バリのPascoパン@Roti Sobek

2008年10月23日 16:50

イブウブ子はパンが大好き。朝ごはんも毎日パンです。この癖は子供のときからついたもので、バリに来ても変わりません。日本のパンが一番おいしい!って思ってはいるけれど、案外バリのパンも捨てたものじゃない、かも?たまに虫が湧いていたり、カビが生えていたりするのを店頭で見るときは、購買意欲がズト~ンと減りますけど・・・。正直、バリのパンを食べる勇気が出たのは住んでから半年以上経ってからでしたな。最近、中国産のいろんな食品問題のせいで、日本では食に関する意識が高まっていますが、個人的にはインドネシアも中国も同じようなものだと思っています。保障制度など、あってないようなもの。食べ物に限らず、ビジネスもバリ人が相手なら、すべて自己責任のつもりじゃないと務まりません。(バリ人に責任を問おうなどは、天地がひっくり返っても期待してはいけません)

話はパンに戻りますが、バリにいる以上こっちのパンを食べないことにはいかないため、いろいろ試したりして、おいしいパンを探しています。

最近見つけたのが(といっても、商品自体は前からあるけど)、Roti Sobekというパン。
roti_sobek.jpg

パッケージの様子から、ジャカルタの工場できちんと生産されているような気がしました。バリで売っているのはほとんどがデンパサールで作られているローカルなブランドなので、何が入っているのか正直不安ですが、これならちょっと安心そう?裏を見ると、日本ではPASCOのブランドで知られている敷島製パンのインドネシア子会社が生産元でした。いろいろなのがありましたが、今回買ったのはストロベリーとチョコレートクリームが入っているタイプ。4つに分かれていて、ひとつずつストロベリー、チョコレート、またストロベリー、チョコレートが入っていました。

味は日本の菓子パンみたいな感じで、なかなかおいしかったと思います。何よりも、パッケージが密封されていて、含まれている内容がきちんと記されているのが安心です。ひとつ100円程度とお手ごろですが、インドネシアではちょっと高級なパンなのかなぁ?

ポチっとお願いします!

今日は何票入ったかな?
関連記事



コメント

    コメントの投稿

    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/523-60099a5e
    この記事へのトラックバック