豪華なヴィラ@The Viceroy Bali

2008年06月09日 15:04

マヤウブドからテガラランの方向へ7~8分行ったところにThe Viceroyはあります。隣にはカマンダル・リゾートがあります。

ここはイブウブ子が密かに憧れる場所。フランス料理のカスケードは文句なしにおいしいし、スパに行ったことのある人からはマッサージもいいって聞いています。それならヴィラも素敵なはず!と思って、休日に行ってきました。

バリのホテルでは、業界同士でお互いのホテルを査察に訪れたりするのですが、イブウブ子は日本人であることを利用して、小さなホテルとかだと観光客を装ってこっそり訪ねたりしています。一人のお客としての対応を見てみたいから。抜き打ちテストじゃないけど、やっぱり内緒のほうが普段の接客・対応が分かるというもの。業界の人間だから特別な待遇っていうのも悪くはないけれど、相手も意識しているので、そういうのがイブウブ子はちょっと苦手なのです。今回のThe Viceroyのディレクターとは知り合いで、「いつでも来ていいよ~」と言われていたのでちょっと事情は違いますが・・・。

さて、イブウブ子が着いたとき、偶然にもヘリコプターで空港から到着したVIPがいました。
viceroy3.jpg

ウブドで唯一?ヘリコプターでの空港送迎を行っているホテルです。

こんな身近でヘリコプターを見たことがなかったのですが、かなり周囲は強風です。30メートルくらい離れていてもすごかった。支配人とディレクター、そしてスタッフ総出で歓迎・・・。さすがにVIP客がチェックインするまでロビーには行きづらくて、しばらく待機しちゃいました。

ロビーの正面
viceroy1.jpg

フロント
viceroy2.jpg

11室のヴィラなので、フロントはあまり大きくはありませんが、上品ながらも豪華な感じが伝わります。

VIP客がチェックインした後、空いているヴィラを案内してくれました。たぶん、ディレクターと知り合いじゃなかったら、部屋を見せてもらえなかったかも・・・。

フロントを下りたところにある、スイミングプール
viceroy4.jpg

ガゼボもあって、ゆっくりできそう
viceroy5.jpg

テラスプールヴィラを見学しました。

渓谷を望むプライベートプールとガゼボ
viceroy6.jpg

下のヴィラの屋根が見えるけど、見事な景色
viceroy7.jpg

広々とした1ベッドルーム
viceroy8.jpg

フラットスクリーンTVとリビング
viceroy9.jpg

奥にはバスタブ
viceroy11.jpg

シャワーは分かれています。
viceroy12.jpg

トイレ
viceroy10.jpg

手動のウォッシュレットもあって◎

中級ホテルや安い宿にもこのホースがよく付いているので、ちょっと安っぽい感じがしますが、個人的にはこれが好き。右手でホースを持って、左手で洗います。

Illyのコーヒーマシーンもついている!
viceroy13.jpg

外にはテーブルとチェア
viceroy14.jpg

インテリアも品があって、落ち着きます。一昔前はこてこてバリが流行ったけど、今はモダンアジアスタイルが主流。バリの建築方式や素材を取り入れつつも、あまり重苦しくないのが流行です。

ところで、ヴァイスロイは渓谷沿いに建っているため、下から見ると5階建てのマンションみたいに見えます。
viceroy15.jpg

ここに建てるのは相当大変だったと思います。

これはスパの受付からの景色
viceroy16.jpg

スパはヨーロピアンで、シンプルで効率的にできています。マヤのように谷底に下りて、自然の中に溶け込んだタイプとはちょっと違いますが、ホットジャグジーやスチームルームなどもあって、スパのお客さんは無料で使用できるそうです。

イブウブ子のお気に入りのバー
viceroy17.jpg

これがカスケードレストラン
viceroy18.jpg

定評のあるフランス料理はもちろんのこと、ワインのセレクションもウブドでNo.1です。

公示料金ではヘリコプターの空港送迎が片道でUS$880(サ・税込み)、テラスヴィラは1泊US$850(サ・税込み)です。ガーデンヴィラも見せてもらいましたが、こちらはプールとシャワー、バスが半屋外にあって、ベッドルームは若干狭くなっています。テラスヴィラの1階部分に当たるので、景色はあまりありませんが、よりプライバシーがあるようです。料金はUS$800と50ドルしか変わらないので、迷いそう。個人的にはテラスヴィラのほうが開放感があって好きです。

どのヴィラも贅沢な造りなので、豪華なハネムーン、またはゆっくり過ごしたい熟年層のカップルにもおすすめです。お客さんは韓国人のハネムーンが多いみたいです。こんなところで泊まって、プチセレブな気分を満喫してみたいな~♪ちなみに川の向こうの森の奥は田んぼで無人地区になっています。なので、朝から木を切る騒音や夜中の"儀式"と名乗る不快な騒音の心配もありません!ウブドのリゾートホテルでは共通の問題となっていることですが、経験した人は分かるかな?

泊まれなくても、スパとレストランに来るのもいいかも。スパとレストランのお客さんはウブド周辺のホテルまで無料往復送迎付きなのが嬉しいところです。

ポチっとお願いします!

関連記事



コメント

  1. マリリン

    ぎょっ

    イブウブ子さん、こんばんは。ヘアースタイルに「ぎょっ」です。ベリーショートに憧れるのは分かりますが。。。。へたすると「ぼうや」か「囚人」ですもの。イングリッドバークマンの「誰がために鐘は鳴る」のショトヘアを思い出す私は、もう後期j高齢者に近いかしら。

  2. イブウブ子

    マリリンさんへ

    うーん、その時代の映画はちょっと分かりません。でも、実際にできないからこそ、アバターで楽しんでいるのでお許しくださいませ。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/391-a25a55d6
この記事へのトラックバック