4日目「Scallywagsでディナー」

2008年04月28日 18:12

さて、本日のディナーはThe Beach Houseの隣にある、カフェ風のレストランScallywagsで食べました。ここはVila Ombakからも一番近くて、初日から気になっていたのだ。しかも島でおそらく唯一!のWiFIが無料でできるとのこと。とはいえ、ラップトップを持ってきていないので意味ないけど・・・。この島にラップトップ持ってきても、たぶんしないし、砂が入りそうで心配です。でも、昼間にはやっている人が数人いました。ここまで来てネットとは、よっぽど仕事関係なのかなぁ?

サラダのビュッフェ
scallywags1.jpg

どこのレストランでも夜になれば同じようにシーフードのBBQが食べられます。そしてサラダビュッフェは食べ放題。

バリの地ビールStorm Beerと一緒に
scallywags2.jpg

ここのバジル&トマト、超おいし~い。思わずお代わりしちゃいました。

海の家っぽい店内
scallywags3.jpg

地味だけど、シーフード・カバブ
scallywags4.jpg

ご飯かポテト、フレンチフライを選べます。

ビーチ側にもテーブルがいっぱい用意されていて、夜になるとかなり混み始めます。一人だったイブウブ子は、人間ウォッチング。この中で一際、よく動いている店員さんがいました。マネージャらしき人もいたのですが、彼よりも店内を見渡し、状況を把握している様子。こんな離れた島にもこんなスタッフがいることにちょっぴり感激☆ とにかく他のスタッフとは動きが違うんです。忙しそうにしているわけでもなく、必要なときに必要なところにさっと体が動くのです。この彼なら、渋谷や新宿のレストランでも十分働ける!っていうほどの見事な客さばきでした。

この爽やかな笑顔
scallywags5.jpg

ポーズまで決めてくれて、Terima kasih banyak!バリでもそうですが、こっちの男の人って、いつも女の人をナンパしたり、口説き文句を言ってくるのが当たり前なのですが、この彼だけは違いました。一人でいたのにレストランの前を通り過ぎたときにもそんなことは一言もなし。常識のある、感じの良い接客でした。どこのレストランでも前を通りかかると、店員が引きとめようとするのに、逆にそういうところには入りたいとは思わないです。

チョコミントアイス
scallywags6.jpg

デザートのアイスクリームも、いろいろ試させてくれたし、注文したら大盛りにしてくれたよ!このアイス、とってもおいしかったぁ。シーフードの後にはすっきりのミントアイスが合います。

ところで、肝心なときにイブウブ子はシャイなので、名前を聞くこともできず(別に逆ナンするつもりじゃないが、好奇心からバリ人なのかロンボク人なのか、ましてやジャワ人なのかを知りたかった)、写真を撮らせてもらうだけで精一杯。その後は、話し相手が欲しくなり、同じ店内のバーで、バーテンダーの若造くんたちと楽しく会話しました。彼らは喜ばせるようなことを言いながらも、いやらしくない。しかもトークにセンスがあって面白い。そのうちの一人が翌日朝番だったので、翌日のランチにまた食べに来ることを約束して帰りました。

ポチっとお願いします!

関連記事



コメント

  1. マリリン

    イブウブ子さんの人間観察には、いつも関心。
    特に男性の見分け方が、スバラシイ。
    ブログで1位になっておめでとうございます。ますます期待しま~す

  2. イブウブ子

    マリリンさんへ

    自慢じゃないけど、人を見る目はあるってよく言われます(笑)。これも過去の経験から学んだことが多いからかな?

    これからもブログ応援よろしくお願いします。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/346-85425ff6
この記事へのトラックバック