バリ島テロ犯3人の死刑執行

2008年11月10日 18:48

昨日の未明に2002年にバリ島クタで起きた爆弾テロリスト3名の死刑が執行されました。何度も延期されていたようです。

このテロ事件はイブウブ子がアメリカから東京に引っ越した直後に起こりました。そのときはバリ島なんて全く興味もなく、どこにあるかさえも知らなかったほど・・・。当時はその1年前に起きたニューヨークでのアメリカ同時多発テロの影響のほうが自分の中でも大きくて、バリ島のことは遠く離れた途上国での事件といったイメージでしかありませんでした。

でも、もしかしたら、このテロ事件がバリ島に関心を持つきっかけになったのかも知れません。初めてバリ島を訪れたのはその約2年半後でしたが、この事件はバリ島の観光業に大きな影響を及ぼしたようで、観光客は激減したとガイドさんから聞きました。確かに今と比べると当時は観光客も少なく、クタのメイン通りもガラガラ状態。今でこそ車やバイク、人でごった返しているクタ~レギャン地区ですが、その頃は歩いている人なんかいないほど閑散としていました。観光客が少ないので、市場や道端でも呼び込みや押し売りみたいなことをやっていて、初めての東南アジアでちょっとビビッたことを覚えています。

その頃のバリのイメージは今以上に貧困で、値段だってどんどん下がって、結局こっちの言い値で売ってもらえるような状態でした。適当に安い値段を言って、その場を離れると「OK、OK!」と言って追いかけてきました。今だと高く買ってくれる観光客もいっぱいいるし、お店も以前ほど買ってもらおうと努力しないところもあるかも知れません。逆に、「何で追いかけてくれないの~?」って悔しい思いをすることもあったり・・・。

ところで、前も今も変わらないのは、バリ人のイスラム教への反感です。どのバリ人に聞いてもイスラム教(ましてやイスラム教徒も!)は悪と言うイメージが強く、公平な意見を持つ人はあまりいません。なので死刑執行に関しても、祝福ムードがあるほどです。そしてイスラム教は人を殺してもいいという教えだと思い込んでいます。

この死刑に関しては、特に犠牲者が多発したオーストラリアでは渡航厳重注意が出ているらしく、その影響なのか欧米人が若干少ないような気もします。まあ、今はローシーズンになったので、それだけの影響じゃないとは思いますが。日本人に関しては、さほど影響がないのか、相変わらずハネムーンや親子で訪れる人が多いです。

実はこの死刑に先立って、バリ島ではテロリストや単なるいたずらも含めて、脅しが起きていると耳にします。死刑をしたら、まだ捕まっていない犯行グループがまたテロを企てるというらしいのです。今のバリ島は以前と比べるとセキュリティもだいぶ強化され、そう簡単にテロは起こるまいと自信はありますが、念のためクタなどの大型ショッピングモールやナイトクラブへの出入りは控えたほうが安心かも知れません。イブウブ子はバリ人ほど偏った考え方じゃないので、イスラム教が悪いとは信じませんが、確かにイスラム教の人が多い地域のほうがテロの危険が高まるような気はしないでもありません。ウブドに限っては、イスラム教徒も少ないですし、田舎なので人が集まる機会も場所もないので安全だと思っています。

年末年始はまた大勢のお客さんがビーチ沿いを中心に訪れ、パーティで盛り上がると思いますが、今年は特に警戒態勢を強化して、バリ島を訪れる人が安心して過ごせるようになることを願っています。

ポチっとお願いします!

今日は何票入ったかな?
関連記事



コメント

  1. にぽぽ

    No title

    あのテロの前日までバリに居ました。
    帰国して、家に帰りTVつけたらデンパサール空港が写ってて、テロがあった直後でした。思わず、えっ??でした。数時間前まで居たわけで・・・。ひえ~~!

    その後、次のテロがあった際は、その数日後バリ行きの予定で、会社の誰もがキャンセルすると思っていたようですが、私が「えっ?なんで?行くよ~!」と言うとびっくりしてました。そういえば、ウブドの路上では、いつも異常に「タクシ-?」と声かかりましたね。日本語できる人と少し話しましたが、やはりテロの影響で日本人少ない・・・だから今日お客さんゼロよ!だって。だからって、私にたかるな(笑)!

  2. 千奈

    No title

    そうなんですね!
    実は私はその日にウブドにいました。本当はクタのあの付近に泊まりたかったのですが、当時の会社の先輩がウブドでゆっくり!とイバにいました。

    テレビを見てもわからなかったのですが、ちょうど会社の人が同じホテルに
    偶然泊まり、事実を知りました。

    クタにもお世話になっていたホテルがあったのに、会いにいけず。。。
    観光客も減りと聞き、それからインドネシア語を勉強したり、バリに行かなきゃ!!!と思っていたのです。

    そんな事から私のバリ通いは増えていきました。
    インドネシア語はもうさっぱりですが。。。
    早くまた行きたいです!

  3. マミー

    あの頃

    私が初めてンドネシアに行ったのは2003年の春でしたがジャカルタでもテロがあったのでその影響を所々で見ました 昼間外国人やインドネシアのサラリーマンが歩道をぞろぞろ歩いているのを車から見て何事かと思ったらテロ予告のファックスがあったので避難しているところでした 当時は毎日のように外資系のビルにはそういう脅迫があったそうです その頃とはジャカルタもバリも変わりましたね

  4. イブウブ子

    にぽぽさんへ

    イブウブ子は2回目のテロのときに、ウブドにいました。でも観光客って案外その土地のニュースに疎いもんで、部屋にはテレビはないし、ローカルのテレビを見ても言葉が分からないし、インターネットも毎日しないし・・・。翌日に親から電話があって、それで初めて事を知ったという感じです。

    テロや災害があると、キャンセルするのが一般的みたいですが、イブウブ子もそんなこと関係なく行動するほうです。逆にそういうときこそ、行ったほうが現地のためになると思います。(もちろん、戦闘地域や治安がよっぽど悪いところは別ですが・・・)

  5. イブウブ子

    千奈さんへ

    クタじゃなくてウブドにいたことも、不思議な偶然で、運命だったのかも知れませんね。今、バリは復活したと言えます。もちろん、こういうときこそ油断大敵ですが・・・。

    インドネシア語、イブウブ子も勉強しなくっちゃ。挫折気味です。

  6. イブウブ子

    マミーさんへ

    ジャカルタはバリに住んでいると都会って感じがします。ジャカルタからの観光客はみんなお金持っているし、雰囲気も違う・・・。インドネシアって小さな島がいっぱいで成り立っている国なので、ある意味統一していくのが難しいのでしょうね。地域によっては、貧困な場所もいっぱいです。

    バリもかなり変わったと思いますが、一般市民の生活レベルはさほど変化していないような気がします。ヒンズー教のしきたりや文化も関係しているのかも知れませんが。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/539-2ee7e507
この記事へのトラックバック