狂言@ウブド王宮

2008年09月08日 16:06

ほとんどグルメブログ化しつつあるイブウブ子@バリログですが、ちょっとだけウブドのニュースを書いてみることにします。

普段は夜7時半からバリダンスが行われているウブド王宮ですが、9月7日だけは特別に狂言が披露されました!実は、数日前に通りかかったときに垂れ幕がかかっていて、「ふーん、狂言ね。しかも無料なんだ!」ってちょっと気にかかっていたのですが、日にちをすっかり忘れてしまい、昨日運よく通りかかったって感じなのです。ちらっと覗いてみました。

山本東次郎
家の狂言らしい
kyogen1.jpg

大勢の観衆
kyogen3.jpg

8時ちょっと前だったのですが、バリ人、日本人、欧米人といっぱい集まっていました。メディアも来ていたようです。途中から入ったので、詳しいストーリーはよく分かりませんが、節分の「鬼は外、福は内」のような内容をやっていました。

kyogen2.jpg

鬼が何回もしつこく主人公にちょっかいを出すのがおもしろくて、周囲の笑いを誘っていました。そうしているうちに、嫌われた鬼が悲しくなって泣き出すというシーンが。鬼が泣き出したら、バリの子供たちがいっせいに大笑い。子供は素直です。狂言は今までに一度見たかどうかっていうくらいしか覚えていないのですが、なかなかユーモアもあって面白い内容なんですね。お面をかぶった鬼の動作は、バリ舞踊にも共通するものがあります。大人のバリ人も興味津々で見ていました。バリにも悪魔のランダが一人でもくもくとせりふを話すシーンがありますが、それに似ています。

生で見る日本の古典芸能もいいものですね。変なたとえですが、バリに初めて来てレゴンダンスを見たときみたいに、感激しました。

ポチっとお願いします!

いつもありがとう!!
関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/477-fe4782c2
    この記事へのトラックバック