アルサナさんのアシュラム@Asram Munivara

2008年10月07日 16:13

ホテルでヨガを教えているスタッフにアシュラムに連れて行ってもらいました。Asram Munivaraと呼ばれているアシュラムで、毎週日曜に仲間とボランティアで教えているそうです。ここはあの有名なBodyworksのカリスママッサージ師、アルサナ氏が運営しています。アシュラムと言うと、インドのヨガ道場や修行場のイメージがありますが、同じヒンズー教の言葉なので、バリでも使われているようです。

場所はJl. Tirta Tewarをずっと北に進んだところにあるジュンジュンガン村にあります。ウブドのメイン通りを東に進み、ちょうどペットショップを左に曲がった道がJl. Tirta Tewarです。ウブド中心部からはちょっと離れています。この道が何とも気持ちいい!民家がある地域を過ぎると田んぼがいっぱいあって、のどかな景色が広がっています。どこまで行けばたどり着くのかと思い始めたときに、やっと到着しました。バイクで15分弱だったので、徒歩だと1時間くらいかかると思います。自転車で行けないことはありませんが、緩い上り坂が続いているので、いいエクササイズになりそう。

入り口には小さな看板のみ
asram_munivara1.jpg

中には広々とした広場
asram_munivara2.jpg

明らかにペットとして飼われているドーベルマン
asram_munivara3.jpg

バリ犬は放し飼いなのに、何で檻に入れられているのかな?噛み付くから!?しっぽは振っていましたが、かなり吠えまくってました。

Asramは奥にあります。
asram_munivara4.jpg

周りは田んぼ
asram_munivara5.jpg

あの一軒家がうらやましい!

ここは集会所?
asram_munivara6.jpg

敷地はさらに奥まで続いています。
asram_munivara7.jpg

この環境、とても素晴らしいです。付近には川も流れていて、絶えず水の音がして、オーラが感じられました。不思議な感覚で、懐かしいような、戻ってきたような感じを受けました。2年前に行ったタイの北部にちょっと似ていたからかな?ヨガをする人なら絶対好きな雰囲気だと思います。今年の末には質素な宿泊施設も完成するとのことです。

Asramのルール
asram_munivara8.jpg

ローカル向けなのですが、英語で書いてあります。口コミを頼りに訪れる外国人も多いそうです。日本人の女性もいらっしゃいました。

中に入るとまず各自でお祈りをして、感謝の意を示します。

まるでタイのお寺のような見事な階段
asram_munivara9.jpg

階段の途中で見つけたシンボル
asram_munivara10.jpg

階段を上がったら、ヒンズー教で神聖な動物である牛の像があります。
asram_munivara11.jpg

そして日本のお寺を思い出させるような境内
asram_munivara12.jpg

白い服を着た人はオーストラリア人なのですが、塔の周りをマントラを唱えながら周っていました。西洋風に言えば、ウォーキングメディテーションなのかな。

ヨガの場所は階段下、左側にあります。
asram_munivara13.jpg

一緒に来たGINAさん(アルサナさんのお弟子さんでもあります)
asram_munivara14.jpg

普段からヨガだけじゃなく、瞑想にも力を入れているそう。クラシックなハタヨガが彼のスタイルです。この日の生徒はバリ人2名、日本人2名の計4名でした。日曜日は大体5時半くらいから始まります。特定の時間っていうのはないらしく、どちらかと言うとサークルのような感じかな。ビギナーが多かったので、ストレッチと簡単なアサナが中心でした。イブウブ子はヨガしかしませんでしたが、その後は9時くらいまで瞑想も行っているようです。

先にも書きましたが、ここはアルサナさんのアシュラムなので、定期的にここでレクチャーや指導も行っているらしいです。もともとの目的はバリ人にもメディテーション(瞑想)やヨガの大切さを広めるためなので、非営利でやっているんだそうです。でも、実際のところ、地元のバリ人はまだ多くないみたい。それでも数年前と比べると、ヨガに興味を持つバリ人も増えてきたと思います。瞑想は生活の一部になっているらしく、毎日各自で瞑想しているバリ人もけっこういます。外国人も歓迎されますが、最初はバリ人の紹介で連れて行ってもらったほうがいいかも知れません。詳細はBodyworksやAura(ZENとYoga Barnの間にある宿)で教えてもらえます。

アルサナさんのマッサージはすごいっていう噂は聞いていましたが、外国人の間で有名になるのは商業的な要素もあったりして比較的簡単なので、実は半信半疑でした。でも、実際に経験した人の話を聞いたり、知り合いのバリ人にも尊敬されていることを知り、本当にすごい人なんだと思い始めました。バリにいる間にぜひマッサージを体験してみたいと思います。満月の日や特別な日には必ず来るそうなので、まずは面会してお話してみたい!

さて、バリ人アルサナさんは神の手を持つというほどのマッサージ師ですが、実はヨガのマスターでもあるんだそう。このことは初耳だったので、びっくりしました。ヨガのワークショップで福岡に行かれることもあるようで、写真がいっぱい張ってありました。GINAさん曰く、アルサナさんの教えの基本はヨガ&瞑想とのこと。やっぱり心と体を知りつくしているからこそ、神業のようなマッサージが可能なんですね。アルサナさんもヨガをすると聞き、ますますヨガをやる気が出てきました(相変わらず単純なイブウブ子です・・・)。

この場所、ガイドブックにも載っていないし、口コミでもそんなに知られていないと思います。あまりにもすばらしい場所なのでちょっと秘密にしておきたいような気もしました。アシュラムはいつも開いているそうなので、いつか早朝にでも行ってヨガの一人練習をやってみたいです。この環境でヨガができたらすごく気持ちいいだろうな。ふと、「何でヨガ教えないの?」とGINAさんに聞かれちゃいました。ヨガの道は果てしない・・・ヨガができるのとヨガを教えるのでは大違い。昔、先生にも言われましたが、最初のステップは友人などに教えることだそうです。もしかしたら、いつかの日曜日には教えるチャンスがあるかも!?

ポチっとお願いします!

今日は何票入ったかな?
関連記事



コメント

  1. イブウブ子さん、こんにちは。

    アルサナさんのヨガ、噂には聞いていました!
    そして、ずっと捜していました・・・
    本当に情報が少なくて・・・だから嬉しいです♪

    以前アルサナさんのマッサージを受けたんですが、
    本当に『気』とか、そういう目に見えない力があるんだと
    初めて思いました。
    イブウブ子さん、是非受けてみてくださいね☆

  2. イブウブ子

    ωさんへ

    アルサナさんはマッサージのほうが有名ですが、ヨガもすごいらしいです。福岡で教えたりもしているんだって。

    アルサナさんのマッサージ、ぜひ受けてレポートしたいです!

  3. Re: アルサナさんのアシュラム@Asram Munivara

    イブウブ子さんへ 明けましておめでとうございます。先週一週間バリへ行ってきました。初バリ、一人ヨガの旅だったのですが、ホテル選びの際こちらのブログを参考にさせて頂きました。マヤウブドで検索しヒットしたのか、てっきりまだマヤで働いていらっしゃるのだと思い、キョロキョロ探しましたが、滞在中日本人スタッフはおみかけませんでした。(今ブログみなおして他のホテルに移られたと知りました)結局、ワカデウメ、マヤ、コンラッドに2泊づつ宿泊し、ヨガレッスンを受けました。バリ熱にはかかりませんでしたが、ヨガにはまりました。もっと色々情報収集しておけばよかったです。今度行く時はアルサナさんのAsramにも行って見たいです。私は4年もヨガをやってるとは人前で言えないくらい体が異常に硬い為、ホテルでのプライベートレッスンは自分に向いていました。バリで教えてもらった瞑想もするようになりました。ヨガはマッサージではえられない、内からの満足感が得られます。一生つづけていきたいと思います。バリで一番聞かれた質問が"Are you traveling alone?" "Yes"と答えると必ず次に"Are you happy?"と聞かれました(特にバリの女の人)。顔で笑って、心の中で、"I did not travel half around the world to hear that question."と思いました。私そんなdesperateにみえた?東京のほうがまだアラフォー女に寛容ですね。

  4. イブウブ子

    なかなかさんへ

    おめでとうございます!

    マヤはわたしが最後で、現在は日本人スタッフはいないらしいです。お会いできず残念です。バリでヨガ、いいですね。わたしもヨガの良さは十分承知しているのですが、心と時間とお金の余裕が・・・。ずっとサボってます(反省)。たしかにマッサージよりも気持ちいいです!また始めるきっかけを作りたいです。

    バリ人の女性は一人でいることができません。夜もひとりで出かけられないし、寝ることも怖くてできないみたいですよ。だから日本人の女性がひとりで出歩いたり、旅行することがすごいことのようです。ひとりだからアンハッピーってことはないですよね。わたしも一人旅好きなので、自立したオトナの女性を応援しちゃいます!そんなバリでいまだに独身なのは彼女たちにとってありえないし、かわいそうみたいですが(汗)、バリ人の結婚生活のほうがかわいそうに思えてしまうことが多々あるので全然平気です(笑)。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/507-bdb125d7
この記事へのトラックバック