てないで、天気によってその日の行動を決めるのが一番👍 こっちの雨は汚れていて、濡れると必ずと言っていいほど体調崩すので雨のときは外出したくないんです。はぁ、雨だから夜会う約束をキャンセルとか、許してもらえますか(笑)。

さて、今日は半年くらい前の話ですが、ブログの読者の方がバリ島に来た際の実話を紹介します!悪名高きポーターはもう姿を消したバリ島の国際空港ですが、見えない部分ではまだまだ汚いようです。賄賂とか、目に見える不正はできなくなったので(お酒とかはX線で見つかるので許容範囲内にとどめるべき!お金渡して良いようにはなりません。その場で没収!)、その代わりと言っていいのか、裏でヤバいことが起きているらしいです。

安いスーツケースしか持たない私はラッキーなことに被害に遭ったことはないのですが、皆さん、バリ島の空港って預け荷物が出てくるの異常に遅いと思いませんか?普通の空港なら着陸してから遅くても15分以内にはベルトの上を回っているべきスーツケースがバリ島だとなかなか出てこないというのは、リピータさんの間ではよく知られている話です。確かにデンパサール空港は規模の割には混雑しすぎというのはあるし、バリの仕事ぶりだからノロノロしているのは推定できるのですが、それ以外にもあるかも知れません。

なぜならスーツケースを物色しているから!?
ングラライ到着後スーツケースその1

私が知っている限り、今回は二人目の被害者です。早く荷物が出てくるビジネスクラスが狙われやすいそう。そしてビジネスクラスのお客様は比較的良いスーツケースを持っている確率が高く、前回の被害者はTUMI。今回はRimowaでした。最近のトレンドなのか、ジッパータイプが開けられやすいことは間違いありません。YouTubeでもペン一つで開けるやり方が公開されていますが、さすがはバリ島。ペンチで鍵がこじ開けられた跡が見られます。

二人目の被害者と言いましたが、前回の被害者は現金を入れていたので、丸ごと盗まれて、コインが散乱していたとのことですが、今回の被害者は取られたものはないもののスーツケースの中身は荒らされていたそうです。そして気づいたのはともにホテルにチェックインしてから。空港で長い間荷物が出てくるのを待って、まさか鍵が壊されているとは思わないので普通は確認しないですよね。でも、確認したほうがいいです!もし、何かあれば言葉が分からないとかで泣き寝入りしてはいけません。空港職員に伝えて被害届を出し、証拠写真を撮ってください。海外旅行保険に入っていたらクレーム出来るかも知れないし、航空会社によっては被害を補償してくれる可能性もあるからです。(あ、エアアジアは論外!)

日本人を狙っているのかは分かりませんが、オーストラリア人とかの荷物だと英語話せるし、その場で大問題になりそうだから、あえてアジアからの旅行者を狙っている可能性も無きにしも非ず。このことは被害レポートを出されていないのか、被害者の周り以外では知られていない問題だと思います。ホテルにチェックインしてから気づいたケースでは、ホテルのポーターが疑われたりとそっちも心配です。せっかくの旅行なのに到着早々、こんな目に遭うなんて許せない!しかも被害は1回では済みませんでした。シンガポール航空でシンガポール乗り継ぎの便だったのですが、ぬぁんと帰りの便でも狙われたという。。。

予備で持ってきた南京錠がこの通り💢
羽田到着後やられたスーツケース

ペンチで壊されたジッパー。酷すぎます。羽田空港に到着次第、すぐに報告したところ、さすがはシンガポール航空ですね。航空会社が補償してくれることになったそうです。やっぱりきちんとした航空会社を使うと万一の時の対応が違います👏 私はLCC(格安航空会社)のお世話になりそうですが、このことは情報としてぜひブログで報告したく、シェアさせていただきました。

これから夏休みを迎えるハイシーズン期間ですが、デンパサール空港では荷物を受け取った際に鍵が壊されていないか要チェックです。そして病気のためだけではなく、海外保険に入られることをおすすめします。海外保険はよく、入っているだけで安心していると思いますが、現地の連絡先や保険のカバー内容も把握しておくと◎。日本人スタッフがいるホテルなら対応してくれますが、そうじゃないと現地で自分で手続きしないとダメだから、病気や盗難でパニックっているときは自分で思うより過酷です😭

それでは今日もご機嫌で!良い一日をお過ごしください✋

バリ島ウブドからお届けしています💗
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif
関連記事



コメント

  1. pelan-pelan

    被害に遭ったお友達は大変でしたね。

    ただ、けして責めるわけではないですが、スーツケースを受け取ったらある程度のチェックは必要だと思います。
    それは盗難を疑うからではなく、破損などがないか確認するためです。
    バリだけでなく、日本でも確認します。
    そうでないとクレームを出せないですから。

    また、バリ島の空港で荷物が出てくるのが遅いのはX線検査をしているからのようです。
    恐らくそのときに不届きモノが物色もしているのでしょうが、物色するために遅く出てきているのではないと思います。

    そして、スーツケースに貴重品を入れるのは、いくら鍵をかけているからと言っても無防備極まりないです。
    預け荷物に貴重品は入れないものです。

    盗まれていいとは思いません。
    鍵を壊して盗む人が悪いのは確かです。
    バリ島万歳悪い人がいないとも思いません。イヤだなと思うこともあれば悪い人がいることも知っています。

    でも、この記事はあまりにも一方的ではと思います。

  2. イブウブ子

    pelan-pelan 様へ

    貴重なお意見をありがとうございます。

    記事については被害に遭われた方の了承もいただいておりますし、行きの便では一つではなく、二つのスーツケースの鍵が壊されていたのと、帰りの便でも一つのスーツケースが被害に遭われたことは大事件だと思いますし、彼らのショックは相当なものだったので、バリ島に対するイメージはネガティブなのは承知で書かせていただきました。

    決めつけたような言い方をするつもりはありませんでしたが、私の文章力の未熟さを反省いたします。

  3. pelan-pelan

    もちろん盗難は事件です。よくないことです。
    ただ、ご友人ということでかわかりませんが、被害者の立場に偏りすぎていると思います。

    事実を書いた上で、なおかつ、日本であろうとバリ島やその他海外のどこでも、
    「荷物は受け取ったら破損がないか確認する」
    「スーツケースに貴重品は入れない」
    という点も大きく取り上げるべきではないでしょうか。

    この記事だけを読むと、バリ島を良く知らない、あまり行ったことがない人は、よくあることだと思いかねません。
    ご友人で続いたようですが、わたしも、わたしの周りもかなりの頻度でバリは訪れていますが、同じことは聞いたことがありません。
    前回のご友人は、貴重品を入れていなければスーツケースを漁られることもなかったかもしれません。

    この件に関してだけではありませんが、「事実」は色々な方向から書く必要があると思います。
    特にネガティブであることほど。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1986-738749e0
この記事へのトラックバック