2回目のBIMC

2009年01月21日 18:18

帰国の前日の話です。

浸出液が漏れなければ日本に帰るまでそのままで大丈夫だった傷ですが、良くなろうと一生懸命なのか、3日後にはパンパンになって溢れてきちゃいました。あと1日待って、空港に行く前に寄ろうかとも思ったのですが、何だか下着を替えていないのと同じような感じで気持ち悪かったので、帰国日前日にまたBIMCまで行ってきました。

拷問の続きの覚悟していましたが、今回は茶色っぽい部分はふやけて柔らかくなっていたので、ピンセットで簡単に剥がすことができました。前回とは違うお医者さんでしたが、とても丁寧に一つずつきれいにしてくれました。

全然痛くなかった!
BIMC10.jpg

これで不要な箇所はすべて取り除き、後は皮膚が再生して傷が治るのを待つのみ。このとき気付いたのですが、敏感肌なのか、テープで覆われている部分の肌がちょっと痒くて赤いプチプチができていたので、炎症を治める薬も出してもらいました。

待合室にある無料のコーヒーメーカー
BIMC9.jpg

カプチーノを飲んでみました。砂糖入りで甘めでしたが、好みの味でした。

富山の病院に行って診てもらった後に分かったことですが、BIMCでの治療は日本と比べてもかなり高レベルできちんとしたものだったということ。日本に帰らないときちんと治療できないと思い込んでいましたが、日本の医者曰く、BIMCでは日本の治療よりむしろ手厚く、完璧すぎるほどの治療をしてもらっていたとのことでした。傷跡も若干残ることは避けられないけども、バリ島での早期の適切な治療のおかげで傷跡も最小限に押さえられるだろうと言われました。2回の通院で200万ルピアほどかかってしまいましたが、それだけの価値はある治療だったようです。良かった~kao03

読み終わったら、ぜひポチッとお願いします!
↓         ↓
banner_22.gif d_01.gif
関連記事



コメント

  1. みぃ

    お帰りなさい

    2年間お疲れ様でした。
    楽しい思い出も言葉では言い尽くせない大変なこともたくさんあったことでしょう。

    お世話になった私は感謝の気持ちで一杯です。
    ありがとうございました。
    2回目のマヤウブド滞在は、再会できることが楽しみで、まるで友人がいるかのような安心感を抱いていました。
    3回目の再会が果たせなかったことが残念です・・・。

    足の傷は快方に向かっているようで本当に良かったですね。お大事になさって下さい。
    それから久しぶりの寒い日本ですから風邪をひかないように気をつけて下さいね。

    これからもブログを楽しみにしています。

  2. しょうこ

    足の治療はどこにいってるの?
    実家の近く?
    早く良くなるといいね。

    ネットカフェって行ったことないんだけど、良いんだー。

    ネットカフェ住人がいるくらいだもんね。


    ゆっくり休んでね。

  3. イブウブ子

    みぃさんへ

    ブログ、毎日アップできてなくてゴメンナサイ。がんばります。

    日本の空気は乾燥してますね。でも久しぶりの寒い感覚、けっこう好きかも。身も心も引き締まる感じがします。バリは年中暖かいから、ついついダラダラしちゃいますよね。ぜひ機会があればまたお会いしたいです。バリに来ることがあればぜひ連絡ください!

  4. イブウブ子

    しょうこへ

    ありがとう。治療は市民病院だよ。治療といっても、もうほとんどやることがないんだけど・・・。

    ネットカフェ住民は好きで住んでいるわけじゃないけど、夜間料金とかあって、都会なんかじゃ終電乗り遅れた人には便利かもね。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog.fc2.com/tb.php/609-dab00e6b
この記事へのトラックバック