憧れの!?バトゥ洞窟@マレーシア2日目

2017年08月24日 00:41

スラマッマラ~ム🎵 こんばんは!

ウブドは昨日、今日と早朝少し雨が降りましたが、逆に大気中の汚れがキレイになったようで晴天が続いています。今年は遅めの乾季入りで、8月も中旬を過ぎてようやく乾季らしくなってきました。同じバリ島でも内陸部のウブドから北の内陸部は雨が多いような気がします。でも、ウブドで雨でもキンタマーニ高原やバトゥール山は晴れていたりするので、バリの天気は不思議です。最近は日本の天気も変らしいですが。。。

さて、今日はKLに来たら行こうと決めていたバトゥ洞窟へ!セントラル駅から電車で30分ちょっとの旅でした。バリ島には鉄道がないので、電車の旅は日本が恋しくなります🚆。でも日本みたいに頻繁に来ないのでちょっと不便。時刻表を確認せずに焦ってチケット買ってしまったせいで、40分も構内で待ちぼうけを食らいました💦。出発予定時間も掲示板に出てはいるのですが、状況に応じて微妙に1分ずつ遅くなっていったり、結局最初の時刻より若干遅れての出発になっていました。電車は日本のとあまり変わらない快適な乗り心地でしたが、驚いたのはそのスピード。まるで市内電車のようなノロノロ運転。日本の鉄道ならおそらく20分もかからずに着いた距離なのでは?バトゥ洞窟は人気の観光地なので、欧米人観光客はもちろん、日本人観光客も何組か見かけました。降りた駅はその名の通り、バトゥケーブ駅。駅から洞窟はまあまあ近く、徒歩で数分で着きました。

これがあの有名な階段!
P_20170816_132255.jpg

何百段あるのか分かりませんが、口コミだとかなりしんどいとの噂。バトゥール山にも登った私はへっちゃらだろうと、高を括っていたら大間違い!グヌンカウイ遺跡の階段よりも数が多く大変でした。というのも、段差が小さくて、幅も狭いので、昔の小学校の階段みたいなんです。登るのも大変でしたが、下りのほうが踏み外しそうで怖かった😵。逆に転がり落ちが人がいなかったことがすごいかも。ここはインドのヒンドゥー教の寺院なので、お土産ショップはインド系のマレーシア人ばかりでした。そしてミルクを常温で売っているお店がたくさん。インド人ってミルク好き?牛は神聖な生き物なので、ヤギのミルクだったのかな?

階段には猿もいっぱい!
P_20170816_133047_HDR.jpg

ウブドのモンキーフォレストの猿よりおとなしい印象です。人を恐れないので、至近距離から平気で写真も撮れました。

上からの眺め
P_20170816_134721.jpg

ここで終わりかと思いきや、まだ先があったんです!
P_20170816_133426.jpg

この洞窟こそが、バトゥ洞窟なのですが、この匂いにやられました。洞窟なので日当たりも悪く、しかもコウモリが多く住み着いており、糞があちらこちらに!そして何ともいえない悪臭で頭がクラクラ。どう考えても健康に悪い空気が漂う空間でしたが、せっかく頑張って登ったからには奥まで行かねば後悔する、と気を入れなおしてさらに奥へ進みます。聞いてないよ~🤔。

奥の階段を上がったらこの岸壁
P_20170816_133628.jpg

よく見ると、お猿が3匹いる🙈🙉🙊!
P_20170816_134158.jpg

この麓にヒンドゥー教の寺院がありましたが、ここにお参りに来るのは大変です。バトゥ洞窟では洞窟ツアーもあるみたいで、受付にも寄ってみましたが、何しろこの匂いがダメで、とても洞窟の中になど入れそうにはありませんでした。でもいっぱい人が待っていたから平気な人もいるのかな?周りを見ても気分の悪そうな人や鼻を塞いでいる人はほとんど見なかったので、私が敏感すぎたのかも知れませんが、あのコウモリの匂い?はもう無理です!早く帰りたくて、急いで駅に戻りました。

途中で見かけた猿のハノマン像に惚れた😍
P_20170816_135807_HDR.jpg P_20170816_135749_HDR.jpg

丈夫そうな太い足とプリケツ(笑)。バリ舞踊でもハノマンが登場することがありますが、何かかっこいいんですよね。猿なのに、かっこよく見えるって私が変なのか、やっぱり猿顔が好みなのかも!?バトゥ洞窟は早めに立ち去り、次はチャイナタウンとムルデカ・スクエアやモスクなど旧市街の観光へ続きます。

それでは良い夢を!明日に備えておやすみます(^o^)ノ 💤

バリ島ウブドからお届けしています💗
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑ 
両方ともクリックしてもらえると嬉しいです!
↑    ↑    ↑
banner_blogranking.gif
関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/1998-1d755495
    この記事へのトラックバック