Mioの修理

2008年06月04日 08:42

(昨晩はまたインターネットの調子が悪かったので)またまた朝のアップデートです。仕事は遅番だから、やっぱり朝の時間は有効に使わないとね。

さて、最近困ったことがありました。イブウブ子のバイクはバリで一時期大人気だった黒のMioスポーティ。何だか、発売当時は宣伝の効果なのか、黒のMioに乗っている女の子はかわいいらしくて、今でもMioの人気の色みたいです。

バリ人はみんなバイクや車をとても大切にするのですが、もとから中古で購入したので(と言ってもローンを払いきれなくなったバリ人から6ヵ月後に引き取ったものですが・・・)、あまり自分の持ち物っていう意識がなく、バイク=交通手段と割り切っているイブウブ子は平気で外に放置しておいたり、あまり大切に扱っていませんでした。バリ人が必ずやる交通安全の儀式も一回もしてないし、バリ人にとってはあまり乗りたくないかも。そのせいで、今はかなり汚れてしまって、洗うだけじゃ限界があります。

前置きはさておき、困ったことというのは3週間ほど前だと思うのですが、ウブドの街中に路上駐車を半日ほどした後戻ったら、なんとクラクションの部分が根こそぎ引っこ抜かれていたのです!これには正直たまげたぞえぇ。毎回ヘルメットはバイクに引っ掛けて放置しても一度もまだ盗まれたことはないのだが、何でクラクションを?嫌がらせ?

実はバリではクラクションが必需品なのです。バリ人はいつでも「ブッブッ♪」ってクラクションを鳴らして走ります。注意を促すときもあれば挨拶代わりにもなったりします。だんだんバリ人化してきたイブウブ子はクラクションなしで運転するのは、ヘルメットなしで運転するよりも不安なもの・・・。もし隣から割り込んできたらどうしよう、追い越すときも、カーブを曲がるときもどうしよう。絶対直さねば!

近くのベンケルに一度見せに行きましたが、そこの兄ちゃんはこんなの初めて見た!みたいな顔つきで、引っこ抜かれた部分をさらに引っ張ろうとして、直し方が分からず、ヤマハの店舗に行かないと直らないって言われました。

で、この前ようやく行く機会に恵まれて直してきました。

やっぱりね、ひっぱるだけじゃダメなわけだ
mio1.jpg

淡々とパーツを外していきます。
mio2.jpg

難しい?って聞いたら、難しくないとの答え。でも、バイクのフロント部分をすべて外したり、時間のかかる作業らしく30分ほど待ったかな。お会計しようとしたら、ここのボスの「無料でいいよ!」との優しいお声でただで直してもらえました。ラッキー♪ありがとう。

これでばっちり!と思いきや、先日運転しようとしたら、後ろのタイヤがパンクしてるじゃない!運よく昼間だったので、クラクションは直せなかった近くのベンケルに寄りました。パンクなら直せるよね!?

小さなベンケル
mio3.jpg

タイヤは後輪の内側に穴が開いていたようです。何か最初「Habis何とか・・・」言っていましたが、何が品切れなのかちんぷんかんぷん?でまったく理解していなかったので、直してもらえました。頼むよ~。

タイヤを少し削って、修理用のシールを貼り付けます。
mio4.jpg

今までバイクの修理は、スタッフの人に代わりに行ってもらったりしてましたが、いつもタイヤを新品にして2万5千ルピア請求されていたのに、今回は修理にしてもらったので5000ルピアだけだった!安~い!おまけに無くなった前輪のネジもただでつけてもらいました。

バリって不思議。田舎とか、ローカル専門の場所に行くと、外国人でもローカル価格なのに、少しでも観光客なれしている場所やお店だと一気に価格が上がる。ある意味、ローカルと観光客の差別化です。バリに価格はあるようでないのです。ホテルにしても1泊がバリ人の1年分にもなるような超高級なところもあれば、Rp.35000で泊まれるロスメンもあります。観光客用のレストランもワルンの価格の10倍以上もするのがざらです。バリは高級リゾートとしての開発が進んでいて、昔のようにサーファーやバックパッカーの場所じゃなくなりつつあります。バリ人の中でも貧富の差が大きくなっているようで、勝ち組の人たちはより良い条件を求めて転職することも多いです。

ポチっとお願いします!

関連記事



コメント

  1. komang

    sepeda motor

    私もGWにバリ旅行したときにレンタルしました。
    (たしか3日借りて10万Rpでした。新品の400ccだったので高かった)
    そしたら、空気が足りなかったので街中で入れたら1,000Rpでした。
    でもやっぱりすぐ抜けてしまうので修理に出したところ
    やはりパンクで・・・修理代が5,000Rpでした。
    観光客にも優しかった・・・というか華僑のイネ人と間違えられたけど^^;

    そういえばガソリン代が4,500Rpから6,000Rpに値上がりでしたっけ?

  2. ヒロコ

    毎日楽しみにしています。

    バリが大好きな、金沢在住のモノです。仕事でクタクタになりながら、夜な夜なバリを想い、毎日楽しんで読ませていただいております。1日の終わりにホッとする瞬間です。ありがとうございます。今年の夏は、仕事の関係でお休みが取れず、バリに行けそうにないのが悲しい事実ですが、次の渡バリの際には、毎日のお礼に、北陸の幸でも差し入れでもしたいくらいの気分です(笑) これからも、バリ密着型の情報を楽しみにしています! 

  3. イブウブ子

    komangさんへ

    うーん、新品の400ccで3日間10万ルピアは安いですよ!!種類によっても変わりますが、普通は1日4万~8万だと思います。そしてガソリンはほぼゼロで貸してきます!(笑)

    ガソリン代は1L当たりRp.6000に値上がりしましたよ。日本と比べるとまだまだ安いですが、日本の物価と比較すると約300円かそれ以上に相当するので、庶民にとってはとっても高いんです。なので、間違っても面と向かって「安~い!」っていう観光客がいないことを願ってます。(そういうことを聞くと、バリ人はもっと観光客からお金を取れるって思いますから・・・)

  4. イブウブ子

    ヒロコさんへ

    コメントありがとうございます!少しでもバリの気分を味わっていただけてうれしいです。これからもがんばって続けていきますので、ヨロシクお願いします!

  5. komang

    そうですか・・・安いほうですか・・・ラッキ☆?
    denpasarで借りたからかな?ubudやkutaは高いですもんね。。
    ubudで自転車をsewaしたら3日で5万でした←交渉してもこの価格(泣)

    ガソリンは生活水準からしたら、とても高いですよね。
    私の友人は前までは朝から晩まで(写真屋で)働いて、
    お給料が1日1万Rpでした。(たった2年前の話です)約1$ですよね。
    まだ仕事があるだけいいのかもしれないけれど・・・
    それでも笑顔で逞しく生きて行く彼に感服します。
    (去年、結婚して子供も生まれて、育てています)

    ここ数年の値上がりにはビックリです。
    以前は千ルピアで結構色んなものが買えましたよね。
    (最も、1万円が13万Rp時代でしたけど)
    物価が上がり、レートが下がり・・・一番苦労するのは
    地元で生活している方々なんですよね。。
    もうお金のことで目がつり上がっているバリニーズを見たくありません。

    最近はお金にシビアになってきた日本人観光客よりも
    どんどん裕福になっている中国人観光客が増えてきましたね。
    (最初は台湾人かと思っていました)
    中国の田舎に行っても、沿岸部の金持ちの払いっぷりにビックリしました。
    そういう人達がどんどんバリにお金を落として行ってくれないかな~~

  6. イブウブ子さま

    こんにちは!
    先日はお世話になりました♪
    バリから帰ってきて3日しか経っていませんが、既にバリが恋しいです・・・

    確かにバリでバイクを運転していると、やたらクラクションを鳴らされますね!
    何にもしてないのに何で???と思ったこともありますが、今から思えば挨拶だったのかも。

    バリで400ccのバイクをレンタルしている所なんてあるんですね~★
    次回は中型借りて、デンパサールまでいってみようかしら・・・
    また、ウブドに行くときにはマヤにお邪魔しますね!

  7. イブウブ子

    komangさんへ

    ガソリンは正確にはRp.6025かな。ブンクスのランチより高いから、日本でいうと牛丼くらいになるかも!こっちの生活水準と比べると日本のガソリン代とは比較にならないほど高いです。物価も上昇していて、日本よりも庶民は大変なことになっているのでは?

    デンパサールの物価とウブドやクタの物価はぜんぜん違います。観光地だったら一日10万くらいかも?

    最近の傾向としては、日本人以外はみんな裕福になっているように感じます。中国人はケチだけどお金はたくさん使っていくみたいです。特にお金持ちなのはヨーロッパ人。そして休暇も2、3週間だからすごいです。やっぱりユーロは強い!それとお金に関して一番寛容なのはアメリカ人かな。高い買い物もいっぱいしていきます。オーストラリア人と日本人は結構シビアですが、日本人は安いお土産はいっぱい買っていく傾向が・・・。

    観光客を見定める才能だけは今でもバリ人にはかないません。

  8. イブウブ子

    ωさんへ

    バイクでデンパサールまではすごい勇気いそう!イブウブ子はウブド周辺から自分で運転して出たことはありません。

    ところで、バイクは事故とかになると大変なことになるので、海外保険に入って十分気をつけてください!日本人で意識不明の重態になって緊急帰国になったケースも聞いたことがあります。こっちで怪我すると、日本みたいな医療が受けられないので、治るものも治らなかったりします。ひいたしまった場合も、被害者にかなりの金額を払うことになります。ひかれてもひいても大変です。

    では、またいらっしゃるときは連絡くださ~い。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/386-d80b5bae
この記事へのトラックバック