気持ちの変化

2009年01月14日 22:23

数時間前にブログをアップしたばかりですが、非公開のコメントも含め、大勢の方からメッセージをいただきました。確かに気分がめげて傷跡を見るたびに泣いているイブウブ子ですが、ちょっと気持ちの変化も。

何で傷跡が悲しいのか。それは必然的に傷跡は醜いもの、傷跡が残るのは悪いと思い込んでいるせい。傷はない方がいいけども、出来てしまった傷は自分の一部として受け入れて愛するしかないのでは・・・?世の中で変化しないものはないと思っています。それは肉体的なこと、老化も含め、姿あるものはすべて変化します。そして、反対意見もあるかもしれませんが、気持ちも同様だと思っています。変化を善と捉えるか、悪と捉えるかで物事の見方はかなり変わるでしょう。

実は、今日傷を洗って見ていたら、かなり良くないことを現実として受け止められるようになりました。あまり無理しなかったつもりだけど、初めて血がにじみ出ました。そのせいか、かゆみもあって、傷口の周りも広範囲で赤くなっています。皮膚も硬くなっているところもあってケロイドも避けられないかも。そして患部はまだ熱を持っています。今の薬を止めたくても代用できるものもない・・・この時点になってようやくこの傷と本当の意味で向き合う覚悟ができました。もう日本に帰るまで待てません。

いきなり思いついたアイデアですが、明日BIMCに行きます。仕事もまた休みます。もしかしたら、手遅れだと言われるかも知れませんが、日本のような医療が受けられることをかすかに期待して!思い返せば、もっと早い段階で行くべきだったのかも知れません。そのときはまだ現実的じゃなくて、しかもこっちのドクターに診てもらって大丈夫だと言われていたので、まだ望みを託していたのです。

自己愛が湧いてきたって言ったら変だけど、もっと自分の体のことはいたわってあげないとですね。今晩中にこれ以上悪化しないことを願っていますが、明日が楽しみです。
関連記事



コメント

  1. Re: 気持ちの変化

    「ちゃんとした治療」が受けられるといいですね。
    細菌感染をおこして「リンパ管炎」などになると大変です。

    ケロイドに対しては、デンパサールのPAK OLES社(BOKASHI RUB OILの会社)に売っているBANYU KUNTHO という塗り薬が有効という情報がありますよ。

  2. イブウブ子

    Re: Re: 気持ちの変化

    情報ありがとうございます。とりあえず、病院に行って診てもらいます!ボカシオイルも効能がいろいろあって良さそうですね。

  3. mewmew

    Re: 気持ちの変化

    昨年の9月にお会いしたのが遠い昔のように感じます。帰国が決まったということはバリでお会い出来なくなるのですね。ちょっと寂しいです。
    ケガの方はちゃんとした治療を受けられるといいですね。
    傷跡がどうのということより、細菌感染が心配です!傷跡はその後に考えてもいいと思いますよ。自分を大事にしてあげて下さい。
    自己愛は悪いことではないです。
    私は、自分を大事に出来ないと、他人も大事に出来ないと思うから・・・

  4. ibu

    Re: 気持ちの変化

    傷は如何でしょうか?

    同じような傷で1週間薬局の薬で治療して同じ症状になった日本からの中学生がいました。

    デンパサールのKashi ibu での治療が適切で破傷風にならないで済みました。

    治療は日本に限ると思います。
    私は定年後にバリ島定住者ですが日本の知り合いのお医者さんのアドバイスを受けながら滞在しています。

    私は kashi ibu を信頼しています。

    ibu

  5. イブウブ子

    ibuさんへ

    日本の病院に比べて、こっちのきちんとした病院はサービスにも力を入れていると思います。イブウブ子もカシイブで健康検査をしましたが、日本人のスタッフも親切な方ですし、新しくインターナショナルユニットもできたので外国人にも十分対応が可能だと思います。やっぱり信頼できる病院があるとバリ島に住んでも安心ですよね。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/605-51afe3eb
この記事へのトラックバック