ウブドの新しい日本食レストラン「萬まる」

2008年03月26日 19:06

最近、バリは日本食ブーム?といっても、観光客相手のことですけど。確かに、欧米人にはヘルシーなイメージの強い日本食は人気が高い。最近でこそ、ヨーロッパやアメリカでもお手ごろな日本食レストランが増えてきたので、以前ほど高級なイメージはありません。ウブドでも安い日本食レストランがいくつかあります。まだ、南部ビーチエリアと比べると高級な場所が少ないと感じていました。そこへ、高級な日本食レストランが登場しました。

ウブドで一番新しい日本食レストランは、モザイクへ行く道沿いにある「萬まる」です。ここのオーナーとマネージャにはいつもお世話になっており、顔見知りなので、オープン前から知っていました。でも、価格がちょっと高めということで、まだ試したことがなかったのでした。

このレストランのターゲットは、サヤン方向にある高級リゾートに宿泊している富裕層の欧米人。おいしければお金はどれだけでも払うという方々です。実は行ってみようと思ったきっかけは、うちの支配人が大ファンになってしまったらしく、いつも「萬まる、いいよ!」と聞かされていたから。サービスに関しては、まだまだって感じだけど、味は◎らしいのです。好奇心旺盛なイブウブ子、偶然マネージャに会ったので、その日に行ってきました。

入り口にはガゼボがあります。
manmaru1.jpg

ジャパネスクな店内には団体用の座席席も!ちゃんと掘ってあります。
manmaru2.jpg

梅の造花もあります。
manmaru3.jpg

オーダーしたのは豆腐トマトサラダ(Rp.25000)
manmaru4.jpg

豆腐がバリっぽい丸型だったのですが、これがけっこう旨い。ボリュームも思ったよりあって◎でした。

これは萬まるコロッケ。お店の名前が付いているだけあって、おいしかった。(Rp.38000)
manmaru6.jpg

ドレッシングが美味!

お寿司も充実しています。これはレインボーロールなり(Rp.62000)。
manmaru5.jpg

確か、漁師にはレインボーロールなかったので、これは貴重。イブウブ子はアメリカ仕込みのロール寿司が大好物なんです。

これはチジミ(Rp.45000)。普通においしかったけど、満腹であまり味わえなかった・・・。
manmaru7.jpg

全体的には、味もおいしく、雰囲気も良かったです。唯一いえば、日本酒や焼酎の種類はいろいろあったのですが、ワインがなかったのが残念。スタッフの子は、素人っぽいながらにも一生懸命さが感じられ、好感が持てました。ここはサービス料と税金がホテル同様21%追加されます。なので、一人2000~3000円ほどかな。日本とあまり変わりません。でも、お寿司はおいしかったし、メニューにもチゲ鍋などオリジナルメニューも充実していたので、また行ってみたいと思いました。お寿司はウブドで一番おすすめだと思います。ウブド近郊のホテルからは無料送迎がついているのもありがたいです。

【萬まる】
Jl. Raya Sanggingan, Ubud
Tel: (0361)972519

ポチっとお願いします!

関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/321-983fbce4
    この記事へのトラックバック